2017年クリスマスの記録

もう、今年も残すところあと。。。3日!!

クリスマス当日はとってものんびりと穏やかだった我が家。クリスマス明けにぽんぽんと予定が入り、なんだか人並みに(?)忙しいここ数日でした。今年が終わる前にクリスマスの記録を並べちゃいまーす。さら〜っと流してくださいませ。

今年は二人だけのシンプルなクリスマスの夕食だったので、鴨の胸肉と赤キャベツの煮込みとローストポテトとサラダ、というメニュー。キャベツの煮込みにだけ時間がかかったけれど、あとはとても楽ちんでした♪ 赤キャベツの煮込みも、ただ時間がかかるだけで、それほど手間はかからない。

玉ねぎ、にんじん、ベーコンを鴨肉の油で炒めたところにスライスした赤キャベツとりんごを加え、スープストック+赤ワインを加えて蓋をしてオーブンに3時間放り込む。キャベツの甘味と青いリンゴの酸味にベーコンの塩気が加わって美味しいのです。

キャベツ一玉つかったので、すっごい量のキャベツの煮込み。。。 余ったものを使って翌日はスープを作ったよー(それでもまだ残っている…)。 えーっと、夕食はいつもと同じ、ワンプレートディッシュ。あとはグリーンサラダでした。

鴨の胸肉の焼き方、覚書き:

  • ペーパータオルで水分をしっかりと拭き取っておく。
  • オーブンは400度(205度C)
  • 皮に薄く切り込みを入れる。薄く浅く=お肉にまで切り込みをいれないこと。
  • 両面にしっかり塩コショウ
  • 冷たい(常温)フライパンに皮を下にして鴨肉を並べる(温めたフライパンはNG)
  • 中火にかけ、ゆっくりと油を溶かしだす。5分。
  • ひっくり返して1分。
  • オーブンにいれて6〜7分(6分焼いたけど、5分でもいいかも)
  • オーブンからだしお皿の上でホイルを被せて4〜5分。

今回は「ざくろのソース」を作ったよー。100%ざくろジュース(1C)+チキンストック(半カップ)とお砂糖とコリアンダー(粉)少々を火にかけて4分の3カップまで減らし、バルサミコを加え、少しスターチを入れてとろみをつけたもの。美味しかったよ〜。

あ、そうだそうだ。毎年恒例の、Gusのクリスマスプレゼントは、キューキュー鳴るぬいぐるみ。今年は「これ!」ぴぴっと来るものがみつからず、前に一度買ったことのあるお猿さんでした〜。

あっという間に頭が体の部分からちぎられてしまいまして… そのあとしばらく、Gusはお猿さんの体の部分をくっちゃくっちゃしていた。

十分楽しんでリラックスして大あくび。誕生日とクリスマスのお楽しみだもんね〜。今度はもう少し耐久性のあるぬいぐるみを探してあげるね〜。

たのしかったよー☆ 

さてさて、我が家は明日も訪問客あり。ひーふーひーふー。。。 明後日にはクリスマスライトを片付けて、気持ちだけでも大掃除しまーす!! 自分に、喝っ!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

始めてのサワードーブレッド!

えへへ~♪ 週末に始めて「Sourdough Bread(サワードゥブレッド)」を焼いた!

サワードゥブレッドというのは、小麦粉と水だけで育てたスターター(パン種)を使って焼くパン。アイデアは果物などを使って作る天然酵母種と同じなんだけど、サワードゥ種には乳酸菌がたくさん生きているのでパンに独特の酸味が加わるのです。サワードゥパン、この酸味が苦手な人もいるらしい。私は大好き。相方も、彼のお父さんがサワードゥ種を冷蔵庫に常備していたらしく、サワードゥパンには子供の頃の思い出もある。

でね、今までにも何度か「種おこし」にチャレンジしてきたんだけど、毎回失敗。スターターが上手く酸っぱくなってくれず、しまいにはカビてしまう始末。元気なサワードゥ種って、素人が匂いを嗅いでも「あ、これこれ、この匂い」ってわかるほど、独特の甘く酸っぱい香りがある。で、もうギブアップしていたのだけど…

職場の「木曜日のドーナツ屋さん」を開いてくれているコーリーさんが、なんとサワードゥブレッドを毎週焼いている!という耳寄りな情報をゲット♥ 先週、コーリーさんに「あのぅ。サワードゥ種を少し分けてください」とお願いすると、「いいよ~!」って。
むふふ。もらっちゃった~♥♥

食卓くまさんになっちゃった、くまさんと。

相方にスターターの匂いをかがせると、「うん、この匂いだっ!」と満足そう。 早速サワードゥビギナーレシピを色々と調べて、一番わかりやすいのにそって作ってみることにした(☆参考レシピ

作り始める前に何度も読んで大体の流れはつかんでいたはずなのに、タイミングがよくわからなくて思ったよりも時間がかかってしまった。というのも、もらったスターターをそのまま使うんじゃなくて、それに餌(小麦粉と水)をあげて一晩置いて元気づいたものを使う、というステップを忘れていたから。このせいで、私の初サワードゥは寝かせ足らずで焼かなきゃいけないことになったのでした。

サワードゥの種を使ったパン生地の「弾力性」にびっくり!! 私が今までに焼いてきたパンで、ここまで弾力性のある生地はなかった。そして、粉と水を足して1時発酵(?)させた生地はとってもなめらか。

あかちゃんのお尻みたい。

レシピサイトに写真がのっているし、ここでは省くけれど(写真を撮る余裕がなかった)、常温発酵で約4時間、冷蔵庫で1時間、冷蔵庫から出して1時間、で焼いた。本当は冷蔵庫に一晩ほどおくのがいいらしい。

丸いパン用のボール(バヌトン?)がないので、浅い木のボールに入れておいたんだけど、高さが伸びず… 焼く直前になっても私の生地はべろり~~んとしたまま。「こりゃ、失敗かな。。。ま、平べったかったらフォカッチャということにしちゃおう」と思ってオーブンに入れた。

焼きあがるとこの通りっ!!

ぼんっ!!!

パン生地にクープをいれる「刃」も家になくて、パン用ナイフを使ったらびよーーーんと生地を伸ばしてしまいまして。。。変な割れ方になってしまったけど。

くまさんも、ちゅっ。

さて。サワードゥの風味の方はというと… もう少し酸味が欲しい。もう少し寝かせてあげたら酸っぱくなるかな。 切り口はこんな風。

酸味は足りなかったものの、パンの食感がとてももちもちっ。時々焼く「こねないパン」よりもずっとしっとりもちもちだったよー。餌をあげて残った(捨てる分の)スターターを使って「サワードゥパンケーキ」も焼いたのです♪ これも、私が選んだレシピのサワードゥ種の量が少なすぎて、酸味が足らず。来週末は別のレシピでトライしよう。

あ、そうだ!種には名前をつけると大切に育てるそうなので。。。私のサワードゥ種には「ジャスパー」という名前をつけましたー。パンケーキ用に足して分割したバックアップ種は「マチルダ」♪

*おまけ:食卓にいすわっているくまさんが気になって仕方のないGus。私がくまさんをいじると、必ずテーブルにやってきてチェックする。↓↓ 背伸びして、必死。

ぼくちんにもくまさんさわらせてください。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

落ち葉のそうじと初・きゅうりのQちゃん

有給消化のため、今日も1日お休み!雨が降ってない!!

ずっと気になっていてできていなかった「落ち葉かき」を頑張ったー。

我が家の裏庭の一部に覆いかぶさるようにして育っているオークの木。毎年、ものすごい量の葉っぱを落としてくれる。オークの葉っぱは良いマルチになる。なのでいつもはワイヤーの囲いの中に詰め込んでおくんだけど、数年続けて詰め込んだワイヤーの中のオークの葉っぱが随分とたまってしまった。で、今年は全部集めて家の前に積み上げ、地区の収集サービスにおまかせすることにした。

雨にぬれた落ち葉は、かき集めると結構重い。今日の庭仕事:

  • 花壇を覆ってしまっている落ち葉をかき出して集める
  • 畑エリアの周りにたまってしまった落ち葉も集める
  • 十分に分解されていない落ち葉(マルチとしてつかえないもの)を一つのワイヤーにまとめる
  • 2年ものの分解されたマルチをワイヤーの囲いからとりだす
  • バラに肥料をあげる
  • バラや低木・植木の足元にふかふかマルチをかぶせる
  • 集めた落ち葉を家の前に積み上げる

そんなことを黙々とやっていた。それほど寒くもなく、久しぶりに庭で単調な作業をして気持ちよかった〜。

わかりにくいけど、↓↓の手前が分解されて使えるようになったマルチエリア。

これを使い切ったらここにまたワイヤーを置いて落ち葉をためる。

スイセンの球根も植えたよー。

毎年少しずつ加えている。スイセンは鹿も食べないので、前庭の方にも加えてみた。ミックス球根なので少し色や花びらの違うものが咲くはず。楽しみだなー。

そーれから♪

初めて「きゅうりのQちゃん」を作ってみたー!!

じゃじゃんっ♪

また、なんでこんな季節外れに…って思うよね? この間、ブログのお友達のYukiさんが「作ったよー」って紹介されていて(→☆)、それを見て「私も食べたいっ」と。きゅうりのQちゃんは、随分前から作ってみたいなー食べたいなーって思っていたのだけれど、カナダのばかでっかいきゅうりで作ったらどんなものかと思いためらっていたのです。Yukiさんが「大丈夫よ〜」って言ってくださったので、挑戦してみましたー☆ それっぽくできたので嬉しい。お弁当用ですっ。

さて。さんざん休んだもんで、明日朝起きれるかどうか。。。 心配。早く寝まーす。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ほろほろに柔らかいBeef Short Ribs・ショートリブ

今日は一日中ど〜んより。昼前にGusを散歩に連れて出たら、ばしゃーーーっと雨に降られびしょびしょになってしまった。1週間の天気予報も雨マーク続き。あぁ〜、気が滅入るぅ。

昨夜はお友達が夕食を食べに来てくれた。うちは、あれこれ上手に作れないので、人を呼んでも「ワンプレートディッシュ」。久しぶりに「Beef Short Ribs・牛肉のショートリブの赤ワインとポート煮込み」を作ったヨ。とってもシンプルなレシピだけど、外れることがない。お肉がほろほろになるよ〜!

以前にもココで簡単に紹介したと思うけど、自分の覚書きにレシピを書き留めておきまーす。

Beef Short Rib with Red wine & Port

材料(1C=250cc):

  • 牛肉 ショートリブ 2lb (約900g)
  • 赤ワイン 1C
  • ポート 1C
  • ビーフストック 1C
  • クミンパウダー 適量
  • 塩 適量
  • こしょう 適量
  • シャーロット(刻んで) 大さじ1
  • ニンニク(刻んで) 大さじ1

大人4人だったので、実際に使ったショートリブは1.3kg程。なので赤ワインとビーフストックの量を少し増やしました。

オーブンは220F(105度)に設定。

まず、ショートリブにクミンパウダーと塩こしょうを適量まぶして塗りこむ(?手で揉むようにして)。

キャストアイロンのお鍋に油を温め、中火でショートリブの4面をじゅじゅぅっときつね色に丁寧に焼く。一面焼いている時にぐちゃぐちゃ動かさない。一度に3〜4つずつ焼き色を付けていく。焼けたものはお皿にとっておく。

火を弱め、刻んだニンニクとシャーロットを数分炒める。焦げ付かせないこと。

このお鍋に赤ワイン、ポート、ビーフストックをいれる。底についた焦げと旨味がとれる。

お肉をお鍋に戻し、蓋をしてオーブンにいれる。

4時間後。

お肉はとても柔らかくなり、ほとんど骨がとれている。この柔らかくなったショートリブをお皿にとりだす。1日前に作る場合はこのソースを冷蔵庫にいれて油を固めて取り除く。冷やせない場合はスプーンで表面の油をなるべくすくいとる。

ワインと肉汁のソースを火にかけ、煮込んで4分の1の量まで減らす(↑↑の下の写真は量を減らしたあと)。お肉を戻してソースにからめる。

パスタ(パッパルデッレ)を湯がいておく。パスタもお肉もソースに絡めてもよし、私たちはお皿にパスタを盛ってショートリブをのせ、ソースをかけたよー。パルメジャーノをたっぷりかける。

こんな感じで。

とっても柔らかくなっているので、ショートリブを上からフォークで押さえるとほろほろに崩れる。

とてもシンプルだけれど、とても美味しい♪

がっつりお肉を食べたいなっていうときに、オススメでーす♪

デザートはフレンチクックブックの「洋なしのフラン」。

これもシンプルです(パンケーキみたいなものだから)。コニャックとお砂糖に浸した洋なしが大人の味♪

昨夜食べ過ぎて、珍しくワインも飲んだので、体が重かった今日。雨だったし一日ぐうたらしていた。ま、こういう日もいいよねー♪

*おまけ:手帖の落書きより

瞑想中にこんなのがいっぱい飛び出てきてとまどった。

だれ、これ?

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪