Centrale Montemartini ・モンテマルティーニ美術館

ローマで最後に訪れたのが「Centrale Montemartni・モンテマルティーニ美術館」。マシモが「ここはとてもユニークで面白いからっ」と連れて行ってくれました。建物だけをこうして見ると分かんないけれど、ここは20世紀のはじめに建設されたローマ初の発電所跡なんだって。

Centrale Montemartini

1950年後半から80年にかけて放置されていた古い発電所跡が一新され、カピトリーニの美術コレクションが一時ここに保管されたんだって。でそれを機に、1997年に「The Machines and the Gods」という展示が開かれて、反響が良かったもんでそのまま美術館になっちゃったそうです。

美術館の大きさも大きすぎず、人はめちゃくちゃ少なく、テーマがとても上手に簡潔にまとめられているなって思った。ここはマシモと一緒だったので、色んな話を聞かせてくれた。

Centrale Montemartini

面白いな〜って思ったのが、お葬式(?)に一般公開されたという彫刻。現在では亡くなった本人の写真を棺の上に飾る(?)けれど、それと同じようなアイデアなんだろうね。↑↑の彫刻は亡くなった本人とお父さんとおじいちゃん。つまり、本人がパパとグランパの頭を抱えているの図。 1世紀頃のものだそうです。

同じアイデアでファミリーフォト?

Centrale Montemartini

棺の収められたスペースの外側のレリーフなんだそうです。初期の頃は権力のある男性のみが、こうしてお棺用のレリーフなり彫刻を作ったんだけど、のちのち重要な人物の奥様を含めた女性も現れたみたい。顔の表情や髪型、身に付けているものなどを見て歩くのも面白いよ。

この美術館に収められているものの中には、上の様な個人の墓からの遺品もあれば、寺院跡やエスクイリーノの丘の庭や権力者のビラの跡から見つかったものなどもある。なんていうのかな、真面目で宗教色の濃いものではなくて、当時の権力者たちの贅沢品を垣間見ているようで楽しかった。

Centrale Montemartini

↑↑のモザイクも、当時のお金持ち(権力者たちお抱えのケータリングサービスをやっていた家、だったと思う)のお風呂場の壁に描かれていたもの(だったかな?)。素晴らしいデザインです。

ベッドの足(↓)にも精巧な細工が施されていた模様… 細かなデザインは抽象的なものではなくて、そこにストーリー性があって可愛らしい。

Centrale Montemartini

この部屋をぬけると、大きな機械が目の前に現れて彫刻たちがそばに並んでいた。

Centrale Montemartini

大きな機械のむき出しの鉄肌と紀元3世紀頃の彫刻の白い肌。

Centrale Montemartini

とても効果的で興味深いコントラストだと思う。

↓は「 Temple of Apollo Sosianus」の正面を再現したもの。ギリシャ神話に基づいているシーンなんだって:ギリシャとアマゾンの戦いのシーン。

Centrale Montemartini

一番左が馬に乗ったアマゾン。そのとなりにヘラクレス。中央にはアテナがいて、アテナの右隣にはニケ。神話のいちシーンとはいえ、女性の活躍する姿を見るのは気持ちがいい。

↓は「Fortune of Today」。ものすごーく大きな頭と足でした。スケールのせいかもしれないけれど、彼女を見つめていると元気が出てきました。「大丈夫」な気持ちにさせてくれる女神像だな。

Centrale Montemartini

大きな彫刻の表情も面白いけれど、棺などのレリーフに描かれたストーリーも興味深い。イノシシ狩りにお伴する犬たち(↓)。犬と人との歴史もずいぶん長いんだね。

Centrale Montemartini

このモザイクの中でも犬が登場。これはマシモたちが住んでいるサン・ロレンツォ地区で見つかったんだって。ココに行くまで知らなかったんだけど、サン・ロレンツォも小高い丘の上に位置するので、その昔には大きなビラがいくつもあったようです。

Centrale Montemartini

ね、この美術館に展示されているものたちとは、それほど距離を感じず接する気がしませんか?

イタリアを旅していると、今の時代、どれだけの富豪がどれだけ力量のあるアーティストを集めてお金をつぎ込んで頑張ったところで、ここまで洗練されこれだけのスケールの作品や建築物を生み出すことは不可能なのだろうな、って何度も思った。何百年、何千年の間に人が失った本質的なものってなんなのだろう。そういうテーマを追求している学者もいるんだろうね。きっとね。

そして、私たち3人ともがうっとりとしてしまった彼女。「ミューズの女神」。

Centrale Montemartini

石に肘をついて体を前にゆったりともたれさせている姿勢の彼女。その表情がとっても柔らかく微笑んでいた。彼女は私に微笑んでいる、って思わずに入られない視線です。

そんなミューズの女神の微笑みで、ローマの旅リポートをおしまいにしまーす☆

本当に長々と引っ張ってしまったけれど、お付き合いくださってどうもありがとう〜。いつか、私が訪れたスポットへ立ち寄る機会のある方の旅の参考になればいいな〜。

*お知らせ:写真の上でクリックすると写真が大きくなります。写真の外側でもう一度クリックすると閉じます。試してみてね☆

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

歩いて楽しいローマの街

食リポート続きでお腹もいっぱいだと思うので。歩こうっ!

roma_walk1

ローマの街はどれだけ歩いても飽きない。大げさではなく、本当に、角を曲がる旅に「あれ、なに?」「あ、また教会?」「わぁ〜、おいしそ〜」etc. etc. 行ってみよう!見てみよう!が途切れない。特に目的地もなく、目に入ってくる面白いものにめがけてずんずんと歩く、というパターンで散策をした私たち。にわか雨の間をぬって。

roma_walk

混沌とした街中も、そのクレイジーなリズムに慣れてしまうと心地が良い。疲れたら少し脇道に入ってみる。そうすると大通りでは見かけない街の表情が見えてきたりする。

roma_walk

旅も終盤にかかると、大きな美術館や教会は、もういいや、という感じだった。ローマのバシリカの中でも有名な「サンタ・マリア・マッジョーレ」を通り越し、私たちはそのすぐ近くにある「Basilica di Santa Prassede・サンタプラッセーデ」という小さな教会を訪れた。ビザンチン様式のモザイクが美しく、ひっそりとしたバシリカ。この教会の名前でもある「聖プラッセーデ」とお姉さん(妹さん)の聖プデンツィアーナ(サンタ・プデンツィアーナというバシリカもあるんだって)は迫害されたキリスト教徒を匿い、その後二人とも殉死した、っていう伝説があるみたい。

Basilica di Santa Prassede

正面に描かれているのは全てモザイク。この日はマシモは一緒ではなかったので、彼の説明を聞くことができなかったんだけど、この教会のこと、もっと詳しく知りたいなって思ったよ。

↓は、サンタ・マリア・マッジョーレの聖堂。

roma_walk

この辺りをブラブラと歩いていて、素敵な靴屋さんを見つけたよ〜。皮がすんごく柔らかそうで、淡い色に染められたショートブーツなどがとってもキュートだった。欲しいな〜って思ったんだけど、手荷物持って歩くのが嫌な私… 「もし、次回にこの道を偶然歩くことがあったら、その時には一足買おう!」と決めてさようなら。

ローマは都心部(?)もゆるやかな起伏があって、降りて、登って、脇道にそれて、という風に歩いていると、本当に色んなものが見えてくる。

roma_walk

ローマフォーラムの東側にある「トラヤヌスのフォルム」の辺りに出てきた。いきなりどかーんと、一段低いレベルに古代の都市が現れるのもローマの街。

roma_walk

初めて古代ローマの皇帝たちのフォーラムを実際に目にした時には、どこをどうやって把握していいのか全く分からなかった。後でネットで調べてみて、復元図を見てようやくそのスケールと意図が何となくつかめた。それでも、何度見てもやっぱり驚いてしまう。

roma_walk

旧と新が重なりあう街。

roma_walk

なんでもない通りが素敵です。

カンポディフィオーリにも行ってみたヨ♪ 色とりどりで楽しかった〜。

roma_walk

でも、この市場はよく知られているだけあり、観光客向けのセッティングがされている雰囲気もあった。それは少し残念だな〜と思った。

roma_walk

マシモに連れられて入ったサン・ロレンツォ地区のバールにて(↑)。なんでもない普通の風景が、よそ者の私には妙に新鮮でした。

噛めば噛むほど味わいが深まる。ローマってそんな街だと思う。ますます好きになりました♪

さて、この旅リポートとあと一回で終わりますっ! 相方と私が今回ローマで一番楽しんだ美術館です♪ あと一回〜。やっとこさっ。

*お知らせ:写真の上でクリックすると写真が大きくなります。写真の外側でもう一度クリックすると閉じます。試してみてね☆

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Trattoria Monti, Roma

食ネタ最後っ!

ローマでは一度だけ外で夕食を食べた♪ お友達に気持ちだけでもお礼がしたくて、二人の好きなレストランね、と頼んで選んでもらったのが「Trattoria Monti」。名前の通り、ローマのテルミニ駅の東側、モンティという地区にあるトラットリア。

Trattoria Monti

オススメです♪

後でこのトラットリアのレビューを読んでみると、「家庭的でとても感じが良い」「料金も良心的」「変に気取っていなくて、出てくる料理は最高だ」「観光客・地元民、どちらに対しても同じように親切に温かく迎えてくれる」。。。などなど。行ってみた人なら「同感です!」って大きく頷くこと間違いなし。

小さくて、とても居心地がよくて、スタッフの笑顔が優しくて。食べる前から顔がほころんでしまった。マシモとフランチェスカのお気に入り、というのも二人ともここのオーナーのエンリコをよ〜く知っているから。行く前にも行った後にも、マシモが「エンリコはすんごく”Beautiful”なんだ。外見も内面も”Beautiful”なんだ。」って熱く語っていた。そのエンリコさん♪

Trattoria Monti

めっちゃ優しそう〜。1歳になる娘さんがいて、写真も見せてくれたよ〜(←すんごい可愛かった…)。相方が「写真撮っていい?」って彼に聞くと「もちろん!でもさ、昔は女性にその質問を受けることが多かったんだけどね。。。」って笑ってた。

エンリコさんの弟さんのダニエレさんもニッコニコ。

Trattoria Monti

夜は兄弟がメインにお仕事されているけれど、お昼に行くと彼らのマンマが今でもキッチンに立つらしい。家族経営のこじんまりした食堂。エンリコさん家族は、フローレンスの東側の「Marche(マルケ)」という地域の出身。だから、Montiで出てくるお料理は、ローマというよりもマルケのお料理なんだって。

こういうところで立ち上がって写真撮ったり、お皿にカメラを向けるのも失礼かとためらったんだけど、相方のコンデジで少しだけ。

左上はラディッキオのフランだったと思う。どうやってラディッキオがこんな風に美味しくなるのかはわからない。赤玉ねぎのフランもシェアしたよ。左下はアーティチョークのフリットとラム肉。全然ラム肉臭くなくて、これって本当に生まれてすぐの子羊なんじゃない?って皆で言い合った。

Trattoria Monti

右上はホワイトトラッフルのパスタ。相方がどうしても食べたかった一品。ちょうどトラッフルの季節だったので〜。右下は大きなトルテッロ。中にはリコッタチーズとほうれん草と卵黄。切ると黄身がとろけ出す。少しずつ色んな味を試してみたかったので、他にも幾つか頼んで皆でシェアしました。美味しかったよぅ。無茶な背伸びをした様な味付けではなくて、ひとつひとつがとても丁寧に作られているなって感じる優しい味わいだった。味だけではなくて、食感も良し。

デザートは果物系を頼んだ。私とフランチェスカがシェアしたのは「柿のゼリー」(上の写真)。マシモと相方は洋なしのタルト。

Trattoria Monti

柿のデザートなんて、一体どんなのなんだろうって思うよね? どうやったら柿を使ってこんなふうなゼリーが作れるんだろう。色合いもとってもきれいで、さっぱりと柿そのまんまの味。それがじわーっと口の中に広がります。ソースの方に甘みが加えられていたよ。洋なしの方は、赤ワインで煮てあるような少し大人な味。美味しかったっ。

見ての通り、お料理はあまりごちゃごちゃしていないし、量だってそれほど多くない。心地よく食べて、雰囲気を楽しめて、あ、ワインもとっても美味しくて。

Trattoria Monti

そして何より雰囲気がいいの。この夜、日本人らしいカップルも見かけたよ。ダニエレさんが英語でゆっくりと説明をしていた。あまり大きなお店ではないので、やっぱり予約はしておいたほうがいいと思います。

ローマではここでしか外食をしていない私たちだけど、太鼓判押します☆ オススメで〜す☆☆

*お知らせ:写真の上でクリックすると写真が大きくなります。写真の外側でもう一度クリックすると閉じます。試してみてね☆

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ローマ・食べる! @ Nuovo Mercato di Testaccio と Eataly

食ネタ続けてみよう〜っ!

ローマにいる間に夕食を外で食べたのは一度だけ(それは次回に。。。)。でも、お昼やスナック(merenda = mid afternoon snack)はちょこちょこと外で食べたよ〜。その中で、マシモに連れられて行った、「ココは行っとけ!」スポットから二つ☆ マーケット好きな人にはオススメで〜す♪

一つ目は「Testaccio」っていうエリア(?)にある「Nuovo Mercato di Testaccio」というマーケット。このマーケットは古い氷工場から、すぐとなりの新しい建物に移されたもの。昔ながらの市場を愛した人たちとずいぶんもめたらしいです。このマーケットのすぐとなりには、このエリアの名前の由来でもある「Monte dei Cocci」(テラコッタのかけらの山)があったよ。今では草木に覆われているけど、隙間から本当に陶器やテラコッタが見えていた… 日本の貝塚を思い出してしまった。

monte dei cocci

さて、私たちがマーケットに行ったのは午後2時過ぎ。ほとんどの出店は閉まってしまい、目的の「Mordi & Vai Cucina Romanesca」には、ぎりぎり滑り込み〜。

Mordi & Vai Cucina Romanesca

ローマンスタイルのパニーニが食べられるよっ。↑のおじさん、結構色んなブログに登場してるよ。有名みたい。おじさんのパニーニの中で有名なのは、ほろほろに柔らかくした牛肉とチコリのパニーニ。私はトマトソースの少し甘みのあるの。名前忘れてしまった。コレ(↓)。

Mordi & Vai

美味しい〜。 相方はチコリの方を食べていたけど、ソッチの方が食べごたえがあったかな。で、このパニーノを食べたあとに、マシモが「よし、もう一つコレは食べなきゃダメだっ」って駆け足で連れて行ってくれたのが、同じマーケット内にあるシシリアンペーストリーのお店。もう、閉店間際のところを「ちょっと待ったっ!」とお兄さんにお願いしたよー。

sicilian pastry

そうっ! カノーリ!! 嬉しい嬉しいっ!

cannoli

Hit the spot. とはこの事。 めっちゃ美味い。どの部分をとっても素晴らしく美味しかった。中のリコタチーズのクリームはさっぱりと甘すぎず。もし、このマーケットに行く機会があったら、是非、Mordi & Vaiでサンドイッチを食べて、その後このカノーリを食べてねっ。

で、もう一つ、お買い物好きで食べるの好きなら、ここ! Eataly!

eataly

イタリアの食材ならなんでも手に入る、って言われていて、ニューヨークやヨーロッパの大都市にもチェーン店があるんだってね。私は知らなかったんだけど、相方は「Italy is Eataly!!」って合言葉のように唱えていた。。。そうなのか。

eataly

本当になんでも揃いそうだって思ったよ。各階に色んな食材コーナーがあり、軽食からフルミールまで食べられるようなエリアもあった。実は私たちは「ボッタルガ=からすみ」を探していたんだけど、日持ちしそうなものがなかったので断念。代わりに(?)相方は真っ黄色の Eatalyバッグを買って喜んでいた。とにかく、どの食材もとっても新鮮そうだったし、お肉の部位でもチーズでも無いものは無いって感じだったよー。

お昼ごはんにお魚のフリット専門カウンターに寄りました♪

eataly

相方はカラマリ。一人分の量が多くってびっくり。ぷりっぷりで甘いっ。私はというと、カナダでは食べれないアンチョビのフライ。すごい量だった。

eataly

マシモもアンチョビを頼んで、プラス、白身魚のフリットも(←シェアしたよ)。さすがの私もこれは食べきれなかったー。もったいないので「お持ち帰り」させてもらった。イタリアでは持ち帰りってしないらしいんだけど、ココは普通にオッケーでした。

お腹いっぱいでワイン飲んでふらふらなのに、食後のエスプレッソが当たり前のマシモ。コーヒー飲もうね〜と、Illyのコーナーで一杯。

eataly

らせん状のカップが素敵だった。Illyのコーヒーはカナダでも買えるんだけど、ココで飲んだのはほんっとうに美味しかった! コレが本物のイリーだね〜って感激した。Eatalyは、少し買い物したりお土産ショッピングをして、休憩がてらに美味しいものをたべて、また買い物して、っていう女性好みのスポットかな♪ 食材を見ているだけでも楽しいよ〜。

機会があったら是非っ!

*お知らせ:写真の上でクリックすると写真が大きくなります。写真の外側でもう一度クリックすると閉じます。試してみてね☆

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ローマの家庭の味

あと10日でクリスマスっ! それまでに旅リポート終わらせなきゃ〜っ。

ローマにいる間はずっとお友達にお世話になり、美味しいものをたくさん頂きました。ほとんど毎日、シーフードを食べさせてもらった。私たちのためにそうしてくれているの?と聞くと、フランチェスカもマシモもお肉よりも魚のほうがお腹にもたれなくて好きなんだって。ローマでこれだけのシーフードを食べられるということにビックリ感激でした。レストランとは違う家庭の味。マシモたちに作ってもらったものの中から少し、紹介しますね♪

mangiamo-bene

タコのパスタを作ってくれているマシモ。タコは一般に「polpo」と呼ばれるんだけど、こういう小さいのは「moscardini」って言うんだって。マシモは料理を始める前に「◯◯ちゃーん、Come here now!!」って私を呼んでデモンストレーションを初めてくれた(笑)。オリーブオイルで炒めた後、トマトと一緒に煮込んでいた。こういうタコってカナダでは食べれないのでうれし〜。

塩漬けのアンチョビも美味しかった… まだ身がぷりぷりしてた。右下のが、モスカルディーニのパスタ。うま〜い☆

mangiamo-bene

左下のは「メカジキ」。Swordfishって呼ばれる魚だ。これはカナダでも手に入ると思うけど食べたのはコレが初めて。これもささっとオリーブオイルで炒めてパセリを加えただけ。地中海の魚介類は含む塩分の量が多いんだって。だからほとんど塩を加えなくてこれだけの旨味がでるそうな。メカジキ、歯ごたえもよくこりゃおいしい。 で、右下のお野菜。コレはローマ特産(?)の「puntarelle(プンタレッレ)」のサラダ。生で見ると、セロリとエンダイブのあいのこの様な姿。マシモが作ったドレッシングは、オリーブオイル+バルサミコ+アンチョビペースト。少し苦味がある野菜なので、この塩気の効いたドレッシングによく合う〜。

mangiamo-bene

えーっと、マシモが準備してくれている(↓↓)は、「Jamon Patanegra」というスペインのブタのサラミ生ハムこれがね、とても濃厚な味で少し甘みもあって美味しかった!このパタネグラに使われているブタは、「ドングリだけを食べる野ブタ」なんだって。ドングリだけを探して森のなかを走り回っているブタを想像すると可愛らしい。お肉に甘みがあるのも納得。

mangiamo-bene

この日はじっくりとパタネグラを味わってワインを楽しんで、その後はフランチェスカの作ったミネストローネだった。このスープがとっても甘いの!とてもシンプルなのに使われている野菜の甘さがしっかりと味わえる、そんな感じ。何でこんなにおいしいんだろう。

mangiamo-bene

右上のお菓子はマシモのお父さんの故郷「Basillicata」のお菓子なんだって。「cartellate(カルテラーテ)」と呼ばれるもの。揚げた生地の中にたまっているのは、赤ワインを煮詰めて甘くしたソース。ローマで見かけるのも稀なんだって言ってた。こういう揚げたお菓子、たまらないね〜。

↓のお魚、なんでしょう? 「Triglia(トゥリリア)」=「ヒメジ」だよ。フランチェスカのお料理。玉ねぎをゆっくりとオリーブオイルで炒めたところに魚を加え、そのあと身を丁寧に取り除く。骨が小さいのでとても面倒なんだけど、フランチェスカは二本のフォークで上手に取り除いていた。骨が細かくて面倒という理由もあるのか、大抵とても安く手に入るんだって。でも身に独特の味があって美味しいよって言ってたヨ。

mangiamo-bene

そのお魚の身と「mezza mancia(=半袖という意味のパスタ)」を和えたもの。半袖の中に魚の身が入り込んでナイス☆ パスタと魚をこうやって食べるっていうのが、とても新鮮。

カラス貝(?)の酒蒸し。お汁をパンで吸いとって食べたよ〜。

mangiamo-bene

こういうお料理でも、お塩を一切いれていない。ただ白ワインとパセリと一緒に蒸しただけ。

最後の夜は、ピザが食べたいとリクエストした私たち。お店で買ってきたもので十分幸せなのに、わざわざ作ってくれました。じゃがいものピザとシンプルなマルゲリータ。

mangiamo-bene

カテリーナまで参加して作ってくれた。生地をとっても薄くのばして、かりかりのクラストにし、はさみで切って食べたよ〜。

mangiamo-bene

こうやって、みんなでワイワイと話しながらお料理して(←私は見ているばかりだったけど)、一緒に食事して、お腹も心も満たされました。私は一度だけ餃子を作らせてもらいました〜。うはは。もうちょっとささっとなんでも作れるようになりたいな、と実感。マシモたちを見ていると、決して出来合いのものを買ってくるわけでもなく、でも、お料理そのものはとてもストレートで素材の味がとても生きていた。オリーブオイルもバルサミコも、そのまま舐めてみたけれど本当に美味しいのネ。

あ、余談だけど、カテリーナの小学校は給食なんだけど、月に80ユーロ。毎日の食事はアンティパスト、プリモ、セコンド、ドルチェ、が出るんだって! 月に一度、栄養士さんからの話もあるらしい。やっぱりね、本物の食を味わって育った子どもたちって、味覚だけじゃない何か(食べることの幸せや生きることの本質みたいなもの)を知らず知らずのうちに培っているような気もする。

ごちそうさま〜♡
*お知らせ:写真の上でクリックすると写真が大きくなります。写真の外側でもう一度クリックすると閉じます。試してみてね☆

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪