和書読書とリディアのリンゴのフラン

寒いけど快晴!空も吹く風もまだ春と呼ぶには早過ぎる。でも、少しいいお天気が続くと、待ちきれないように小鳥たちが賑やかに歌い出すからかわいい。

今日から2月。今年ももう1ヶ月が過ぎちゃったよ。はやいっ。

先週末は体が重くてエンジンのかからなかったので、和書を一冊読んだ。小川洋子の「猫を抱いて象と泳ぐ」。たまたま大学の図書館にあったもの。日本を代表する文学作品はずらりと並んでいるものの、現代作家のものは数えるほどしか無い。なので、この一冊を見つけたときには、飛びついてしまった。初めて読む小川洋子さんの一冊。

英語の作品はちんたらちんたらと、いつまでたっても読み終わらないのだけど、日本語だと週末あれば十分。ぐわ~っと読んで、この作品の主人公「リトル・アリョーヒン」の世界にひたってしまった。数日たっても、ちょっと物悲しい。ふとした時に本で読んだ場面が浮かび上がってくる。本の感想文はとても苦手で下手なので避けますが、チェスをめぐる不思議な少年が主人公の物語。アマゾンで紹介されているあらすじは:

「大きくなること、それは悲劇である」──この警句を胸に11歳の身体のまま成長を止めた少年は、からくり人形を操りチェスを指す。その名もリトル・アリョーヒン。盤面の海に無限の可能性を見出す彼は、自分の姿を見せずに指す独自のスタイルから、いつしか“盤下の詩人”と呼ばれ奇跡のように美しい棋譜を生み出す。架空の友人インディラとミイラ、海底チェス倶楽部、白い鳩を肩に載せた少女、老婆令嬢……少年の数奇な運命を切なく描く。小川洋子の到達点を示す傑作。

私はチェスのことはほとんど何も知らない。駒にそれぞれ特別な動き(?)があって、黒と白が対戦してキングを押さえたほうが勝ち、ということくらい。勝ち負けのあるゲームにすぎない、って。この物語を読みながら、チェスを心から愛する人たちが描くチェスの世界というものを、自分も思い描くことができたら素敵だろうなと思った。知らなかったのだけど、チェスの駒の動きを記録したものを「棋譜」っていうんだって。この言葉、とてもきれい。「棋(駒)」で綴られた「譜」。チェスをする人は、この棋譜をみるとチェス盤を挟んだ二人が織りなした世界が音楽のように蘇ってくるんだって。どんな世界なんだろうな。

リトル・アリョーヒンも少女ミイラも含めて、登場人物それぞれが個性的でひっそりと静かな存在感があって好きだった。口数は少ないけれど(言葉ではないもので)多くを「語る」人物像って日本の物語には多いのかな。あと、日本語だからできる言い回しとか抑揚は、日本語で読むから楽しめるなって思う。おばあさんや品のいい女性、おっとりとした優しい男性などの会話文って、日本語だと読んでいるうちに声が聞こえてくる。イメージができあがってくる。英語に書き換えちゃうと会話文だけ抜き出したら誰が話しているのかわからなくなることもあるもんね。

と。母国語での読書は娯楽だなぁ、としみじみと思った週末読書でした。

さて、一つ覚書きに。随分前に一度紹介したけれど、レシピを書いていなかったので。

リディアのリンゴのフラン

材料:

  • リンゴ 6個ほど
  • 卵 2個
  • 小麦粉 100g
  • 砂糖 100g
  • バター 100g
  • アマレット 100g
  • 牛乳 大さじ1
  • イースト 7g(小さじ2 1/4)

アマレット以外を全部混ぜ、バターを塗った容器にいれる。その上からアマレットをふりかける。200度(400F)で1時間。焼いている途中でアマレット(+糖分)があふれることがよくあるので、受け皿などを下に敷いておいたほうがいいでーす(Lesson Learned. 経験済み:溢れて焦げてすごい煙が出てきたー。)

とても簡単でがっつりと美味しい焼き菓子。フレンチのデリケートなフランとは違って、おばあちゃんの味!って感じ。リディア・バスティアニのイタリアンフランです。私は砂糖をきび砂糖や蜂蜜に置き換えた。今の時期色んな果物がないけど、りんごならある!ってときにお試しあれ~。美味しいよ。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

オペレーション・アップルズ

庭の年寄りリンゴの木から採れたりんごたち。ガレージの涼しいところに置いておいても、いつまでももつものでもなし。早く食べるに越したことはない。まだあと20個ほどあるかなぁ。

庭のリンゴ

いい香り。爽やかな甘みのあるりんごです。

先週末にはこんもりとしたアップルパイを焼いた。5mmほどの薄さにスライスしたリンゴにレモン汁をたっぷり。シナモンとナツメグとブラウンシュガーをふりかけて少し置いたものを隙間なくパイ生地に押し込んで焼いた。

今年初のアップルパイ

とても美味しいパイになった♪

それから同じくらいの厚さにスライスしたものをドライアップルにしたよー。皮付きです。今回はレモン汁にも浸さず、スライスしてそのまま乾燥〜。随分前にガレージセールで買った$10のディハイドレーターで。

入れたことをすっかり忘れて。。。一日半弱!!!Oh my God!!!)。。。乾かしてしまった。

ドライアップル

かりっかりだ。アップルチップスになってしまった。

でもジップロック等にいれておくと少ししんなりするからこれでいいかな。 「皮をむくのがめんどくさい」といってあまり果物を食べない相方(←男の人って多くない?)。でもこうしてチップスにしてしまうと、ほっつらほっつらと食べ続ける。ドライにするとリンゴ2つ分くらいあっという間に食べれてしまう。おやつにも持っていきやすいもんねー。ときどきこうしてドライにするのも悪くないネ。ドライにしたフルーツは甘さがぎゅっと凝縮されておいしいねー。

ドライアップル

そうだ。リンゴつながりで。
髪の毛を洗うのにブロナーズ一本で洗っているという話をした時に、そのコメントで「お酢でリンスするといいよ~」って教えてもらった。そのときちょうど、リンゴ酢を使ってハンガリアンウォーターを作っていたので、それをシャンプー後の髪にふりかけたところさらりとした。それ以来、ローズマリーだけを2週間ほど浸したリンゴ酢をリンスにして使っている。

これがとてもいい感じ♪ 石鹸シャンプーだけだとごわごわしていた髪が、乾かした後もさら~っとしてくれるようになった。ローズマリーは頭皮の健康にとてもいいらしいよ☆  しばらく続けようと思う。

今日は久しぶりに青空が広がったので、キャンパスでも笑顔が多かった。お日さまの力はすごいなー。

acornlight
おしゃれどんぐり。

普通、どんぐりの帽子って拾ってから2日程するとぽろっと落ちてしまうもの。このどんぐりを拾ったのは3週間以上も前。帽子にちっちゃい帽子が2つくっていてかわいくて、拾ってきた。今日もまだ帽子をかぶっているよー。晴れの日、続くといいなぁ。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

りんごりんご

今日も朝から快晴でとってもいいお天気。ぴりりと肌寒くって、薄手の長袖にユニクロダウンを着てちょうどよかった。ユニクロおなじみのシンプルなダウン、一枚はオフィスに常備。ほんと助かるな~。
こんなにいい天気なのに、どうやらまたストームが来るらしい。今夜から続けて3つ、大きな嵐が来るんだよ~!ってみんなが言っていた。ホントに?? そんな気配ないんやけどな。嵐の前の静けさか。。。

2016apples1

嵐が来る前に、と。仕事から帰ってリンゴを全部収穫したヨ♪ こないだのストームで幾つか落ちてきたし。

2016apples3

それに。

熟れた実をかたっぱしからタヌキどもがかじってるし~っ! ↓↓わかりますか?かじられてるの。

2016apples2

んもう、悔しいったらありゃしない。

裏庭にある一本の古いリンゴの木。ブログでも何度か紹介したけれど、とても古くて3年に一度くらいのペースでしか実をつけない。きっと、今はガーデンショップでも売られていない品種なんだと思う。これがとっても美味しいんよー♪ ぱりっしゃりっとしていて本当に爽やかな甘さ。そう、「爽やか」なのです。こんな香りの香水もいいだろうなぁ、って思ってしまう。

2016apples4

茶色い斑点がついていたり形がいびつなものもたくさんあるけど、お店のより美味しい。数年に一度の楽しみだ。上手く剪定をしてあげたら毎年実をつけてくれるのかなー。

2016apples5

Gusちん、顔つっこんで確認。

2016apples6
たべてもいいですかねー?

同僚のグレッグも、今年はすでに70個ほどのリンゴが採れたって言ってた。リンゴの当たり年だもんねー。採れたリンゴは新聞紙で包んでガレージの涼しいところで保管。なるべく早く、美味しいうちに食べちゃおう。

あ。そう。「りんごりんご」って題を書いて「そう言えばそんな曲が昔あったよなぁ〜」ってふと思った。

2016apples7

違う。リンダリンダやん。。。 懐かしいなぁ。

職場での内輪ネタ(?)

今日、グレッグが持ちだして思い出したお笑いネタ。
ほら、英国ドラマで日本でも大人気になった「ダウントン・アビー」ありますね? 私は全シーズンを見て満足。グレッグは。。。見たんだっけな? 忘れた。 同僚のフレーザー君は見てないけどドラマのことは知っている。

ずいぶん前のこと、私たち三人がこのダウントン・アビーの話をしていたときのこと。グレッグだかフレイザーが言い間違えてダウントン・アビーのことを

ダウンタウン・ライブラリー」って言ってしまった。

これが三人の笑いのツボにずどんとはいって大笑い。ダウントンのパロディで「Downtown Library」ってのを作ったら絶対に笑える~!って。話題のコメディになること間違いなし! ダウンタウンの図書館には、知る人ぞ知るアーカイブがあって、重要書類が収められていたりして〜。悪どい館長ダミアンと秘書のブリジット。ライブラリアンのアナとセバスチャン。本のむしのベスと冴えないショーンの本棚ごしに芽生える愛。返却された一冊に残された謎のメッセージ… どう?? イケそう? ダウンタウン・ライブラリー、新春1月一般公開!

絶対に笑えると思うなぁ。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

初お鍋とりんごの焼き菓子

冷たい風と冷たい雨。一週間の始まり。

line

こんな日は空の色と海の色がとても近くになり、空と海を分ける水平線がとても繊細に見える。自然の生み出す均衡になぐさめられる。

週末もじっとりと寒くて、しばらく会っていなかったお友達を誘って今年初のお鍋をしたよ〜。

onabe

お豆腐とお野菜いっぱい。お出しを少し濃い目に作り、寄せ鍋風にいろんなものをいれた。私は関西で特に薄味の家庭で育ったので、お出しだけで十分味わえたのだけれど、こっちの人ってそれだけじゃ物足りないんよね。白味噌と胡麻の風味のつけダレも用意して、お友達はそれをつけて満足。ところがうちの相方は「ねーねー、申し訳ないけど… バーベキューソースつけてもいい?」って。。。BBQソースかいな。 お鍋の具を引き上げてBBQソースに付けて食べるひと、はじめて見た…

この季節。果物というとリンゴと洋なし。とっても久しぶりに「Lidia BastianichのApple Season」を作ったよ♪

Apple Season

とーってもシンプルなんだけど、とーっても美味しい。ブレッドプディングの様な食感で、リンゴがゴロゴロはいってます。以前に彼女のブログで紹介されていたレシピですが、今チェックしたらアクセスできなくなってたー。ので、レシピ、紹介しまーす。

Lidia’s Apple Season

材料:

  • リンゴ 4〜5個 (1.5cm角に切る)
  • 卵 2個
  • 小麦粉 100g
  • きび砂糖 100g
  • バター 100g
  • 牛乳 大さじ1
  • イースト 3.5g
  • アマレット 100cc

アマレット以外の材料を全部混ぜる。ベーキングディッシュに入れる。上からアマレットをふりかける。205度のオーブンで約1時間焼く。

ベーキングディッシュに少しバターを塗っていたほうがいいかな。くっついちゃった。アマレットは少し減らして大さじ5にしました。とってもシンプルなんだけれど、ほっこりする優しい味。ホットミルクなんかにぴったり♪ たくさんリンゴがあったら是非お試しあれ〜。

パンがきれちゃったので、明日焼く用にこねないパンの準備。…と、本を引っ張りだしたトコロ。

Gusなんでも気になるんだよね。Gus。

あぁ、お日様が恋しいな。
instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪