お庭とリクエストのスポンジケーキと。

週末の記録〜。夏の間は庭のことばっかりで、すんませ〜ん。今日は庭で花の種を収穫。スナップドラゴンとか大金鶏菊とか。来年の春用に♪

夏の庭より

昨日はと〜っても久しぶりにダウンタウンまで自転車でひとっぱしり。人混みが苦手で、ダウンタウンにはちかよらないんだけど、散髪にいかなきゃいけなくて仕方なく。。。いつもの日本人のMさんがいなかったので、韓国人のHさんに切ってもらった。とっても人当たりのいい人ですぐに好きになった。最後にドライヤーで乾かしてくれた後に、フラットアイロン(?)で毛先をくるくるとしてくれた。それが見ていてすごく楽しかったので、「くるくるするのって難しい?」って聞いたら「簡単よー!ほらっ、やってみてっ!」ってアイロンを手渡してくれた。え? 見ていると簡単そうなのに、やってみると上手くくるんとならなくてさ。「大丈夫、すぐに慣れるって。もし興味があるならサプライヤーにオーダーしてあげるから言ってね!」って。ちょっと興味ありなんだけど、きっと、自分では上手くできなくて使わずじまいになりそうなので、考えてから連絡するね〜と答えておいた。 彼女いわく、私の髪の毛は少なくて猫毛なので、アイロンをあてやすいそうです。でも、ほんと、毛先が少しくるんとするだけで、印象が変わるものなのですね〜。って感心しちゃった

くるんくるんというと。

ほら、これみて!

0731gardentime2

にんにくの芽につぼみが突いてくるんくるん。魔法のスティックみたいで楽しい。今年はにんにくの芽をあまり収穫しなかったので、くるんくるんがたくさん。つぼみの薄い皮の中には小さな赤い花(?これもつぼみ?)。可愛らしい。

第二グループのいんげん豆が咲き始めてる。これは例年のブッシュビーンズ。いんげん豆、おいしい。

0731gardentime5

ニンジンもようやく食べれる大きさになって、土の中で待機。食べるときにひっこぬくよ。うちのニンジンたちは大きくなっても20cmくらい。今日も数本抜いて夜ご飯に使いましたー。

夏の庭より

甘党の相方が「ケーキが食べたい」とぼやくので。。。「3つの材料ケーキ」を試したよ〜。 名前の通り、卵+砂糖+小麦粉のスポンジケーキ。卵が6個(白身と黄身に分けて泡立てる)+砂糖3/4 C(半分を白身に半分を黄身に入れる)+薄力粉1C。175度で30分。

ちーん。

スポンジケーキ

ふわふわすぎず、どっしりともせず、とても好ましいテクスチャーのスポンジだと思う。

ちょうど2C弱、リコッタチーズが冷蔵庫に残っていたので、砂糖を加えて泡立てて、デコレーション用のクリームにしたよー♪ イタリアの南の方ではスポンジケーキにシロップを染み込ませ、それにリコッタチーズのクリームを挟んだケーキがあるんだって。

間にはこのリコッタチーズのクリームとバナナ。上にはブラックベリーをのせてみた☆

スポンジケーキ

美味しかった〜。

もう一日お休み〜。明日は何をしようかな〜。

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

散歩にて。

無造作に寝そべる姿に思わず笑ってしまった。

海岸にて

お天気のいい日の海岸の石ころは、程よく温まっていて気持ちがいい。時々、私もおしりと足をぺた〜っと砂利にくっつけて座り、流木にもたれて一休みする。ゴロンと寝転びたくなる気持ちもわかる。今度、誰も見ていない時に、腹ばいになって寝転がってみよう。ふふっ。

最近、急に右の目だけが霞むのに気づいた。特に夜、ブログを書いたりするのにコンピューターに向かうとぼやける。ふむ。今日、目の検査をしてもらいに言ったトコロ、右目の乱視の度がきつくなってきているとのこと。乱視矯正の入ったコンタクトのお試しをもらって帰ってきた。いやだなぁ。近視と乱視が混じってしまって、ここに老眼が入ってきたらいくつメガネが必要になるんだっ。困るなぁ。

海岸にて

「歯と目は大切にせなあかんで」っておばあちゃんが言ってたなぁ(もう、遅いけど)、と思いながら熟したブラックベリーを探してみる。海岸沿いの茂みです。

足元には。

もちろん。

海岸にて

G:あまいの、とれましたか? ぼくのべりー。あまいのがいいです。

そう、最近、あんまりすっぱいと、ぺっと吐き出すふとどきもの。口が肥えちゃって。

海岸にて

8月の終わりに休みをとって、シアトルの友達のところに遊びに行きたかったんだけど、すでに休暇届を入れているスタッフが多すぎて許可がおりなかった〜(涙)。フロートプレインで行こうかな、日本食一緒に食べれるな〜って浮かれていたので、凹んでしまった。また別の日を選んで予定の組み直しだ。秋になるかもなぁ。Sちゃん、ごめんねー。「近々、何か楽しい予定あったかなぁ、something to look forward…」思い当たらないなあ。

あ、そうだ、今週末は連休だ!わ〜い☆

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

米粉のブラックベリーケーキ

今日はブラックベリーな日曜日。

ブラックベリー

家の裏庭にあるブラックベリーの茂みは、年々少しずつ花・実の量を増やしているけれど、日陰にあるので小粒です。実のならないツル(?)ばかりがびよーんと伸びて困ってます。日の当るトコロに出来ている大粒の実には、遠すぎて手が届かず… 鳥さん用。なので、少しずつ採り集めては冷凍し、海岸沿いの茂みで集めては冷凍し… という具合にその日に食べないものを冷凍している。今朝はちょうど1カップ半ほど採れたので、それを使って米粉のケーキを作ってみた。

オリジナルは「米粉のパウンドケーキのレシピ」だったと思う。それを家にある材料でちょっと調整し、倍量にしてみた。数回、桃でも試してみて、これがなかなか美味しかったので、今回はブラックベリーを入れてみたというわけ〜。

米粉のブラックベリーケーキ

材料:

  • 米粉 150g
  • アーモンドミール 50g
  • ベーキングパウダー 10g
  • きび砂糖 70g
  • はちみつ 20g
  • 卵 4個
  • オリーブ油 大さじ2
  • 豆乳 大さじ2
  • 塩 少々
  • ブラックベリー 1カップ半(適当)

粉、アーモンドミール、きび砂糖、塩を混ぜあわせる。この中にブラックベリーを入れ、粉をまぶす。別のボールにはちみつ、卵、オリーブ油、豆乳を入れてハンドミキサーで混ぜる。コレを、粉+ブラックベリーミックスの方に流し入れ、サクサクと木べらなどで混ぜる。あまり混ぜすぎるとベリーがぐちゃぐちゃになって紫のケーキになるので注意。☆ベーキングパウダーを書き忘れておりましたっ!a-ki_laさん、気づいてくれてありがとっ!

180度で30〜35分。

できたー☆

soyflourcake_blackberry1

あ、容器には薄くバターをぬりました。

断面図。

ブラックベリー 米粉のパウンド

桃で作ったときは全体的にあま〜い、やさし〜い感じだったんだけど、ブラックベリーバージョンは爽やかさあり。ここにフローズンヨーグルト(バニラ)をのっけて食べたヨ♪ きび砂糖とアーモンドミールのせいかな。香ばしさと柔らかい甘みのあるケーキです。

ケーキをオーブンに入れてから、ブラックベリーのジャムも作った。冷凍庫に10C分たまっていたので♪ 今回は少しペクチンも加えてみた。私はジャムというより「フルーツソース」っぽい柔らかいのも好きなんだけど、相方はトーストからだらだらと落ちていくのが嫌らしい。手をべとべとにして文句をいう。なので、普段よりもすこし硬さを付けるためにペクチン使用。

ブラックベリージャム

500CCのが5瓶と700CC瓶8分目まで。この夏のブラックベリージャムはこれくらいでいいかな。

今日はブラックベリーの香り台所いっぱいに漂っていた日曜日でした♪

もうそろそろ新学期が始まるなぁと思うと… そわそわする。ゆったりと気持ちのいいキャンパスも、若者でごった返す。あぁ〜、忙しくなるだろな〜。あと少しの静かな夏、楽しまなきゃ。

みなさんも、良い一週間を!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ブラックベリーで我慢の練習

ブラックベリーの季節です。Gusは、ずいぶん口が肥えて、よく熟れた甘いブラックベリーの茂みがどれなのかをよく知っている。最近では、ちょっと硬くて酸っぱかったりすると、ぺっと吐き出したりする。なんという犬っ。散歩の度に、おいしいブラックベリーの横を通ると、ぺたっと座り込んで私を見る。「とってくれ」というわけ。ったくもう。

今日は、幾つか美味しそうなのを片手に集めた後で、「我慢の練習」をさせてみた。

G:う゛〜〜。

gus_blackberry1

この顔。。。

しばらくこの姿勢のまま「待て」をしていると、お尻をむずむずさせて鼻を鳴らし始めた。あははっ。

はい、どうぞ。

ボーダーテリア

今だけのものなので、私もGusもしっかりとベリーを楽しんでます。

余談ですが、春に帰国したときに私が作った簡単な「Word」のテンプレートを使って、父が月に一度のニュースレターを書いている。私にはメールに添付して送ってきてくれる。メールなんて使わなかったのに、このニュースレターを送るために頑張っている様子。写真の挿入もずいぶん慣れてきたみたいです。そのニュースレターの項目の一つが「畑ニュース」で、7月号にはツヤツヤの茄子の写真に添えて、茄子の話が書いてあった。

「奈良時代の正倉院文書に記録があるようで、千年以上の栽培の歴史をもつ野菜です。茄子の花の紫に私は非常にひかれます。
高濱虚子の俳句 “葉の下に 茄子の花の 鋭さよ” この感覚を畑に出向く度に味わいます。」

父は無口なので、一時帰国中もあまり色んなことをあれこれと話さない。この月刊の2ページから成るニュースレターを読みながら、今さらながら「お父さんも色々と感じたり考えたりしているんだなぁ」と妙に新鮮な気分になった。親子だけど、私たちの間には知らないことがたくさんたくさんあるんだろうな、と思う。

*さて久々に。Doodle Marathon update:*cooling down* →☆

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪