和書読書とリディアのリンゴのフラン

寒いけど快晴!空も吹く風もまだ春と呼ぶには早過ぎる。でも、少しいいお天気が続くと、待ちきれないように小鳥たちが賑やかに歌い出すからかわいい。

今日から2月。今年ももう1ヶ月が過ぎちゃったよ。はやいっ。

先週末は体が重くてエンジンのかからなかったので、和書を一冊読んだ。小川洋子の「猫を抱いて象と泳ぐ」。たまたま大学の図書館にあったもの。日本を代表する文学作品はずらりと並んでいるものの、現代作家のものは数えるほどしか無い。なので、この一冊を見つけたときには、飛びついてしまった。初めて読む小川洋子さんの一冊。

英語の作品はちんたらちんたらと、いつまでたっても読み終わらないのだけど、日本語だと週末あれば十分。ぐわ~っと読んで、この作品の主人公「リトル・アリョーヒン」の世界にひたってしまった。数日たっても、ちょっと物悲しい。ふとした時に本で読んだ場面が浮かび上がってくる。本の感想文はとても苦手で下手なので避けますが、チェスをめぐる不思議な少年が主人公の物語。アマゾンで紹介されているあらすじは:

「大きくなること、それは悲劇である」──この警句を胸に11歳の身体のまま成長を止めた少年は、からくり人形を操りチェスを指す。その名もリトル・アリョーヒン。盤面の海に無限の可能性を見出す彼は、自分の姿を見せずに指す独自のスタイルから、いつしか“盤下の詩人”と呼ばれ奇跡のように美しい棋譜を生み出す。架空の友人インディラとミイラ、海底チェス倶楽部、白い鳩を肩に載せた少女、老婆令嬢……少年の数奇な運命を切なく描く。小川洋子の到達点を示す傑作。

私はチェスのことはほとんど何も知らない。駒にそれぞれ特別な動き(?)があって、黒と白が対戦してキングを押さえたほうが勝ち、ということくらい。勝ち負けのあるゲームにすぎない、って。この物語を読みながら、チェスを心から愛する人たちが描くチェスの世界というものを、自分も思い描くことができたら素敵だろうなと思った。知らなかったのだけど、チェスの駒の動きを記録したものを「棋譜」っていうんだって。この言葉、とてもきれい。「棋(駒)」で綴られた「譜」。チェスをする人は、この棋譜をみるとチェス盤を挟んだ二人が織りなした世界が音楽のように蘇ってくるんだって。どんな世界なんだろうな。

リトル・アリョーヒンも少女ミイラも含めて、登場人物それぞれが個性的でひっそりと静かな存在感があって好きだった。口数は少ないけれど(言葉ではないもので)多くを「語る」人物像って日本の物語には多いのかな。あと、日本語だからできる言い回しとか抑揚は、日本語で読むから楽しめるなって思う。おばあさんや品のいい女性、おっとりとした優しい男性などの会話文って、日本語だと読んでいるうちに声が聞こえてくる。イメージができあがってくる。英語に書き換えちゃうと会話文だけ抜き出したら誰が話しているのかわからなくなることもあるもんね。

と。母国語での読書は娯楽だなぁ、としみじみと思った週末読書でした。

さて、一つ覚書きに。随分前に一度紹介したけれど、レシピを書いていなかったので。

リディアのリンゴのフラン

材料:

  • リンゴ 6個ほど
  • 卵 2個
  • 小麦粉 100g
  • 砂糖 100g
  • バター 100g
  • アマレット 100g
  • 牛乳 大さじ1
  • イースト 7g(小さじ2 1/4)

アマレット以外を全部混ぜ、バターを塗った容器にいれる。その上からアマレットをふりかける。200度(400F)で1時間。焼いている途中でアマレット(+糖分)があふれることがよくあるので、受け皿などを下に敷いておいたほうがいいでーす(Lesson Learned. 経験済み:溢れて焦げてすごい煙が出てきたー。)

とても簡単でがっつりと美味しい焼き菓子。フレンチのデリケートなフランとは違って、おばあちゃんの味!って感じ。リディア・バスティアニのイタリアンフランです。私は砂糖をきび砂糖や蜂蜜に置き換えた。今の時期色んな果物がないけど、りんごならある!ってときにお試しあれ~。美味しいよ。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

餡こな週末

あんこあんこ〜!

と。おぜんざい食べたさに、土曜日のお昼に小豆を500g炊いた。炊き方は、和ものを作るときにいつも参考にさせてもらっている「白ごはん.com」の美味しい小豆の煮方より。うちの母が「おはぎ」を作るときに炊く餡こは、とても甘さ控えめです。たくさん作っても、ご近所さんやらに食べてもらってすぐになくなるので余りお砂糖をいれずにすませるのかな。それに塩がきいているのがわかる。母の餡の甘さに慣れているので、このレシピのは私にはかなり甘いレベルに仕上がってしまった。それでもとっても食べたかったので満足です。甘いからそれ程量を食べずにすんだし〜。

おぜんざーい!

こういうときにトースターがあると、ちょいちょいとお餅焼けるのになぁ。残念。1月7日に鏡餅を割ってそれでおぜんざい・おしるこを作るひとも多いらしいね♪ 偶然、作って食べたのが7日で嬉しい♪

私はあまり潰さず、豆が豆のままの餡こが好き。末の妹はこしあんなら食べるのに、少しでも粒が残っていると嫌がる。そうそう、関西では粒あんのが「おぜんざい」で、こしあんのは「おしるこ」なんだってねぇ。お餅が入るはいらないで呼び方が違うとか、関西と関東では違うとか、あるみたい。私的にはコレ(↓)はぜんざいだな。

で、今朝はトーストしたパンにバターを少しぬり、餡こをのせて食べた。

美味しい。。。 おかわりしてしまった。

で、うちの相方にも「おぜんざい食べる?」って聞いたけど、「甘い豆汁にお餅をいれたもの」というのがアイデア的に「ノー・サンキュー」の様で。大福は好きなのに。

で、どら焼きなら食べるだろうと思って。。。暮しの手帖にのっていたレシピを試してみたよ〜。

でも、薄力粉が家になくって。

そば粉で。。。

フッ素加工のフライパンっていうのもないので、バターを塗った普通のフライパンで試したんだけど焼き具合が難しかった。それに、結構甘い(しかもみりんも入っている)生地なので、焦げやすいー!生地も柔らかくてひっくり返すのが難しいー!

レシピには「7cmくらいに焼く」って書いてあったんだけど、私のは15cmくらいに広がったのもあり(汗)

じゃじゃんっ。初・そば粉でどらやきの巻。

そば粉を使ったから焦げているように見えている、のではなくて。

実際に焦げたのでした。

15枚くらい焼けて、最後の3枚くらいだけそれっぽく、きめ細かく…焼けたかな。 そば粉だったけどふわふわでほっこりするどら焼きになりました♪ ちょっと濃い緑茶と一緒に。

餡こ食べ過ぎの週末! でも満足したっ。

よし。これで明日からは甘いものを控えまーす(コレ食べ終わってからね…♡)良い一週間を!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

はじめての巻けてないロールケーキ

週末、戸棚の整理をしていてかぼちゃのピューレ(缶)を見つけた。カナダの感謝祭のパンプキンパイ用に買って余ったもの。「あ!あれを作ろー☆」と、先日チェックしていたカリフォルニアばあさんのブログの「かぼちゃのロールケーキ」のレシピを書きだした。とってもわかり易く説明されているレシピなので、私にもできそう〜って思ったのでした。

が。

ありゃ。

rollcake2

ぺちゃんこになってしまった。。。

「ロール」してへんやんっ。

それがね、焼きあがったケーキをどっち向きに巻けばいいのかよくわかんなくって。短い方の辺を手前にして巻くべきだったんよね、きっと。「よくわかんな〜〜〜い!」と、長い方の辺を手前にして巻き始めたらあっという間に巻き終わってしまって「しまった(汗)」。と。クリームはむちゅぅっとはみ出てくるし。。。やっぱりこういうお菓子作りって私には向いてないなと思った。

くるくる巻いているロールケーキって、なぁ〜んか見ているだけでもうれしくなる焼き菓子で、一度作ってみたいなぁって思っていたんだけど… やたら手がかかるっ。危うくスポンジ部分を焼きすぎてしまいそうになったし、クリームもホイップがどうも上手く泡立たず… やっぱり私には、一つのボールに材料を全部どっかーんといれて混ぜて焼く、のがむいているみたいです。

でも、味はとっても美味しかった。ケーキ生地もパンプキン風味だし、スパイスが効いていてクリームは軽いし。相方も「すごく美味しい。でさ、真ん中だけじゃなくて、あともうひと巻きしてクリームがくるんとはいっているといいねぇ」というコメント。「Ya, I know.」と私。 それ以上、何と答えられましょうか。

もう一回作ってみようかな。冬休みになったら。

rollcake1
真ん中にしかクリームがはいっていないロールケーキもどき

ビクトリアはもう冬景色。木々の葉っぱはすっかり落ちてしまい、最近はずっとグレーなお天気。この冬は冬らしい冬になるらしいよ。ココ数年はずっと暖冬だったから。

p1260691

気を抜いたのか、風邪をひいてしまいもう一日休みをもらった。頭ががんがんして鼻水がとまらない。壊れた水道の蛇口のようです。

そうだ、この巻けなかったぺちゃんこロールケーキで余ったホイップクリーム。濃い目のコーヒーを入れて豆乳をたっぷり入れて、ウィンナーミルクコーヒーを作ってみた。 みんな子供の頃はコーヒーに「ウィンナー(ソーセージ)」がはいってんのか?って思った、あれあれ。ウィーンのコーヒーっていう意味らしいけど、ウィーンのひとって本当にホイップクリームのせて飲むのかな。

whipcoffee

コーヒーが熱すぎたのか、すぐに溶けてしまった。あったかい飲み物が嬉しい季節。

ふと、吉本ばななさんの本を読み返したくなり、大学の図書館で検索すると数冊日本語のものがあった☆ 「うたかた」を読みはじめた。最初に読んだのってもう20年ほど前で、当時こちらでも彼女の作品は話題になっていて、誰かに借りてざざぁっと読んで終わったっていう記憶しかない。40代になってから読むと20代の自分が感じなかった感情がじわりとわきあがってくるものなのかな。彼女の心の描写がとてもきれいだと思う。以前の自分にはしっくりこなかったり、さらっと読み流していたところも、一休みして感情を心に描いてしまったり。淋しさとか嬉しさの表現がすてきだなぁって思う。

fullsizerender-2

「まっさらの感情」「自分が生物だと思える」って、いいな。誰かと一緒にいてそんな風に感じられるってすてきだろうな。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

晴れ間の散歩と、”250ドルのクッキーレシピ” を試したよ♪

朝起きてお日さま見えるのって何日ぶりだろ。

oct23walk3

満潮時だってわかっていたけれど、青空と海を一緒に見たくてGusと海岸まで散歩。 露出オーバーの様なこの(↑)色合いが好きです。

あまりにも気持ちよくて、岩場に腰掛けてぼーっとしていると遠くで「ちょっと危ないからやめなさいっ」と、男の人が日本語で言うのが聞こえた。そぅ、日本語だとどんなに小さな声でもばっちりと聞き取れる。岩場を登って行くと、同じ声が「はい、そこに立ってよ〜、はい、ダブルチーズでいっとこか〜」と(関西のひとか?)。どうやら子供さんに声をかけている様子。でも、ぱっと見ても日本人らしきひとはいない。はて。。。

ハーフの女の子二人が駆け寄っていった先には、少し赤毛の体の大きなパパ。白人さんだった。アジア人ではない人が流暢に日本語を話しているのを聞くと、今でも戸惑ってしまう。見かけで判断してはいけないけれど、このパパさんはどう見ても日本語を話すような人には見えず、それも全くアクセントもないもんだから、中に日本人が入っているんじゃないかって思ってしまったほど。何故こんなにギャップを感じるんでしょう。

oct23walk2

眩しくて秋の葉っぱがきれい。

oct23walk1

湿った落ち葉がいっぱいの散歩道でごきげんのGus。落ち葉がまとめて山積みにされていたりすると、顔を突っ込んで念入りに匂いをかぐ。一体どんな情報がそこに詰まっているのかと思う。犬って、匂いの情報を「視覚的に処理」している、ってこの間どこかで読んだヨ。私たちが本を読みながらその場面を想像するような感じかなぁ。

さてさて!先週、New York Timesのお料理セクションで見つけたクッキーのレシピ:The $250Cookie Recipe!すんごい気になって作ってみたよ〜! このレシピにはストーリーがあるのん。ある女の人がテキサス州ダラスの町にある「Neiman Marcus Cafe」でチョコチップクッキーを食べて、そのクッキーがあまりにも美味しいからレシピを譲って欲しいって訪ねたんだって。そしたらウェイトレスが「Only Two Fifty」って答えたのね。Two Fifity、と言われて、クッキー好きの女性は「あぁ、2.50(トゥーフィフティ=2ドル50セント」だと思ったわけ。で、後日。。。クレジットカードの明細を見てみるとなんと$250(トゥーハンドレッドフィフティ)だったんだって〜。

そんなレシピだっていうんだもん。どんなクッキーだか気になるやんねっ?

$250クッキーレシピ

材料:

  • 1 cup バター
  • 1 cup ブラウンシュガー
  • 1 cup 砂糖
  • 2 卵
  • 1 小さじ バニラエッセンス
  • 2 ½ cups オーツ(押し麦)
  • 2 cups 小麦粉
  • ½ 小さじ 塩
  • 1 小さじ ベーキングパウダー
  • 1 小さじ ベーキングソーダ
  • 340g  チョコチップ
  • 110g 板チョコ(チョコレートバー)
  • 1 ½ cups ナッツ(砕いたもの)

オーブンは190度(375F)。

  1. バター、砂糖二種類ををクリーム状に混ぜる。卵、バニラエッセンスを加えて混ぜる。
  2. オーツをブレンダーかフードプロセッサーで粉々にする。別のボールにオートミール、小麦粉、塩、ベーキングソーダ、ベーキングパウダーを入れて混ぜ合わせる。
  3. 粉ものを1にゆっくりと加えてまぜる。
  4. 板チョコを荒いおろしきなどで「する」(Grate。ニンジンやチーズをおろすのに使うような道具で)
  5. チョコ、ナッツを生地に混ぜ合わせる。大体混ぜ合わさったらオッケー。
  6. 生地を3つに分けて2つは冷凍。一つは冷蔵庫で30分程ねかせた。
    250dollar_cookie
  7. 約2cmのボール上にしてクッキーシートにならべ、10分焼く。

*変えたトコロ:チョコチップが足りなくて170g程だけ使った。ナッツも1カップのみ。砂糖は少し減らした。

焼き上がり〜☆ (コレ、3分の1の生地。20個焼けた)

250dollar_cookie1

見た目は普通。全然、「すごくない」。$250レシピっていう貫禄も全く感じられない。

250dollar_cookie2

普通やん。

さて。冷めたところで、ひとかじりしてみた。

250dollar_cookie3

むむっ。

むむむっ。。。

これは。。。美味いっ!!

ほんとにおいしいっ!! うーんと、クッキーには「さくっと系」とか「チュゥイー系」とか、もひとつ言うなら「もさっと系」がある。私は口の中でもさもさするクッキーが嫌い。そう、美味しいクッキーを作るのって実はとっても難しいと思う。ぱさぱさしたり、粉っぽかったり、やたら甘かったり、ボロボロして口の周りにいっぱいくっついたり。かというと、ぱりっと硬くてクッキーらしくないものになったりもする。

これはね、「さくっと系クッキー」。口の中でほろっと崩れるような感じ。そして香ばしいっ!

秘密はね、「オーツをブレンダーにかける」のと「板チョコをおろす」にあるはず。普通のオートミールクッキーは、オーツをそのまま入れちゃうので、クッキーを食べるときに結構「くっちゃらくっちゃら」とする。ブレンダーにかけることでオーツの香ばしさがとてもふんわりと広がるんだと思うよ〜。それから、チョコチップだけでなく、わざわざグレイターでおろしたチョコが入っているというのも、イーブンな味わいの秘密なんだよ〜!

相方も私が「$250レシピのクッキーを作るよ〜!」って言った時には「クッキーなんてみんな同じさ」みたいな鼻で笑うような反応だったのに、これをひとくち食べて「おぉ〜〜!!!ちがうっ!!!」って言ってたよ〜(笑) ちょっと面倒なステップもあるけれど、是非お試しあれ〜。

注意:この分量はかなりおおいです。私のスタンドミキサーでもぎりぎり。半分の量でできるかなー。この分量で生地を作れた場合は、全部焼かずに冷凍できちゃうので便利です☆
instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

8月最後の週末の畑模様

雨降ってる〜。1ヶ月ぶりかな。すっかりからからに乾いていた庭の草木が嬉しそう。

今日は家の中で片付けしたり、犬飯つくったり、洗濯やらパン作りやら。。。週末のチョアー(家事)をのんびりとやっていた。どんよりと薄暗いけれど、しとしとという雨の音が心地よい。こういう日曜日もたまには悪くない。

先週はとっても暑い日が数日あり、昨日はものすごく風が強かったけれど晴れていた。カメラを持って散歩に行って、秋の光の中のGusを撮ったのに。。。デジカメのチップがきちんと奥まで入っていなかったようで、撮ったはずのものが全部撮れていなかった。ざんね〜ん。こういうアクシデントも久しぶり。デジカメやスマホでビジュアルレコードをとることが普通になってしまっているせいか、「自分で切り取っておいたはずのシーン」が無い、ということに妙にショックを受けている自分に驚いた。「あの一瞬のあの光の中のあの場面」って間違いなく過去で、もう戻ってこないんだなぁ、って。ほんの小さなことなのに、一人で妙にしみじみとしてしまった(笑)。

さてと。気を取り直して撮りなおした畑の様子♪ うちの裏庭では、トマトの旬というと8月半ばから9月。今年はこぼれ種が自然に発芽して育った苗だけなので、いつもよりもスタートが遅かった。でもまぁ、なんとかぼちぼちと色づいてきているよ〜。

8月終わりの畑

大きいのはまだあと少しかかるかな。プチトマトたちは、二人で十分に食べれるくらいの量が毎日採れるようになった♪

8月終わりの畑

あまぁ〜い♪

ここまでくるのにものすごく日数のかかるトマトたち。それでもこの甘さを知っているから、毎年育ててしまうのね。

春に植えたニンジン。食べるときにひっこぬいてるよー。うちのニンジンは小さい種類で、大きくなっても20cmくらい。

8月終わりの畑

あとは、時期をずらして植えたいんげん豆たち。お豆は一日で一気に大きくなるね〜。インゲンも子供の頃は大嫌いだったけど、自分で育てたのを食べてみてこんなに甘いのか〜ってびっくりしたお野菜の一つ。

8月終わりの畑

ケール(右上。Red Russian Kale)は苗を4つのみ植えてるよ。内側から葉っぱが出てくるので一シーズン放ったらかしで食べ続けられる♪ 葉っぱが固めなので、少しゆでてからスムージーにいれたりもしまーす。

Gus豆食べる

G:いんげん、いっぽん、もらっちゃった。おいしいです。

ズッキーニ(ロマネスコっていう種類)。今年は調子が悪い〜! ズッキーニというとだれでも育てられる簡単な野菜。で、どんどん大きくなって食べきれなくなるのがいつものパターン。なのに、今年は実の先っちょから腐っていくものが半分ほどあり。受粉がうまくされていないんだねぇ。 気温が安定しなかったりしたから、雌花と雄花の咲くタイミングが悪かったのかな。 畑をしている人と話していたら、「私のズッキーニも今年はダメだわ〜」って言っていた。そういう年なのかな。受粉を手伝ってあげたほうがよかったのかなー。

ズッキーニ

来年はあまり放ったらかしにしないで育ててみよう。

これも去年のこぼれ種からでてきたのかな。。。↓↓ 菊。でも。菊ってこぼれ種から育つものなの? 挿し木はよく聞くけど。

菊の花

菊って、日本では「お墓参りに持っていく花」っていうイメージがあって、自分で育てたいって思ったことなんてなかった。でも、こうして咲いていく様子を眺めていると、かわいらしい。特に、つぼみがとてもきれいです。それに、なが〜いこと咲いていてくれる花の一つ。

もう秋です。夏の果物ともさようなら。最後の桃を使って「キャラメルピーチガレット」を作ってみた。

キャラメルピーチガレット

ま、ピーチ・パイ、と同じような感じです。別に作っておいたキャラメルを桃にふりかけてから焼いたもの。桃が大好きな相方のリクエストでした〜。「桃、桃!」ってうるさいから、先週は桃のポレンタケーキを作ったんだけど、作った後でぼそっと「ぼく。。。パイの方が断然好きなんだけどな。。。ケーキはケーキの部分に桃がうまってしまってちょっとしか桃があじわえないからなー。。。」とぼやいていたのでした(ったく。。。埋まってなんかないやんっ!と私)。

というわけで、今週末の焼き菓子はパイ。確かに、こういう焼き菓子は果物をしっかり味わえるよね♪  ピーチも終わりだし、コーンのシーズンも終わっちゃうというので、トウモロコシ6本からコーンスープも作ったよ。すんごく甘くってびっくりした!あれが庭でできたトウモロコシだったりしたら、デザート並みの甘さなんだろうなぁ。スープの写真も撮ったけど撮れてなかったー。あははっ。

さーてと、8月ももうすぐ終わっちゃう! 9月に備えて気持ちの準備をしなきゃ。

良い一週間を!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪