いちごの季節

去年までの数年は、「イチゴを守るため」に躍起になっていた。下からはダンゴムシ、上からは鳥、リス(?)、タヌキ。。。色々と対策を練って頑張っても、結局私たちの口に入ったのは1〜2割だった。で、今年は「もういいっ!」と放ったらかし。苗も半分ほど引っこ抜いて、スカスカに間を開けて、適当にハーブベッドの間に幾つかの苗を残していただけ。

それが、何故か元気で。実が赤くなっても大して被害を受けずにいる。

strawberry_season1

何故〜?

赤くなって食べれたらラッキーよね、って、Gusと話す。

strawberry_season2

G:うんっ。あかくなってるよー。たべよー♪

今日はこれくらいラッキーでしたよ☆

strawberry_season3

イチゴの近くに私がいくと、ぴったりマーク。「Gus、いちご欲しいのん?ベリー、食べる?」と聞くと、

この通り。↓↓↓

strawberry_season4

ぺろりん。=訳:たべる。ちょうだい。

なんてわかりやすい犬。

イチゴみたいに、ちゅんととんがったツボミ。コンスタンス・スプライさんの最後のツボミ。

constance_bud

薔薇の香りについて少しネットで検索をしてみた。このコンスタンスさんは「ミルラ」の香りなんだって。英語では「Myrrh(マーっていう様な発音)」。質の高い没薬(もつやく)として知られるらしい。ギリシア神話の中では、「許されない父と娘の禁じられた愛に身を焦がしたミュラという女がその罪ゆえに、没薬の木に変えられた」そうな。古代エジプトではミイラ作りにも利用されたそうだし、カトリック教会では清めるためにミルラを香として使うそうですヨ。

初めて咲いたコンスタンスさんの香りを必死に嗅いで、「これがミルラ香」なのね、と確認していまーす。次は黄色ちゃんが咲きそう♪ 少しずつツボミがふくらんできたよ〜。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

2016年 今年のハーブベッド模様・春

今週はずぅっとお天気がイマイチで寒かったっ! そのせいか、少々体調を崩し、気分も下降気味。ところが今日の午後からスカッと青空♪ 気温も上がった〜。もうそれだけでルンルンです。お日さまパワーの偉大さに気づく。今週末は3連休☆ 嬉しいな〜。

さて。一年を通してブログを見ていると、春から夏にかけては「庭ネタ」が多い!晴れていたら外にでているし、雑草抜きやら種まきやら、「害獣退治」やらで忙しいから〜。

記録もかねて、今年の春のハーブベッド。

2016年ハーブベッド

確か、この何もなかった芝生の一角を「耕し始めた」のが3〜4年前だった。芝を引っぺがすのがしんどかった~。そこに、少しずつ主にハーブを植えていった。この春は、それぞれが成長して全体的にこんもりとなり、ハーブベッドらしくなったよ♪

ほとんど計画性もないので試行錯誤の繰り返し。一年経って上手く育たなかったものもあれば、ミントのように広がりすぎる問題児もいて目が離せなかったり。植物の背丈を把握していなくて、背の低いものが高いものの後ろにかくれてしまったり。それを植え替えると、一年後なんだか元気を失ってしまったり。

2016年ハーブベッド

あーでもないこーでもない、と動かしながらようやく落ち着いてきた感じ。でも、カモミール、ボリジ、イタリアンパセリはこぼれ種であちこちに出没。チョコレートミントと普通のミント(?)も気をつけないとすごいことになりそう。ローズマリーも先週末にばっさりと切った。 これからは広がり過ぎないように、隣同士のハーブたちがぎゅうぎゅうにならないように、注意をはらっていかなくちゃいけないなー。そんなステージかな。

2016年ハーブベッド

えーっと。うさちゃんは相変わらず出没している模様。ハーブは食べてないけど。。。唯一、カモミールの葉っぱが少しかじられているみたい。ふむ。

ハーブベッドではないけれど、黄色いバラの近くに種から植えて育てたビオラさんたち。5つ苗があって、そのうち4つはうさちゃんにボロボロに食べられてしまった。慌ててネットをかけて、かろうじて1つだけは大きく育ってくれている。

2016spring_flowers1

あんな小さな種から、こんなにいっぱい花が咲いたー♪ かわいいなぁ。

あ、そうそう、かわいいというと。今日、仕事が終わって自転車置き場まで歩いていた時のこと。お母さんと3歳くらいの女の子が手をつないで歩いていたのね。女の子がね、お母さんを見上げて「I love you, Mommy.」って。

お母さんが、「I love you too, sweetie.」と答えると、女の子が

I love you a Lot Lot Lot More!!!」って。

なんてかわいいんだろう〜。思わず顔がほころんだ。いいなぁ、こどもって。

2016spring_flowers3

去年、どうしても庭で見てみたいな〜って思って種を蒔いて育てた「キンギョソウ」。去年はイマイチだったのに、そのイマイチさんからこぼれた種から育った今年の花。元気です。植木鉢の中で育ってるよー。2年ほど前に見かけて買ってみた「Renee’s Garden」っていうブランドの種。ミックス種が好き♪ レタスやインゲンもココのものをトライ。お花は少し変わった可愛らしい品種で好き。たとえば、コスモスだったら、花びらが少し変わっていたり、スイートピーもフランスの種類だったり。上のビオラもここの種。

2016spring_flowers2

そうだ。こぼれ種組の花たちというと、この(↓↓)二つも。右はフォックスグローブ、よね? あちこちに出てくるー!しばらくは雑草だと思って引っこ抜いていた。。。左は、なんだろ? これはしっかりとした黒い種で、何もしなくてもまた翌年出てくるヨ。

2016年ハーブベッド

週末、何しようかなー。温かくな〜れ♪

皆さんも、良い週末を!!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Witty’s Lagoon にてリフレッシュ

とーーーっても良いお天気だった土曜日! 庭仕事やら家のことやら、その他にもやりたいことがたくさんあったんだけど、あんまりにも気持ちがいいので二人と1匹で「Whitty’s Lagoon」に行ってきたよー☆ ここはRegional Parkに指定されている公園。Lagoon、つまり、干潟。

wittys_lagoon1

地図で見るとこんな感じ。

witty's lagoon

私たちは一番右端にある「P(パーキング)」のところに車を止めて、草原のようなトレールを少し歩いて干潟まで。

ちょうど引き潮の時だったので、砂浜がどこまでもどこまでも広がっていたっ。ラッキー☆

wittys_lagoon3

靴を脱いで、裸足になった。水も温かくて砂が柔らかくって気持ちがいい〜。最後に裸足で海岸を歩いたのっていつだっけ?

wittys_lagoon2

ここに来るのは初めてのGus。新しい匂いと砂浜にテンション急上昇!このパークはとってもドッグフレンドリーで、トレールの途中にはちゃんとゴミ箱もあった。(←リージョナルパークなどでは、ゴミ箱を取り除いてしまったところが多いのです。全て自分で持ち帰り。でも、中には持ち帰らずに、うんちバッグをその辺に置いていく人もいるんよね。)海岸に降りていくところには、水道があって、ワンコのための飲水バケツまで置いてあった。嬉しいなぁ、こういうサービス。

wittys_lagoon4

ドッグフレンドリーな公園には、フレンドリーなワンコもたくさん♪ ↑↑ Gus、ちょっと引き気味だけど、このあとちゃんと挨拶しておりました。

うれしくって、他のわんこと一緒に暴走するGus(↓↓)。

wittys_lagoon5

波の作った網目模様やライン。柔らかくバランスよく描かれていて、見ていて気持ちがいい。とっても。

wittys_lagoon6

海からの風も温かくて、光がとっても眩しくて、頭の天辺から足先まですか〜っとリフレッシュできた土曜日の午後。

wittys_lagoon7

G:ぼくもたのしかったよー。またこようね。くっきーもってきてね。

帰り道のトレールの脇にはヌッカローズがいっぱい!

wittys_lagoon8

爽やかな甘い香りのヌッカローズ。大好き、好き好き。

気持ちよかった〜。今日はぐっすり、いい夢みれそう♪

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

丘の上のGus

先週末、あんまりにも気持ちが良かったのでもちろんGusを連れて丘の上まで。もう少し温かくなると、地区の公園管理(?)の人たちが丘の上の草を刈ってしまう、か、枯れてしまう。それにスピアグラス(猫じゃらし系の草)がたくさん出てくる。これはワンコにとっては要注意の草(指の間に刺さってしまったり、耳に入って出てこなくなる)なので、Gusも丘の上には連れていけなくなる。

今のこの時期は、ネイティブの花「カマス(Camas)」が丘の上を彩っていてきれい。でね、毎年作る「Gus Calendar」用の撮影(?)もかねて、カメラをぶら下げて行ってきたのー。

camas_gus1

通り道の緑もずいぶん茂ってきた。緑の色も日に日に濃くなっていく。4月・5月って大好き。

camas_gus2

のどかです。

写真の比率を間違えて設定してしまっていた(↓)

Gus_camas5

ひとっ走りした後、こうしてカマスの咲く草むらの中で笑顔で一休みするGus。幸せなわんこ。

camas_gus3

全くの余談なのですが、日本からこちらに戻ってきてから、1週間ほどして肌があれだした。珍しく吹き出物もでたり。食生活とか環境の変化とかそういうものなのかなー。困ったな。前にも一度、旅行からこちらに戻ってきて、肌がボロボロになったことがある。元通りに戻すのに1ヶ月ほどかかった。若いころのようにさっさと元に戻ってくれないから困るのです。

もうひとつ、余談。

今、ちんたらちんたらと読んでいる大きな本「Shantaram/シャンタラム」(←読むのは遅いんだけど、楽しんでます。日本語に訳されてる♪)の中で「ふぅん、なるほど」って思える文章・会話がある。それをいつもの日記に書き留めている。この間読んだところにこんなのがあった(適当に訳します)

男は、目をそらしたときに何を「考えているか」が表れる。そして彼が答えをためらったときに何を「感じているか」が表れる。女の場合は、全くその逆である。

どう思いますか? なんとなく、そんな感じ、しない? 分かりそうでわからない、掴めそうでつかめない、そんな余韻が残りながらも「そう言われてみるとそうかも。。。」と思ってしまった。

camas_gus4

こんな春の光のなかで、こんな風に笑うGusを見ていると、It’s All Good. ってつぶやいてしまう。

日本はゴールデンウィーク突入?だっけ? ゆったりと楽しいお休みを〜☆

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

absolutely gorgeous. day.

昨日と今日と、最高に気持ちのいい天国のようなお天気だった。あまりに気持ちがよくて、時間のない朝にもGusとホンの少しだけ海岸まで降りてみた。

springmorning1

こんな朝には、「どうもありがとう」って言わずにはいられなくなるね。

きちんと時間をとって瞑想をやってみたいんだけど、どうしてもその時間がとれなくて、今は水曜日のランチタイム瞑想だけ(20分)。その瞑想グループのヘンリー先生が、「瞑想は座って目を閉じている時だけしかできない、っていうわけじゃないよ。バスに乗っている時とか自転車をこいでいるときでもいい。今そこにいる(在る)ということを感じて、身の回りのものに注意を払ってみるのも瞑想じゃないかな。」って言っていた。それで、最近は朝の散歩のときに大きく深呼吸して、ただここにいる自分をきちんと見なおしてみたりしています。当たり前のようにして私を取り囲んでくれているものを、きちんと見てみたり感じてみたり。この時期は全ての木々が芽吹いていてすっごくきれい。自転車こぎながら「おはよー!ありがとー!気持ちいいー!」って言ってみたり(←変ね)。

ひとつ、嬉しかったこと☆

去年の冬に植えた小さな小さなビオラの種(粉みたいなん)から、やっとやっと花が咲いた〜!私の初ビオラちゃん。よく頑張って咲いてくれたね〜。

my viola

さてと。旅リポート、そろそろラップアップしないといけません。すんません、ながいことひっぱって。

あ、今週、職場でね、同僚のグレッグのIDを見ていてふと「イメージ」が「見えてきた」の。で、彼が古い方のIDをくれるっていうからさ。「見えたもの」を描いてみたのね。

コレコレ(↓↓)

bogmanid

いいでしょう? さりげなくチャーミングで、でも、こんなひといたらすんごい嫌〜。でもでも、気になって何回も見てしまいそう。じゃない? ポイントはね、三点チョビひげ。

良い週末を!!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

それぞれのヒーリングストーン

うちの近くの海岸は石ころの海岸。

ヒーリングストーン

地質学的に分類したら、一体どれ位の種類の石ころに分けられるのだろう。色や形や質感の違うものがたくさんある。うちに遊びにきた友人たちの多くが、何故か必ず石ころを拾いポケットに入れて持って帰ってくる。それをゲストルームに残していったりする。石ころ、いらないっていうのに、拾わずにはいられないのでしょう。

私と相方も例外ではなく。いくつもいくつも石を拾って持ち帰ってきた。日によって、ぴぴっっとくる石が違っていたりする。相方は一時期、混じりけのない白い石ばかりを集めていた。私は今でも美しい「はちまき石」と「かんむり石」を見つけたら持ち帰る(→☆以前の記事)。

今日、ふと目に止まったのはコレ(↓)。持ち帰らなかったけど。うっすらとしたグラデーションのある線がきれいです。

ヒーリングストーン

こうやって足元を見ながら歩いて見つけた石の中には特別なものがある。相方と私が「ヒーリングストーン」って呼んでいる、自分にとって特別な石。

ヒーリングストーン

左の真っ黒のが相方のヒーリングストーン。右のころりんとしたのが私のヒーリングストーン。相方のは碁石の様で、私のはうずらの卵。

ヒーリングストーンというと、特別な力をもっているパワーストーンを思い浮かべるのが普通かな? よく知らない分野なんだけど、水晶とか? 私たちのは海岸に落ちてたただの石ころなんだけど、とても特別です。手のひらの中に心地よくおさまって、小さいながらも程よい重さがある。自然の中で時間をかけてできあがった美しいバランスの良い形。

ヒーリングストーン

自分で「これだ」って思える石だったら、それがきっと自分にとってのヒーリングストーンなんだってば、って、思う。そしてときどきにぎりしめる。

そうそう、散歩途中に見かけたアニマル… ちょんとつきだした岩場の部分に、いたのですよ(↓↓)。

seaotter1

Sea Otter。ラッコというよりも、イタチ、なのかなー。

seaptter2

貝だかカニだか、なんだかを食べている模様。 隣でおこぼれを待っているカモメ… このSea Otterは、頭から尻尾の先までの体長がかなり長い。軽くGusの2倍の長さはあるよ〜。ときどき、家族で列をなして泳いでいるのもみかけるヨ♪

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪