Ayaさんの白樺編みと香りのミステリー

  

先週、ブログでのお友達のAyaさんから「白樺編みのスカーフ」が届きました〜♪ 日中、自然の光のなかで写真を撮りたくて、今日ようやく。

Ayaさんの白樺編み

だって、色がとってもきれいだから。素敵でしょー?

Ayaさんのクリスマス企画に図々しく応募させてもらい、当たっちゃったのです。わーい。もう、今年の運を使い果たしてしまった。Ayaさんは小さくてとても繊細な作品から大きな着れるもの(←自分が袖を通すことのできるものを作れる人、羨ましい〜)まで、丁寧に器用に制作されます。この編み方は白樺編みって呼ばれるものなんだって。糸を選ばれたときから、素敵な色だなぁって思ってみていたので、自分がこうして手にとっていることがまだ信じられない。相方も「すっごいきれいっ!」って時分の首に巻いちゃって。すると、なんだか私よりもよく似合っていた。一緒に大切に使わせていただきまーす☆ Ayaさん、ありがとう!!

さて。

先日の「ふわりと漂う良い香り」の続き。コメントの中で真木さんに「ヒイラギとか。」って提案してもらって、「そうか、目立たない花や葉っぱが香りの出どころかも!」と、今日は散歩道の木々に注意を払いながら歩いてみた。

でね、これかも… って思った低木が一つ。コレ(↓↓)

いい香りの低木

コレ、なんだろ? 実はうちの庭の周りにも群生していて、私と相方は「Scary Stinky Plant」って呼んでいる。というのも、この低木には初夏の頃にたくさんの黒い実が付き、それが落ちるとそこから芽を出す。地下茎も広がるみたいで数メートル離れたところからひょっこりと芽をだしたりもする。根っこから掘り起こそうとしても、深くてきれいに抜けない。で、地面ギリギリのところで切ると、茎の断面が「とても臭い」。そういう「恐ろしい・臭い・植物」だもんで、目もくれなかったんだけど。よく見ると、この時期に花を咲かせているじゃーないの。

いい香りの花かも

この小さく集まった花からほのかに甘い香りがしている… 気がする。匂いの種類は、そうそう、金木犀に似ているかも。でも、すごーくうっすらとした香りだから断定できない。思いっきり鼻をつけて匂ってみると、それらしい香りがするの。

いい香りの花かも

(この後、くしゃみが出て鼻が詰まったので花粉も出るんだね)

コレかなぁ〜。明日もう一度匂いを嗅いでみよう。

Gus

犬の嗅覚なら確実に「コレだ」ってわかるはず。あの怖くて臭い植物が、もしかしてこのミステリアスな冬の香りの正体? Gus、どう思うー?

*おまけのシカ:

でかい。角が片方折れてなくなっていた… どこかに落ちてるかな。

シカ

*お知らせ:写真の上でクリックすると写真が大きくなります。写真の外側でもう一度クリックすると閉じます。試してみてね☆

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

今日もご訪問どうもありがとう。

←ぽちっと One Click嬉しいな♪

春よ来い来い。

  

ミニシクラメン

この季節、薄暗い庭の唯一の彩り。ミニシクラメン。ずいぶんたくさん咲いた。もう何年も前に買ってきた小さな鉢植えのモノが、少しずつ広がって。冷たい雨も風もなんのその、蝶々が舞うように可憐に咲いている。朝の散歩は真っ暗で、夕方の散歩も薄暗く、週末になると雨が降る…ので、最近はカメラを持って外に出られない。今日は珍しく快晴で、職場の人たちは挨拶代わりに「おぉ〜、今日は天気いいね〜。」と言ってニコニコだった。お日様パワーだ。

冬にぶら下がるのは、ヘーゼルナッツの雄花。

アーモンドの

雄花の根元の方(または枝)にあるツボミのようなもの。その先っちょの赤いチラチラしたのが雌花なんだって。冬の間のオーナメントの様で、好きです。

まだ1月の半ばだから、春がやって来るのはまだ先のこと。だけど、今日みたいにお天気が良いと、「もうすぐなんじゃな〜い。」って思ってしまう。お日様が出るといきなり半袖になってしまう若者たちもアリ。

庭の奥では、ひょこんと空豆の芽が顔を出していた。これは第2グループで、彼らは全部無事に発芽。第1グループは、うっすらと降った雪のせいでダメになってしまった。みんな頑張れ〜。

空豆の芽

週末には冷凍庫の奥で眠っていたブラックベリーをジャムにした。去年の夏に少しずつ集めていたもの。このまま食べることもないだろうし、ジャムにしておく方が確実に消費するもんねっ。

ブラックベリーのジャム

ブラックベリーの夏の匂いに包まれると、早く春が来ないかなぁと願ってしまう。ジャムを作ったので、いつもの全粒粉パンも焼きました。このジャムたちがなくなる頃、庭の水仙たちが咲き始めるかな〜。

*お知らせ:写真の上でクリックすると写真が大きくなります。写真の外側でもう一度クリックすると閉じます。試してみてね☆

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

hello blue sky, it’s been a while.

  

ドイツのSachieさんから、ビクトリアに青空が届いた☆

久々の青空

やっぱりそこに青空はあったんだなぁ、と気付かされる。久々にみたうっすらとした夕焼けの色。ふぅ。

今朝は、目覚ましがなる半時間ほど前の浅い眠りの中で、「今日は土曜日やんね。。。ああ、このベッドはなんて気持ちがいいんだろ。。。So delicious… 」と独り言(?)をつぶやいた。めざましの音を聞いた途端、何かに裏切られたような気分になってしまった。そんなことなーい?

久々の青空

そうそう。文房具店などで、ペンの書き具合を試す時って、白紙に何を書きますか?多分、そういうのって書こうと思って書くんじゃないんだろうけど、私はいつも決まって、平仮名の「あ」か、ぐるぐると円を書く。

今日、カウンターにやってきた学生さんが「ペンを忘れたの。一本貸してもらえますか?」って言うので、忘れ物箱の中の一本を差し出して「はい、ちゃんと書けるかどうか試したほうがいいよ」と、紙と一緒にあげた。その彼女がペンを試すために書いた(描いた)のは、「Smile」マークだった。にっこりマーク。それが妙に新鮮で、私も思わずにっこりしてしまった。今度ペンを試すときには、私もにっこりマークを描いてみよう。

久々の青空

昨夜、布団についてから、Barred Owl(アメリカフクロウ)が「ほぅ、ほぅ、ほっほぅ」と鳴くのが聞こえた。ついさっきも同じ鳴き声が聞こえてきた。相方が「あ、聞こえるかい?あれって、鹿がないてるんだよなー。」って。… 「マジか。鹿がほぅほぅ鳴くワケないやん。。。」とワタシが言うと、「鹿だよ。鹿だって鳴くんだ。」と妙に頑固に言い張る。

そこで、証拠にフクロウの鳴き声のクリップを相方に見せた。

全く同じリズムで鳴いている。「ふむ。じゃ、鹿はどんな声で鳴くんだろうね。」と相方… 自分で調べてください。

明日も青空見えるかな。

*お知らせ:写真の上でクリックすると写真が大きくなります。写真の外側でもう一度クリックすると閉じます。試してみてね☆

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

long monday – sleepy day

  

冬の海

一週間の始まりの一日は長い。長く感じるけれど、やりたいなと思うことの半分もできずに寝る時間になる。

今日も一日中どんよりで、そんなもんだから気持ちもエナジーレベルも低空飛行の紙飛行機の様です。ぷ〜〜んと、滑り台の周りを頼りなげに飛んでいる紙飛行機。そんな感じ。

冬の海

くたびれて帰宅しても、いつもと変わらずハイエナジーで尻尾をはたはたと降って笑って迎えてくれるGus。今日の夕方の散歩は on the beach.  この時期は岩が湿っていて滑りやすいので気をつけないといけない。4時半頃の海は、このとおりもう薄暗いんだけれど、この時間帯の静けさは好きです。

冬の海

もう一つの落描きブログ(←とっても停滞中。。。)で使っている道具(Intuos 5っていうタブレット)とフォトショップがね、マックを新しくしてから上手く作動しなくなって、長いこと唸っていたんだけどね。今日、何とかちゃんと以前のように作業ができるようになった♪ これは今日の良いことだ。仕事でもコンピューターを使うし、家でもコンピューターに問題があったりすると、ほんとイライラするからねー。やれやれです。

そうそう。週末に突然ベリーのパイが食べたくなって。冷凍庫に残っていた作りおきのパイ生地を使ってベリーパイを焼いた。

冬の海

ベリーも夏の間に冷凍していたもの。ブルーベリーとブラックベリーとラズベリー。夏の味が口の中に広がって嬉しくなった。あぁ、太陽が恋しい〜。

 

*お知らせ:写真の上でクリックすると写真が大きくなります。写真の外側でもう一度クリックすると閉じます。試してみてね☆

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

冬の夕空の色

  

1月の夕空の独特な青。

冬の夕空私が英語で思いつくのは「Blue Grey」とか「Wintery Blue」程度。ところが、ネットで色の表を見ていると(→☆参考)、思いもつかない名前がついていたりする。「Cadet Grey」「Cerulean Frost」など。

でも自然の色を上手に表現しているのは「色の和名」じゃないかな。和の色名表(→☆参考)を見てみると、英語の色名標には存在しない青い色があげられている。例えば「藍鼠(あいねず)」「高麗納戸(こうらいなんど)」「升花色(ますはないろ)」「熨斗目色(のしめいろ)」など。この辺りの色は冬の夕空に近いな、って思える色。沢山の色を見るのは大好きなので、時々こうしてネットの色の和名表を眺めてみる。和の色で織られた帯や反物が、「色のクラッシュ」を起こさず、誰が見ても穏やかに眺めることができるのは、自然の色調をとりいれているからなんだろうな、と。自然の中の色を見ていてよく思う。

冬の夕空

これは昨日の夕方の空。今日は薄く青みを帯びた灰色の空だった。「雲井鼠(くもいねず)」あたりの色かな。

冬の夕空

クリスマスからお正月にかけての休みのあとの「Full Week」だった今週。長かった〜。今夜はゆっくりとお風呂に入って、ストレッチしよう。

冬の夕空

インフルエンザも広まっている風邪の季節。私たち二人は毎日オレガノオイルをはちみつと一緒に飲んで(?なめて)いる。今年の風邪は本当にひどくて長引くらしいから、とにかく予防を心がけて元気に過ごしたいです。それから休み中に貯めた「脂肪」をどうにかしなきゃ。あーーん(涙)。

Happy Weekend☆

*お知らせ:写真の上でクリックすると写真が大きくなります。写真の外側でもう一度クリックすると閉じます。試してみてね☆

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

じいちゃんの孫への愛

  

じいちゃんの孫への愛情は、「京阪バス」となって現れた。

京阪バス

父から甥っ子へのクリスマスプレゼント。

甥っ子は今も変わらず乗り物狂で、ただいまのブームは京阪バスと京阪電車らしい。

我が父ながら、素晴らしい出来栄えだと感心した。途中、一咲(甥っ子)から色々と注文があったみたい。「つり革はちゃんと吊るしてよ」とか「中に人をのせられるようにしてよ」とか。

京阪バス

手帳やスケッチブックを片手に、家の近くのバス停に通ったらしい。全長約50cmほどあるそうです。裏側に簡単なスイッチがあり、ヘッドライトは点灯するんだって。クリスマス前にスカイプしたときには、「今日は最後の仕上げで忙しいわ〜」と言っていた。なんとか23日に完成し、予定通りプレゼントすることができ、父も嬉しそうだった。

京阪バス

私や妹達が小さかった頃は、こんな豆なこと絶対に絶対にしてくれなかったけれど、孫となるとまた違うんだろうね〜。小さなガレージの奥にある小さな電のこで、一つ一つのパーツを切り、組み立てていったそうで、父にとってもやりがいのあるプロジェクトだったみたい。

京阪バス

受け取った一咲の念入りなチェック(↑)。電車やバスに夢中になっている一咲の目は真剣そのもので、一体どんなことを想像しているんだろうと思う。じいちゃん作の京阪バスをとても大切に持ち帰ったそうです♪ 図画工作の苦手な甥っ子だけど、好きな乗り物をいつかじいちゃんと一緒に作れるようになれるといいな☆

*おまけの夕暮れ*

ど〜〜〜んより。典型的なビクトリアの冬空。午後4時半頃です。

gray scene

Miss the blue sky.

*お知らせ:写真の上でクリックすると写真が大きくなります。写真の外側でもう一度クリックすると閉じます。試してみてね☆

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪