お気に入り:初めて作ったアロマクリーム

ふふっ。先週末のミニプロジェクト。初めてアロマのエッセンシャルオイルを使ってクリームを作ってみたよ☆

最初に言っちゃお。見せちゃお。

じゃんっ♪ my very first aroma cream!

aroma_cream4

と〜〜〜ってもいい香り♪ と〜っても癒される〜!

アロマオイルであれこれなんて、私には絶対無理!って思っていたんだけど、作れたよ! ちょっと前に「ハンガリアンウォーター」をすすめてくれた友だちは、今アロマの勉強をしている。彼女が「簡単だよ!」って丁寧にレシピと手順を教えてくれたのです。で、週末に材料を調達に行っちゃった。材料がそろうと、むずむずしてきてその勢いで作ったー。

「アロマの精油には効能が色々あるし、香りの好みも人それぞれ。何より自分のいいなって思える香りを選ぶのがいいよ」って彼女が言っていた。確かに。良い効果があっても自分になじまない香りだとツケても心が踊らないもんね。それでね、私が随分前に別の友人にもらったアロマスプレー(市販のものだとおもう)のことを思い出したのね。すっごく気に入ったので使われていた精油を書き留めておいたの。その精油が:ネロリ、フランキンセンス、パルマローザ、メリッサ

私が行ったハーブのお店には、メリッサがなかった。でもお姉さんの話では、「肌に付けるクリームならメリッサはドライかもしれないよ。他の3つだけでもいいわよ。」とのことだったので、3つの精油の香りをかがせてもらった。いい香り〜。

精油って、種類によって値段も様々なのね。。。 「ネロリ」って、めちゃくちゃ高かった!ちょうど、サンプルボトルに残っている分しかお店になかったので、その「4滴のネロリ」をクリームを入れるための小瓶に入れてもらった。たったの4滴で$4くらいしたよっ! フランキンセンスとパルマローザは小瓶を買ってみた。

aroma_cream1

覚書きに。
私の使った材料:

  • 精油:ネロリ4滴、フランキンセンス4滴、パルマローザ4滴
  • 蜜蝋:10g
  • ホホバオイル:50ml
  • 芳香蒸留水(いつものウィッチヘーゼル+ローズ・ウォーター):4滴4ml

友だちはこの半分の量のレシピを教えてくれたのですが、ネロリを4滴買ってしまったのでそれに合わせるために倍量にしちゃったのでした(良かったのだろうか)。アロマのサイトなどを読んでいると、精油によって強い・弱いがあって、そういうことも考慮に入れて計算するべきみたいなんだけど。◯◯を△%…とかね、出てくるとすぐに「わかんなーい!」ってほっぽり出してしまう性格なので、今回はそれぞれの精油を同じ比率で使いました。

友だちの送ってくれた蜜蝋の写真は、粒粒のパック入りみたいなのだった。そういうものが売ってると思ってたら、出てきたのがそれこそ「ビーワックス」のろうそくの蝋だった〜。

ビーズワックス

店のお姉さん「これよっ!コレをチーズグラインダーでごりごりすって細かくすると楽ちんよっ!」って。

ごりごりすって、10g。

ビーズワックス

ミツロウのみを湯煎にかけて溶かします。ミツロウがとろりと溶けたら、その中にホホバオイルを3回位に分けて入れる。(NG!! 手順をちゃんと読まなくて、蜜蝋とホホバオイルを一緒にして湯煎にかけてしまった…↓の写真。典型的私的ミス)

アロマクリーム

案外すぐに溶けたヨ。とけて黄色い液状になったものを、用意しておいた30mlの容器(私は2つ必要でした)に移す。

粗熱がとれてまだ中央部分が液状のときに精油を加えた。一瓶に各精油を2滴ずつと芳香蒸留水を2ml ずつ加える。割り箸でグルグルよく混ぜる。これが案外すぐに固まっちゃって、固まってくると割り箸にぺったりくっついちゃって。友だちの作ったクリームはもっととろ〜りと仕上がったらしいけれど、私のは冷蔵庫から出して少したったくらいのバターの硬さだったよー。もう少し蜜蝋を減らしてホホバオイルを増やせばいいのかな? もう少しとろ〜りの方がいいなぁ。

アロマクリーム

冷めるまで蓋をせずにこのまんま♪ 部屋中がいい香り! あぁ〜うっとり。

効能とかよく知らずに選んだネロリ・フランキンセンス・パルマローザは、あとで見てみるとアンチエイジングや保湿、シミやシワやたるみにも良いんだって〜。友だちも調べてくれたようで、彼女のアロマの本で紹介されているレシピで同じ精油を使うものは、「お肌のハリつやを回復し、明るく楽しい気持ちを持たらし、内面の美しさを引き出してくれます」って書いてあったよーって。わ〜い☆

アロマクリーム

お友達も彼女自身が選んだ精油のクリームを早速使っているようで、お肌の調子がとってもいいそうです。私は効果が出ても出なくても、いい香りだからそれでとっても満足です。肌はとてもしっとりするよー。本当に簡単で、キッチンでちょこちょこっとできちゃうしローコストだし、これなら別のものを買わなくてもいいかも♪

素敵なレシピを教えてくれて、アロマのインスピレーションを送ってくれて、どうもありがとう〜!

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Silk Road というお茶とアロマのお店

頼まれていたお茶を買いに、久々にダウンタウンにある「SILK ROAD」へ。

Victoria Silk Road

SILK ROAD はビクトリアで生まれて、今もビクトリアにしかないお店。1992年に小さなお店として開いたのが始まりなので、もう20年。チャイナタウンのすぐ近くにあるよ♪ 数年前にお店を大きくしたので、今は「tea bar」があってカウンターでお茶を飲んだり、気になるお茶を試飲することもできます。

silkroad

雰囲気がアジアンチックでしょ。紅茶はカフェインのもの、ノンカフェインのもの、フルーツティー、中国茶、SILK ROADオリジナルのブレンドなど様々。それらが大きな缶に入って並んでいる。

silkroad2

缶の蓋をとり、香りをかいでいるだけでも楽しい。好きなモノがみつかったら、自分の好きな大きさの缶にセルフサービスで茶葉を詰めてシールを貼ります。

silkroad3

SILK ROAD はアロマオイルも豊富。SPAもあるし、アロマやお茶のイベントやワークショップもあるんだヨ。私はアロマオイルのことはよく分からないのだけど、これも紅茶と同じで、香りをかぎながらそれぞれの効果を読むのが楽しい。香りには人それぞれ好みがあるよね。どうしても苦手なものだとか、妙に気持ちが落ち着くものだとか。ラベンダーの様に万人うけするものもあれば、人に選ばれる・人を選ぶ香りもあるし。例えば、私は人がつけている香水でも「Musk系」の粉っぽいものや「バニラ系」は苦手かな。嫌な匂いではないけど、もし恋人の首筋からこういう甘ったるくて粉っぽいにおいがしたら、ぬれティッシュでふきとってしまうかもー。

silkroad5

SILK ROADにおいてあるものは、100%オーガニックのエッセンシャルオイルで、ブレンドされているものもある。ひと通りにおわせてもらって、好きだなぁってかんじたのは、やっぱり柑橘系でした。

買うつもりはなかったんだけど、気になったものを一つ調達。「Lemon Eucalyptus

肌に直接つけるのではなくて、温めて香りをかぐわすオイルです。

silkroad6

で、便利そうなので「Scentball」っていうものも購入。コンセントにさすと、セラミックのベースがあたたまるというもの。手前の小さなシートにエッセンシャルオイルを数滴たらして、それをセラミックベースにのせておくと、ふわっと香りが出てくるよ〜。ユーカリの香りをかぐと、初めて相方と一緒に、カリフォルニアのバークレーの丘を車で走ったときのことを思い出す。匂いと記憶の関係、面白いよネ。

香りというと、パトリック・ジュースキントの「香水(Perfume: The Story of a Murderer)」を思い出す。映画にもなっていた(→トレイラー)けれど、見ましたか? 私は本(洋書)の方を読んだだけなんだけど、本を読みながら18世紀のフランスの街の匂いを思い浮かべることができた。あらゆる匂いに異常なまでに執着する「無臭の男」… もう一度読んでみようかな。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Goodies#85: Rosehip Oil /ローズヒップオイルの効果

年がら年中、肌が乾燥気味です。

10代、20代前半までは、オイリーな方だった。Tゾーンなんてぎらぎらしてたと思う。昔流行っていた(今でもそうなのかな)「油とり紙」も常備して愛用していた。

カナダに住むようになってからか、単に歳のせいか、最近は顔も手足も背中までも「乾燥ゾーン」なっている。あぁ、「かかと」などはもうばりばりで汚らしく、つっかけを履くのも恥ずかしい… うーん。

カナダの水は「硬水」で、肌や髪に優しくない。それから、こちらは日本に比べると湿度が低いので、夏でもからりと乾燥している。汗をかかない、という点では有難い気候なんだけど、「汗腺が開くことがない」というのも肌には良くないのだろう。冬場は「乾燥気候+風が吹く」状態で、ひどいときは「口の周り」や「ほっぺた」に「粉」がふく。足の弁慶は、縦に白っぽい乾燥の線がはしる。で、乾燥すると、肌ってなんとなくかゆくなるから困る。

… という状態なもんで、1年半くらい前から真剣に「乾燥肌対策」をしています。

以前、ここでも紹介させてもらった「Burts Bees / バーツビーズ」のクリームは、毎日使っています。

それから、水は一日に2リットル飲むようにしている。(これ、お気に入りのSiggの水筒、1リットル)

そして。Rose Hip Oil = ローズヒップオイル! (やっぱり、前置きが長いなー。ごめんなさい)

毎日ではないけど、乾燥がひどかったりすると、夜、ローズヒップオイルでマッサージします。使っているのはチリ産のピュアーコールドプレス ローズヒップオイル。オーガニックのエッセンシャルオイルを「フェアートレード」で販売している「Divine Essence 」というブランドです。

ローズヒップオイル

ポンプ式になってるので、一回押して、それを手のひらに伸ばしてから顔全体に、ぐーいんぐいーんとなじませます。オイルなので、やっぱり多少てかてかします。なので、使うのは夜がいいです。朝起きると、しーっとりとしている(気がします)。

ローズヒップオイルには、肌を潤う以外にも見逃せない効果がある。

Rose Hip Oil = ローズヒップオイルの効果

  • 乾燥した肌を潤す
  • アトピーなどで乾燥している箇所を潤し、かゆみを促す
  • にきび跡、傷跡を元の肌のトーンに戻す
  • 目の下のクマやくすみの色素沈着を和らげる
  • 日焼けのあとの肌の手入れ
  • いたんだ肌の調子を整える
  • しわを減らす
  • 肌の老化を抑制する
  • 疲れた肌の活性化
  • コラーゲンのレベルを上げ、肌のはりと潤いを取り戻す

素晴らしいでしょう?

実は、私の場合、乾燥肌にもローズヒップオイルを使うのだけど、「傷あと」や「にきびあと」にも「効くかなぁ」と思って使ってます。結構「あと」が残りやすい体質なので。ま、害になる物でも無し。

乾燥にお悩みの方。お試しあれー。

にほんブログ村:にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
クリック、どうもありがとう。