10月1日、日曜シーンと今シーズンNo.1 フレーバーおうちアイス

お題、その「ま・ん・ま」。

もう10月っ! 信じられない早さで毎日が過ぎていく。今週末はカナダの感謝祭の連休!早い… 全く、七面鳥の気分ではないので、今年もターキーディナーはパス。懐かしいお友達が一日泊まりに来てくれるので、ターキーも考えたんだけど、やっぱりその気分になれないので普通の晩ごはんになりそうだ。あはは。

朝、まだ裏庭に日が当たらない時間帯のコスモスたちの涼し気な表情が好き。コスモスの中には、私の肩の辺りまで大きくなるのもあれば、膝のあたりで花を咲かせちゃうのもある。同じ種なのにどうして? 土かなぁ。種をまく時期かなぁ。理想では、背を高く伸ばし秋のはじめに咲いて欲しいな。この時期、庭の色はコスモスがメインだから。

日当たりのいいぽかぽかスポットでくつろぐイヌ。

こういう顔しているときは、とってもおっさん。この歳を隠せないおっさんチックな表情が可愛かったりする。

涼しくなって花が減ってしまい、ハチドリたちもお腹をすかせているだろうなと思い、フィーダーに砂糖水を加えてあげた。するとほんの数分のうちに、ほら♪ ↓↓

もっともっと近寄って眺めてみたい。肉眼で。

1ヶ月ほど前のこと、無性に「葱餅」が食べたくなり見つけたのが「Madoka’s Kitchen」のまどかさんのレシピ☆ まどかさんはカナダにお住まいで、カナダでも手に入る材料で美味しそうな中華のレシピを紹介されている。この葱餅も試行錯誤の上に辿り着いたレシピなんだそうですよー♪ 嬉しくなってたくさん作って相方にも「ほらほらっ!懐かしいでしょ?葱餅(ツォンピン)だよっ!」と出してみた。

なのに、しら〜〜っとしてあまり嬉しそうじゃなかった。

で、一人で「美味しいなー、最高ー♡」と楽しんで残りを冷凍しておいた。今日のお昼、冷凍葱餅を出してきてじっくりと焼いて食べていると、相方が「僕も食べたい…」という。そして「これ、めっちゃ美味しいね」と絶賛。(こないだしら〜〜っとしてたんは誰やっ!) 冷凍してじっくり弱火で焼いてもちもち感がアップしたのが良かったのだろうか。

ちぎってお椀にいれてこうやって食べるのが好き。

そうそう、またまたバナナが3本、黒くぐちょぐちょに熟れてしまっていたので、今日は久しぶりにバナナブレッドを焼いてみた。オリジナルレシピはココ→☆

砂糖はきび砂糖、バター半分と植物油、ヨーグルトを少しに変えた。これ、えっらい美味しい。久しぶりのバナナブレッドだから美味しく感じるのかも〜。バターが入っているからかな。すごいシンプルなのにしっとりとしていてとても美味しい。

秋はお腹が空く。いつもお腹をすかせているような気がする。冬眠するわけではないので困る… でも冬服は、たっぷりとカバーできるから… すこし「大きくなっても」大丈夫なのだ。

さてさてっ! この夏の初めに「お家アイスバーキット」を買ってから、色んな果物のフレーバーでトライしてきたお家アイスバー。私と相方が「2017Best Flavour」に選んだのはこれっ!

ペアー(洋なし)&ライム!

洋なし(2個)、ライム(一個分)の絞り汁、水、甘さ調節にはハチミツ。ちょっと色付けにクランベリージュース。相方が選んだこのフレーバーが、今まで試した中でもダントツで美味しい。とにかくとても爽やかで、夕食後の口直しにぴったり。家で作るこのアイスバーはクリームではなく、シャーベットに近い触感なのでこれまたさっぱり爽やか。これ、ホントに美味しいので何度もリピートしてますよー。

同じようなアイデアで、こないだ「アップルシナモンレモン」というのも試してみた。シナモンのきかせ方をもう少し工夫したいところ。えへへ。。。いつまでアイスバー食べてんだか。もう10月やで。。。

元気で楽しい1週間を!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

バナナココアマフィンとおこりんぼうのミツバチ

忘れる前に、マフィンのレシピとミツバチのこと。写真が多いです〜。

真っ黒になって、ヘタの部分を持ち上げたら「もそっ」と落ちてしまうほど熟して(腐りかけて?)いたバナナが3本もあったので、とっても久しぶりにバナナマフィンを作った。ココアも入れて。これがなかなか美味しかったので、レシピを書き留めておいたよ。

バナナココアマフィン

材料(1C=250cc):

  • 熟したバナナ 3本
  • ヨーグルト 3/4 C
  • 卵 1個
  • 植物油 1/4 C
  • 牛乳(豆乳でも)1/4 C
  • バニラエッセンス 小さじ1
  • きび砂糖 2/3 C
  • ココアパウダー(無糖)大さじ2
  • 塩 小さじ半
  • ベーキングソーダ 小さじ1 1/4
  • 小麦粉 12/3 C
  1. バナナを崩す。卵を溶いてヨーグルトに加えて混ぜる。それを潰したバナナに加える。
  2. 植物油、牛乳、バニラを混ぜあわせ、1の中に加えてよく混ぜる。
  3. ここに砂糖を加える。
  4. ココアも加えて混ぜる。
  5. 粉もの(塩、ベーキングソーダ、小麦粉)を予め混ぜあわせておく。これを4の中に加え、サクサクと混ぜる。混ぜすぎない。
  6. 190度(375F)のオーブンで16−19分焼く。

バナナマフィンなんて、あまり珍しいものでもないのだけれど、これ、とてもしっとりとしていて美味しかったよ♪ バナナバナナしすぎず、程よくココアが効いていて。

マフィンを焼いている間に、ちょうど使いきってきらしていたカレンデュラオイルのハンドクリームと、いつものミツロウクリームを作ったよ〜。

ちょっとミツロウの量が少なかったからかな、緩めに仕上がってしまった。このカレンデュラのクリームはとってもよく効きます。ぺとぺとするので、いつも夜にテレビを見ながらマッサージをするようにして塗りこむ。相方のかさっかさの足や腕も、これでずいぶんましになりました♪

さて。ミツバチさんたち。お天気が良い日には、まだまだしっかりと働いている。その時おり、季節の花に集まってきてせっせと花粉集め。

ただね、去年も気づいたんだけれど、夏の終わりにかけては何故か、ミツバチたちの中にとても攻撃的なのがいるのです。こんな風に(↓↓)二匹仲良く一つの花に群がっていることもあるんだけれど。。。

一匹がとまっている花にダイブするように飛んできて、そこにいる蜂をぱちーんと弾き飛ばしてしまうような怒りん坊な子もいる。こういう行動って、春〜夏の始めにはほとんど見かけない。そして、そんな怒りん坊なミツバチは、お尻に花粉をいっぱい付けていることが多い。

で、花に頭をつっこんでいる間、ぷいっと黄色いおしりを空に向けている。

ミツバチたちにもテリトリーがあるのかな。こうして働きにきているのはみんな雌、なんだよね?(だったかな?確か…)

庭でミツバチたちの様子を楽しめるのもあとすこし。ごくろうさま。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

taste of summer at the end of summer

妙に「暑い」日が続いているビクトリア。

ここでいう「暑い」は、最高気温が26〜27度くらいなんだけど、こっちの夏になれちゃうと、これが「暑く」感じるんだよ。慣れってそういうものよねー。

そんな名残惜しい夏のラップアップ。庭ではほぼ毎日「ブラックベリー」と「豆」。トマトがようやくちらりほらり。最近、豆ばっかり食べてベリーのスムージーばっかり飲んでる。

プラムもたくさん転がっていて、甘い匂いがただよっているんだけれど、今年はそのまま堆肥行きかな。

今年のトマトは苗が3つだけなので、ソースにするほども穫れないだろうな。来年はもう少し気合を入れて苗を育てようと思う。今夜は赤くなったトマトを使って、グリルドチーズサンドイッチを作った。フライパンでゆっくりとじっくりとチーズをとかすサンドイッチ。日本にいた頃はサンドイッチを晩ごはんに食べるなんて考えたこともなかったけれど、こういう昼ごはんのような晩ごはんは軽くてたまにはいい。

それから、ローカルのトウモロコシがやぁ〜〜〜っとこさでまわるようになった!嬉しい♪ 4本で2ドルだったので、2本買ってゆがいて食べてみると期待以上の甘さ!こりゃぁ美味しい、と。翌日もトウモロコシ。で、週末にはコーンスープを作ったよ〜。夏に必ず一度は作るいつものコーンスープ(→過去記事レシピ☆)。

ハラピーノペッパーが効いてすこしぴりりとするのが好きです。

それから、これも夏のパイ。桃とブラックベリーのパイ(桃が足りなかったので)。

いつも果物に混ぜ合わせるクイックタピオカがきれていたので、コーンスターチで代用。すると、中のジュースがとろとろでてきた。完全に冷めると固まったけど。タピオカでゼリーみたいにするほうが好きかなー。

*おまけ:久々にDoodleアップしてみたよ。

campus fashion: asian girl with a pink umbrella

しっかり日焼け対策をしているなぁ、と、感心したのでした。

それにしてもものすごいコーディネート。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

カナダで初・まるごとスイカ

お題、そのまんま。カナダで初めてスイカを一玉まるごと買った!

日本にいるときは夏になると母やおばあちゃんが、よくまるごと買ってきてくれたっけ。「自分で」こうして一玉買うのは、生まれて初めて!スイカ、好きなんですよ。でも、相方はスイカなんて食べないと思い込んでたから。水っぽい、きゅうりみたいな味がする、とか言うだろうと思ってた。一玉買っても、結局、私一人でせっせとスイカを食べ続けることになりそうで「食べたいな」って思いながらも横目で見て通り過ぎていた。

ところが。10日ほど前のこと。「スイカのアイスバー(ポプシクル)のレシピを(メールで)転送しておいたよ。美味しそうだったからねー。」と相方。

私:へ?? スイカのアイスなんて食べんでしょーが。大体、スイカ好きじゃないっしょ。

相方:スイカ嫌いなんて僕言った覚えないよ。

で。

ででーーーんっ☆

買っちゃった〜♪

日本にいたときには、山積みのスイカの前で、ぽんぽんと叩いて甘さをチェックしている人をよく見かけたけれど。あれって、どういう音がすれば甘いのだろう。よくわからないのに、私もぽんぽんと幾つか叩いてみた。結局どれも同じ様に聞こえたので適当に一つ選んだ。

切ってみたー。

普通のスイカだけど。種。。。少ない。

スイカは黒い種がある方が美味しそうに見える気がする。

期待以上に甘くて美味しかったよっ!あぁ、夏の味っ! もう夏も終わりだけど、この匂い、このみずみずしさ、懐かしいっ。日本の夏、朝顔、蝉の声、蚊取り線香、花火を思い出す!

で♪ お約束どおり。スイカのアイスバーを作ったよー。

これがね、なかなか美味しくてびっくり。スイカはそのまんま食べるのは好きだけど、「スイカ味」のものってハズレが多くない?レシピというほどでもありませんが、材料は:スイカ、ライムの絞り汁、ハチミツ(甘さ調節)、塩(←これ必須)

ちょっぴり塩味が良いっ! 相方も美味しいって言って喜んでいた。
けど、結局、私一人で残りのスイカを食べている…

*おまけに:ブルーベリーヨーグルトマフィン

いつもは冷凍のブルーベリーをつかうのだけど、まだブルーベリーが手に入るので今回は生のベリーで。

これがえっらい美味しかった。生のベリーだったからかなぁ。ベリーのとろけ具合も良し。半カップは小麦粉の代わりにアーモンドミールを使ったヨ。レシピは過去記事より→ブルーベリーヨーグルトマフィン

あぁ、もう夏も終わり。ちょっと寂しいな。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪