おでこのあざ

週一のランチタイム瞑想はキャンパスにあるチャペルを使わせてもらっている。私達の瞑想タイムのすぐ前には、 カトリックのミサがある。昨日もいつものように瞑想に行くと、ちょうどチャペルからいつもと同じようにミサを終えた学生さんたちが出てきた。ふと気づいた:おでこに黒いあざがある女の子。 あれ。。。あの子にもおでこにあざがある。 あれれ?あっちにも! おでこにあざがある子がいっぱいいるっ! なんでー?

明らかに「なんで?」の顔をしてキョロキョロしてたんだと思う。隣りにいたジュディが私の腕をとり、「Ash Wednesdayだからああしておでこに印をつけてもらったのよ」とそっと教えてくれた。 へぇ~、そうなんだ~!アッシュウェンズデーってなに??

帰って相方に話すと、「そうだよ、イースターの46日前の灰の水曜日が終わってレントがはじまると、イースターまで何か一つ節制するんだよ。」と言っていた。ふーん。カトリックの人たちだけなのかな。なんで我慢するのだろ。。。と不思議に思っていたところ、タイムリーにイタリア・ペルージャのなおこさんがこの「灰の水曜日」についてとてもわかり易く説明されていた→☆

そうか「浄化」する時期なんだ、と思うとしっくりとくる。偶然なのか、私も来週末あたりにいつものマスタークレンジング(週末の3日だけ)やろうかな、って思っていたところ。最近どうも目や鼻がむずむずする。花粉よりも乾燥が原因っぽいのだけど、確かに肌や髪の調子も崩れがち。クレンジングをすると春のアレルギーが心持ち楽になるので、リセットしてみるかなぁー。

そう、話はそれるけれど、この「おでこにあざ」の若者たちを見たときの私の頭の中での自問自答:

あ、あの子おでこに大きなあざがある。。。おでこの真ん中に。生まれつきなのかなぁ。あ、あの子も。わたしにもし同じようなアザがあったらどうするだろ。。。私の大きなほくろみたいなアザはこめかみだからよかったな。おでこだったらどうする。前髪伸ばして隠すかなぁ。お化粧で薄くしてみたりするかなぁ。もう開き直っちゃうか。生まれつきだったらアザがあるのも当たり前になっちゃうよなぁ。私も自分のほくろの存在忘れてるもん。でも今はレーザーなんかで簡単に消せちゃうから、おでこだったら消すかなぁ。。。

と。ほんの1秒2秒のあいだにぼわっとコレくらいの「声」が頭の中に浮かび上がってぐるぐると回った。そのことが不思議で面白いなと思った。 人の頭(心も?)って、一つの思いを順序よく一つの線上において考えていくときもある:AはBではないから、Cなのだろうし、Dの可能性もある。みたいな。そうかと思えば、アザをみたときの私の頭の中みたいに、平面上にいろんな問いかけがぽこぽこと飛び出てくるようなときもある。ときどき、誰かに言われたことが気になっていたりすると、それがロープみたいになって自分に絡みついているようで、辛いとか悲しい感情だと、ぺっとりとへばりつく。私はいつもいつも色んな「thoughts」が頭のなかを駆け巡っているタイプではなく、ぼーっとしているときは本当に何も考えていない方なのだけど、それでもよく見つめてみると実は頭の中がごちゃごちゃと騒がしいことがあるようです。

瞑想をちょっと続けてみて(まだ11日)、想いとか考え事とか感情からほんの少し自由になる練習をしているみたいです。15分のうち、すっかり15分とも自由になれずに終わることも多い。自由になっているかなと思えば、実は居眠っていた、ということもある。けれど、こうして、なんていうのか、頭や心の中の活動(?)を客観的にみてみたりするようになったことに気づく。ちょっと離れたところからイメージとして見て処理している、そんな感じかな。

そしてとても良く眠れている。安眠生活!

まったくのつぶやき投稿になってしまった。
あぁ〜、イースターの連休が待ち遠しい。1ヶ月半も先のこと。その頃にはすっかり春めいているだろなー♪

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

初・ほうれん草とリコタチーズのラビオリ作り

ラビオリ食べたいなぁ~、って思うことがよくある。だけど市販のラビオリは全然美味しそうじゃない。昔、相方の育った町に連れて行ってもらったときに、近くのイタリアンデリで毎朝作られているラビオリを食べさせてもらった。相方も帰郷したら必ず一度は食べるっていうそのラビオリは、パスタ生地がプルプルでとっても美味しかった。先週、tomさんpoteriさんのところでめちゃくちゃ美味しそうなラビオリを目にして、火がついてしまった。

で、先週末、初めて「ラビオリ」を作ってみたっ♪

何事も「初めて」っていうのはドキドキとワクワクが混じるもの。結果がどうであれその過程が楽しい。でも「結果=晩ごはん」なので、失敗すると少々響くなぁ~とも思いながら。。。実験(?)開始。

ちょうど冷蔵庫にリコッタチーズとほうれん草があったので、無難な「ほうれん草とリコタチーズのラビオリ」で検索。選んだレシピはコレ→☆

パスタ生地には卵が3つも入る(粉カップ2、卵3、塩小さじ半、オリーブオイル大さじ2)。普通のオールパーパスフラワー(中力粉?)を使った。混ぜて軽く捏ねてねかせること1時間。どうも触った感じが「この生地、ちゃんと伸びるのかぁ??」って不安になるほどがちがち(?)していたんだけど、パスタマシーンにかけてゆっくりの伸ばしていったらなんとか。

一番薄い(#1)の一つ手前(#2)の薄さまで伸ばした。ひひっ。「かんぴょう」みたーい。

中に入れた「具」は:ほうれん草一束(230g、スチームしてよく絞る)、リコタチーズ1C、卵1、炒めたみじん切り玉ねぎ大さじ2、塩コショウ、パルメジャーノ大さじ4。

伸ばしたパスタの帯の半分に刷毛で水をうっすらとぬって具を並べ、残り半分を折ってかぶせる。具のまわりを指できゅっきゅと押して空気をだしてピッタリとくっつける。

うー。きれいな帯に伸びなかったので幅が。。。均等でない。いいのか??こんなんで。

これをナイフでしゃーーっと四角く切ればいい。ぎざぎざのペーストリーカッターがあると可愛らしくできるらしい。持っていない。

なのに、引き出しの奥になぜかラビオリカッターがあったー!

相方が昔買ったものらしいけど、一度も使ったことがないそうな。使ってみたよ〜♪

じゃんっ☆ お日さまボタンっ!

具がはみ出そうで… 「これ、茹でたらはちきれて具が全部飛び出してきたりして。。。(汗)」と、一人でどきどきしていた。

怖くて少しずつゆでてみたら大丈夫だったー! このラビオリカッターでむぎゅっと抑えて生地を切ったので、かなりしっかりと上下の生地がくっついてくれていたみたい。ほっ。

でね、ちょうど、これを作っているときに、相方がローマの友だちのマシモとスカイプで話をしていたので、「ねーねー、見てっ!ラビオリ作ってんのー。で、これって、トマトソースで食べたらいい?」って聞いてみた。「ダメダメっ。具がしっかりと美味しいんだから、それはセージバターにからめるだけで十分だよっ」とマシモ君。そっか〜☆

庭にあったセージをちぎってきてバターで炒めたところに、茹で上がったラビオリをいれて絡めたっ。

できた〜っ☆ 初のおうちラビオリだっ!

これ、すんごいすんごい美味しかったっ!! ラビオリ好きの相方も「Excellent!!!」って感激していたから、私の自己満足だけでもなかったみたい。うん、シンプルな具なのに、それだけで十分美味しかったよー。パスタの生地もちょうどいい厚みでホッとした。時間かけて作って、茹でてるときに爆発したりしないで良かった〜!

次は中の具を変えて作ってみたーい♪ それから、ぎざぎざのペーストリーカッターも欲しいな♪
*切り端のパスタは適当に細かく切って粉をまぶして冷凍しました〜。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

magic white surprise.

最後の雪かな。

よね〜。

牡丹雪の舞う月曜日。朝の出勤時は小さな粉雪がちらりほらりだったので自転車で通勤。それが9時半頃から大きな雪に変わり、ランチタイムにはすっかり真っ白になったキャンパス。

積もりはしないだろな〜、って思って窓の外を眺めているとどんどん白くなっていってこの通り。魔法をかけられたよう。

この冬はよく降ったし、この間の雪で学校閉鎖のときには2時間3時間バス停で待たされた(または歩いて帰った)学生さんたちも大勢いた。なので、もう雪が降ってもみんな嬉しくないのです。私が「また雪だね~。降ってきたね~」って言ってみても、ツンとさせた顔で「雪なんて大っ嫌い」「もううんざりっ」「いい加減にしてよっ」という答え。ま、気持ちはわからないでもない。

で、わたしはこっそり(?)うきうきして、お昼休みに散歩。嘘みたいに真っ白で、「すごーい。ほんとに積もってるー」とつぶやいてしまった。

もう春だ!と春の支度をはじめたロビンたちがたくさん樹の下に集まっていた(↓↓みえるかな?)。「なんでなんで?どうしましょう??」ってみんなで騒いでいるみたいで、かわいい。

気温はそれほど低くないので、べちょべちょしていて足元も悪かった。靴もジャケットもぬれてしまったけれど、歩いて良かった。

次の冬に、雪が降る日があるかどうかなんてわからないもんねっ。

お昼休みが終わるころ、これまた嘘みたいに牡丹雪がはたりと止まった。

そしてみるみるうちに雪がとけて、白い世界が消えてった。

今こうして写真を見ても、本当に今日の出来事?って思ってしまう。真っ白だったのはほんの数時間の間だけだったから。

明日で2月もおしまい。3月になったら分厚いセーターは片付けたいな〜、と思っているので、どうぞ春よそろそろきちんとやってきてくださいね〜。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

鼻呼吸の瞑想週間

Happy Friday☆

今日は「瞑想」の話を少し。

今週は月曜日から5日続けて毎日15分の瞑想をしてみた。朝にはどうしても時間がとれないので、夜に。「毎日」というのがなかなか難しくて、今までは週に一度のランチタイム瞑想だけだった。「毎日やってみるぞ!」という意気込みがあったわけではなく、二日、三日続けたら何か感じるのかなぁ、という興味から。そんな風に思っていたときに、相方が見つけた「鼻から息をすること」についての記事を読んだ。それもなかなか興味深くて。

その記事は少しサイエンス系のもので、鼻呼吸が脳にもたらす影響:脳の「記憶」と「感情」を司っているエリアと密接に関係している、というようなことを説明していた。鼻呼吸は、脳の感情を呼び起こすエリアと記憶を納めるエリアの間の電気信号をコーディネートしているんだそうよ。ほら、何かの匂いを嗅いだときに、昔懐かしい記憶が鮮明に蘇ってくることあるでしょ?これも鼻から息を吸うという作業(?)が匂いとそのときの感情や記憶を強く結びつけるからなんだそうな。で、たとえそのときに特別な匂いや香りがなかったとしても、鼻呼吸は感情と記憶に大きな影響を及ぼすんだって。息を吸い込んでいるときに見たものや聞いたことや感じたことは、記憶に残りやすいんだって〜。でね、鼻呼吸ってオーケストラの指揮者のようなもので、「脳の匂いを感じ取る部分にゆったりとした流れを作りながら、同時に感情と記憶のエリアに速くリズミカルな音色を編みこんでいる」そうよ。抽象的だけれど、なんとなく想像できることない?

ゆっくりと鼻から息を吸い込むときには、脳のシグナルが操られて感情と記憶のプロセスが研ぎすまされるんだって。そして鼻から息を吐くときには、神経系がすぅっと落ち着いて、自然と心拍数が下がり不安で落ち着かない感情が溶けていくそうですよ。

そんな話を読んだ日に、テレビのニュースで朝の10分間「Mindful Meditation」を試している黒人の子どもたちが大半の小中学校の話を見た。ありきたりの話に聞こえるかもしれないけれど、その学校では子どもたちの間の喧嘩や暴力沙汰が激減(またはゼロ)になったんだって。「かぁっとしたときに、その場を離れて呼吸に集中した瞑想をすることで、むかむかしていた相手への怒りが消えちゃうんだ」って言ってた子もいた。リポーターが「瞑想とかいって逃げてんじゃないのか、ってからかわれたりしたら?」って聞くと、「そのときにはもうどうでも良くなってるの。」って。

前置きがずいぶん長くなったけど。

それで私も呼吸に集中してする瞑想を5日間やってみた。

はっきりと気づいた変化がひとつ:眠りの質がよくなった

瞑想しながら寝てしまうことも(特にランチタイムのは)しょっちゅうですが。夜の眠りが深くなった気がする。

あと、私の場合、瞑想中にランダムな「イメージ」が浮かんでくることが良くある。そういうときも、鼻呼吸に意識をもどして空気が鼻から通って体の中に流れていく感覚に集中する。

15分。最初の5分ほどは体が「もぞもぞ」する。頭に色んな想いがよぎるだけでなくて、体中の細胞が動いているのがわかるくらいもぞもぞする。皮膚とか筋肉とか。ところが、15分が終わる数分前、不思議な感覚に包まれる。体が重たくなって床に接している太ももがそのまま床にへばりつきそうな感じになる。膝においている手の平が温かくなり、溶けて膝の一部になったような錯覚をおこす。体がひとつの「ただの塊」みたいになる。なのに、肩から上はなんとなくすぅっと軽い。ここちの良い重力と意識の軽さが同時にそこにある、みたいな感じかな。上手く言えないけど。

それで、昨夜のDoodleは、目に浮かんできた「心地良い重みがあり空に浮かんでしまいそうなカタマリ」でした(↓↓)。

今夜は相方も誘って一緒に15分。Gusも私の膝の前にやってきた。最初はそばにある相方のエナジーなんかも感じて少し落ち着かなかったけれど、そのうち慣れたよ。

もう少し続けてみようかな。さてさて週末! 庭に出て枝を切るぞー!
皆さんも気持ちのいいゆったりとした週末を☆

*参考に:

「ご〜〜ん」という鐘の音がなるシンプルなメディテーションアプリを使ってマス。
Ensō | Meditation Timer & Bell

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

春色・春光

もうすぐ春ですな。。。

そんな顔してますな。

でも、実はまだまだぴりりと寒いビクトリア。明日の最低気温は1度。最高気温は6度。今朝も霜で真っ白だった。

でもでもでも。シクラメン、クロッカス、マツユキソウたちが足元を照らすようになると、「春はもうそこまで来てる〜♪」と心が踊る。

週末お天気が良かったら(雨が降ってなかったら)、庭で野良仕事するぞー。昨日も家に帰ってからまだ外が明るかったので、去年の11月に植え忘れていた「にんにく」と「そら豆」を植えてみた。こんな時期にいいのかなぁと思いつつ、ま、良かろう、と。まだ寒いけれど、土を返すとミミズたちがにょろりと出てきてまた嬉しくなった。

朝の通勤時にも、もうライトを付けなくても大丈夫なくらい明るくなってきた。まだ朝日が昇る前の時間帯には、ロビンたちが声高く歌い始めている。春ですな〜。

↑↑のクロッカス。今日の午後見たら全部食べられてたー! 裏庭に鹿が入った様子はないから。。。「うさぎ」だ。すぱっと地面すれすれのところまで食べていた。。。 今年は本格的な春になる前に、しっかりとしっかりとウサちゃん対策をせねばっ。去年は春の草花をほとんど全部食べられてしまったもんなー。

こんな風な光が差し始めると「季節はめぐるなぁ」と嬉しくなってくる。どんなことがあってもきちんと春はやってくるんだなぁって。散歩道、草の地面を一生懸命つついているカラスたちを見た。「なに食べてんの?」って聞いてしまった。そしてちょっと離れたところで、Gusも草を少しひっぺがし口の周りをべたべたにして、その下の土を食べていた。「ちょっと、なに食べてんのーっっ!!」と、かけよってやめさせた。春が来る前の土はおいしいのか?

ちょっと変わった鳥の声、収録。聞こえますか?

何の鳥だろ。

空気はまだ冷たいけれど、春はもうすぐそこまで来てますよ〜。

そんな思いで「Doodle」一枚→→☆ここです

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪