on the routine route

平日の夕方の散歩は、海の方に行くか丘に登るかのどちらか。大抵、Gusが決める。

丘の方に登ると、西日がさんさんと降り注ぐ海に臨んだ素敵な家がある。鹿がいっぱい出てきそうな緑の奥に静かにたたずんでいる家もある。一軒一軒が個性的で、中はどんなふうなのだろうなぁって、歩きながら想像する。一つの通りで只今、二件売りに出ている。そのうちの一つ。

真っ白なパネルの家。

whitehouse

白いパネルと窓のシマシマが好き。

売りに出ると、北米の物件リスト(mls.caっていうサイト)で調べて家の中の様子チェックしたりする。こんな機会でもないと絶対に中を見ることなんてできないもんね。そのリストによるとこの家は1939年築、約1億3000万円でござ〜い。うひゃぁ。

さて。Gusとこの「丘の上コース」を散歩するようになってずいぶんになるんだけれど、夕方、この同じルートを地区の新聞を配って歩く少年がいる。最初に少年を見かけたのは4〜5年ほど前かな。その当時、彼はまだお母さんかお父さんと一緒に新聞を配っていたから、多分、7、8歳だったんじゃないかな。ほっぺがピンク色でぽちちゃぽちゃで、すんごく可愛らしくて、すれ違う度にお母さんと一緒に挨拶をしてくれた。

この少年、今でも同じ配達を続けている。そしてたまにすれ違うと、必ず笑顔で「ハロー!」って挨拶をする。Gusがまだ小さかったのを覚えていたのか、この間は「Your dog’s grown up. … but he’s still cute.(大きくなったね。でも今でもかわいい。)」と言ってくれた。

少年も、少し見ない間にすらっと背が高くなり肩幅もぐぐっと広くなり、青年の輝きを放っていた。まさか「写真をとらせて」とはいえないけれど、かっこ良くなったなぁ〜と、うっとりとしてしまった。

boy

いい子だもんなぁ。将来有望だなぁ。いつまでこのルートで新聞配達するのかなぁ。

変な意味なしで、美しいものを見るといい気分になるのは自然な反応なのですね。ね?

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

“on the routine route” への10件の返信

  1. こんにちは!この家にはモノクロがピッタリ、いい絵だ。家の値段以外、文章全体が物語のようです。自然の反応・・・美しい若い女性を見るといい気分になる私の反応も自然ということですね(?)

    • ヤングさん、こんにちわ~。
      嬉しいコメントありがとうございます。白い家に木々の影だったので、モノクロがいいなって撮るときに思ったんです。でも、モノクロと一言でいっても、奥深いですね。なかなか思っているようなグレーのトーンにならないです。これにはグリーンのフィルターをかけて、なんとなく好きな雰囲気に近づいたんですけど。
      このエリアの家、とんでもない値段です。全てが億を超えてますもん… 
      そうそう、美しい若い女性を見て、はっとして心が踊るのは自然で健康な反応です! 私も若い学生さんたちをみて、いい気分になりますよ☆

  2. いっ、1億3千万!?!?
    さすがでございます、、、。
    どんな人に買ってもらうんだろうねー。
    それを見るのも楽しみかも♫

    そして、素直な若者を見ると、心がほっこりするよねー。
    分かる分かる。
    でも、そう思うのって、歳をとった証拠かも。
    うひひ。一緒ですな。
    私も最近頑張っている若者を見ると眩しくて。
    良いものを見せてもらっている気になるんだよねー。

    それにしても、散歩コースが、がすちん次第とは知らなかったよ。
    どんな気分で選んでいるんだろう?
    やっぱり匂いかなー?

    • Chamjamちゃん、こんにちわー。
      でしょ? この辺りの家は全部「億」を超えてるよ。もう一件の「My Favorite House」って私が勝手に呼んでいるのは、2億4千万よ。すんごい素敵。すんごーーーい素敵っ! 今度遊びに来てくれたら、近くを散歩しようねー。

      うんそうそう、歳をとった証拠なんだよ。そう思う!
      若いっていいなぁ~。キラキラしていて、希望にあふれていていいな~。って、見ているだけで嬉しくなってくる。
      この少年もね、この間まで「ぼくちゃん」って感じだったのに、この間見た時なんてあまりのキラキラに、おばちゃん(私)ドキッとしちゃったもんねー(怪しい?)
      うん、Gusって日によって「今日は海がいい。(ぐぐーっと紐ひっぱる)」ってコースを選ぶよ。ちょっと温かくなると断然海だね。「つかりにいこうぜ。」って感じで。

  3. 継続は力なりっていうけれど、「新聞配達」はなかなかできる事じゃないよね。

    マヨルカ島で見た男性も「おっ!」と思う人がいたよ。変な意味じゃなくて、なんか新鮮というのかな。ドイツではあまり見かけない黒に近い茶色の髪の毛に、緑や青が少し混ざったような不思議なライトブラウン色の瞳。都会ほどすれていない感じが好感を持たし、うまく言えないけれど、北国と南の島では違うんだ….と思ったよ。スペイン語がよくわからないと、一生懸命に説明してくれて申し訳ないくらい親切。でもね、中年以降はどこも似たり寄ったりかな。かなりお腹が出ている人が多かった。笑 女性も同じだね。私も最近は油断すると、すぐに体重がグーンと上昇して、なかなか落ちません。泣 

    金曜日だね。良い週末を!

    • Sachieさん、いつもどうもありがとう~。
      うん、何事も続けることって難しいよね(でも、私達ブログ頑張ってるね!)。配達ってさ、自分が面倒だからってパスするわけにはいかないし。
      今度すれ違ったら、いくつになったの?って聞いてみようかな。ほんと、背が高くなってびっくりよー。

      おおぅ~。ダークヘアーに緑の差し色入のチェスナッツの瞳。いいなぁ。。。ソレ。クラっときちゃう。
      思わず、「すんごいきれいな目だねー」って言ってしまいそう、私。変な意味や下心なしで、純粋にそう思っちゃうよね。
      南の島の人たちって陽気でさ、笑い方ひとつとってもすかーっとしていない? いいなぁ、マヨルカ島。 リフレッシュできたよねー。
      うんうん、中年以降はみんな同じ! 私も例外なく。。。身動きするのが億劫になるような大きさにはなりたくないな。靴紐結ぶのにお腹がじゃま、とかになったら悲しいもんね。
      Sachieさんも、良い週末を!

  4. いいまちなのが伝わってきます。
    大人はちっとも変わらない気でいるけど、子供を見ると時の流れを感じますよね。
    ああ、すてきなまちだ。

    • にそ丸さん、こんにちわ!
      そうですね、確かに、住み良いところだと思います。あ、でもね、この辺りはスノッビーなブリティッシュ系のご婦人なんかもいるんですよ。
      アジア人の私がGus連れて歩いていて、使用人と間違えられたこともあります。。。
      子どもたちの成長って驚くほど早くって、まぶしいです。
      にそ丸さんのまちも、すてきですネ♪

  5. えらい男の子だね!自分でやるって決めたんだね。本当に気持ちがいいことを見ると、幸せになるよね。
    ところで、カーボデネーロは冷凍庫のスペースさあるのなら、茹でなくてそのまま冷凍して大丈夫だよ。
    リビング、シックな雰囲気になったね!

    • tomさん、おはよう〜。
      この男の子、見ていてとっても微笑ましいんだー。子供の成長って本当に早いね。ついこの間まで、3等身っぽかったのに、今はスラっと背が伸びて青年の表情。
      自分のお小遣い稼ぎで続けているんだろうけど、週に二回、このコースの配達を続けるっていうのはコミットメントだもんなー。
      カーボデネーロ、そのまま冷凍しちゃって大丈夫なんだ! ありがとう!やってみるぅ〜♪ 
      そうだね、リビング落ち着いたよね〜。相方のセンスかな。私が決めたらもっとだら〜っとゆるい感じになってたと思うよ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*