monday morning wrapped in a fog

朝起きると、窓から見える景色が真っ白だった。

変な表現だけど、街ごと大きな雲の中にどっぷりとつかってしまった様に真っ白。

ビクトリア朝もや

歩いているだけで、ほっぺたに水滴を感じるほど。

ビクトリア朝靄

いつもとは全く違った朝の雰囲気に酔ってしまいそうでした。時間の余裕なんて無い朝なのに、ひかれるようにしてついつい海岸への階段を降りてしまった。

ビクトリア朝靄

海も見えない。

ビクトリア朝靄

不思議な空間に迷い込んだみたいな錯覚をおこしてしまう。時間もひたりと止まってしまったような気がした。目を凝らして遠くを見ても、何も見えないのにぼうっと見つめてしまったり。

ビクトリア朝靄

定期的に聞こえてくるFoghorn(霧笛)の音にはっとして、Gusを呼び寄せたのでした。

ビクトリア朝靄

あわてて家に戻って、数分後、バケツをひっくり返した様な雨が降り始めた。
ほっ。セーーフ。カメラごとずぶぬれになるところだった。

すっぽりと霧に包まれた月曜の朝でした。

今日もご訪問どうもありがとう。↓↓ぽちっと One Click嬉しいな♪
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

“monday morning wrapped in a fog” への4件の返信

  1. あ~、いいなぁ。霧の朝、大好きだ。
    いまのところに引っ越してきて一度、同じような朝があった。
    朝日が昇りはじめるとどんどん消えていったけど、青空が幻想的で感動した。
    サンフランシスコとバークレーでは何度も霧の朝に出会っていつもおおよろこびしていた。
    オークランドも霧はあるんじゃないかな。
    あ~、西海岸に行きたくなった。

    • asoboさーん、おはよう!
      霧のベールに包まれると、いつもの風景が全く違って見えるよね。空気にもふわりとした質感が加わったような感じがするし。
      霧の朝だと、その日は晴れる、って言うよね(あれ、ちがった?)。なのに、この日は土砂降りになったよ。
      バークレー、サンフランシスコ、オークランド、どの街も霧や朝もやには馴染みのある街だね。一度バークレーの街に行く山道が深い霧に包まれていて、相方は運転するのをためらってたよ。
      西海岸においでよ~。

  2. ワタシもpapricaさんのところの濃霧に包まれた景色を
    実は楽しみにしています。ここまですっぽりと隠してくれること
    ウチの方ではめったに見られないもの。
    暮らしている方にとっては厄介でしょう。土砂降りに間に合ってよかった。

    おうどん、上手に出来たね。お初とは意外。
    パンよりずっと作りやすいし失敗がないから、ワタシも以前はよく作ってましたっけ。
    ソラマメのリゾットもメッチャ美味しそう。フライパン一つ分平らげられそう。

    • a-ki_laさん、おっはよー。
      そっかぁ、東京ではこんな風に霧に包まれるっていうことは稀なんだね。
      不思議なもので、きりの中にいると時間そのものがスローダウンしてしまう感じがした。ぼーぼーっていう霧笛で目が覚めたヨ。
      あの雨にあっていたら、カメラはダメになってたかも~。ほっ。

      うんうん、パスタよりもパンよりもずっと楽だった!
      ま、ビギナーズラックってので上手くいったのかもしれないね。
      いやいや、あのリゾットね、食べれそうだけど、お腹に入ってから膨れる!!次は半量で十分だよ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*