in between storms

昨夜はものすごい風雨で、家の周りの木々が大きな枝を揺さぶり落とした。幸いにも、停電にもならず屋根に穴が空くこともなく、ほっ。朝起きて家の周りを見てみると、結構な大きさの木の枝(直径10〜15cm)があちこちに落ちていたし、ゴミ入れ用のプラスチック容器は倒れ、お隣さんのビニールハウスのビニールが、高い木の枝にだらしなく引っかかっていた。一体、誰があれをとりはずしてくれるんだろなー。

ストームが去り、今朝は少し日が差した♪

ミニシクラメン

この時期、庭で唯一色を見せてくれるミニシクラメン。大好きで、近寄って眺めてしまう。このまま晴れるかな〜と思いきや、天気予報によると昼過ぎからまた強風+雨とのこと。「今のうちに!」と、昨日、相方がジョーダンリバー(←という海岸)でかき集めてきた「海藻」をゴミ袋から出して、芝生に広げてみた。

海藻集め

今年は海藻をパスする予定だったんだけど、相方の友人がトラックで集めに行くというので「それじゃ、私たちも…」と♪ 海藻といっても、色々と種類があるんだね。面白いもので、どこのビーチで集めるかによって、その種類が全く違う。私たちの家の近くの海岸では、葉っぱが広く薄く柔らかい、ワカメのような種類が多い。それに混じって、赤や薄黄緑の海藻も見かける。ところが、ジョーダンリバーに打ち付けられるものは、細長い草の様。テクスチャーもしっかりとしている。

今夜の雨である程度塩分が落ちるといいな。来週末までこうして広げておいて、ざっと水洗いをして庭の花壇の部分にかぶせま〜す。

苔

2月〜3月は苔が潤ってきれい。葉っぱのように平べったいものも、海藻のようにもしゃもしゃしたのも、こんな風(↑)にもこっと膨らんだものも、冬の雨でみずみずしさを増す。

苔

毎年、同じ種類の苔やシダを見かけるのだけれど、毎年、とても新鮮な気持ちになる。

私たちにはとっっても珍しく、今週末は「社交的」。土曜・日曜と続けて夕食に招かれてお出かけです。昨夜はイギリスの典型的(?)家庭料理「ローストビーフとヨークシャープディング」をごちそうになって、幸せだった〜。みんなの注目は、何と言っても「ヨークシャープディング」。オーブンから出てきたばかりのふかふかのプディングに、熱々のグレービーをたっぷりかけたら、んもぅ。。。最高っ!ヨークシャープディングって、基本は「粉、牛乳、卵」。コレを熱い油を少しひいたプディング型に流しいれてぐっとふくらませたパンみたいなの。シンプルなのに、上手く膨らんだおいしいヨークシャープディングを作るのって、とっても難しいらしい(私は試したこと無し。相方は何度か失敗している)。お肉はいらないから、ヨークシャープディングだけ5つ食べたい!って感じだった。

afterrain_walk2

今夜も外はごーごーとうなってます。どうか大枝が落ちてきませんように。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

“in between storms” への2件の返信

  1. もうシクラメンが咲いて庭には積もる雪もない・・・春はもうすぐそこですね。
    最後の写真のGus「春がきたら彼女見つけなきゃ・・・」とでも思っているのでしょうか?!?

    • Nakagawaさん、こんにちわ。
      今年の冬は雪無しです~。そちらはすごいですよねっ。都会とは思えないような風景が楽しいです。その天気の中を通勤しなさい、と言われたらぞっとしますが。
      ビクトリアは雨ばかり。それでもクロッカスも色づいてきているし、春はもうすぐです。
      Gus、なかなか複雑な表情ですよね。ときどきこういう目をして遠くを見つめるのですが、何を考えてるんでしょう。彼女よりも「食」、ですね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*