Goodies#55: ダウンな月曜日

ダウンな日。

週始めだっていうのに、今日は「ダウン」でした。
天気もよくて気持ちがいいくらいの暖かさで、いつもならそれだけで楽しい気分になれるのに、今日はだめだ。

原因は、調子の悪い「相方のiMac」。3ヶ月前に買った当初から、カメラの調子が変だった。そのあと、中のケーブル、リボン、しまいにはロジックボード(ウィンドウズでいうとマザーボードの様なもので、コンピューターの脳みそ的部分)の取替え。その都度、私が大学のアップルストアーまで修理に持っていった。車の調子が悪くなると、担当は相方。彼が修理の手配をする。調子の悪いコンピュータの担当はわたし。でも、家のコンピューターに何か異変が起きると、すんごいイライラする。

「不良品はいくら修理しても不良品だ。いっそのこと新品のと交換してもらうべきだ。」と言い張る相方。アップルサポートに電話をして「返品について」聞いてみた。意外にアップルのスタッフは「客の話に耳を傾けず」、かえって嫌な気分にさせられた。要は、「修理できるなら修理し続けろ」「返品なら買った店で交渉しろ」だと。くっそぉ。

で、先日、ロジックボードの取り替えを終えて「これで最後だ!」と思って家に帰ってきてみると、モニターの内側に「指紋のよごれ」がついているのを発見。んんんん… ま、これは、時間のあるときにまた修理の人のところに持って行って、内側を拭いてもらえばいいか、ととりあえず落ち着いた。

が、数日後の昨日の夜、モニターのガラス部分が「右側に3ミリほどずれている」+「ガラスの下の部分が波打っている」のを発見。そのうえ、ワイヤレスネットワークからドロップし続ける。なんでなん...

「マックに変えればこういう問題もなかろう」という理由でウィンドウズからマックに変えた相方。ぶち切れた。
まあ、切れるわなー。3ヶ月のうちに3回も修理に持って行って、ガラスモニターが波打ってりゃぁね。

返金か交換。そのどちらかじゃないと納得できん!」と怒る相方。その交渉に送られた私。(ま、そこまで怒り狂っている相方に店に踏み込んでほしくなかったし)

お店のマネジャーになるべく冷静に説明をして、「返金か交換」を言い張った。仕事中も2度、電話で言い合った。マネージャーは、何とか「不良品をもう一度修理して」私たちに引き取らせたい。私は「話はよくわかるのですが、新しいのを頂かないと家に帰れません」の一点張り。

とてもとても疲れました。

こういう面と向かって理を通して冷静に言い合うのって、慣れてない。プラス「生理前」で感情高ぶってるというのに。

でも、あははー、新品をいただいた。あっぱれ。

マック

しばらくコンピュータの世話はしたくありません。相方は上機嫌で鼻歌をうたっております。はぁーやれやれ。

にほんブログ村:
にほんブログ村 海外生活ブログへ
クリック、ありがとう。

“Goodies#55: ダウンな月曜日” への6件の返信

  1. おぅ . . .
    本当にお疲れさまでした。こういうの、本当に疲れますよねー。だいたい不良品出すメーカーが悪いのに、なんで客がアタフタと時間と労力を使わないかんのでしょう。お察し申し上げます。でもダウン→アップの日になりましたよね、結果。

    私はアップルサポートの印象今のところとっても良いのですが . . .あくまでもイマノトコロ!!

    私もシネマディスプレイに同じキーボードの組み合わせです。中身はちと古いですけどね。

    • Mizueさん、ありがとうございます。はい、とても疲れました。でも、最終的に新しいものをもらえたので、ほっとしました。相方はすっかり上機嫌で、ユーアーワンダフルー ユーアーグレートーなどといいながら浮かれてました。ったく。シネマディスプレイとは、素敵ですねー。うらやましい!

  2. 週の頭からお疲れ様でした。この手のトラブルって、ドッと疲れさせられますよね。でも、最終的に希望していた結果を得られてよかったです。終わりよければ、すべてよし。これで、平安が保たれますね。

    • お気遣いありがとうございます。そう、どっと疲れましたー。人と言い合うこと、そのものが得意ではないので、自分でも今回は「Good Job」だと感心しました。うん、平安が一番です!!

  3. やっぱりアップルの製品は美しい…。交換してもらえてよかったですね。コンピューターって便利なだけにちょっとでも問題があるとものすごくストレスがたまりますよね。

    • でしょー?ストレスたまりますよねー。白髪が続出しそうなくらい疲れました。頼むから当分は「リーブミーアローン」ってかんじです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*