Goodies#361: 結婚記念日の夕食: フェテチーニアルフレッド

この夕食のために先週末「予行練習」をした「生パスタ」。セモリナ粉と普通の小麦粉を2:1で試したのだけど、捏ねるのがとっても大変でした。で、あれから色々とネットで調べていて、「シェフ・トム (Chef Tomm)の基本のパスタ」のビデオを見っけ。この巨体のシェフのビデオ、とってもわかりやすかったので、彼の勧めるとおり「普通の小麦粉」だけで生パスタを作ってみることに決定!
よっしゃー。

小麦粉3カップ、オリーブオイル8分の1カップ、卵4個+卵黄2個。この分量で大人ふたり分のパスタが2食〜3食分(少食なら4食分)作れるよー。

トムさんが言うに、液体(卵と油)を初めに混ぜあわせ、その中に粉を混ぜる。これを逆にしてはいけません。

生パスタ作り

小麦粉は予め計って別のボールに入れておき、徐々に様子を見ながら足していく。最終的に全部使わなかった。今回、私たちは大きなボールの中でザクザクと混ぜあわせ、だいたいまとまってきたらカウンターにだしてこねました。前回よりも断然捏ねやすいっ!

生パスタ作り

伸びもいいしまとまりも良い☆ こねすぎるのは禁物。途中、記事の真ん中に切り目をいれて、指をいれてみて「ぴたぴた」とするくらいにこねあがったら、そこでストップ。生地が指にへばりつくようだったら、もう少し粉を加えて捏ねるんだって。

一番幅広の設定で「3回」通す。一回ずつ、折り畳み→通す。これを3度繰り返す。そのあと、2段階薄い設定に切り替えて1度ずつ通していく。で、最終的に一番薄いところまでぐぐっといきます。うすいっ!

生パスタ作り

これをフェテチーニの太さに切りまーす。

生パスタ作り

薄いけどほどよい弾力性があるので、びりびりとちぎれなかった。ほっ。

生パスタ作り

前回の4分の1の厚み。良い感じ。

パスタは切り終わったら「冷凍庫」で休ませる。その間に「アルフレッド」のクリームソースを作ります。

が、この作業はささっとやんなきゃいけなくって、のんびり写真を撮ってられなかった(汗)。トムさんのアルフレッドソースは至って簡単。ヘビークリームを2カップ、ふつふつと泡が出てきたらパルメザンチーズを約1カップ入れる。塩コショウで味を整える。一方で、冷凍庫からパスタを出して、思いっきり沸騰しているお湯の中に塩を「大さじ3くらい」どさりといれ、パスタをその中に。湯で時間は1分もかからず。入れて出す!お湯をしっかりと切って、アルフレッドソースの中に放り込む!絡める!

よっしゃ、出来上がりやー!

っってな具合。使い勝手の悪い私たちの台所は、半分パニック状態のシェフ二人でごったがえし…

なんとか、かんとか。できまひた。ほっ。

生パスタ作り

ガーリックソテーしたエビは、前にブレントウッドベイで引き上げたもの。この日のために冷凍しておいたのです☆

ドライでさっぱりとした白ワインもブリティッシュコロンビア州のもの。

カロリーが高く、炭水化物みっちりの夕食。美味しかったー♪ 生パスタも前回のよりもずっと良かった。ただここまで薄いと、ほんと、沸騰したお湯に「いれて出す、で食べる!」。でないと全部くっついてしまいます。

ごちそうさまでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
↑ 頑張れ!とOneクリックしてもらえると嬉しいです。いつもどうもありがとう♪

“Goodies#361: 結婚記念日の夕食: フェテチーニアルフレッド” への22件の返信

  1. コメント有難うございました!
    カナダに住んでらっしゃるんですね~。
    畑がとっても素敵。

    生パスタ学校でも作ったんですけど美味しいですよね♪

    • keitonさん!わっ。お忙しい中、わざわざコメントをどうもありがとうございます。

      わっ。シェフ、keitonさんに、この私たちのパスタをお見せしてしまって…ありゃありゃはずかしい。
      生パスタ、難しいです。でも楽しいし美味しい。今回のは茹でたあと「すぐに」食べなかったせいか、パスタがくっついちゃって団子になってました。
      keitonさんもセモリナ粉は使わず、普通の小麦粉だけですか?ブログで探してみまーす。

  2. ご無沙汰しております。
    ご結婚記念日ですか。おめでとうございます。
    パスタの手作りっていいですね。私は料理あまり出来ませんので羨ましいです。
    私、結婚していますが、結婚記念日は外食することが多いですね。こういう手料理で記念日祝うことって大事かなと思ってしまいます。

    • TORIOさん、コメントありがとうございます!
      いいですよ、ご結婚されていて、どちらかがお料理出来れば、それで良しです。
      私たちもたまには外食をしたいんだけど、ビクトリアには美味しいところがないのです。ほんと。
      飲酒運転の規制もすんごいきつくなったので、タクシーで行かないといけないし。だから、家で自分たちの好きなものを一緒につくって、飲んで、だらだらするほうが気楽☆
      シンプルな夕食だったけど、満足でした。

  3. 美味しそぉo(^▽^)o
    ワインもおいしそー!

    始めて作る料理を夫婦でっていうのって、いいね!
    うちの場合けんかするかも(−_−;)

    いつまでも仲良くすごしてね(^O^☆♪

    • Kayoko〜、ありがとう。
      もう、10年やでぇ。早いやろ?
      うちとこの台所、必要なものが全部ひとつのコーナーに集まってるから、めっちゃ使いにくいねん。
      プラス、うちは「ま、そんなもんちゃうのん」って性格で、相方は「どうせ作るなら完璧にしようぜ」ってタイプやろ?
      うちは、プロセスを楽しむほうで、相方は出来上がりを楽しむひと。だから、一緒に料理すると、ぎゃーぎゃーうるさいでー。
      仲良く、ね。ほんと、それが一番デス。

  4. 結婚記念日、おめでとうございます!
    ウチにもパスタマシーンあるのに、最近眠ったまま。(笑)
    パスタ、大好きなのでいつか作ります〜。

    • Yukiさん、どうもありがとう!
      パスタ、作ってみてね。私にできるなら、誰にでもできるのです。ほんと。
      ゆきさんとありちゃんの作ったメロンパン、マイリストの上位にあります。うふふ。今週中にでも…
      どーりで太るわけだわ。

  5. 結婚記念日、おめでとうございます!
    ふたりで作った自家製フェテチーニ、いいな~。
    買ったものと変わらないですよ~。
    うちはパスタマシーンもないので、自分で作ろうとは思ったこともないですけど(物のせいにする私…)見ているといいな~と。

    • Noriさん、どうもありがとう。
      あはは、生パスタは、まだまだです。前回のは分厚くってコシのいいうどんだったでしょ。
      今回のはなかなか味はよくって、厚みもいい感じだったんだけど、手際が悪かったかな。
      さて、食べよう!ってころには、団子状態になってる部分もありました。
      ま、次回の課題ということで♪

  6. おめでとーー。なんだかんだっていっつもラブラブ、うふふ。
    パスタ料理って本当に写真撮るの、たいへん。うかうかしてたらくっつく、のびるーー。はよ、食べたいのをぐぐっとこらえて . . .って辛いよね。

    • mizueさん、ラブラブって、そんな。照れるやん。
      もー、この生パスタ共同作業はねぇ、すさまじかったよ。誰かにビデオでとってもらいたかった。
      耳の横で「ほらっ、粉だろ粉ぁ!シェフトムが十分に粉をまけって言ってただろー!」って騒がれたりしてさ、キレそうやったわ。
      「そこでどーして、静かに手を差し伸べて、はらりと粉をまいてあげようって思わんわけ?大声で怒鳴るんじゃなくってさ、そういう静かなヘルプだったらありがたいんだけどね…」。と、まぁ。やかましいのなんのって。
      パスタ、下の方くっついて団子になってた。フォークで巻かなくっても、ぶすっとさしたらいいっていうのネ。笑ったわ。

  7. 結婚記念日、おめでとう☆
    プロセスを楽しむ適度にユルいpapricaさんと、出来上がりを楽しむ結果重視の相方様。
    さぞかし賑やかだったでしょうね(笑)。
    でも、ふたりとも同じタイプだったら、逆に、仕上がらないと思うよ^^

    エビとクルーム、薄い平麺に良く合いそうだね。美味しそうです。
    フツーの小麦粉とは、日本でいう薄力粉のこと?
    であれば、あまり捏ねないのも納得なような…
    強力粉やセモリナが入った生地に比べて、弾力は控えめな感じでない?

    • a-ki_laさん、どうもありがと〜。
      まさにそのとおり。対照的なんだなー。似てるところもあるんだけど、こういう「作業」に関しては、とても対照的。
      ったく、もー、うるさいっちゅうの。すぐ「熱く」なるし… ほんと、でこぼこコンビで10年。よく続いたと思う。

      えっと、普通の小麦粉はね「All Purpose Flour」って言って、なんにでも使える(らしい)小麦粉。パンを作るときはパン用を使うから、このオールパーパス小麦は薄力粉に似てるのかな。
      今回のはセモリナ粉をいれなかったから、めっちゃくっちゃ伸びが良くって気持よかった。でも、たしかに、セモリナ粉のパスタと比べるとコシはなかったかな。(っていうか、前回のは太すぎたんでコシっていうより、食べ応えがあったのだけど)
      かなり薄くまで伸ばしたからねー、1分も湯でなくてよかったかも。待ってるうちにソースの中でくっついてもーた。あはは。

  8. ちょっと遅くなったけど、
    結婚記念日おめでとう。
    記念日にふたりで料理っていいね、楽しそう。とてもステキだ。
    ずっとずっと仲のいいふたりでいてください。
    ぼくは退院したらピチを作ってお祝いしようと強力粉を買っておいたんだけど、まだ疲れがとれないので作っていない。
    ピチはスパゲッティの原型と言われるパスタです。

    • asoboさん、まだ入院中でしたか。
      今日、ふと、asoboさんはどうされているのかな、って思っていたところです。
      退院はもうすぐですか?
      ピチってなんだろ。ぐぐってみますねー。
      asoboさんの記事、楽しみに待ってますね!

      • あ、言葉足らずでしたね。退院しました。
        ただちょっと手術というか治療の疲れが抜けなくて、家に帰ってきてもあまりあれこれする元気がないだけ。
        と言うわけで、ピチを作るのが少し遅れていると言うだけ。ご心配をかけてすみませんでした。
        ピチは、シエナを中心とするトスカーナ州東部に伝わるパスタ。ピチのレシピを書いてる人は、ピチのことを以下のように書いています。
        『はじめてピチを食べたとき、そのコシの強さに驚いた。
        が、もっと驚いたのはその作り方です。ひたすら記事を手の間で転がしてひも状にしていく地道な作業。しかも、作り手がそれをいとも楽しそうにこなす姿に、強い印象を受けた。イタリアで習ったまま、ピチもソースもアレンジしないレシピを紹介する。手はかかるけど、確かな味を、ぜひ』
        ふふふ、楽しそうでしょう。

        • そうですか、退院されていたんだぁ。よかった!
          治療後の回復って一番大切なとき。asoboさん、絶対に「いつものように」無理をしてはいけませんよっ!
          しっかりと元気になってから、ピチにチャレンジしてくださいね。
          ピチレシピの方のお言葉、ピチへの情熱が伝わってきます。むむむ...興味津々です!

  9. すっかり遅れてしまいましたが、おめでとうございます。
    10回目の結婚記念日に手作りパスタ♡
    いいですね〜
    私たちも、そういう温か〜い日を迎えたいです♪

    それから、ブログ一周年おめでとうございます。
    私の毎日の愉しみのひとつ、それはpapricaさんのブログです♪
    コメントは時々ですけどね。
    年間365回も楽しませて頂き、こちらこそ有難うございます!
    これからもよろしくお願いします♪

    • chanchanさん、わざわざコメントをありがとうございます!
      chanchanさんご夫婦の仲の良さは、いつもとっっっても羨ましく思っているんですよ。私たちもなんとか10年。早い!
      これからも相手を思いやる気持ちを大切に、一緒にいる時間を楽しんでいきたいです。

      毎日の愉しみだなんて…chanchanさん、優しいな。
      こうして海を挟んだ向こう側で、私の平凡な日記を読んでくださる方がいる!からこそ頑張ることができました。マイペースで、ぼちぼちと続けますね。
      こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*