Goodies#314: 森林浴

森林浴。とは、よく言ったものです。

お風呂上りになんとものほほんと気持ちよくなるように、森の緑のエネルギーにどっぷりつかるとすぅっと気持ちが落ち着く。すっかり忘れていた。

ほんの少しのぞいた青空に気づき、「森へ行こう!」とお昼前に出発。行き先は「マッケンジー・バイト(McKenzie Bight)」といって、ビクトリアの中心から車で30分くらいのところにある、プロビンシャルパーク。

森林浴

久しぶりでした。

森林浴

マッケンジーバイトを訪れたのも。

森林浴

森のエネルギーにすっぽりと包まれたのも。

森の中はまだ空気がひんやりとしていた。

森林浴

Gus は、ずぅっとずぅっと匂いをかいでました。彼にとっては、真新しい長編小説を読むのと同じくらいの情報量。本当に嬉しそうに笑っていたGus。犬も嬉しいと笑います。

森林浴

Trilliumsという、ネイティブフラワー。花びらが三枚、葉っぱも三枚。こういう深い森でしか見かけない花です。

森林浴

ほんの少しの陽の光を受け止めている苔が微笑ましい。

森林浴

ここはプロビンシャルパーク(州立公園)だから、州によって守られている。とはいえ、この辺りで見かける木々は、一番大きなものでも「セカンドグロース (second growth)」。この森が生まれて以来、育ち続けてきた「ファーストグロース」が伐採されて、その次に育ったものたち。バンクーバー島には、たくさんのファーストグロース(100歳以上の木々からなる森)があったのに、人の手に寄ってほぼ伐採されてしまい、ファーストグロースフォーレストはもうほとんど残っていない。

森林浴

ヒトが足を踏み入れる前の森を思い浮かべると、そのエネルギーを想像するだけでため息がでる。

森林浴

マッケンジーバイトを流れている小川。もうこの先は海です。

先週かなりイライラと憤ってしまった職場での事情も、今日はさっぱりと忘れることができました。感謝。

“Goodies#314: 森林浴” への2件の返信

  1. 気持ちよさそうだー。
    道なき道を行く、みたいな本格的な山林歩きだと足元に気を取られるけれど、
    適度に整備されていて歩きやすくて、水場にも近寄りれるこんな森は、
    散歩にサイコーだね。

    マイナスイオンって、科学的には根拠ないとか何とか…
    んでも、ヒンヤリとした「生命力ミスト」は、感じるよね?!

    • あ、そうそう、目の前の枝なんかをかき分けて行くような、本格的な山歩きはノーサンキューです。
      この辺りの州立公園には、まだまだ野生の動物がたくさんいるのね。ほら、鹿とか熊とか…クーガー(山猫)とか。でるんだよ。
      だから、こういうトレールにそってじゃないと歩きたくないです。私、むちむちとおいしそうだからね。

      生命力、感じました。あれって、森のもつ力だと実感した。肌にしみてくるよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*