#Goodies28: Vancouver Visit

ただいま。
“Vancouver Visit” と題したものの… 友人宅で5枚ほど写真をとって、カメラのバッテリー切れ。とほほ。
ばたばたと準備したせいで、リチャージャーをかばんに入れるのも忘れたし。慌てると失敗する。

バンクーバーでいつも「犬ともども」にお世話になるのが、友達家族のリービー一家。お母さんが中国人、お父さんがカナダ人、13歳のノアと10歳のティエンティエン。お母さんのチャンジエとAlloccoは、上海からの20年以上の友達で、家族ぐるみでとてもよくしてもらっています。今回は、私たちの結婚記念日にお邪魔したこともあって、夕食の後にはケーキに9本のろうそくを飾って、誕生日会のようにお祝いしてくれました。ケーキにのったろうそくを吹き消すのなんて、本当に久しぶりだったので、それだけでずいぶん感激。ほんと、たまに、ろうそくをカップケーキにでものせて、願いを込めて吹き消すと楽しいかも。

久しぶりに「都市」に出て、ちょこっと買い物をして、シティの雰囲気を味わって、おいしいものを食べました。食べるの好きなら、バンクーバー。中国人を先頭に、韓国人、インド人(シークの人たち)、その他の「マイノリティ」と呼ばれる色んな国から移住してきた人たちがあふれている街。食の色も豊かで幅も広いし、競争があるからみんな「味」で競う。今回は、リービー家お気に入りの「グリークレストラン」と「飲茶」にいってきました。おいしかったー。チャンジエによると、インドの食材屋さんで売ってるサモサも、安くておいしいんだそう。ふたつで$1(100円ほど)だから、やっすい。

と、言うわけで、「張り切って写真と一緒に報告しよう!」というプランはどこへやら。バッテリーが切れる前にランダムにとった貴重な5枚の写真は、バンクーバーでのメインイベントとはまったく関係のない「Gusの散歩 in Vancouver」ショット… ごめんなさい。こんな感じです。

vancouver

リービー家。屋根の工事を始めたところ。フロントポーチがかわいらしい。

vancouver

街中でも、メインストリートから一つはいると、並木道がきれい。

vancouver

うまくとれなかったけど、ストライプのパネルのアーツ&クラフトが好き。この辺りは、ウェストバンクーバー(土地も家も高く、人気があるエリア)の端の方になります。古い家がたくさんあった。

vancouver

これもたぶん、1910年頃に建てられたものじゃないかな。

そして。Gus. 公園見つけて大喜び。ひとっ走りしたあとで嬉しそうだのー。

vancouver

たまに行くとバンクーバーはとても楽しい。

でもビクトリアに戻ってくると、やっぱりほっとする。家がいいねー。

それではいつもの。日本ブログ村:
にほんブログ村 海外生活ブログへクリック、どうもありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*