Ciao, フィレンツェ: シニョーリア広場

フィレンツェには3泊4日。ローマから快速電車に乗って1時間半。快適だった♪ 二人だけでの小旅行だったんだけど、フィレンツェの街はローマに比べるとずっとコンパクトで見どころは全て一部に集まっているし、とても散策しやすかったよ。それから、ローマほど混沌としていないっ! 車の運転もハチャメチャでなくて普通だったし、色んな面で「整っている」印象を受けた。ほっ。

フィレンツェではね、シニョーリア広場に続く細道の奥にあるホテルに滞在した。

Relais Uffizi

ホテルにするかB&Bにするか、それともハウスシェアのAir B&Bで探すか、色々と迷ったんだけど、フィレンツェでは少し贅沢に、ロケーションの良いホテルに泊まることにした。貧乏性の私は「うぅ~。。。」と唸っていたものの、やっぱり便利で朝ごはんもちゃんとあって、きれいなお部屋というのは心地よいものだね~。あはは。日本人スタッフもいて、お世話になっちゃいました。

朝食のお部屋から見えるシニョーリア広場。朝の7時半くらいかな。この広場からは、ドゥオモもポンテベッキオもウフィツィ美術館も徒歩で10分もかからない。滞在中にすっかり馴染んでしまった広場です。

piazza della signoria

10月の終わりといっても、人が多い~!って騒いでいた私達。ホテルの人に言わせれば「ずいぶん静かですよ。ピークの春や秋は、人にぶつからずにここからドゥオモまで歩けませんからね。」って。市役所でもあるヴェッキオ宮殿の前に広がるシニョーリア広場は、待ち合わせの場所にもよく使われるらしい。

ヴェッキオ宮殿

ヴェッキオ宮殿の中には「500人の大広間」とか塔に登ったりもできるらしい。私は朝の散歩の時に天使に会いに行っただけ。この空間に立って天使を見上げているだけで満足でした。

ヴェッキオ宮殿

ヴェッキオ宮殿の前にはミケランジェロのダビデ像(レプリカ左)とバンディネッリの「ヘラクレスとカクス」の像が広場を見据えている。

ヴェッキオ宮殿

私は前回、ローマのボルゲーゼ美術館でベルニーニの彫刻に出会って、初めて彫刻というものに心を動かされた。ひとつの石から生み出された存在に目が回りそうになったっけ。こういう彫刻作品の全てには、本来色がつけられていたそうな。どんな風に色づけられていたのか、気になるなぁ。

私のために(?)相方が撮ったヘラクレスさんのお尻。立派だ。美しい。

ヘラクレスとカクス

カメラを向けている女性が多かったよ(笑)。セルフィー撮ってたり。。。

広場の中央近くにあるのは「ネプチューンの噴水」。「白い巨人」っていうあだ名を付けられ、フローレンスの人たちにはあまり評判が良くなかったらしい。なんでだろう。

ネプチューンの噴水

16世紀の終わりごろまでは、噴水は洗濯場として利用され、その後も心無い人たちに傷めつけられてきた様です。今は防犯カメラをつけてもらって、こうして清々しく立っていることができるみたいだけど。

piazza della signoria

こうして写真を見ていると「あぁ〜、もっとゆっくりといろんなところを散策したかったな〜。もう一度行きたいな〜」って思う。お天気も最高で昼間はジャケット無しでも大丈夫でした。そうそう、フィレンツェには日本人スタッフが多いらしいよ。お店でも日本語で対応してもらえるところがたくさんあったし。

piazza della signoria

朝と夕方の光の色にもため息です。うっとり。

ぼちぼちと散策の様子をアップしまーす。ね。

*お知らせ:写真の上でクリックすると写真が大きくなります。写真の外側でもう一度クリックすると閉じます。もしよければ試してみてね☆

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

“Ciao, フィレンツェ: シニョーリア広場” への8件の返信

  1. 立派なお尻だね、笑。白い巨人の大きさにもびっくり。ほんとにでかい!!

    イタリアと言えば、わたしはフィレンツェに断然行ってみたいです。落ち着いた雰囲気で美しい街なんだね。いやあ、歩いているだけでもほんとに楽しそう。ローカルのお友達がいるのはほんとに心強いね。お友達はローマだっけ。地元の人を知ってるというだけで、その街や国が身近になるよね。

    写真、ほんとに旅の楽しさが伝わってきます。石造りの街ってほんとに美しいと思う。ここも美しいけど、趣きが全然違うよね。また行かれるといいね、イタリア!!

    • mkさん、おはよー。
      惚れるでしょ、このお尻。いやぁ。。。ジムとかに行かなくても、こういう体の男性がいたんだよね。じゃないと、ここまできれいに筋肉の膨らみを描けないよ。ま、誇張している部分は大いにあるんだろうけれど。
      フィレンツェは「観光しやすい」って言うのがあるんだと思うよ。ルネッサンスの美術品の宝庫だし。でも、春から秋にかけては本当に人が多いみたいよっ。行くなら10月の終わりから〜。
      うん、お友達はローマ。だからフィレンツェは二人で探検(?)。お店のおっちゃんたちも優しかったよー。観光客慣れしてるんだね、きっと。
      ビクトリアの美しさとは違った美しさだよネ。是非是非、mkさんにも訪れてほしい〜。

  2. うふふ。
    私はダビデ青年のお尻を撮りましたよん♪
    すっごいいいケツしてま(rya

    おほん。
    私もローマよりはフィレンツェ、トスカーナの丘が好き。
    ただ、フィレンツェ人は日本で言うところの京都人なので
    二面性は大いにあるかも?笑

    papricaさんは歴史にお詳しくないというけれど、私は大学で
    西洋史(特に英仏伊)を専攻したので、逆に先入観というか
    知識の裏打ち作業を知らず知らずの内に行っていて、純粋に
    楽しめない気がたびたびしています。
    そりゃ、歴史を知ってる方が深くは楽しめるかもだけど、
    第一印象は自分自身の中から感じ取った方がいいと思うなぁ。
    読書も初読の喜びって特別じゃない?
    旅行も同じ部分があると思います。何度行っても楽しいけど
    最初に感じる驚きは一度だけだと思うので。
    それにしても写真がきれーい!!

    • 真木さん、こんばんわ〜♪
      えーーっ、真木さんはダビデ青年を選ばれたのねっ。ほんと、一級品のバットよねぇ〜。うっとり。

      私はね、フィレンツェもローマもどっちも大好き。そっか、そうそう、フィレンツェって京都っぽいね。ローマは大阪っぽい?
      真木さんはじっくりフィレンツェを楽しまれたのかな。イタリアは他にも回ったの?
      へぇ〜、大学で西洋史を学ばれたんだ。だから英国文学などにもお詳しいのね。すごいなぁ。羨ましいな。
      なるほど。先入観をもって観る場合と白紙の状態で観る場合の違いかぁ。考えもしなかったよ。ほんと、私は西洋史も美術史もほとんど知識がないので、恥ずかしいんだよー。今回はほんの少し予習をしていったけれど、そんなものではおっつかないし。ま、私が受けている印象って、何百年も前の一般庶民のものと同じなのでしょうね。
      あ、でも、そういえば、初めてイタリアに行ったときは120% Overwhelmed 状態だったよ。視覚的な情報に圧倒されて、酔っ払ったような感じだった。今回は少し心構えが出来ていたから、悪酔いはしなかった感じ(笑) 真木さんが何度も英国に行かれるのは、そこに特別な何かがあるからなんですよね、きっと。

  3. こんにちは~わーい、いよいよイタリア旅行の本篇のはじまり、はじまりですね。
    フィレンツェ、素敵ですね。弟が新婚旅行に出かけてすごく良かった、と何回も言われたので、いつか行って見たいと思っています。オフシーズンでもこんなに混雑してるなんて、ハイシーズンだと、、、ちょっと想像すると怖いです^^;人ごみが苦手なので。
    同じイタリアの都市でも街によって様々な顔があり、特徴があるんですね、その違いを写真からも感じます。
    実際に行ったらもっとだろうなぁ、、、そういう違いを感じられるのもやっぱり旅行の醍醐味ですよね。
    続き、楽しみにしています^^

    • Saoriさん、こんばんわ〜♪
      うはは。そうですね、はじまりはじまり〜。自分のための記録という意味で、ぼちぼちとアップしようと思います。
      へ〜、弟さんも行かれたのですね。新婚旅行だなんて… さぞかしロマンチックな時を過ごされたことでしょう。
      うんうん、行かれるなら絶対秋の終わりから冬っ!夏のこの広場の写真をちらっと見ましたが、何とかの行水状態でしたよ。
      フィレンツェはローマに比べると新しいし、観光客が密集している分整っているのかも。ローマの楽しいハチャメチャさは感じませんでした。
      ゆっくりの更新になりますが、お付き合いくださると嬉しいです☆

  4. こんばんは^^
    異世界のようですよー
    彫刻、引きでみるとかなり大きいんですね!
    天使もかわいいです^^
    日本人のスタッフが…世界中でお仕事されてる方がいるんですね~

    • フォレさん、こんばんわ!
      そう、異世界よっ。彫刻も建物もスケールが違う。
      天使にもいろいろいるんだよね。絵画の中の天使も楽しいけれど、彫刻やレリーフの天使は思わず手にとってみたくなったよ。
      フィレンツェでお仕事されている日本人、たくさんいたよ〜。いいなぁ、イタリアで活躍されてぇ〜って、何度つぶやいたことか。あはは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*