ciao, フィレンツェ:フィエゾレの丘にて

ウフィッツィ美術館を見学した翌日、もう一つ美術館を見る(ピティ宮殿)予定だったんだけど、宗教画でお腹いっぱい胸いっぱいになった私達は、あっさりそれをキャンセル。代わりにフィレンツェの街から8km北東にある「Fiesole・フィエゾレ」に行った。郊外の丘の上にあるフィエゾレまでは、市バス#7に乗り、終点で降りれば良し。普通のバスなんだけど、どんどこと街を抜けて丘の上まで上がっていく途中の風景も、私達にとっては新鮮で楽しかった♪ 「住むなら南に面したこの斜面がいいね~、ここならGusも住めるかな~」などと妄想をふくらませながら。

実はフィエゾレは、相方のイタリア人のお爺ちゃんとおばあちゃんが新婚旅行で訪れた場所。それもあって、見てみたかったのでした~。 …と、バスを降りた私達、「で、フィエゾレって見どころは何なんだろね?」と、バス停のベンチに座ってぽっか~ん。ツメがあまくって… フィエゾレの観光スポットからはフィレンツェの街を一望できるらしいんだけど、そのスポットがどこなのかもよくわからず。とにかく丘の上まで歩かなきゃいけないらしい。とびきりいいお天気だったんだけど、バス停からフィレンツェの方角を見ると、霞がかかってぼんやーーりとしか見えなかった。

Fiesole Archaeological Site

そこで、北側の道を3分ほど歩いたところにある「遺跡(Fiesole Archaeological Site)」を見てみることにした。これがね、とっても素敵だったよ~。エトルリア人とローマ人の遺跡の2つが合わさって、のどかな公園のようになっていた。

Fiesole

丘の斜面を利用して作られた「Roman Theatre (劇場)」。何度か修復されてきたけれど、元々は、ローマがエトルリア人を征服した紀元前1世紀ごろに自然の岩を削って作られたんだって。

Fiesole

東側には大きな「浴場」。草が生えてしまっているけれど、スケールはよく分かる。

Fiesole

お風呂は、屋外と室内の両方あったようです。前回の旅で「ハドリアヌスの遺跡」の浴場を見てぶったまげたけれど、ほんと、規模がすごいのね。普通のお風呂、スチームバス、そして最後にはいる(毛穴をふさぐため)冷たいお風呂。娯楽と社交の場だったんだろうな。

Fiesole

ぽっかぽかのお天気で、本当にのどか。人も少なくて、ゆ~っくりと歩きながら2000年前の様子を思い浮かべて。こんな風に遺跡になっちゃったけれど、当時、お天気のいい秋の日はこんなふうだったんだろうな~ってうっとりしながら。とろけそうでした。

Fiesole

浴場の西側には、エトルリア人の寺院(?)と墓(?)の「跡」がごろごろとした状態で残っていた。

Fiesole

紀元7〜8世紀に、現在のトスカーナの辺りで文明を築いていたエトルリア人の豊かな文化には、目を見張らずにはいられない。多くの文献は残っていなくて、ミステリアスな面がたくさんあるそうです。この遺跡の一角には美術館があってね、この遺跡を含め、フィエゾレで発掘されたエトルリア人の工芸品や装飾品、装具などが展示されていた。本当に、本当に2500年以上も前にこれだけの装飾品を作る技術があったの?って、目を疑うよ。食器やアクセサリーや描かれている人物像などが、とっても繊細であってチャーミングなの。もし、機会があったら、是非、見てほしい。ローマには「Villa Giulia」っていう美術館があるけれど、そこはエトラスカン文化の宝庫です(←しかもガラガラに空いてます)。

Fiesole

積み重ねられた石の不規則性が、何故かとても心地よくて眺めてしまう。

一本道の両側に古いオリーブの木が並び、10月の終わりとは思えない光を浴びて、そこにいるだけで幸せだったよー。

Fiesole

石段に腰掛けて目を閉じてとろけていると、かさかさっという音がして。はっと見てみるとトカゲ。日光浴かな。

Fiesole

思いつきで行ってみたフィエゾレ。行ってみて良かった〜。観光客がいっぱいのフィレンツェの中心から離れ、気持ちのいいリフレッシュになった。

Fiesole

相方のおじいちゃんおばあちゃんも、私達と同じように夢見心地でフィエゾレを歩いたんだろうな。

*お知らせ:写真の上でクリックすると写真が大きくなります。写真の外側でもう一度クリックすると閉じます。もしよければ試してみてね☆

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

“ciao, フィレンツェ:フィエゾレの丘にて” への14件の返信

  1. フィエゾレ

    のどかで優しい光景ですね~
    こういう観光客の少ない遺跡はいいですね。
    こういうお風呂は温泉が沸いていたのでしょうか?
    この文明は一旦滅びてしまったのかな~
    私は古い町で 悠久の昔に思いを馳せるのが好きです。
    日本には こんな昔には 進んだ文明がなかったのが残念です。

    • nonさん、コメントありがとうございます。
      写真ではなかなか上手く伝えられないのですが、本当に「とろけちゃいそうな」光と暖かさでした。
      普段の街のせわしなさが全く感じられない空間でした。数人の観光客とすれ違ったけれど、みんな「ぽーー」っとした表情でゆっくりと散歩されていましたよ。お風呂は、ここは温泉ではなくて、それこそ「ボイラールーム」みたいな小部屋が隣にあってそこで沸かしていたみたいです。面白いですよねっ。
      日本にはまだまだ歴史のある建物や遺跡、慣習なども残っている方です(北米に比べると)。でもほんと、エトルリア人の文化は、2500年以上も前のものとは信じられないほどの精巧さです!

  2. うちの夫の祖母もイタリア人で、ルッカの出身だそうなので、私たちも是非ともその辺りに行ってみたいのですよ。(横浜で行った10回のイタリア語コースで習ったことは全部忘れてしまったけど・・・)
    スペインの山あいの浴場跡もそんな感じでした。
    ヴェニスに行った時泊まったリド島もとてもいい感じで、5年ごとに来られたらねぇ、と話していました。
    ヨーロッパはいいなぁ、しっくりと心地良かったです。
    食べ物も美味しかったし!

    • Mayさん、こんにちわ!
      そうでしたね、以前、Mayさんの旦那様の故郷がイタリアだというのを教えて頂いた記憶があります。今でもご親戚の人たちはルッカですか??だったら遊びにいかなきゃー! 前回の旅で、私達もルッカに滞在して、ルッカのすぐ近くに住む遠い親戚を訪れました♪ 楽しかったー。
      リド島?! 後でGoogle Mapでチェックしますねっ。Mayさんは色んなところを旅されていて羨ましいです。ヨーロッパはカナダ西海岸からは遠い~。
      私の伊語のクラスもあと3回。冬休みに忘れないようにキープアップしなきゃいけませーん。

  3. 素敵なところですね。
    緑がいっぱいで、ほんとのんびり座って日光浴しながら遺跡を眺めたい気分になります。
    こういう遺跡を見ると、歴史のことをもっと知りたいな、と思います。
    ローマンバスの遺跡!まさにテルマエ・ロマエの世界ですね~
    もしタイムマシンがあったら、どんな風にみんなお風呂を楽しんでいたのか見てみたいなぁ、、、

    • Saoriさん、いつもありがとうございます。
      フィエゾレなら、ちいさなお子さん連れでもゆっくりと楽しめますよっ!数人子どもたちがいたのですが、みんなTeatroの段を行ったり来たり走ったり、Etrascan Templeの跡でかくれんぼしたり(笑)
      そうそう、そうなんです。今回の旅でも、自分がなんにも知らないことがもどかしく感じました。ローマのお友達もそのお友達もガイドをやっているので、本当に詳しくって。彼らの説明を聞いている時の私の目はキラキラだったと思います。あはは。
      テルマエ・ロマエの話も、「当時の様子を見てみたい!」っていう作家の思いがあったんじゃないかなーって思いました。本当、どんな風に賑わっていたんでしょうね。この間の彫刻のような美しい体の男性がごろごろいたのでしょうか。。。なーんて。

  4. フィレンツェは高いところからながめると♥が見えると友だちがいってたのを思いだしたよ。どこかから、見た?

    • へー、どこからだろう?フィレンツェのドゥオモや塔の上から眺めると見えるのかな? フィエゾレからは霞がかかっていて街がぼんやりとしか見えなかったよ〜。
      ドゥオモなどは、朝から人の列ができていたので登らなかったのー。また次に行く機会があったら登ってみるよっ!

      • 多分、どこか丘のような高台からです。
        ぼくは写真で見た記憶があります。
        川と道とかがつながって大きな♥の形に見えていました。

        • asoboさん、おはよう!
          へぇ〜、へぇ〜っと気になって検索してみたけど、出てきたのは「ダビデ像の目はハート型」ばかりだったよ〜。
          知る人ぞ知る情報なのかな。それとも、霞がかかっていなかったら、フィエゾレから見えていたのかもしれないね。あぁ、また行ってみたいなぁ。

  5. papricaさんたちの旅行方針、好き。
    日本人って神経質と言うか緻密というか情報過多というか。
    ついつい、スタンプラリー的名所旧跡観光を行いがちなんだよね。
    まぁ、遠いところまで行くのだしそれは仕方がないかも・・・だけど。

    私はとにかく美術館と買い物、食べ物に興味があるのでものすごく
    忙しい旅になりがち!!^^;
    フィエゾレ、いいですね。
    でもピッティ宮殿もよかですよ!併設のボーボリ庭園には猫が
    いっぱい落ちてるのよ。(実話)
    その手前にあるLa Specolaという、近世の解剖用蝋人形美術館も
    すごいよー!
    ぜひ次回、行ってみてくださいまし。

    • 真木さん、おはようございまーす!
      あはっ。「スタンプラリー」ね、そうそう、「あそこ行った、写真撮った、何食べた」だもんねー。こっちの人たちの中でもいたよー。ホテルで一緒だったアメリカ人夫婦は、「昨日はルッカ、もうフィレンツェは見尽くしたから、今日は We’ll DO Roma」って。Visit Rome じゃなくて、「Do Rome」なんよね。感覚がスタンプラリーと同じ。
      私も真木さんの旅に便乗できたら、忙しく頑張っちゃうと思う。誰と一緒かで旅の仕方も変わるよね。

      そっかぁ〜、ピティパレスもやっぱり素敵なんだね〜。ネットで見ていて「絵を見るならピティ宮殿」ってあったから、行ってみたいなーって思ってたんだけど。そう!ボーボリ庭園も見たかったー。え?猫がいっぱいいるの?? それは知らなかった。ローマでも野良猫たちって結構大切に世話されていたよ。
      解剖用蝋人形館?! なにそれ~?! 怖そうっ。 ほんと、またフィレンツェ行ってみたいよぅ。

  6. ちゃお~(^^)/
    フィエゾレ、最初の1音で舌噛みそうに(笑)
    お天気良くて、緑も遺跡も物凄く綺麗です
    私もいつかこんな素敵な場所に
    訪れる機会があるかなぁー
    私まで幸せな気持ちになりました(^^)

    • ボンジョルノ~
      丘の上にたってフィレンツェの街を見てみたい、っていうだけで行ってみたフィエゾレだけれど、とっても素敵な遺跡だったよ。浦島太郎のように時が経つのを忘れてしまうくらい。
      その昔は、フィレンツェに負けず劣らずの街だったんだって。丘の上で気候も良くて。
      イタリアは日本からも遠いけれど、飽きることのない楽しい国だと思うよー。是非、機会があったら行ってみてねっ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*