寒いのです。

あと二日で四月になる。でも寒いの〜っ。

ちょうど去年の今日、大学のガーデンを散歩したことをスマホにちょこっとメモしてあった。春の陽がまぶしくて、西洋シャクナゲも満開でとっても色鮮やかだって。そういえば、一年前の今頃は、もう春のジャケットで大丈夫だった。

今年はまだまだ寒くって、チェリープラムがようやく咲いた。

今日も朝から風が強くて自転車通勤を断念。晴れ間ものぞいたけれど、時折冷たい雨がぱらついて夕方にはまた曇空。あぁ、気が滅入る〜。

来週火曜日で今学期もおしまい。そのあとは試験期間。ぱーっと晴れて温かくなってほしいな。

思考も停滞中。食欲は増加中(年中ですが)。

友だちんちの猫。ミスター・マンクスくん。7歳。保健所(?みたいなところ)のレスキューキャットです。私は猫の扱いがよくわかんなくて、ネコアレルギーもあるし戸惑っていたんだけど、すっごくフレンドリーで近寄ってきてくれた〜。嬉しい。

手を出したら私の指に歯をごりごりとなすりつけていた。歯がかゆいの?

しゃーってされなくって良かった♪

大橋トリオと春のそわそわと苔玉ボビー

1ヶ月ほど前、偶然知ったのが「大橋トリオ」さんの歌。何かを検索していて多分、Youtubeのリンクがあってクリックして流れてきたのが彼の「Honey」。たまたまそのクリップが結婚式のもので、今の自分の暮らしとは全く関係のないシチュエーションにもかかわらず、彼の柔らかい歌声とクリップの最後の方で涙している「娘をおくる父」のシーンを見てじぃ~~んときてぽろり。

好きだなぁ~、大橋トリオさんの声。私は今まで知らなかったけれど、日本ではCMに流れていたりするから知っている人もたくさんいるよね。初春のこの時期にぴったりのような気がする。まだ寒さの残る日に聞くとほっこりと暖かくて、眩しい春の陽の中、自転車をこいだり散歩をしながら聞くともりもりと新緑の気分になってくる。

思わずベストのCDをiTuneで買ってしまったほど。好きな曲はたくさんある。中でも、モンスターとかバームクーヘンを聞くと元気が出てくる。春を待ち望みながら…サクラとかもタイムリー。

話は変わり。今年に入ってからはどうものんびりとしている。気持ちが。去年は年の始めから「手を動かしたくて」、線描をしてみたり水彩で色を付けたりという遊びをしていた。最近はというと、デジタルでDoodle Marathonの方に時々描く程度。なんだかとろ~んとしていて、「遊んでみたい・取り組んでみたい」という気がおこらないのです。

1月2月はまぁそれでもいいやという気持ちだったんだけれど、3月に入ってから少々「罪悪感」に似たようなものを感じ始めた。春がくるのでみんなそわそわして当たり前で、きっとそのせいでもあるんだと思う。「何か目標に向けて頑張って達成したい」というのではなく、「毎日少しずつ」ができないと貴重な時間を無駄に過ごして(流して)しまったような気持ちになる。貧乏性なのかな。右脳を使っていないときっとそわそわしてくるんだろう。

そのせいか、最近、またとてもとても伊語を復習したくなってきた。「やらなきゃいけないのだ!」って自分を駆り立てすぎている気もする。Must>Want toの状態は、焦るばかりであまりヘルシーではないな。またその話は今度。

雨上がり。虹見っけ。

そんな春のそわそわモードの中で、唯一穏やかなリズムを作ってくれているのが瞑想。今日で30日目。一日は1440分。そのうちの15分の瞑想中は静かにそこに在るだけでよろしい。「ああしなきゃ、こうしたい、嬉しかった、イライラした、なんでぇ??」っていう色々をとりあえず横に積み上げておいて、ただそこにいればそれでいい。心と頭が静かになれない日もしょっちゅうです。でも時々一瞬、「ふぅ」っと軽くなる。この心が(?)いろんな感情や概念などから自由になるときがとても気持ちいい。私はまだまだ雑念に埋もれていることばかりだけど、この15分楽しみになってきたヨ。あ、ちなみに、水曜日のランチタイムの瞑想では寝てしまう…

そうだ!ちょっと苔玉ボビーアップデート!

ボビーは職場のカウンターにいます。2つ出ていた芽の一つはどんどん元気を失い、先週はパートの男の子たちにも「ナニコレ?」って笑われていた。そのボビーくん! 月曜日の朝見ると、まったく新しい芽をぴょーんと吹き出していた!

左の手前の芽は枯れちゃった(赤い茎)。でもその後ろに新しい芽が出てる!

すごいやんっ! 枯れた芽をハサミで切り、水をあげた。新しい芽は毎日すくすくと育っている。苔の方はいまいち緑をとりもどせていないけれど、表面には胞子体が伸びている♪

そのボビーくんの復活ぶりをみたパートの男の子の一人が、ボビーを眺めながら「I want one of these now…」とつぶやいた!欲しくなってきたんだって~。うふふっ。うふふっ。あんなに笑っていたくせにー。
苔玉は語りかけたのですね。Bobby spoke to his heart.  苔玉パワー。

おまけ:冷ご飯で「ライスグラタン」。なつかしの味…

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

青空、見て見て〜!

もう春がきたよって言ってもいい?

夕方のGusとの散歩の時間にも十分にお日さまあり!

お腹をすかせた鳥やリスたちがとても忙しそうにしている。リスたちは、庭のふかふかの草や植木鉢のすみに頭を突っ込んで、去年の秋の終わりに埋めておいた木の実を探すのに一生懸命。「タシカコノアタリニ。。。」って。「いや、そこにはありませんよ。私が全部かき集めちゃったから。」って言ってみる。

今日は気持ちよく青空も広がり、ぽっかぽか。バンクーバーに引っ越すからって、突然さよならを言いにやってきたNちゃんと図書館の前に座ってしばらく話をした。暖かくて気持ちよかった。Nちゃんは30歳になるかならないかのメキシカン。悪態ばかりついているけれど、根がとても正直でいつわらない(こちらで言う「Don’t bullshit me」なタイプ)子で大好き。いつも色んな楽しい話を届けてくれる彼女がいなくなってしまうのはとても寂しい。けれど、彼女ほど頭のキレる子が、ビクトリアのようなのんびりな街に居座ってはいけない。外に出て行って色んな人に出会って大きな世界を見てくるべきだ。と、「思い切って決めて良かったよ。春はこういう変化にピッタリの季節。」と言って彼女にHugをする私。実のところ、寂しくてほろりときそうな私自身に言い聞かせているような気もした。

春は始まりの季節! 新しいことが始まるには、何かが終わらなきゃいけないもんね。
Everything comes and goes.

もうすぐ春分! もう、そろそろ。。。公式に「春ですよ!」って大声でいってみてもいいかなー。

*おまけ:「りす(Squirrel)の発音のできないドイツ人たち」

リスにちなんで♪ Squirrel(りす)は日本人の私たちにとっても発音の難しい単語(スペルも難しい)。私もいつも「すくぇらる」と早く言ってごまかす。母音+R+Lの難易度の高い単語。発音できないのは日本人だけじゃないみたいで嬉しいー。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

おでこのあざ

週一のランチタイム瞑想はキャンパスにあるチャペルを使わせてもらっている。私達の瞑想タイムのすぐ前には、 カトリックのミサがある。昨日もいつものように瞑想に行くと、ちょうどチャペルからいつもと同じようにミサを終えた学生さんたちが出てきた。ふと気づいた:おでこに黒いあざがある女の子。 あれ。。。あの子にもおでこにあざがある。 あれれ?あっちにも! おでこにあざがある子がいっぱいいるっ! なんでー?

明らかに「なんで?」の顔をしてキョロキョロしてたんだと思う。隣りにいたジュディが私の腕をとり、「Ash Wednesdayだからああしておでこに印をつけてもらったのよ」とそっと教えてくれた。 へぇ~、そうなんだ~!アッシュウェンズデーってなに??

帰って相方に話すと、「そうだよ、イースターの46日前の灰の水曜日が終わってレントがはじまると、イースターまで何か一つ節制するんだよ。」と言っていた。ふーん。カトリックの人たちだけなのかな。なんで我慢するのだろ。。。と不思議に思っていたところ、タイムリーにイタリア・ペルージャのなおこさんがこの「灰の水曜日」についてとてもわかり易く説明されていた→☆

そうか「浄化」する時期なんだ、と思うとしっくりとくる。偶然なのか、私も来週末あたりにいつものマスタークレンジング(週末の3日だけ)やろうかな、って思っていたところ。最近どうも目や鼻がむずむずする。花粉よりも乾燥が原因っぽいのだけど、確かに肌や髪の調子も崩れがち。クレンジングをすると春のアレルギーが心持ち楽になるので、リセットしてみるかなぁー。

そう、話はそれるけれど、この「おでこにあざ」の若者たちを見たときの私の頭の中での自問自答:

あ、あの子おでこに大きなあざがある。。。おでこの真ん中に。生まれつきなのかなぁ。あ、あの子も。わたしにもし同じようなアザがあったらどうするだろ。。。私の大きなほくろみたいなアザはこめかみだからよかったな。おでこだったらどうする。前髪伸ばして隠すかなぁ。お化粧で薄くしてみたりするかなぁ。もう開き直っちゃうか。生まれつきだったらアザがあるのも当たり前になっちゃうよなぁ。私も自分のほくろの存在忘れてるもん。でも今はレーザーなんかで簡単に消せちゃうから、おでこだったら消すかなぁ。。。

と。ほんの1秒2秒のあいだにぼわっとコレくらいの「声」が頭の中に浮かび上がってぐるぐると回った。そのことが不思議で面白いなと思った。 人の頭(心も?)って、一つの思いを順序よく一つの線上において考えていくときもある:AはBではないから、Cなのだろうし、Dの可能性もある。みたいな。そうかと思えば、アザをみたときの私の頭の中みたいに、平面上にいろんな問いかけがぽこぽこと飛び出てくるようなときもある。ときどき、誰かに言われたことが気になっていたりすると、それがロープみたいになって自分に絡みついているようで、辛いとか悲しい感情だと、ぺっとりとへばりつく。私はいつもいつも色んな「thoughts」が頭のなかを駆け巡っているタイプではなく、ぼーっとしているときは本当に何も考えていない方なのだけど、それでもよく見つめてみると実は頭の中がごちゃごちゃと騒がしいことがあるようです。

瞑想をちょっと続けてみて(まだ11日)、想いとか考え事とか感情からほんの少し自由になる練習をしているみたいです。15分のうち、すっかり15分とも自由になれずに終わることも多い。自由になっているかなと思えば、実は居眠っていた、ということもある。けれど、こうして、なんていうのか、頭や心の中の活動(?)を客観的にみてみたりするようになったことに気づく。ちょっと離れたところからイメージとして見て処理している、そんな感じかな。

そしてとても良く眠れている。安眠生活!

まったくのつぶやき投稿になってしまった。
あぁ〜、イースターの連休が待ち遠しい。1ヶ月半も先のこと。その頃にはすっかり春めいているだろなー♪

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

鼻呼吸の瞑想週間

Happy Friday☆

今日は「瞑想」の話を少し。

今週は月曜日から5日続けて毎日15分の瞑想をしてみた。朝にはどうしても時間がとれないので、夜に。「毎日」というのがなかなか難しくて、今までは週に一度のランチタイム瞑想だけだった。「毎日やってみるぞ!」という意気込みがあったわけではなく、二日、三日続けたら何か感じるのかなぁ、という興味から。そんな風に思っていたときに、相方が見つけた「鼻から息をすること」についての記事を読んだ。それもなかなか興味深くて。

その記事は少しサイエンス系のもので、鼻呼吸が脳にもたらす影響:脳の「記憶」と「感情」を司っているエリアと密接に関係している、というようなことを説明していた。鼻呼吸は、脳の感情を呼び起こすエリアと記憶を納めるエリアの間の電気信号をコーディネートしているんだそうよ。ほら、何かの匂いを嗅いだときに、昔懐かしい記憶が鮮明に蘇ってくることあるでしょ?これも鼻から息を吸うという作業(?)が匂いとそのときの感情や記憶を強く結びつけるからなんだそうな。で、たとえそのときに特別な匂いや香りがなかったとしても、鼻呼吸は感情と記憶に大きな影響を及ぼすんだって。息を吸い込んでいるときに見たものや聞いたことや感じたことは、記憶に残りやすいんだって〜。でね、鼻呼吸ってオーケストラの指揮者のようなもので、「脳の匂いを感じ取る部分にゆったりとした流れを作りながら、同時に感情と記憶のエリアに速くリズミカルな音色を編みこんでいる」そうよ。抽象的だけれど、なんとなく想像できることない?

ゆっくりと鼻から息を吸い込むときには、脳のシグナルが操られて感情と記憶のプロセスが研ぎすまされるんだって。そして鼻から息を吐くときには、神経系がすぅっと落ち着いて、自然と心拍数が下がり不安で落ち着かない感情が溶けていくそうですよ。

そんな話を読んだ日に、テレビのニュースで朝の10分間「Mindful Meditation」を試している黒人の子どもたちが大半の小中学校の話を見た。ありきたりの話に聞こえるかもしれないけれど、その学校では子どもたちの間の喧嘩や暴力沙汰が激減(またはゼロ)になったんだって。「かぁっとしたときに、その場を離れて呼吸に集中した瞑想をすることで、むかむかしていた相手への怒りが消えちゃうんだ」って言ってた子もいた。リポーターが「瞑想とかいって逃げてんじゃないのか、ってからかわれたりしたら?」って聞くと、「そのときにはもうどうでも良くなってるの。」って。

前置きがずいぶん長くなったけど。

それで私も呼吸に集中してする瞑想を5日間やってみた。

はっきりと気づいた変化がひとつ:眠りの質がよくなった

瞑想しながら寝てしまうことも(特にランチタイムのは)しょっちゅうですが。夜の眠りが深くなった気がする。

あと、私の場合、瞑想中にランダムな「イメージ」が浮かんでくることが良くある。そういうときも、鼻呼吸に意識をもどして空気が鼻から通って体の中に流れていく感覚に集中する。

15分。最初の5分ほどは体が「もぞもぞ」する。頭に色んな想いがよぎるだけでなくて、体中の細胞が動いているのがわかるくらいもぞもぞする。皮膚とか筋肉とか。ところが、15分が終わる数分前、不思議な感覚に包まれる。体が重たくなって床に接している太ももがそのまま床にへばりつきそうな感じになる。膝においている手の平が温かくなり、溶けて膝の一部になったような錯覚をおこす。体がひとつの「ただの塊」みたいになる。なのに、肩から上はなんとなくすぅっと軽い。ここちの良い重力と意識の軽さが同時にそこにある、みたいな感じかな。上手く言えないけど。

それで、昨夜のDoodleは、目に浮かんできた「心地良い重みがあり空に浮かんでしまいそうなカタマリ」でした(↓↓)。

今夜は相方も誘って一緒に15分。Gusも私の膝の前にやってきた。最初はそばにある相方のエナジーなんかも感じて少し落ち着かなかったけれど、そのうち慣れたよ。

もう少し続けてみようかな。さてさて週末! 庭に出て枝を切るぞー!
皆さんも気持ちのいいゆったりとした週末を☆

*参考に:

「ご〜〜ん」という鐘の音がなるシンプルなメディテーションアプリを使ってマス。
Ensō | Meditation Timer & Bell

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪