和書読書とリディアのリンゴのフラン

寒いけど快晴!空も吹く風もまだ春と呼ぶには早過ぎる。でも、少しいいお天気が続くと、待ちきれないように小鳥たちが賑やかに歌い出すからかわいい。

今日から2月。今年ももう1ヶ月が過ぎちゃったよ。はやいっ。

先週末は体が重くてエンジンのかからなかったので、和書を一冊読んだ。小川洋子の「猫を抱いて象と泳ぐ」。たまたま大学の図書館にあったもの。日本を代表する文学作品はずらりと並んでいるものの、現代作家のものは数えるほどしか無い。なので、この一冊を見つけたときには、飛びついてしまった。初めて読む小川洋子さんの一冊。

英語の作品はちんたらちんたらと、いつまでたっても読み終わらないのだけど、日本語だと週末あれば十分。ぐわ~っと読んで、この作品の主人公「リトル・アリョーヒン」の世界にひたってしまった。数日たっても、ちょっと物悲しい。ふとした時に本で読んだ場面が浮かび上がってくる。本の感想文はとても苦手で下手なので避けますが、チェスをめぐる不思議な少年が主人公の物語。アマゾンで紹介されているあらすじは:

「大きくなること、それは悲劇である」──この警句を胸に11歳の身体のまま成長を止めた少年は、からくり人形を操りチェスを指す。その名もリトル・アリョーヒン。盤面の海に無限の可能性を見出す彼は、自分の姿を見せずに指す独自のスタイルから、いつしか“盤下の詩人”と呼ばれ奇跡のように美しい棋譜を生み出す。架空の友人インディラとミイラ、海底チェス倶楽部、白い鳩を肩に載せた少女、老婆令嬢……少年の数奇な運命を切なく描く。小川洋子の到達点を示す傑作。

私はチェスのことはほとんど何も知らない。駒にそれぞれ特別な動き(?)があって、黒と白が対戦してキングを押さえたほうが勝ち、ということくらい。勝ち負けのあるゲームにすぎない、って。この物語を読みながら、チェスを心から愛する人たちが描くチェスの世界というものを、自分も思い描くことができたら素敵だろうなと思った。知らなかったのだけど、チェスの駒の動きを記録したものを「棋譜」っていうんだって。この言葉、とてもきれい。「棋(駒)」で綴られた「譜」。チェスをする人は、この棋譜をみるとチェス盤を挟んだ二人が織りなした世界が音楽のように蘇ってくるんだって。どんな世界なんだろうな。

リトル・アリョーヒンも少女ミイラも含めて、登場人物それぞれが個性的でひっそりと静かな存在感があって好きだった。口数は少ないけれど(言葉ではないもので)多くを「語る」人物像って日本の物語には多いのかな。あと、日本語だからできる言い回しとか抑揚は、日本語で読むから楽しめるなって思う。おばあさんや品のいい女性、おっとりとした優しい男性などの会話文って、日本語だと読んでいるうちに声が聞こえてくる。イメージができあがってくる。英語に書き換えちゃうと会話文だけ抜き出したら誰が話しているのかわからなくなることもあるもんね。

と。母国語での読書は娯楽だなぁ、としみじみと思った週末読書でした。

さて、一つ覚書きに。随分前に一度紹介したけれど、レシピを書いていなかったので。

リディアのリンゴのフラン

材料:

  • リンゴ 6個ほど
  • 卵 2個
  • 小麦粉 100g
  • 砂糖 100g
  • バター 100g
  • アマレット 100g
  • 牛乳 大さじ1
  • イースト 7g(小さじ2 1/4)

アマレット以外を全部混ぜ、バターを塗った容器にいれる。その上からアマレットをふりかける。200度(400F)で1時間。焼いている途中でアマレット(+糖分)があふれることがよくあるので、受け皿などを下に敷いておいたほうがいいでーす(Lesson Learned. 経験済み:溢れて焦げてすごい煙が出てきたー。)

とても簡単でがっつりと美味しい焼き菓子。フレンチのデリケートなフランとは違って、おばあちゃんの味!って感じ。リディア・バスティアニのイタリアンフランです。私は砂糖をきび砂糖や蜂蜜に置き換えた。今の時期色んな果物がないけど、りんごならある!ってときにお試しあれ~。美味しいよ。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

デンマーク風 ‘hygge’ なとき。旧正月。

今日は旧正月。Chinese New Year’s Day☆ 「酉年」、鳥の中でも「Fire Rooster」。火の鳥ネ♪

しかも、お月さんは新月なので、新しいサイクルの始まり。始まりは気分がいい。

この間、相方が見つけた記事が面白かった。デンマークの人たちの「Hygge」というコンセプト。カタカナで書くのに少々無理がある「ヒュグァ」という発音のこの言葉。英語では「Cosiness」とか「Happiness」っていう風に簡単に訳されがちなんだけど、デンマークの人にとっての「Hygge」って、もっと哲学的なんだそうな。バタバタとめまぐるしい日常のペースの中で一息ついてみること、シンプルであることの豊かさ、そういう「暮らし方」「時間の過ごし方」「在り方」がHyggeなんだって。

例えば、暖かい部屋にろうそくを灯してホットチョコを飲みながら読書する、はとっても「Hyugg」。温かくて柔らかい毛布に包まれるのも「Hygge」。好きなカフェで一つのクッキーを友だちと半分ずつするのも「Hygge」。きっと、先週末のダーニングもHyggeだな〜っ♪ ふふっ。

今日は職場のトレーニングがあったのでちょっと早起きの土曜日。hygge な朝の散歩。

帰ってきてからGusを連れて丘の上まで。原因がよくわからないのだけど、右の後ろ足を少々引きずっているGus。寝そべっていて起きた時などは特にひどくて、びっこをひいている。数日様子を見て治らないようなら、来週お医者さんだなぁ。困ったなぁ。

歩き始めるとそれほどびっこを引くわけでもなく、笑っているんだけどね。こういうときに「ここが痛いの。こないだ走ったときにひねったみたい。」とか言ってくれると助かるのになー。

Hyggeな小道をてくてく。陽が差すと小鳥たちのも賑やか。春はまだ少し先だよ〜。

丘の上でゴールデンリトリバーのパピーくんとぐるぐる周ってごあいさつ。

お年を召したご夫婦が、それぞれのカメラをじっくりと構えて写真を楽しんでいた。素敵ね〜。Hyggelig (←ing形)なときの過ごし方。

これといって何か楽しい予定がある日ではなくても、「Hygge」はたくさんあるものだなぁと思う。で、今夜はスカロプポテト(ポテトをレイヤーにして、間に玉ねぎ、チーズ、サラミの細切りなどを挟んで上から牛乳をかけてオーブンで焼いたもの。グラタンみたいかな)。これはとっても「Hygge」な一品!

シンプルな夕食だけどほっこり。そうだ、ほっこり!は「Hygge」だよっ。

英語だけれど、コペンハーゲンの町で「Hygge」の例を訪ねているビデオ・クリップ↓↓

大きな箱が前についている自転車が「Hygge度が10点満点」っていうのには笑っちゃった。大好きな友だちを前に乗せていっしょにサイクリングできるから、なんだって♪ デンマーク、行ってみたーい。
instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

神様と悪態とコシビ君のはなし

この間同僚グレッグと「新しい言語を習うと、必ずみんな悪態のつきかたを知りたがるよねぇ」と話していた。でしょ? 汚い言葉の吐き方と「I Love You」の言い方。この2つは「お元気ですか?初めまして。私の名前は…」を学んだ次くらいに皆知りたがる実践フレーズ。でしょ?

で、思ったのね。日本語で悪態をつこうと思っても、結構限られているということ。「馬鹿野郎っ!」「アホちゃう。」「ちくしょー」「めっちゃ腹立つ。」「ってやんでいっ」「ふざけんな。」
今考えただけでもコレくらいしか浮かばないし、こんな表現実際に使えそうにない。みなさん、他にどんな悪態ついてます?
明らかに女性が言うにはおかしいものもあるし。ヤーさんが言い放つとしっくりくる表現を普通の人がいうとおかしかったり。男女関係なく「気軽に使える悪態」がすっと出てこない。でも、日本語って、普通のフレーズの語尾やイントネーションを変えるだけで、ぶっきらぼうになったり、攻撃的になったり皮肉っぽくしたりできるよね。

一方。英語だと毒舌表現の仕方は様々で、時と場合により強弱(どれだけ嫌なインパクトを与えたいか、どれだけクソ腹たっているか)をかなり自由に表現できる。私も、悪態つくならえ・い・ご

今ざっと思い浮かべただけでも…

  • Shoot!
  • Stupid.
  • Idiot.
  • Jerk.
  • Shut up.
  • You,bastard.
  • Asshole!
  • Get lost.
  • Damb ass.
  • Oh…Shit!
  • F**k!

組み合わせてこんな風にも言える(↓)
You stupid mother F**ker. とか、F**kin’ ass hole! とか Shut the F**k upとかね。「Fワード」はかなり強い罵倒でオフェンシブなので、英語が母国語でない私でさえも聞くと「どきり」としてしまう。相方も子供の頃、よくわからないままこういうフレーズを口走ってしまって、お母さんに石鹸で口の中を洗われた(実際にごしごしとはしなかったけど、口をあけさせられて石鹸を入れられたらしい)。大人が使っているのを聞いて、「なんとなく自分を強く見せたくて」こういう悪態をついて見る子供、いるよね、きっと。

そう、「お母さん」を取り入れたものも聞く。日本語でお母さんを入れた悪態と言うと。。。「おまえのかあちゃんデベソ。」くらいかな?

他にも女性や男性の性器を叫ぶ悪態もある。。。

そして、忘れちゃいけないのは「神様」を取り入れたもの! 思いつくだけでもこんなにある。

  • Oh My God!
  • Jesus (Christ…) (Jee… とだけ言うときもある)
  • God damn it!
  • God sake.
  • Holy Christ.
  • Holy shit!
  • Holy crap!

日本語で例えば「(大)仏さん」を呼び捨てにしたような罵倒ってないもんねー。Buddha-damn-it!!! 言いにくいし。悪態表現に神様がここまでバラエティあふれて登場するということは、それだけ神様が日常生活に浸透しているということなのかなぁ、ってふと思ったのでした。ま、罵倒表現の度合いとか使い方とか(TPO?)がよくわからずに「とりあえず言ってみよう」と言い放つのやめたほうがいいですね。逆に、これらのいくつかを自由に使いこなせるようになれば、すぐに「あ、そーりーそーり!!」って言っちゃうレベルから卒業した印、かな(笑)。

色んな言語というと。大学での授業は全部英語だから耳にするのは英語がほとんどだけれど、休み時間のキャンパスでは時々英語以外の言葉も飛び交う。最近はアフリカや中近東の学生さんも少し増えた気がする。昨日のこと、よく見かける黒人の男の子がカウンターに質問をしにやってきた。IDを確認するのに名前を聞いたら、「僕の名前長いからカード見せるよ」と学生証をみせてくれた。コシビ君。いつも太陽のような笑顔で明るい子。「コシビ君はどこから来たの?」と聞くと「トーゴさっ!」と言ってまた笑った。

それでトーゴの人たちの名前の話になり、「名前を聞いたらトーゴのどの町・村の出身でどの曜日の生まれなのかわかるんだよ」って説明してくれた。19世紀にヨーロッパ諸国がアフリカの植民地化をする以前は、現在のガーナ、ベナン、トーゴは大きな一つの国だったのね。その当時も今と同じように「◯◯の村の火曜日生まれの男の子は☆☆君」っていう風に名前をつけてきたんだって。だから今でも、初めて自己紹介をして名前を聞いたときに、その人がベナン出身でも、「ああ、君はあそこの出身で金曜日に生まれたんだね」ってわかるんだって。ちなみに、コシビ君は「日曜日」生まれ。日曜日に生まれた女の子は「コサワちゃん」。

「生まれた曜日から何かわかるの?」って聞くと、「性格がちがうんだよっ。例えば日曜日生まれの僕は、大人しくておっとりしていてハッピーなんだ。大抵のコシビとコサワは良く似た気質を持ってるんだよ。」といってまた笑った。決して大人しいようには見えないけどなー、って思ったけど、トーゴの基準でいうと彼はきっとおとなしくておっとりなんだね。

色んな国があって言語があって文化があって、でも明るい笑顔は万国共通だなーって思いながら、眩しいコシビ君にまたね〜と手を振りました。

神様と悪態とコシビ君。むりやりくっつけてみた〜。うはは。

ほーりーちっと!くっきーもらうのわすれたー。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

散歩しながらつぶやいて、ちょっと春を感じた土曜日

「もうすぐ春かもね♪」

空を見上げてつぶやいてしまった。

先週末はまだカチコチだったツボミたちもこの通り。

あぁ〜。春に向かうこの時期も好きだなぁ。

昨日の米大統領の就任式、見ましたか? 私も仕事中にちらっとネットでのぞいてみたけれど、ライブで見るのは絶えられなくて、家に帰ってから相方とハイライトをニュースで見た。クリントンやミッシェルさんの表情が多くを語っていた様に思った。就任式の演説は大統領選挙の期間中のスピーチの延長のようで何ら変わりなかった。一日明けた今日は、アメリカだけでなく世界のあちこちで女性蔑視反対のデモがあり、サンフランシスコ郊外に住む相方のお姉さんも参加してきたそうだ。テクノロジーやサイエンス、医療科学の研究施設などの中には、自分たちの研究データを計画的にアメリカ国外(カナダやヨーロッパ)に移動させている(サーバーの移管)グループも少なくないらしい。

現実のこととは思えないなぁ、と思いながらいつもの道を散歩した。

日本のニュースでも大きく取り上げられているので、うちの父や母も「カナダも変わるのか?カナダは大丈夫か?」と具体的に隣の国からどんな影響を受けるのか気になって仕方がないみたい。当分は目が離せないかな。New York Timesよりも英国のGardianなどのニュースの方がストレートで辛辣な記事を書いている様に思う。

今年は春が早く来るのかなぁ。また、寒さが戻るかな。春を待っているこの時期は寂しい庭を見ながら「2月3月になったら忙しくなるぞ〜」とわくわくする。今日も少し剪定の本を開いてしまった。本を読んでも、私の剪定の仕方はどうもツメが甘くていい加減なんだけど(ごめんね、草花たち)。

でね、今朝は久しぶりにチャイナタウンに自転車で行ったのね。みりんが必要だったのと、納豆がすごく食べたくて。で、大根がとても美味しそうだったので一本買ってきた。

大根餅を作った〜。

もっちもち。大根なのに、どうしてこんなにもっちもちなんだろ。相方が「何これ?」って聞くので「食べてごらん」とだけ言って食べさせた。ひとくち食べた後で「それ、大根。Daikon、白いの、知ってるっしょ?」と言うと、げっ、とビビっていた。食べず嫌いなところがあるので、材料を知らなければ美味しく食べれるのに、知ってしまうと「No Thank You」なんよね〜。久しぶりに食べたので美味しかった〜♪

 

今夜は甘酒を仕込んでるのだ〜☆ 上手くできるかなっ。楽しみっ!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

happy friday random thought・花金つぶやき

Happy Friday☆

今週は木曜と金曜の二日、自転車通勤ができた。みかん色のダウンジャケットを来てころんころんになって通勤。体は案外ぽかぽかしていたけれど、ほっぺたが切れそうだったー! でも、この久しぶりの自転車通勤のおかげか、夜はぐっすり。

そして長い夢をみた。夢の中で、友だちのAちゃんとダウンタウンで待ち合わせをしていた。降りる予定のバス停の近くでは、大きなビルの建設が始まっていた。『また高いビルを建てるのか。。。』と少々うんざりしながら降りる準備をし始めた時、音楽が聞こえてきた。いや、待てよ、これは音楽じゃなくて、ビル建設の音か? と外を見た。古い建物が取り壊され始めている現場のすぐとなりに見えたのは、フルのオーケストラの演奏者たち。指揮者もいる。は?

私がドキュメンタリーなんかで見たシーンだけれど、昔(19世紀半ば?)、アメリカのトランスパシフィック鉄道建設に携わった黒人さんたちが、掛け声のような歌を皆で歌いながら、鉄さびを打ち付けていたのね。私が夢でみたシーンは、アイデア的にはそういう感じだった。オーケストラがジャジャーーンっ!!と盛り上がって、大きなシンバル(?)がシュバーン!と鳴るのと同時に、クレーンからじゃらじゃらとチェーンが降りてきて、ピアノでダッダダダーーンと打ち叩くところで鉄の玉が左右に降られて壁が壊されて… とてもドラマチックだったのです。わかるかなぁ? わからないよね。。。

バスの窓からオーケストラに合わせて行われている建設工事を眺めながら「奏者たちの洋服、ホコリだらけになっちゃうね。。。」と、そんなことを心配していました。

話は変わって。今日、帰りにスーパーでこんなの見つけた。

期間限定モノに弱いから買っちゃったよ。

冬に聞く音楽って、春や夏とはまた違う。そんなことないですか? 知り合いにすすめられたかなんだかで知った「Nujabes」。最近良く聞く。散歩の時や自転車乗りながら。彼の音楽はジャンルで言うと何なのだろう? ラップっぽかったり、ジャズっぽかったり、ヒップホップかもッて思ったり。ジャズっぽいところが好きかな。今の季節によく合う。私的に。

セバジュン(瀬葉 淳)さんって、若くして亡くなったの、知らなかった。で、彼のアルバムジャケットも好き。手がけてきたのはグラフィックデザイナーの藤田二郎さん。彼のサイトFDJでは、スマホ用の壁紙がフリーダウンロードできるよ♪ →FDJ(左下の方にあるよ〜)Watercolorの壁紙がとてもきれいで、早速スマホのロックスクリーンとホームスクリーンに入れてみた。色がきれいで嬉しくなってしまった♪

FDJさんより。ロック画面に選んだよん♪

新学期が始まって2週間、インフルエンザが猛威を振るっているらしい。私の周りでもごほごほやってる人が大勢いる。あまりにひどくて、クリニックや病院が対応できないほどなんだって。今日も先生の一人と「風邪が流行ってるから気をつけましょうね」っていう話をしているときに、彼女が「風邪かも、って思ったらオレガノオイルをとるといいわよ!」って言っていた。私も以前にココで紹介したことがあるけれど、彼女いわく「飲むなら100%の地中海沿岸の国でとれたものが一番効果的なのよ!もし、鼻づまりでしんどくなったら、お湯に数滴垂らしてスチームするとスッキリするんだからっ」って。私の使っているのは地中海産ではないかもしれないけれど、この時期は毎日、蜂蜜と一緒に数滴とってるよ☆

オレガノオイル(ギリシャ産100%)

風邪などひかず、元気で楽しい週末を!

*おまけ:今朝の海より

morning in motion:-)

A video posted by paprica (@paprica) on

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪