スーパーパワー

毎日「煙空」が続いている。そのせいか、なんとなく眠いしだるい。自転車に乗って帰宅すると、ずいぶん目がしみたし喉がいがいがした。昨日のリポートでは、現在ブリティッシュ・コロンビア州で565の山火事が起きていると言っていた。BC州の山火事の煙は国境を超えたシアトルの街も包み込み、今日の空気の質は中国やインドの大都市よりも悪いそうな。怖い。ある地域の木々は、お店で売られている材木よりもずっと乾燥しているんだって。消防員やボランティアの人たちは、現場近くで休みなく作業されている。大勢の人たちが避難を強いられている。ざざぁっと雨が降って火事の数が少しでも減るといいのに。

青空が恋しい。

月曜の朝の通勤途中では、「This American Life」を聞く。結構楽しみにしているポッドキャスト。先週日曜のテーマは「Superpowers」だった。一話目は、バーやパブでの会話の種に「空を飛ぶ(Flying)か透明人間になる(Invisible)か、どちらのスーパーパワーを選ぶ?」と聞いてみたら… というものだった。男性は「Flying」を選んだ人が多く、女性は「Become Invisible」が多かったそうよ。でもどちらにも共通していたのは、スーパーパワーを持っていてもそれを「誰かのために」使おうとはまずは思わないということ。コミックに出てくるスーパーパワーを持つ主人公は、大抵「ヒーロー」で、悪の手から愛する人を守ったり町や国を守ったりするけれど、一般人の私たちがそんなパワーを持っていても、まず思うのは「そのパワーを使って(自分のために)何をしよう??」なんだって。ある人は、「パワーを一つだけ持っていても、大した人助けなんてできないよ。透明人間になってもドアの鍵がなければ中に入れないとしたら?空を飛べても重いものを持ち上げたりできなかったら、一人で飛ぶことしかできないし…」なんて言っていた。一理あるな。

で、私だったらどんなパワーがほしいかなぁ~って思い浮かべた。一つだけ与えられるとしたら、どんなパワーが欲しい?

テレキネシス?だっけ?ものを移動できるっていうの。あれはいいねぇ。あれと同じで自分自身を瞬間移動できるっていうの、いいなぁ。でも、念じるのにすごく力が必要で、う~んう~んと念じているうちにタイミングをのがして大失敗、とか、移動したい場所に行き着かず、変なところに移動しちゃった… っていうのもありえる。マスターするのに時間がかかりそうだ。

人のため、世のため、のパワーなら… テレキネシスに似てるけど… もっとシンプルで、あまり念じなくてもいいパワーでさ、「呪文を唱えて指さしたものがアマガエルになる」っていうのが欲しい。
そして、どこぞの国でふんぞり返って大威張りで、世界の秩序をぶち壊すことに精を出しているプレジデントなどを指さしてみたい。

環境Undo」パワーなんかも素晴らしいと思う。 例えばある砂漠に立って「Undo」と唱えると、直径500kmの域の砂漠や大気が500年前のものに戻る。というパワー! これは使えそう!山火事もあっという間に消せちゃうかも!
でもこのパワーって、なんとなく、引き換えに何かを手放さないといけないかもしれないっぽいね。

本文と関係なし:大あくびするGus。

自分のために… というのなら、と考えた。色々とあると便利だろうなぁというパワーはあるけれど…

言語、オールマイティー」パワーがいいかな♪

人間の話す言語はもちろん、コンピューターの言語や他の生きものことば(?)も理解できて話せるパワー。対象の相手の「(聞いてもないのに)考えてることがわかるパワー」ではなくて、あくまでも、言語力を備えていて、それを使ってコミュニケーションができる、というパワーです。

おそらく、今まで見えていなかったもの考えてもみなかったことを発見するのだろう。森の中を歩いていて木々と話をしたら、彼らの嘆きがひしひしと伝わってきてたまらなくなるかもしれない。楽しいことばかりではないかもしれないけれど、世界が広がりそう。Gusと話もできる。話せなかったほうが良かった、って思うこともあるだろうけどね(笑)。

… とまぁ、ポッドキャストを聞いてから色々とスーパーパワーのことを考えたのでした。でもさ、ひとつだけ、自分のために、なら、やっぱりドラえもんの「どこでもドア」かなぁ~♡ パワーじゃないけどっ。

きみたち、どこにいくの?

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

待ちに待った。

そう。

待ちに待った、

冷蔵庫。

とどかんかったぁーーーーっっ!!!

2日に届く予定(は未定の予定)で、何時に届くのかの連絡を待っても来ず。当日、電話をかけると前回同様、「たらり〜たら〜たらたらり〜♫」が鳴り続ける。

もう、我慢がならぬと。その日、昼休みに自転車で例の店まで突っ走った。今回は相方なしで、私一人で「キャンセル」しに。今回はスーパーバイザーが出てきて「いやぁ、すみません…次の配達予定は13日、とでておりまして… あの、別のメーカーの冷蔵庫すれば早く確実に届くかと思われますがね…」ときたもんだ。

13日かよ。いらねーよ。もうここでは何も買わねーよ。

「I just want to CANCEL this whole fridge business here. Thank you.」

といって、キャンセルしてきた。

あぁ〜〜っっ、スッキリ!

なので、冷蔵庫ショッピングはまた振り出しにもどったのでした。

昨日、土曜日、別のお店に行きまして、ちゃっちゃと冷蔵庫を選んで配達手続きも済ませたっ。13日の月曜日に確実に届きます、っていってた。「うちのトラックがのっとられたりしない限り、届きます。」と。

。。。のっとられたりして。。。 という思いがふとよぎったけど。大丈夫よねっ。

今も、冷蔵庫からぽんっぽんっという音が聞こえてくる。昨日辺りから「冷凍庫」の温度もやや上がったような… アイスクリームが… 柔らかいのは気のせい?

ま、いい。

そして。

待ちに待った、お友達家族が明日から14日まで遊びに来てくれます〜。はるばる日本から、ありがたいです。

冷蔵庫なしなんだけど、よろしくね〜。

そんなんで、ブログはちょっとお休みかな。と、思います。

朝夕は涼しくなってきたビクトリア。この涼しい風を箱に詰めて、猛暑の各国にお届けしたいです。

どうぞ、暑さに負けないで、8月をのりきってくださーい!

カナダのサービスというものは…

ブチ切れた~っ!!!

待ちに待った冷蔵庫の配達予定日(明日)が…

一週間先延ばしになったーっ!!!

あと、7日も待てってかーっ! うぎゃぁ~!!!

昨日、留守電に配達サービス係からメッセージがあった。
「配達予定の品物はバックオーダーのため予定した26日にはお届けできません。新しい予定日は8月2日です。」と。

ぬ、ぬ、ぬ、ぬぁんということっ?!

むらむらむらむらむらむらむらむらむらむら。。。。

でよぅ、一週間後に本当に届けてくれるのか?? 信用ならぬっ。今回は相方のヒューズも飛んだ。

で、二人して悪態をとばしていると、「お買い上げの冷蔵庫は明日配達されます。」というメールが届いた。

はぁっ? やっぱり届くの??

そのあとしばらくして、「お買い上げの冷蔵庫は8月1日の配達予定です。」というボイスメールが届いた。

Whaaattt???!!!

一体全体、いつ届くっちゅうねんっ!

わからないぃぃ~。 で、相方がサービスセンターに電話すると、たらり~ララ~たらたらり~ん♪ と待機中音楽が流れ、17分待たされる。ようやくでてきた女性の話によると、8月2日だという。New Date

そして、今朝また自動送信っぽいメールが届き:明日配達予定の冷蔵庫の配達時刻について、今日の午後4時から8時の間にロボコールをお届けします… と。

らちが明かないので、今日のランチブレークに冷蔵庫を買った某センターに行ったのでした。相方はカンカンに怒っていたので、私は「重り(怒りの鎮静剤)」役で付き添った。

まず一人目のカスタマーサービスセンターのお兄さんにぐわぁ~っと事情を説明した相方。憤慨。一度に不満コメントをどっさりと投げつけられてオロオロとするお兄さん。追い打ちをかける相方を片手で抑え、「とにかく。いつ、私たちの冷蔵庫が届くのか、はっきりとした日にちを教えてください。」と私。お兄さんは配達サービスセンターにその場で電話する。電話の向こうの人によると、「配達は明日です」とのこと。

じゃ、明日届くの? ささぁ〜っと怒りが解けて希望の光がさした。

そこへ、このお兄さんの一つ上のランク(っぽい)おじさんDがやってきて話に割り込んできた。オロオロするお兄さんを見ていられなかったのか、「ここは俺に任せろ」みたいな態度で、I can help them, no problem! と。それに対して、「No, You Cannot.」と、間髪入れずボソっと相方。Dさん、ふと余裕の笑顔を浮かべて、「私はこういうトラブルにしょっちゅう対応してるんですよ。電気機器配達のトラブルはよくあるんですよねぇ。…で、私が思うに、この冷蔵庫は明日届きません。」と。

はぁっ??? 届かへんのかいっ?! で、でも今、お兄さんが届くって…

Dさん彼(オロオロお兄さん)を信じるか、僕を信じるかはあなた達次第ですが… (Up to you、と言った!)

相方また切れかける(←血圧上がりすぎてるんじゃないかと心配する私)。

「どっちを信じるかあなた達次第って。。。なんちゅう答え。。。このおっさんD、調子のっとるな」と、私も切れかける。そこを抑えて、「Just Give us the DATE. 配達日だけを教えてくださいよ、おっさん。」。

「僕に任せて、君はもういいよ」とオロオロお兄さんを引き下げ 、私たちに向かって、冷蔵庫のメーカーに直接連絡をしましょう!とおっさんD。別のサービスデスクに向かう途中、おっさんDは、コレはメーカーのミスなんだよなぁ~みたいなことを言った。相方が「それも含めて君たちのミスだろうが。バックオーダーならバックオーダーで配達が遅れるかもしれないと、どうして買うときに知らせてくれなかったんだよ。わかっていたら別の製品を選んでたのに…」と言うと、おっさんD、振り向いてなんて言ったと思う?

「私にアシスタントをしてほしいのなら、きちんと私の言うことを聞いてくださいよっ!」 と、声を荒げる。

このおっさん、憤慨カスタマーの扱いを完全に間違っとるな… と呆れるわたし。相方は「マネジャーいるんだろ?」と憤る(…あらあら…)。おっさんD「いますよ。」。相方「マネジャーと話するから呼んでこい」。おっさんD「…(無視)」。

サービスカウンターでおっさんDはメーカーの配達係に連絡した。その人の話では、「8月1日」の「予定」なんだと。そ、予定は未定なんですよね~、みたいな言い方で。

もう、わたしは呆れ返って頭がくらくらして、「で、さっきちらっとあなたが言っていた、バックアップ冷蔵庫って?」と聞くと、おっさんDは嬉しそうに、「こういう場合に備えて、レンタル冷蔵庫があるんですよ、コレですっ!」と直ぐ側の冷蔵庫を指さした。

一昔前の小さな白い冷蔵庫。ぽつりん。

悲しくなるような古い冷蔵庫。

相方はもうノーコメント。

私が、「じゃ、予定の8月1日に冷蔵庫がまた届かなくてこの冷蔵庫を借りることになったら、その発送やレンタル料はあなた持ち、ですよね?」と念押しで聞いてみたところ。。。

「いえ、お客さま持ちですよ。」と、おっさんD。

What kind of service is it, (ass hole←これは言ってない)!!! と叩きつけた私。

相方が私をおさえ、レンタルなんかしねえよっ、と。おまけに「ここでは二度と大きな買い物はしねえよっ」と付け加えて立ち去ろうとすると。。。

「あらら、それは誠に残念でございまする~」と明るくおっさんD。。。。股関にケリいれたろか。

ぜーぜーはーはー、血圧がスパイクアップした昼休みでした。

と、いうわけで、もうしばらくはせっせと氷を作り続け冷蔵庫の温度を下げて、という暮らしです。あぁ。。。8月1日に届くのかなぁ。6日から友達がくるというのになぁ。

みなさんっ、カナダのHome Depotでの大きな買い物にはご用心!

*おまけ:気持ちを落ち着けよう。

ニューフェイスのバラです♪ モリニュー(Molineux)ちゃん。小さな小さな苗。一つだけついていたツボミが咲いた。大きくなぁれ。

ひとりごと @ lunch time walk.

夏場は仕事がのんびりで、昼休みにはキャンパスに流れる春夏特有の穏やかな雰囲気の中をぶらりと歩く。7月に入ると「キッズサマーキャンプ」で賑やかになるのだけれど、子どもたちが走り回りながらあげるきゃーきゃーという声は、大騒ぎの小鳥たちのようで聞いていて楽しい。少ないながらも、サマーコースをとっている学生さんたちも、夏の光の中でめいめいにくつろいでいる。


そんなのどかなキャンパスを歩きながら、学生さんたちやキッズや緑や生きものをぼんやり眺めて、よく独り言をつぶやく。「つぶやくときは日本語がいいな」ってもごもごとつぶやく。普段、日本語を話すことがないので、こうして独り言をいいながら「自分の日本語の話し方ってこんな風だったっけな」と思う。英語だけの生活とはいえ、英語がどんどん上達するわけでもない。時々、自分の言語力は英語も日本語もなんとなく幼稚になっていっているのではないかと心配になる。

ポケットにスマホを持ち歩いているものの、散歩のときは記録写真(?)とパパラッチ写真(?)を撮るとき以外はいじらない。こんな気持のいい日に、スマホをもって斜め下に頭を傾けながら歩いている人たちを見るともったいないなぁと思うので。その人たちの分も私はきょろきょろしたり空の方を眺めて歩く。

今日もそんな風にして歩いていて、ふと目に入ってきた男の子(学生さん)。

スキンヘッドにぼうぼうの立派なひげ。ちょっと前までは(今もかな)、もさっとした熊のような髭面が男性ファッションでトレンドになっていたっぽい。髪も長めで束ねて、耳から顔の下半分をモサモサさせるようなスタイル。今日見たこの子は頭はつるつるだった。剃っているのか禿げているのかはわからず。

で。

ふと。「あのひげをばっさり切りおとして、まとめてつんつるてんの頭の上にのせたら… 面白いな。」と。

doodle marathon より。クリックで拡大。

こんな風に。

友達だったら「ねぇねぇ、ひげを切ったら、そのときは頭にのせてみてね。」ってお願いするのになぁ。

そのあと。キャンパスの真ん中の草っぱらを横切っていて、ふと一組のカップルが目に入った。

草の上に頭を寄せ合うようにして寝そべっていた男の子と女の子。ゆっくりと上半身だけをもちあげて近づき、ハグをした。しばらくその状態で抱擁。

doodle marathon より。クリックで拡大。

しっかし。すんごいぎこちないな角度でさ。「ありゃぁ、筋がおかしくなりそう。」とつぶやく。「でも。In Loveな二人だから、変な角度なんて気にならないか。」と。微笑ましいカップルだった。

キャンパスガーデンをぶらりと周り、あじさいチェック。

きれいだなぁ。青いあじさい、ほんとにきれい。うっとりだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪