妙な夢と最近のペーパーバック:ダン・ブラウンとアンデシュ・デ・ラ・モッツ

今朝は雨の音で4時45分に目が覚めて、貴重なあと45分を眠れずに無駄にしてしまった。まだ休みボケが抜けきっていないのか、数日続けて「ディストピア」なテーマの夢を見てしまい、起きた後もシーンが蘇ってきて戸惑ってしまったり。私の怖い夢というのはいつもよく似たテーマで、社会の秩序や人間性が周りの自然環境と共に崩壊していく。とは言え、そういう雰囲気だけが漂っていて、実際に起きていることはそれほど大げさなことではなかったりもする。数日前の夢の中では、私はコロラドリバーにかかる大きなナバホ橋(←実際にあるのー!)の上にたっていて、そこから下を見下ろしていた。その年は過去に例を見ない干ばつでコロラドリバーの水位も恐ろしく低かった。その水位の下がった川に5〜6つの救助隊ボートが浮かんでいた。救助隊がそこにいたからというわけではないが、橋の上から飛び降りてみようかと考えた。上手く飛び込めば助かるかもしれない。

そして、飛び降りないという選択肢はないように思い、足から先に落ちていった。水面までかなりの距離があり、肌に風を感じ、人はある程度の高さから落ちるときに初めて重力というものを感じるのだなぁと思った。途中、私の落ちる位置は十分に深いだろうかと考えた。手足を動かしたらもっと右や左に移動できるものか。次の瞬間、衝撃とともに足の先から頭の天辺までひんやりとする。二の腕の辺りが特に冷たかった。

夢はそこで終わらず、その後もとても奇妙だった。同僚F君が私のオフィスにアフリカ人の家族をかくまい、「この人達を援助するんだ」と言い張っていた。女の子に話を聞くと、どうやらそれは昔パートで働いていたボツワナ出身のキヨ君の両親と妹らしかった。私の小さなオフィスに6人がぎゅうぎゅうづめになり、キヨ君がやってくるのを待ち続けていた。どんどん空気が薄くなり、私は気を失う。目が覚めた時にはF君達はいなくなっていて、オフィスにろうそくがともされていた。電気がつかない。

その後も夢は続いたのだけど。今日はこれくらいでいいや。

頭のなかで色々と処理をしているしるしかな。

話を変えて。私はキンドルを持っていて、夜布団に入ってぬくぬくしながら軽いペーパーバック(ミステリーやサスペンスの軽いもの)を少し読むのが楽しみです(だから妙に切羽詰まった夢をみたりするのかも!)。冬休み中には、ダン・ブラウンの「インフェルノ」と「オリジン」を読んだよ〜。インフェルノはまずまずだったけど、オリジンの方は楽しかった♪ スペインのビルバオやマドリッドが舞台になり、サグラダ・ファミリアを始めとするガウディの建築物も取り上げられていて、グーグルでロケーションやアートや建築物、歴史を検索するのも楽しかった〜。今読んでいるのは、スウェーデンのミステリー(クライム)作家「アンデシュ・デ・ラ・モッツ」の「Memorandom」。

なかなか良いペースでストーリーが展開し、こういうペーパーバックは面白いテレビドラマを見ているようで(時にはテレビよりずっと面白い)楽しい。洋書を読むスピードがとても遅い私でも、こういう読み物はさくさくと読めるのでキンドル向きです。

さてと、歯を磨いて続きを読も〜っと。変な夢を見ませんように〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

夢:草原のなかから始まって

久々に夢の話。長いので軽くスルーしてくださーい。
(*画像はクリックすると少し大きくなるよー)

***

長く続く一本道の両側には広い草原が広がっていた。私はその道を歩かず、草むらの中を歩いていた。私の顎のあたりまで伸びた柔らかい草。名前はわからず。葉っぱが滑らかで気持ちよく、両腕を草になぞるように広げて歩いていた。

すると。

一本道の遠く向こうの方に黒い点が見えた。点がどんどん大きくなり、それがこちらに向かって走ってくる人たちだと気づいた。数人どころではない。後から後から血相を変えた人たちがこちらに向かって走ってくる。足がもつれて転げてしまう人もいた。一体なにごとか。そしてみんな走りすぎていく。私は草むらから抜け出し、人の流れの中に立ち「一体どうしてみんな走っているのだろう?何かに追われているのか、こんな風に必死にどこかに向かう必要があるのか、なんで??」と、人が走ってくる方角を見つめていた。

すると。

ヒトの黒い点々よりもずっと大きな黒い点がひとつ、こちらに向かってくるではないか。
私は一本の糸杉の影に隠れた。

黒い点は黒いカタマリになり、近づいてくるに連れてそのカタマリからは何本かの毛むくじゃらの腕が伸びているのが見えた。

蜘蛛だった。

3階建の建物くらいの大きさの蜘蛛は、逃げるヒトを捕まえ、抱きしめ、口のところに持っていき、その後草むらに放り投げていた。

「食べはしないのか」と気づく。

糸杉の影に隠れている私には気づかない。蜘蛛はヒトの流れに沿って進んでいった。私はヒトと蜘蛛の流れに逆らって歩いていった。もともとそちらの方に行くつもりだった。建物があるのだ。妹たちがそこで待っているはずだから。

建物にはいると広々とした明るいリビングルームがあり、一面がガラス窓になっていて向こう側の景色を一望できた。パノラミックだ。スライドさせて窓を開けると、少し段差があるもののそのままテラスに出られるようになっていた。

そのテラスは奥行き1.5m程。人工芝のような不自然な緑の芝が短く刈りこんである。そして柵も何もなく、1.5mの向こう側は崖っぷちになっていた。すっとんと、いきなり90度。高さは30mくらいはあるんじゃないか。崖の向こうに広がるのは先程の草原。そんな急な崖があることを考慮にいれると、この1.5mの奥行きは狭い。

そのテラスで5〜6人の若者が踊っていた。ビール瓶を片手にタコの様に体をうねらせて踊っていた。酔っ払っているのだろうか。そのうち誰かが足を踏み外して落ちてしまうんじゃないか。でもなにやら楽しそうだし、落ちても彼らなら大した怪我もしないような気がしたので、私が一声注意する必要はないと思った。

しばらくリビングから踊る若者たちを眺めていた。と、左側に目をやったとき、そのテラスと崖の下の草原の中間の辺りに天然石でできたプールがあることに気づく。一つの大きな岩をくりぬいて作られたもので、とても素敵だ。プールにはられた水は泉から湧き出たもので、みるからに柔らかく甘みがありそうだった。

ただ、そのプール、長さが2.5m程しかない。平泳ぎでひとかきしたら頭をぶつけてしまうだろう。

黄色いワンピースの水着をきた女性がプールサイドに立っていた。飛び込んだ。浮かんだ。ただ顔を下にして浮かんでいる。

その様子(黄色い水着姿の女性が石のプールに浮かぶ様子)が、とてもきれいだった。私はポケットからiPhoneを取り出し写真を一枚撮ろうとする。片手をリビングの窓にかけ、もう片方の手でスマホを外にだす。

iPhoneを握ったその手は、何故か水の中にあった。(窓の外がプールの湧き水になっていた、or プールまで手が伸びた)確かにひんやりとした水を感じた。そのまま片手でシャッターを押す。

すると。

私のiPhoneから、黒いプラスチックでできたハートがポンと飛び出てきた。

最初に飛び出てきたのは厚みが2cm程、大きさは5cm程。真ん中にハート型の穴が開いていた。そして次に出てきたのは厚みが1cm程で二回りほど小さなソリッドな(穴の空いていない)黒いハート。一度に4〜5個、ぽぽぽぽぽんっと飛び出た。それらが水中でゆらゆらと浮遊した。

「面白い。」

もう一度シャッターを押してみた。

すると今度はクローバーのような人の形または鍵穴にも似た形が飛び出た。緑色だった。

そのとき、iPhoneがただのプラスチックの白いケースになり、ヘッドホンジャックの穴から薄い茶色の水が流れ込んでいくのが見えた。

「あ。これ、もしかして、やばい?」

そのとき。手の中のiPhoneが P—- P—–P—- P—– P———– という電子音を放った。そして画面一面に:

「わたしたちしんじゃうかもしれないよ」

という文字が現れた。

***

ここで目覚ましがなったのでした。

ふぅ〜。これだけの挿絵を描くのに随分時間がかかってしまった。見えたように描きだすのは難しいな。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

週末に作ったよー:メープルグラノラとサーモンフレーク

数日続いた雨と「豪風」がおさまり、今朝は久しぶりに自転車で通勤!爽快! 朝、自転車で出勤すると頭がすかっとして目が覚める。

別にわざわざ記録しておく必要もないのだけれど。週末に久しぶりにたっぷりとメープルグラノラを作ったのです。

朝ごはんに食べたくて。

平日の朝ごはんは、果物とヨーグルトがメイン。春から夏にかけては果物にもバラエティがあるけれど、秋冬はリンゴとバナナの繰り返しになりがちで寂しい。で、ちょっとグラノラで香ばしくしてみたくなったのでした。

お天気が悪くて、冷凍庫の中で長いこと凍りついているものを整理した。一シーズン前に相方の友人から頂いたサーモン見っけ。もったいないからって冷凍してとっておいて、すっかり忘れてしまっていたもの(←このパターンよくある。。。)。あまり長く冷凍庫に眠っていたサーモンは、サーモン臭くなって相方が好まない。でももったいない。で、日曜の夜は、そのサーモンでサーモン唐揚げ丼を作り、残ったのでサーモンフレークを久しぶりに作った。

お弁当用。

日本のスーパーで売ってるのよりもずっと塩味控えめ。

余談ですが。今見ているノルウェーのテレビドラマ「Frikjent」の主題歌。

映像はドラマと全く無関係。これね、英語の歌だよー!今日初めて気づいたっ。Highasakiteっていうノルウェーのインディ・ロック(ポップ)のアーティストだそうです。ずっとノルウェー語の歌だと思って聞いてた(笑)。言われなきゃわかんない、ことなーい?

*おまけの落書き:

鹿じゃないの。すごく顔がとんがっていて目がグリグリしているイキモノと向い合っていた(瞑想中。あはは)。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ねぇねぇ。。。とつぶやきたいときには。

特に何があったというわけではないけれど「つぶやいてみたいとき」ってあるでしょ? ない?

そういう気分のとき、それが朝ならいつもの「モーニングページ」に書き出す(←まだやってますよーん)。日中手元にほぼ日手帳があれば、そこにメモをすることもある。今日はブログでつぶやいてしまおう。

ブログにこうして書きたくなるのは、向こう側に読んでくれているひとがいるのだろうな、と、想定できるから。このブログを覗きにきてくださったひとに「申し訳ないなぁ」という気持ちもあるものの(あるのですよっ)、特にこれといった趣旨のないことを「ねぇねぇ、ちょっと聞いてよ」って一方的に呟きたくなるのは、ネットの向こう側で耳を傾けてくれている人を想像できちゃうから。

と、前置きはこれくらいにして。

ねぇねぇ、ちょっと見てよ、この子。細い女の子。

ウェブカラーコードで#00CC00のような緑の髪。サイドは頭皮が見えるほどに刈り上げていて、前髪から後ろに向けて15cm程の幅を長く伸ばし緑一色。バイカージャケットにテロンとしたバルーンパンツ。セミロングブーツ。ちらりと振り返った時にみえた顔には、思った通り、小鼻と眉毛の端と耳にピアス。口をあけたら舌にもありそう。彼女の眼鏡の角も緑だった。

オリジナルのスタイルを持っている子っていいよね。緑の髪がとてもよく似合っていた。

そうそう。そろそろ来年用のほぼ日手帳をオーダーしようと、久しぶりにほぼ日のサイトをのぞいてみると「てかげんしない生姜シロップ」っていうのが目に入った。そこで思い出した。こないだスーパーのレジに並んでいた時に見つけて思わず買ってしまった「Gem Gemのジンジャーキャンディ」。マンゴ味。パッケージもかわいい。生姜飴、好きなんだー。

これがね、かなり「てかげんしない」生姜キャンディだった! キャラメルと飴の中間ほどの柔らかさ。私はマンゴ味を選んだけど、舐めて(噛んで)いるうちに生姜度アップ!スパイシー!好き好きっ。使われている材料は、生姜、タピオカスターチ、きび砂糖、マンゴ味。これ、リピートしそうだ。

今日、4冊目モーニングページMoleskin(方眼)を買った。

ずっと黒いのだったけど、今回はネイビー。他にもっと色んな色があればいいのにな。眠くて書けない日もあるし、1ページ満たない日もたくさんある。でもまぁ、毎朝起きてすぐに机に向かってぼーーーっとした頭で思いついたことを書き留めている。夢を見たときは夢のこと。何も浮かばないときは「書くこともないなぁ。こんなことをして何の意味があるのだろうなぁ。」と書いたりする。続けていて気づいたのは、書くことがあってもなくても、大抵いつも朝起きて自分の体や頭や心、身の回りのことをさぁ~~っとスキャンしているということ。書くことが浮かばないときほど、なんていうのか、いつも押さない「ツボ」を探ってきゅっと押してみるような。本当になーーんにもないときは「今日は頭を洗う朝だ。かゆいかゆい。シャンプーが楽しみだな。さぁ準備をしよう。」って書いたり。くだらなさ過ぎる。ほんと、一体こんなことを書いていてなんの意味があるんだろう。

ただ、「ペンを持って紙に字を書く」ということがちょっとした贅沢かも、という思いはある。

今日はちょっと「ねぇねぇ…」とつぶやいてみたい気分でした。またつぶやかせてくださいネ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪