夢:腹話術講座レベル1

夢より:

大学主催のサマーワークショップがあり、私はその中の一つ「腹話術講座1」に参加してみた。参加者は私を入れて12人くらい。皆で円になって座っていた。先生の他にアシスタントの大学生が一人ついていて、二人は椅子には座らずに明るく気持ちのいい教室をぐるりと見渡していた。どちらもとても爽やかだ。

受講者はそれぞれ一体ずつ人形を持っている。与えられたものなのか、自分で選んだものなのかは良くわからない。

私も右手で人形を持っていた。彼の名前は「ひでのぶ」。

私の左隣の女性の人形はスージー。ブロンドのおかっぱでピンクのストライプのワンピースに白いエプロンをつけていた(人形がね)。斜め向かいに座っていた男性の人形はエディ。栗色の髪で薄い緑のTシャツにジーンズのオーバーオールを着ていた。赤毛のアンに出てきそうな雰囲気でかわいい。

from Doodle Marathon.

一方、私の「ひでのぶ」は「ちびっこ浪人」みたいで、髪もぼさぼさしていた。でも紬(?)のちゃんちゃんこみたいなのがよく似合っていた。ひでのぶのこと嫌いじゃなかったけれど、「なんでひでのぶなんだろう…」と、人形の横顔をみながら不思議だった。

from Doodle Marathon.

発音の練習を一通り終えたあと、「Today’s Topic Q&A」の時間になった。これは、先生が「お題」(短い質問)を出してくれて、それに人形が答えるという即答の練習。

この日のお題は「Tell me something that is not so easy to erase(簡単には消えないものはなーに?)」。

スージーは「Red wine stain on the white table cloth(白いテーブルクロスの上の赤ワインのシミ)」と答えた。エディは「Permanent marker(油性マジック)」という短い答え。確かに簡単には消えないね。

私の番がきた。なんて答えようかと戸惑っていると、ひでのぶが「Emotion(感情)」と勝手に答えた。え?勝手に?
そう、勝手に。私は「顔のほくろ」なんてどうかなって思ってたもん。

みんながわたしの方を見た。私はひでのぶの顔を見た。ひでのぶはきょとんとしてみんなの顔をみた。先生が「Emotion, it is. Yes, indeed. It is hard to erase at times. (感情かぁ。そうだね、確かに消し去ることが難しい時があるね)」と言って笑い、スージーとエディもうんうんと頷いた。「例えば?もう少し詳しく説明してよ。」って聞かれるのじゃないかと、少しドキドキしていた。ひでのぶにそんな長い文章を話させる自信がなかったから。浪人小僧のひでのぶは何食わぬ顔して次のお題を待っているようだった。

***そんな夢でした。

ちなみに腹話術師は英語で「ventriloquist」、腹話術は「ventriloquy」。いつまでも覚えられず発音できない単語の一つです。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

金曜のダウンタウンスナップ

今日は散髪したくて半休もらった。あはは。平日、しかも金曜のお昼時にダウンタウンをうろつくことなんてないので、どぎまぎしてしまった(汗)。車や人の数が驚くほど多くて、自転車で走っていてもかなりのストレス。。。 すっかり甘っちょろくなってしまった自分に驚いたのでした。

予約まで少し時間があったので、自転車をおしながら歩いて久々のダウンタウンの様子を眺めてみた。

9月は気候もいいのでハイシーズン。まだまだ観光客であふれている。何よりびっくりしたのは、ダウンタウンで働いている人たちのランチタイムの活動ぶり(?)。お店の前に人が並んでいるところもあった! ビクトリアに長い行列ができるほど美味しいところがあるのか、と、これまたびっくり。

噂で聞いていた「バイク・レーン」。できてるやん。

道の片側に自転車専用のレーンが隣り合わせにつくられている(↑)。このデザインはアメリカワシントン州 (ブ~間違い)オレゴン州(!)のポートランドの町からアイデアをもらったんだったっけな。実際にダウンタウンをつっきって通勤・通学するひとたちにとっては、どういうデザインであれ「専用のレーン」が設けられていることはとてもありがたいはず。これがあるのとないのでは、ストレス量がぜんぜん違うもん。ニアミス事故も少し減ったのかなぁ。

もっと色々と歩いて回って、ショッピングなど… とも思ったんだけど。すっかり都会離れした私は、ちょっと人が多いとそれだけで疲れてしまいまして。。。

結局、買うべきものを求めてその店に直行。

えへへ。。。 チャイナタウン。

麺と納豆と団子と大きな「みりん」ゲット。あ、おいなりさんが食べたくて、おあげさんも買った。満足。

チャイナタウンの「婦人服」。

何度見ても「ぎょ」っとする。20年前と何ら変わらない雰囲気のお洋服たち。その配色やデザインにすさまじいものさえ感じたりする。でも、ちょっと笑えて楽しい。

あ、一つ書き忘れた(昨夜)。帰り道にね、ダウンタウンのメインストリートに2台のパトカーが横付けされてた。こっちのパトカーって赤と青のランプがキラキラ(?)点滅するのですごく目立つ。交通違反をした人がいたのかなあ〜って思いながら、すぐそばを自転車をおして通り過ぎると、なんと、ポリスマン二人がひょろりと痩せたスケッチーな(←怪しげな、という意味かな)男の人に手錠をかけていたよー。「クライムシーンやんっ」と思いながら見つめてしまいました。が、きっと、ドラッグディーラーか何かだったのでしょう。金曜日の真っ昼間に、ビクトリアのダウンタウンでおまわりさんが仕事しなきゃいけないなんてね〜。私が普段しらないビクトリアを垣間見た気分でした。

良い週末を〜!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

だいすきな白

色んな白い花の中で、この子の白が一番好き。

秋明菊のこっくりとした白は深くやさしい。「しべ」の色も大好き。

ずぅっと欲しかった白い秋明菊。去年秋も深まった頃だったかな。小さな苗を見つけてあまり陽の当たらないところに植えてあげた。一年経って少し株が大きくなって背丈も伸びた。

この子は蕾の形も開く様子も、これまたかわいらしい。

今日は新学期の初日。なのに、内陸部の山火事の煙がこの島の上空を覆ってしまい、青空が見えず。外に出るとなんとなく煙の匂いもするほど。レベルで言うと10(一番ひどいレベル)のうちの7だったらしい。明日は今日よりもひどくなるんだって。きれいな満月を楽しみにしていたのに、残念。この夏、過去に例を見ない自然災害が北米の多くの街をおそった。家を失った人も大勢いる。そんな人たちが直面している現実にくらべれば、青い空のないビクトリアはなんてことない。

でも、今朝、早くにGusを連れて歩いていると、ウォーキングをしていたおじいさんが「これは全くもってビクトリアの空じゃないぞっ。」と、ぷんぷんつぶやいているのが聞こえた(笑)。

お天気も変で、むっとしていて暑い(今日も23〜25度くらいまで上がったのかな)。 私はまだ「おうちアイスバー」にハマっていますよ~。 相方もうちで作るアイスバーはさっぱりしていて美味しい!と、ずいぶん気に入っている。このアイスバーセット、思ったよりもヘビーローテーションで使ってる~♪

これはマンゴ。マンゴと豆乳少しのみ!

ふと。撮ってみたくなった私のカメラ。ずいぶんお世話になっている。もう6年半くらいかなぁ。 レンズは二つのみ。 パナソニックの古いミラーレスのモデルだけれど、本当によく頑張ってくれていて、ありがとう、と言いたくなりました。

色んなカメラが出ていて、見ると「あ、いいなぁ」ってカメラ熱も高まるんだけど、このカメラは私(のレベル)によく合っている気がする。 これからもよろしくねー。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

small happiness

お昼休みの散歩で出会った「Rose of Sharon」。空を向いてこんな風に元気に咲いている。

結構な大きさに育つのに、キャンパスでは植木鉢に植えられいるのもある。乾燥に強い種みたいよ。ハイビスカスみたいで、他の花が咲終わった8月にも元気いっぱい。チェックチェック、夏の花。

夕方庭の奥で、今日のスムージーを作る分のブラックベリーを集める。水やりをしないところで放ったらかしにされているというのに、つやつや光ってる。小粒だけど。

こうして手のひらに「実」の重みを感じながら、「収穫する」という作業から得る幸せはとても柔らかい粒子のようだと思う。染み込んで広がる。スマホばかりのぞいている子どもたちや若者たちの手をとって、代わりにその手のひらにベリーやプチトマトをのせてあげたいと思ったりする。大きなお世話かな。

草むらの中で見つけた汚いテニスボールをくわえて得意げなGus。

今日のトロフィー。Gusは他の小動物のハンティングはできないけど(一応、そういう血も流れていんだけど、先にガウガウ言うのでみんな逃げちゃう)、テニスボールを見つける能力はすごい。家にごろごろ転がっているボールの殆どは、Gusのトロフィー。

もひとつ、Gus。朝の散歩のあと、Kong(ゴム製で中に果物などを詰められるようになってるモノ)をくわえて、「Kongつめてーーっ!」と走り寄ってくるGus。この顔みるたびに「I love this pooch…」って思う。

うれしそうなこと。毎朝のことなので、「Kong」という単語はわかるのです。「Gus、Kongもっておいでっ!」っていうと、しゃーーーーっっと走り回ってKong探知犬になるよー。

こんな風な日常の小さな幸せがとてもありがたいな。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

夢:とんでもない装い

これまたかなりストレスフルな夢だったので記録。さらっと流してくださーい。

幼なじみの「おさきちゃん」と「おなべちゃん」と一緒にサマーイベントに参加した。どこぞの山で開催されていて、3日しっかりと山で働いて(植林をしたり、オーガニック農場を耕したりという作業)、最期の日は盛大なパーティをして締めくくるというもの。みんなこの最後のパーティを心待ちにして働いていた。どろどろになった作業着をぬぎすてて、パーティーの日はみんな朝からしっかりとシャワーを浴びて髪を整え、とっておきのドレスやスーツに着替えて準備をする。

一つだけ約束事があった。サマーイベントの参加者はパーティーの日まで自分のスペシャルドレスなりなんなりを見せてはいけないっていうこと。そう、サプラーイズ!なのです。

4日目の朝、おさきちゃんとおなべちゃんと私の三人は少し寝坊をしてしまった。でも、大丈夫、みんなパーティーのドレスはスーツケースにいれて準備してきたから。それぞれシャワーを浴びた。おさきちゃんもおなべちゃんもとてもスッキリとした品のいいドレスを着て出てきた。おさきちゃんのは黒。おなべちゃんのはラベンダー。素敵だ。

私もスーツケースを開けた。クローゼットをまるごと突っ込んだような量の服が溢れでてきた。

なんで。。。

おさきちゃんとおなべちゃんは、もうメイクをし始めている。

すごい量の服なのに、どれとどれを合わせてもとんでもない組み合わせにしかならない。おさきちゃんが「もうあと5分しかないよ〜!早く着替えたほうがいいよ〜」と私をせかす。

そして私はこんな格好になった。

わたし一人だけ「ちんどん屋」みたいな出で立ちで、おさきちゃんとおなべちゃんは無言でひきつっていた。「ごめんね、こんな格好だけど、一緒にパーティーに行ってね。。。」と、かなり申し訳ない気分でいっぱいだった。

のでした。

別にストレスがたまっているわけでもないのに、なんでかなー。やれやれ。

週末!!

みなさん、焦らず、ゆったりと良い週末を!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪