心わさわさの理由。

今日は妙に気持ちがわさわさしていた。落ち着かない夢を見て「あぁ~ん!」って叫んで目が覚め、覚めてみるとざざざーーーーっという雨の音。『恵みの雨だ。草花喜んでる。昨日すれ違ったバナナスラッグも今頃喜んでるだろうか。』とちょっと嬉しくなり、いつもよりも20分ほど早くベッドからでた。でも、起きてからも気持ちはわさわさ。夢はたま~に見る同じテーマのものだった。

一時帰国していて、またカナダに帰るという日に空港で出くわすハプニングなのです。ありがちよね。今回は夢を見ながら、「そういえば前回(の夢で)は空港でパスポートがないことに気づいて大変だったんだ。。。」と思い出し、何度も何度もパスポートとチケットを確認し、家族にも「今回は前みたいなアホなことしないもんねー」と言っていた。なーのーにー! さぁ、空港に向かおうというときになって、最後にもう一度チケットをチェックしたところ出発時刻を大きく間違っていたーっ!てっきり午後6時半の出発だとおもっていたのに、なんと2時45分って書いてあるっ!なっ、なっなんで??? 妹も「姉ちゃん、どこをチェックしてたんっ???」と半分怒っている。

なぜかというとですね。

何度も確認していたのは実際のチケットではなくてですね。。。

練りワサビの箱に書かれていた時刻」だったのーーっ!!! なんでーっっ!!!

そう。ショルダーバッグの中のパスポートと一緒に練りワサビがはいってたんだもん。もう、いや~~(号泣)。それですごく悲しくなって「おかあさぁ~~~っんっ!!」って叫んで目が覚めたのでした。。。

変なディティールですが。。。この練りワサビの箱には色んな時刻が色んな言語で書いてあった。中国語、アラビック、ポルトガル語、オランダ語、デンマーク語… 英語はなかったな…

それから。きっとこの「わさわさ」の始まりは、昨日の歯医者さんに有り、だと思う。スッキリしない気持ちで歯医者さんをあとにした。なんとなく肌にねっとりへばりつくエナジーを感じながら。いつも歯のクリーニングをしてくれるマリアさんが夏休みで、イレインっていうバックアップの衛生士さんが担当だ、と受付のひとに言われた。そこでもうなぁんとなく嫌な予感がしてたのです。「マリアがいないのなら、別の日に予約するのに…」と思いつつ、早引きして来たわけだし済ませてしまおうと待つ。20分待たされる。出てきたイレインは50代後半(っぽい)東欧出身(っぽい)おばさん衛生士。

すごい苦手なタイプだった。。。 ずーっと喋り続ける衛生士。
私を中国人だと思い、いきなりニーハオといった。日本人だというと、「あらら、じゃぁ、コンニチワねっ。私の息子は日本に6ヶ月住んで、日本語ペラペラなのよっ。すごいでしょ?ペラペラよっ。」(ここで私は口を開けさせられる)「あら、銀色の詰め物。これは珍しいわね。中国でしてもらったの?」(だから、日本人だってゆうてるやん…、口にツールが突っ込んであって答えられないので小さく頭を横に振る)。「あぁ、日本だったわね。私の息子は29歳で、日本が大好きなのよ。日本に住みたいって言ったんだけど一人息子だからそれは許せないでしょ? あなた、結婚してるの? 相手はカナダ人? え? そう。それはラッキーじゃない。子供は? うちの息子もそろそろねぇ~、でもここは女性の方が少ないわっ。いい娘はみんな結婚してるのよ。息子は億万長者になってからじゃないと結婚しないっていうのよ。あははっ。でもいい人が見つかるといいわ~。結婚したら私は干渉しないのよ。嫌でしょ? あれこれいう姑ってねぇ。。。(あんた、めっちゃ口出ししそうやで。)

あれやこれや延々話し続け、最後に「フロス」で歯の間をきれいにしてくれたんだけど、そのときに「正しいフロスの仕方知ってる? フロスはね、二重にするのよっ。こうしてねっ! そして必ず中指を使うのよっ!人差し指じゃないわよ、中指よっ!」

ミドルフィンガーくらってしまった…

イレインは私にフロスをしながらも、次は電動歯ブラシの使い方を説明し始め、もう私は全身のエネルギーを吸い取られて反応もできない状態でして。そして最後のとどめは「Fluoroid (液体のフッ素?)」。歯のエナメルを守ってくれるものらしい。大抵は最後にFluoroidの液で口をゆすぐように言われるんだけど、私はいつも気分が悪くなるので今回も「それいつもスキップするのでいらない」とイレインに言ったのね。ところが彼女は強引に「大丈夫よっ。私がペイントして歯にぬってあげるから。この方法だったら絶対大丈夫なんだからっ。」と、綿棒でFluoroidを塗り始めた。家に帰って気分が悪くなりました。とほほ。。。

すんごい疲れた〜。皆さん、フロスするときは中指を使いましょう。

長々と書いてしまった。書いてスッキリした。ふぅ。

明日は金曜日!いい一日にしよう。

*久々のDoodle です→☆ Shall we? 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

夢:救急救命士の夜

久々に(?かな?)。夢の話。

***

救急救命士(パラメディック)の私は、その日は夜勤で病院で待機していた。『今夜は比較的ひっそりとしているな』と、ぼんやりと思ったその時、緊急連絡のランプが光った。同じシフトの同僚と救急搬入口の方へ急ぐ。

「次の患者は?」と同僚に聞く。

「男性。24歳。交通事故だってさ。ひどい事故だったみたいだよ。」と答える彼。

救急車が到着し、ドアが開く。患者が降ろされてくるこの数分は、いつも少し気が張る。何年同じことを繰り返しても、この瞬間は心拍数が上がる。

担架で降ろされた患者に駆けつけた。

その患者はペパロニ・ピザだった。

トッピングであったはずのペパロニサラミは、ピザ生地から全てずり落ちていた。

ペパロニのなくなった部分のピザ生地は、うすく広がったトマトソースの色とぬるりとした少し柔らかい質感のせいで、妙に生々しく痛々しくもあった。

ペパロニサラミをのせてあげたら痛みはとれるだろうか。どうだろう。

***

 

みつばちフォトに元気をもらう

今週に入ってまたとっても寒い。雨降り、雷、ストームもあった。風で草花がばんばん倒れたっ。1週間ほどいきなりとっても暖かくなったあとだったので、ギャップがこたえた… 今日は午後にお日さまがでてきて、ようやくほっ。

週末に出会ったミツバチたちの写真を眺めて自分のこころを癒し中。

どこにいるか見えますか?

こんな風に寒さが長引く春だと、ミツバチたちの活動期間も例年よりも短いはず。寒くても仕事量(巣に運ばなきゃいけない花粉の量?)は変わらないのかなぁ。だとしたら今年のミツバチたちは大変。安定しない気候に振り回されているんだろうな。

がんばれミツバチ~。

そういえば、5月31日はブログを始めた日で、昨日でまる7年になった! はやいなぁ~。よく続いたなぁ~。一年を通して眺めてみると、だいたい同じ時期に同じことをリポートしているなぁ~。大きく変わったことは何もないこのスペース。こうして好きなことを好きなようつぶやける場所があることがありがたいです。そうそう、ひとつ変わったというと、スマホ(iPhoneです)でスナップショットを撮ることが増えたことかな。便利さ故に。天気に関係なくポケットに入れて持ち歩けるし、片手でちょんっとスナップを撮れるから便利なんよね。ポケットから出す→指紋認証でON→カメラアプリON→ぱちり。3~4秒あれば撮れる。これがカメラだと:両手で持つ→カメラON→キャップを外す→オートでピントを合わせながらフレームを決める→ぱちり。のステップをするのに最低5秒は必要。片手ではできない。スマホでしか撮れない一瞬もあるし、カメラだから捉えられる雰囲気もあり、私はどちらも好き。

はたらきものたち。 busy busy!

A post shared by paprica (@paprica) on

ブログとインスタグラムを両方初めて、徐々にインスタの方に移っていかれたブロガーさんたちも少なくない。きっと便利さ+手軽さ故に、なんだろうな。私も軽くインスタに(&たまぁにFBにも)アップしているからソーシャルネットワークの手軽さはわかる。インスタの方はウィンドウショッピングみたいな気分で、ブログの方は見るのも書くのも、好きなカフェやお食事どころに落ち着いて腰掛けるような感じかな。ブログは自分の日本語の表現力(?書く力)の現状維持のために、これからもぼちぼちと続けていきたいなぁと思う。この間のような単語の「ど忘れ」を最低限におさえるためにもっ(先日は一瞬「残業」という単語が出てこなかった…「夜勤?」ちがう、「居残り?」全然ちがう、「○業。。。○業。。。」ザンギョーだっ! って。恥ずかしいったらありゃしない。)

ヌッカローズの花の中を滑るようにしてぐるぐる回っているミツバチたちがあまりにもかわいらしくて、じぃっと眺めていると。

一匹私に向かって飛んできた。

きたきたっっ!

思わずカメラでぱちり。

ぷぅ~~~~~~ん。

こんなにも羽をはばたかせて。両足に大きな花粉玉を運びながら。その小さなからだのどこにそんな力をたくわえているのー?ってたずねたくなる。

ミツバチを見ているとなんだか元気が出てくる! そんなことなーい?

我が家のバラたちもゆっくりと開き始めたよー。その様子は次回に♪

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Gusの足と私のもの忘れ

あぁ、今日もとっても寒かった。肩こるぅ〜。写真は週末の晴れ間に収集したものでーす。写真でお日さま見ないとやってられない。

今年は意外にたくさん花をつけているりんご。

昨日、Gusを別の獣医さんのところに連れていって足を診てもらった。

結論からいうと「伸びていただけのじん帯が完全に切れてしまった」との診断。切れたじん帯は、手術しない限り良くもならないし戻ることもない。Gusを寝かせて、切れている場合は膝の関節が微妙に動くのだ、というのを見せてもらった。1〜2ミリ、ずりずりと動いていた。自分の目で確認してしまうとすごくショックで、何もわからずヘラヘラわらっているGusを見ると悲しくなってきた。

とても良い先生で、40分ほど色々とオプションを説明してくれた。でも、最終的には私たちが決めることだと。で、結論から言うと「手術しない」でいくことにしました。Gusが5歳とかだったら手術させていたと思う。でも10歳だし、切れてしまっても残っている両側のじん帯と筋肉がしっかりとしていれば、普通に散歩はできるって。

ぼくちん、だいじょうぶ!

できなくなることは、ボールを追いかけて走り回ったり、飛び回ったり、ということ。リスクは、大丈夫な方の足への負担、悪い方の足の関節炎。人間でも同じ症状で手術せずに普通に生活している人もたくさんいる、って聞いた。ので、このまましばらくは安静にして足の腫れがひくのを待つことにします。先生の話では、切れた直後は痛かっただろうけれど、痛みは徐々になくなってびっこをひくのもほとんどわからなくなるよって。とにかく、常に痛みを我慢しているというのではないと聞いて安心しました。

小鳥。胸をはって一生懸命歌ってる。

ゆっくりと獣医さんの話しが聞けて、自分の質問も聞いてもらって、私も気持ちの面でずいぶん楽になりました。

で、話は変わるのですが。。。こちらで生活していると漢字が書けないことなんて「ザラ」です。もう、どんどん忘れていっているようで怖い。

読んで理解する分には問題なくても、読めない漢字もでてきたりするし、言い回しを忘れてしまったり…

で、週末、ふと頭のなかで日本語で何かを考えていたときのこと、「あれ?あの単語なんだったっけ? えー。。。線路の渡るところにあるの。。。」

え? まじ、忘れた? こういうときに相方が日本語を話せたら聞けるのに、聞けない。英語に全く同じモノを意味する単語があればいいのだけど、それも思い浮かばない。やばい。

で、妹にメッセージいれたのでした:よっちゃん、あの線路にある「カンカンカンカンって鳴るの」、なんていうんやっけ?

「え? 踏切のこと?」

そーだーっ!フミキリっ!!!

はちどりさん。

実に情けない。こういう基本的な単語が「ふっ」っと消えてしまって出てこなかったりすると、かなり焦ります。焦るよね?

歳かなぁ。(と、何でも「歳」ですませるのもよくないな。。。)

頭の体操しなきゃ。何かいい方法・オススメの方法があればおしえてくださーい。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

晴れましたよーん。

風が強くて冷たくて、自転車こぐのも大変だったけれど。

Sunshine!!!

とても嬉しかったので記録しておこうっと♪

Gusも私も思わず笑顔。丘の上に昇って強い風をあびてきました。

去年の今頃は、もう庭のすずらんたちもかわいい花を吊り下げていたけれど、今年はまったくその気配もなし。5月1日のすずらんの日に間に合わないかな〜。

でも我が家の桜の木は、今満開でとってもきれいです。

あぁ、お日さま、嬉しい。

今日は帰り道の緑のトンネルもキラキラだったよ。おすそ分けしたくって、自転車に乗りながら収録(笑)。ファイルサイズ大きすぎるかも。見れるかな… うまく表示されなかったらごめんなさ~い。

朝、ここを通るときには「おはよう〜、今日もどうぞよろしく〜」と声かけて、帰りには「またね〜、今日もどうもありがとう〜」と挨拶する。声をかけずにはいられない緑のトンネルです。

明日は、一週間で一番楽しみなドーナツの日なんだけど、ドーナツを調達してくれるコーリーさんがコンファレンスに行っちゃっていないのです。なのでドーナツなし〜。ぐすん。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪