豆食うイヌとビーグレンの美白お試しが合わなかった件

あと1週間と連休が終わったら、新学期が始まる!静かなキャンパスを静かに楽しめるのもあと少し。今週は新学期への準備で珍しくばたばたとしていた。もうすぐ9月。信じられない〜。

乾燥しきっている庭で、いんげん豆が頑張ってくれているヨ。Gusもいんげん豆を頂戴するのを楽しみにしている。ときどき、こうして(↓↓)上手に豆を手で抑えて食べている。

きょうもおまめもらっちゃいました。

摘みとった豆をザルにいれていると、そこからこっそり盗んでいく。でも必ず「一本ずつ」盗んでいく。

ぼくちんびみょうにあまいのがすきです。

毎年のことなのだけれど、毎年なんだか笑える。

おいしいよー。

ほんと、「野菜をしっかり食べましょう」か「よく噛んで食べましょう」のCMがあったら採用してもらえそう(笑)。

では、動画もどうぞ。

お知りあげて、ヨガのDownward Dog のポーズしながら豆たべるイヌ。nomnomnom…

全く話は変わりますが。。。 ついこの間「ビーグレンの美白お試しセット」が届いて嬉しいなーってつぶやいていたところなのですが。

結果:肌に合わなかった(涙)

3日使ってギブアップ。うぇ〜ん。肌が「微妙に痒い」なって感じ始めたのです。もともと、朝は水だけで洗顔してウィッチヘーゼルの化粧水(→ココで書いたの)と手作りのみつろうクリームと日焼け止めのみ、なので、ビーグレンのも夜にしか使わなかった。少しずつ慣らしていこうという思いもあって。ところが、2回使った翌日、おでこと目尻のところがちりちりと痒くなった〜。かかないように気をつけていたけれど、3日目の夜にはうっすらと赤いぷつぷつを発見。こりゃ駄目だわ、と… ビーグレンお試しさようなら〜、となりました(悲)。

腕や足などの皮膚はじょうぶなので、パッチテストをしても問題なしだったのになー。ビーグレンのレビューを読んでいると、敏感肌の人はCセラムを使って乾燥して痒くなった、とか、美白のために含まれているハイドロキノンがあわなかったというコメントがあった。私もそういう一人なのかもしれない。ざんねーん。

即効性や効果は弱いけど自然のものがいいのかなぁ〜と、敏感肌の人でも使えそうなのを探してみることにした。Hana Organicっていうのいい感じなんだけどなー♪ 週末、またアロマの精油とみつろうのクリームを作ろう。それが肌に合ってるのならそれでいいんだけどねー。アロマをやっている友達に教わったこのみつろうクリームは、とても良い。冬の乾燥も治ったし、トラブルゼロ。ただね、シミが怖くなって、ちょっと美白というものをやってみたかったんだもーん。

どんどん秋に近づいてる。

良い週末を☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

初めての美白・ビーグレンのお試しセット

今まで「美白・ホワイトニング」ということをしたことがない。ホント、最近になってようやくまともに日焼け止めをぬるようになった。で、ここにきて、ふと、「突然、夏の花火のようにどっかーんとシミがあふれだすかもしれない」と不安になってきた。そう思わせる「シミ予備軍」がうっすらとあちこちに見える気がする。今まで放ったらかしにしてきたツケがまわってきたような。。。今更もう手遅れかもしれないのだけれど、ちょっと頑張ったら現状維持くらいはできるだろうか。。。

と。思い。ネットで色々と見て、生まれて初めて「お試しセット」なるものを買ってみたよ〜。

ビーグレンのホワイトケアのお試しセット。海外には送ってくれないので、実家経由でようやく届いた♪

こういう美しいセットって、わくわくするね〜。

末の妹はスキンケアに詳しく、結構お金もかけているらしいので「ビーグレンでいってみようかと思うんやけど、よっちゃん知ってる?」って聞いてみると、「あ、それ、私も最近使い始めたのんやで〜」って。妹もお試しセットをトライしてなかなか良かったので、今はラインで使っているらしい。洗顔から保湿までのラインで。基礎化粧にそんなにお金かけてるの。。。と、びっくりした姉でした。とりあえず1サイクル試してみるのよ、って言ってた。

まだ二日しか使っていないけど、かなりしっとりする。毛穴がぴしっとしまるような気がする(あくまでそんな気がするだけですが気持ちはいい)。けれど、ローション→セラム→美白→保湿クリームという4層を塗るという作業を、毎朝・毎晩続ける自信がない。朝にそんな時間ないっ。できないと思う… 私の場合は、ローション、美白、保湿の3つを夜にできればいいかな〜。それでも効くかなぁ。

アジア人って、シミができやすい肌なのだろうか。と思う。相方は私よりも歳上で、若い頃はカリフォルニアのお日さまをさんざん浴びて真っ黒になってきて、もちろん肌のお手入れなんてなーーーんにもしてきていない。なのにっ!シミがない。どこかにあるんじゃないか、ってじーーーっと探してみても、それらしきものがない。シワはあるけど、シミはない。。。そういう「血」なのか。ふむ。。。相方だけでなく、私よりも歳上の男性女性でシミがいっぱいある人にはあまり出会わない。いいなぁ。

お試しセットは1週間ほどで使い切ってしまうサイズ。1週間で効果はわからないだろうけど、私の敏感肌が痒くなったりしなければ、ちょっと続けてみようかなーって思ってまーす。現状維持を目指して。

おすすめ美白、ありますかー?

*試してみてその後…→☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Bear Hill トレールを歩く

週末、Bear Hill Regional Park を歩いてきた。私にとっては初めて歩くトレール。ビクトリアのダウンタウンから車で30~40分ほどのところにある公園です。

写真はクリックするとちょっと大きくなりまーす☆

ビクトリア近辺の州立公園・地域保護地区のリストを見てみると、このBear Hillは「中級者向け」のトレールの印がついている。というのは、このトレールが結構な傾斜のある道で、場所によっては細くて石がごろごろしていて歩きにくいから。てっぺんに着くまで、本当に平坦な道がなかったもん。

相方の肺は普通の人の半分ほどしか機能していないので、平坦なトレールウォーキングもなかなか大変なのです。私も子供の頃ぜんそく持ちだったので、息ができない苦しさはよく分かる。Bear Hillを歩こう!って言い出したのが彼だったので、正直おどろいた。「できるところまで歩いて、無理だったら引き返せばいいんやからね」、と言ってゆっくりと歩き始めた。

このトレール、しょっぱなからえっらい急な傾斜。てっぺんまでの距離は1kmもないのだけれど、高さにして130メートルの昇り。途中、30代前半かと思われる5人組がだだだーーーーっと山を駆け上っていき、私たちがのそのそと歩いていると、まただだだだーーーーっと駆け下りてきた。彼らにとってはトレーニングコースの様。他にすれ違ったひとたちの中には、ウォーキングスティックを両手に持って歩いていた夫婦、ビーチサンダルのようなヘロヘロの靴で登っていった女の子とパパ、Tシャツに短パンの男の子とちょっとおしゃれな格好をした女の子のカップル(←想定外のハイキングコースに女の子はびっくりしていたはず…)などなど。全体的にひっそりとしたトレールのようでした。

もちろんワンコたちともすれ違ったよ〜。

途中のビュースポットで休憩。

Gusは新しい匂いがあちこちに溢れていて始終興奮気味。「キミも足が悪いんやから、はしゃぐのもほどほどにぃ~」と、犬にいったところでわかるわけもなし。

可愛らしい野の花もあちこちに咲いてたよ~。これ(↓)は何ていうのだろう? ラークスパーみたいだけど葉っぱの形が少し違っていたような。。。

かなり乾燥した傾斜にも咲いていた。一見、タフに見える野の花だけど、これを庭で育てようとしてもなかなかうまくいかないんよね。不思議。

えっちらおっちら登っていき、サミットの札が見えてほっとしたー。相方よく頑張ったー!

Bear Hillの頂上の岩の上からはHaro Strait (海峡)とその向こうの島々が見えた。

気持ちいい〜! で、へっくしょーんっ! 今年は寒い春には全然花粉症の症状が出なかったのに、今がつらいっ!鼻はむずむず、喉はいがいが、目はしょぼしょぼ…肌が乾燥するので避けていたのだけど、花粉症の薬(抗ヒスタミン剤)を飲みました。そして夜にはネティポットで鼻洗浄も。頑張ってのりきるのだー。

ネイチャーウォークは楽しい。夜は二人と一匹、ぐっすり熟睡でしたー♪

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

生物時計チクタク

物忘れの話をしたのでもうひとつ。「こりゃ絶対に歳のせいだな…」っていう変化のこと。

小さな字がぼやけるぅ~!

これはもう、「きたきたきたっ!これかっ!」のリアライゼーション。特に、スーパーで買い物していて裏に明記されている原材料表示をチェックする。これがぼやけるのです。しばらくじーーーっと見ていると焦点があって読める(今のところ)んだけど、以前に比べてボヤボヤしてきているのは明らか。私の目は近視に乱視が混じっていて、普段は片目に乱視調整のコンタクトをいれている。コンタクトを外してメガネを使っている方が小さな文字はよく見える気がする。老眼への「はじめのだいい〜っぽ」かぁ。これがどんどん進むとメガネが2ついるようになるのかなー。めんどくさい。文字を目から離せば見えてくる、んだよね?

と、ふと、あのセルフィースティックの先にモノを挟んで字を読んでいる自分を想像してしまった。

それから、ここ最近、頻度が増しているなぁって感じる変化がもうひとつ。

夜中に足が熱くなる~!

経験したことありますか? 体全体が「ほてる」こともある。20代30代は足先が冷たくて困ることがよくあり、今もそれはあまり変わらない。変わったのは、すっかり深い眠りに落ちてから「かーーーっっ!」と足が熱をもち、熱くてたまらなくなって目が覚める。熱い足を冷やそうと、冷たいスポットを探して相方の方に足だけが出張してしまい、時計の針のようにベッドの上でぐるぐる回ったり…

布団を思い切り蹴飛ばして足を冷やしたり。

こんなに熱いのにでも手で触れると案外普通なのです。で、布団から出して冷やすでしょ、ですぐにまた寒くなって布団をかぶる。

コーネンキショーガイのひとつかなぁ。私の母も同じように夜中に突然「がばっ」と布団を蹴飛ばしたり、お腹にだけ布団をかけて足は外に出していたりしてました。。。(今もしてそう)。
気持ちはまだ30代前半なんだけど(もう、20代とは言いません)、生物時計・体内時計は確実にチクタクと休まず時を刻んでいるのだなぁって実感する。いつまでもフルのバッテリー容量を保つことはできないんだなぁ~って。ま、歳を重ねて体に変化が出てくるのは、それはそれでいい。ただ、夜中に何度も「足がアツアツ」で目がさめると、日中眠い。

こんな私のために、特別な靴下があればいいのになぁ。センサーがついていて、足の(皮下の?)温度が上がってくると冷やしてくれる靴下。そして冷めたら自動的にOFFになるようなの。設定温度を決めておいてもいい。今の技術だったら商品化できそうだよねぇ~。

まぁ、色々あるわなぁ~
って思う今日このごろ。今日から8週間で週一のランチタイムヨガ(1時間)に参加することにした。気が向いたときにだけ自分でする30分のヨガとは違い、今日のは「効いた」。膝裏とかアバラとか鎖骨のあたりとか、気づかないうちにかなり固まっていたみたい。午後は気持ちよく疲れてしまって、グレッグに「膝が笑ってるわ(my knees are laughing)」と直訳して言うと、英語にはそういう表現がないので何のことだかよくわかんなかったみたいでした(笑)。

生物時計が気持ちよくチクタクのリズムを刻めるように、できる努力はしていかないとなぁ、と思います。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪