Easter Weekend: 誕生日

今年の相方の誕生日はイースターの日と重なっちゃった。ジーザスが生まれ変わった(?)よ〜、めでたいね〜♪ と、いつもよりも特別な感じがして私は一人で喜んでいました〜。

何より。お天気に恵まれたのが最高のプレゼント! 「青空広がれ、広がる。お日さま出てこい、出てくる。今日は相方のたんじょうびー。」と、唱えながらGusと朝の散歩。朝は薄曇りだったけれど、すか〜っと青空に変わってばんざーい!

丘の上はぽかぽかだった。

珍しいものを見かけた。遠くにタグボートあり(↓)。良く見るとボートの後ろに浮かぶ島? 何??

よくよく見ると、後ろの方にも小さなタグボートがぴったりとくっついている。しばらく眺めていると、浮かんでいるのは大きな板ではなくて、たくさんの丸太。流木を集めて運んでるのかな〜。

ちょうど丘を降りて海岸まで出たときに、このタグボートと流木の島が目の前を通った。

クリックで拡大するよ

↑↑ わかりにくいけれど…左側に大きなタグボート。右の端に小さなの。その間に浮かんでいるのが全部丸太(材木)。

家に帰って相方に写真を見せて話をすると、「流木を集めているのではなくて、切った材木(商品)を運搬しているんだ」って。ほほぅ。最近では珍しくなったけど、以前はもっと頻繁にこういう風に木々を運んでいたらしい。海岸にうちあげられる流木は、こうして切り倒された材木の一部が流れ着いていたりするんだって。

イースターと重なっちゃった誕生日、「ゆっくりと家で楽しみたい」というのが相方のリクエスト。だったので、のんびりといつもと変わらない週末の一日でした。前日の土曜日に、相方のお姉さんから花のバスケットが届いた。

どどーーーんっ!

こんなに大きなバスケット、初めて見た… お姉さん、することがビッグだからね(笑)。切り花ではなくて、全部「根っこ付き」で、あとで庭に植え替えられるようにしてもらったんだって。バスケットの中にセロファンみたいなのがひいてあって、土がびっしり。そしてバラやらベコニアやら…植わっていた。

二日間こうして楽しませてもらい、今日、庭に植え替えた。バスケットに入れたままだと水やりできないんだもん(水と泥があふれそうで)。こういうお花はバスケットにはいっていると「華やか〜☆」だけど、庭に移し替えると周りに馴染めなくて妙に「浮いて」ます。ま、いっか。

リクエストはこの間作った「ほうれん草とリコタチーズのラビオリ」。鶏のパンフライとサラダとラビオリ。シンプルで美味しかった♪

そーしーてー☆

絶対外せないのが、相方の大好きな、こってこてのバタークリームケーキ「White on White」(白いスポンジに白いバタークリーム)。激甘。これがいいんだって。子供の頃を思い出すノスタルジックな甘さなんだって。私もカナダに長いけど、この手のケーキは今だにキツイ。クリームをこそぎ落としちゃう。それを見た相方は「おっと、そんなことしちゃいけませんねぇ(ぱくり)」と、私のクリームも食べちゃうのでした。。。。誕生日終わったら甘いもの控えようね。

健康で、また一年、なるべく穏やかに過ごそうね♪

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

初めての病院+手術

先週の金曜日、生まれて初めて病院に行って手術を受けた。今まで大きな病気も怪我もしたことがない(一度足を切って3針縫ってもらったのみ)ので、今回のが初めて。日帰り(?)なので入院経験はできなかったけど、「良くないよ〜、ひどいよ〜」って噂で聞いていたカナダの病院を見ることのできる初めてのチャンス!手術は少し不安だったものの、ちょっぴりどきどきわくわくしていた。

個人的なことだしこんなところで書くのもなぁ、というためらいもある。でも、きっと、私と同じくらいの年齢の女性で経験したことのある人や、これから経験するひともいるだろうから、簡単に書いておこうと思う。

私の受けた手術というのは子宮筋腫の摘出。正確にいうと「子宮鏡下手術」というもの。子宮筋腫の手術といっても、筋腫のできる場所やできかたや大きさによって、その手術方法も違ってくるらしい。私の受けた手術は一番体に負担のかからないものだと思う。 体にメスを入れることもなし、手術そのものは45分ほどでした。

カナダは「ファミリードクター制度」で、日本とは違う。どこか調子が悪かったら、まずファミリードクターに診てもらう。全てはそこから。耳や肌の調子が悪くても、自分で耳鼻科や皮膚科を探して予約を入れるのではなく、ファミリードクターの診察を受けてドクターに照会してもらわなきゃいけない。幸い、私たちはとても親身になってくれる女性のファミリードクターについてもらっているので、安心です。この制度の良い所は、ファミリードクターは自分の体のことを全部把握してくれている(記録してくれている)ということ。

私の生理は一年半ほど前までは、本当に判で押したように定期的にやってきていた。その規則正しい月のものが何故か突然、とても不規則になり、3ヶ月近くなかったり、やってきたと思ったら2週間以上終わらないとか。自分でも「何かが狂ってしまったなぁ」と少し心配になり、ファミリードクターに診てもらった。そして婦人科の専門医(女性のS先生)を照会してもらった。血液検査と2度のエコーの結果、子宮の壁からぶら下がるようにできるタイプ(?)の筋腫が見つかったのが3ヶ月ほど前。S先生が「あぁ、コレが原因ね。放っておいても閉経すれば自然となくなるケースも多いけれど、大きくなるだろうし、生理不順とひどい出血は続くわねぇ〜。だから採ってしまったほうが楽になりますよ。」って。先生自身が手術をしてくださるとのことで、どういう手術なのか、必要性やリスクなど、絵を描いて詳しく説明してくれました。それが「子宮鏡下手術」。先生の話では、50歳までに子宮筋腫ができる女性の割合は7割、そして色々な症状が出てくるのはそのうちの2割〜5割なんだって。

春の草はおいしいのですよん。

前日の夜中の12時以降は絶食。前日と当日の二度、決められた消毒スポンジ(?)で体をきれいに洗っておくようにとも言われていた。11時15分にチェックインして、1時15分のオペレーション、と言われ、相方と一緒に11時頃病院の受付にいきましたー。すぐに手首に名前などが書いてあるバンドをつけてもらい、その後はちゃっちゃと「Day Care」のエリアの待合室へ。そこには大きなテレビがあり、子供のおもちゃのセールス番組ががんがん流れていた。ホント、バービーみたいな人形の番組。何故? 待っている人が二人いて、相方が「コレ、見ているの?」と聞くと、女性のほうが「Yah, kind of(まぁ、見てるっちゃぁ見てるかな)」と答えた。…ので、消せなかった相方。座って数分したら私の名前が呼ばれたので、相方も一緒にベッドがたくさん並んでいる(カーテンで仕切ってある)部屋に移動。そこでガウンに着替え、これからの手術の説明を受け、腕に点滴の針をつけてもらった。

ガウンも、テレビで見るような「後ろ閉じ」でお尻が見えたりするものかなぁ〜と思っていたんだけど、ちゃんと腰のところで結べるようになっていた(ほっ)。点滴をしてもらうときに、暖かいシーツをかぶせてくれました。一枚は腕に(血管を浮き出すため?)、もう一枚は体に。1時過ぎにこのエリアからオペレーションルームの手前まで運ばれて、そこで麻酔をしてくれる先生(女性)から説明をうけた。そのあと、S先生がやってきて「お腹すいてるでしょー? もうすぐだからねー。」と、もう一度手術の手順などを説明してくれましたー。

オペレーションルームに入ってからはあっという間。もっとこじんまりとした普通の部屋で行われるものだと思っていたら、ちゃんと大きな丸いライト(?)が天井にあり、色んな機械があちこちにある部屋だったので少しおどろいた。運ばれてきたベッドから、手術台(?)に移り(自分で)、そのあとすぐに看護師さんが私の口に酸素をかぶせてくれた。これが妙に息苦しくて咳き込んでしまった。麻酔の先生が反対側に立ち、「眠くなるからね〜。どこか美しい場所を思い浮かべるといいわよ〜。」という声が最後に聞こえ、「美しい場所かぁ。それよりお腹すいた…シャーベットが食べたいな…」と、食べ物のことを思い浮かべて寝てしまった。

名前を呼ばれて目がさめたのが3時過ぎ。「気分は悪くない?はい、水飲んでね〜」と、氷水を渡された。なんでこんな冷たいもの飲まされるのだろう? 頭がぼーーーーっとしていて、看護師さんの質問がよくわかんなかったのだけど、そこでも「お腹すいた。」と答えていたワタシ。「すぐにいろんなもの食べちゃダメよ。今夜はスープだけね、MISOとかねっ!」と看護師さん。「あぁ。ミソスープね。」そのあと、服を着替えて帰って良し!でした。一番つらかったのは、待ち時間と空腹だな。

今日で2日。ようやく体の疲れがとれてきた感じです。金曜の夜と翌日は、何故か顔がぱんっぱんに腫れた!アンパンマンみたいっ。 土曜の朝なんて、目が開かないくらい腫れて自分でもびっくりした。頭がぼーーーっとして体がだるい以外は、特に痛みもなし。

初めてのカナダの病院。思ったよりもすっすっと進んだし、「ひどい」とか「汚い」とか感じなかった。看護師さんたちは親切でテキパキしていたと思う。でも、まぁ、半日以上はいたくないトコロだなぁ、って思いました。40代になると気をつけていても、体にはいろんな変化が起きてくるもの。女性器・男性器のことって、周りのひとに相談しにくいからと放っておくひとも多いかもしれない。でも、少し気になったらすぐに診てもらった方がいいと思います。私の友人にも私と同じような症状で悩んでいる子がいて、診てもらうことを薦めたところ全く同じ結果がでて同じ手術を受けるそうです。

2週間してすっきりしたら、久しぶりに泳ぎに行こうかな〜っておもってま〜す。終わって良かった!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Birch Sap・白樺の樹液って?

わーい。金曜日♪ 今週は妙に長かった〜。昨日はあんなにいいお天気だったのに、今日はまた曇り。そして寒い。海も白いキャンバス。

お〜い。春はどこ〜?

ちょっとちょっと。面白いものを見つけたっ!水曜日、夕方の散歩道で樹の枝に青いバケツがひっかかっていた。↓↓見えるかな〜?

誰かのおとしもので見つけた人が木に引っ掛けてあげたのかな。と思った。ところが近づいてみてみると。

こんな風になっていて。

写真ではわからないけれど、このすぱっと切ってある木の枝の先からぽとぽとと液体がバケツにこぼれ落ちていた。水曜日に見た時は結構な勢いでちょぼちょぼちょぼ。。。とこぼれていた。透明で、水のようです。そして今日で3日目。

バケツはまだそのままひっかかっていて、水曜日ほどではないけれど、まだぽとりぽとりと水滴がバケツに落ちていっていた。

なーに???これー?! これってこれって、樹液でしょ? この木、Birch=白樺。なんでこんな風にして樹液を集めてるの???

と、興味津々。検索してみた。

するとね、なんと、シラカバの樹液って「健康ドリンク」として北米ではただ今とても注目を浴びているらしい!日本語でも情報あり!知らなかったよ〜!一時期「ココナッツウォーター」が健康ドリンクとしてものすごいブームになってたらしい(私はこれもよく知らなかったけど)。このココナッツウォーターに変わってGoogleで検索されるヒット数がぐんぐん伸びているのが、このBirch Sap・シラカバ樹液なんだってー。

なんでも、白樺樹液には、アミノ酸、ブドウ糖、カルシウム、マグネシウム、カリウム、亜鉛などのミネラルがたっぷりとふくまれているんだって。骨の強化、高血圧や動脈硬化の予防、むくみ改善、糖尿予防、肌荒れ・にきびの改善、くすみの解消、便秘解消。。。などの効果があるそうな。気になる味はというと、ほんのりとした甘みがあるそうよ。味見してみたーい。

SLAVORUMより 一本の木からすごい量の樹液がとれるみたい!

面白いなぁ〜って思ったのは、このシラカバ樹液って、一年のうちでも今の時期(初春の一ヶ月ほど)にしか採れないらしい。暖かくなって白樺の木々が芽吹き始めると、樹液の味も変わるんだって。こうして春のはじめに木々からたっぷりと樹液を収穫したとしても、木に悪影響を与えることはないそうです。で、夏の間に白樺の木々は太陽と土から栄養を蓄えて秋から冬にかけて冬眠(?)する時期に備えるんだって。冬の間、木々たちは「樹液」というかたちで栄養分を「根」に蓄えて寒い時期を超す。そして今の時期に木の幹はこの樹液で満ち溢れているんだって。

すごいなぁ。って、感心してしまった。相方に話したら、裏庭に一本植えようか〜って言ってた。いいかも♪ 白樺は成長が速いらしいし。

シラカバ樹液とは全く関係ない一枚。

海岸でビーチグラスを探していたときに「話しかけてきた」石でした。持ち帰りはしなかったけれど、手にとってみると「おにぎり」みたいでしっくり。ときどきこうして「ちょっとちょっと」って声をかけてくる(?)ような、または目が合ってしまうような、石がある。

週末、晴れるかなぁ。みなさんも、体調に気をつけて良い週末を!

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

鼻呼吸の瞑想週間

Happy Friday☆

今日は「瞑想」の話を少し。

今週は月曜日から5日続けて毎日15分の瞑想をしてみた。朝にはどうしても時間がとれないので、夜に。「毎日」というのがなかなか難しくて、今までは週に一度のランチタイム瞑想だけだった。「毎日やってみるぞ!」という意気込みがあったわけではなく、二日、三日続けたら何か感じるのかなぁ、という興味から。そんな風に思っていたときに、相方が見つけた「鼻から息をすること」についての記事を読んだ。それもなかなか興味深くて。

その記事は少しサイエンス系のもので、鼻呼吸が脳にもたらす影響:脳の「記憶」と「感情」を司っているエリアと密接に関係している、というようなことを説明していた。鼻呼吸は、脳の感情を呼び起こすエリアと記憶を納めるエリアの間の電気信号をコーディネートしているんだそうよ。ほら、何かの匂いを嗅いだときに、昔懐かしい記憶が鮮明に蘇ってくることあるでしょ?これも鼻から息を吸うという作業(?)が匂いとそのときの感情や記憶を強く結びつけるからなんだそうな。で、たとえそのときに特別な匂いや香りがなかったとしても、鼻呼吸は感情と記憶に大きな影響を及ぼすんだって。息を吸い込んでいるときに見たものや聞いたことや感じたことは、記憶に残りやすいんだって〜。でね、鼻呼吸ってオーケストラの指揮者のようなもので、「脳の匂いを感じ取る部分にゆったりとした流れを作りながら、同時に感情と記憶のエリアに速くリズミカルな音色を編みこんでいる」そうよ。抽象的だけれど、なんとなく想像できることない?

ゆっくりと鼻から息を吸い込むときには、脳のシグナルが操られて感情と記憶のプロセスが研ぎすまされるんだって。そして鼻から息を吐くときには、神経系がすぅっと落ち着いて、自然と心拍数が下がり不安で落ち着かない感情が溶けていくそうですよ。

そんな話を読んだ日に、テレビのニュースで朝の10分間「Mindful Meditation」を試している黒人の子どもたちが大半の小中学校の話を見た。ありきたりの話に聞こえるかもしれないけれど、その学校では子どもたちの間の喧嘩や暴力沙汰が激減(またはゼロ)になったんだって。「かぁっとしたときに、その場を離れて呼吸に集中した瞑想をすることで、むかむかしていた相手への怒りが消えちゃうんだ」って言ってた子もいた。リポーターが「瞑想とかいって逃げてんじゃないのか、ってからかわれたりしたら?」って聞くと、「そのときにはもうどうでも良くなってるの。」って。

前置きがずいぶん長くなったけど。

それで私も呼吸に集中してする瞑想を5日間やってみた。

はっきりと気づいた変化がひとつ:眠りの質がよくなった

瞑想しながら寝てしまうことも(特にランチタイムのは)しょっちゅうですが。夜の眠りが深くなった気がする。

あと、私の場合、瞑想中にランダムな「イメージ」が浮かんでくることが良くある。そういうときも、鼻呼吸に意識をもどして空気が鼻から通って体の中に流れていく感覚に集中する。

15分。最初の5分ほどは体が「もぞもぞ」する。頭に色んな想いがよぎるだけでなくて、体中の細胞が動いているのがわかるくらいもぞもぞする。皮膚とか筋肉とか。ところが、15分が終わる数分前、不思議な感覚に包まれる。体が重たくなって床に接している太ももがそのまま床にへばりつきそうな感じになる。膝においている手の平が温かくなり、溶けて膝の一部になったような錯覚をおこす。体がひとつの「ただの塊」みたいになる。なのに、肩から上はなんとなくすぅっと軽い。ここちの良い重力と意識の軽さが同時にそこにある、みたいな感じかな。上手く言えないけど。

それで、昨夜のDoodleは、目に浮かんできた「心地良い重みがあり空に浮かんでしまいそうなカタマリ」でした(↓↓)。

今夜は相方も誘って一緒に15分。Gusも私の膝の前にやってきた。最初はそばにある相方のエナジーなんかも感じて少し落ち着かなかったけれど、そのうち慣れたよ。

もう少し続けてみようかな。さてさて週末! 庭に出て枝を切るぞー!
皆さんも気持ちのいいゆったりとした週末を☆

*参考に:

「ご〜〜ん」という鐘の音がなるシンプルなメディテーションアプリを使ってマス。
Ensō | Meditation Timer & Bell

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

雪道散歩 Day2.

昨日の午後から夜にかけてずいぶん降った。こんな風に雪が積もってきれいなビクトリアって。。。初めてかもしれない。自分用の記録として、今日の雪道散歩の様子を並べまーす。よかったら見てくださいませ♪

昨日は大学のガーデンを歩いたのだけれど、今日は反対側にあるトレールの方を散策!日が差して風に吹かれてふわ〜っと舞い落ちる雪がキラキラできれいだったよ〜!

うちの周りでは30cmほど積もっていたので、今日はライナーを敷いた長靴はいて出勤。雪道もなんのその。さっくさっくと楽しい〜。

キラキラの様子を見てもらいたくってビデオも撮ったー!50秒くらいです。

妖精がとんできそうでしょ?

この道を抜けたところに「Mystic Vale」っていうトレールがある。

Gusを連れて来たことあるよ〜。こんなにきれいなミスティックベール、はじめて見た。

水面に落ちてくる粉雪の様子が幻想的で、しばらく見入ってしまいました。雰囲気、伝わるかな ↓↓

ほっぺも指先も足も、すっかり冷えてしまったけれど、心はほっかほか。あまりにもきれいで、誰かに「きれいよね〜」って言いたくて、すれ違った知らない人に話しかけてしまった。みんな「うん、本当にきれいよね〜。こんな景色、今度いつ見れるかわからないよね〜」って笑顔で応えてくれたよ♪ ずぅっとずぅっと外を歩いていたい一日でしたっ☆

*おまけ:エンジェルをする同僚G

ふぉーえばーちゃいるど。

説明不要。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪