五月終わり・朝の庭より

Happy Friday☆

​もうすぐ5月も終わる~。早いなぁ。そう思いながらちょうど一年前のブログの記事をのぞいてみると、同じ様に庭には一重のポピーが咲き、大きなポピーが開き始め、ライラックは終わりにさしかかり、その年「初」の「ミツバチパパラッチ」の1枚をのせている。昨日、「今年初のミツバチとヌッカローズ」をスマホでパパラッチしたところだ。同じ様なことを同じ時期に繰り返しているところをみると、私にも草花と同じ様に季節に応じたリズムがあるなぁと実感する。

うちのでっかいポピー。ぱぁっと咲いて、ささっと散っていく花のひとつ。一週間もしないうちに花びらがくしゃんとしてしまう。咲いているときはこの通り、庭の元気色スプラッシュ。

ブログのお友達のtomさんともお庭話をしていたんだけれど、私も彼女と同じ様に5月になると「ガーデン五月病」にかかる。庭をぐるぐるし初めて、何も植わっていない土をみると「蒔きたく」なる。4月のうちに「何か」を蒔いたはずのエリアも、芽が出ていないとなんだか寂しくなって、またパラパラと蒔いてしまう。で、最初に蒔いたのと後で蒔いたのが発芽してめちゃくちゃ。

今年は少し「統制」をきかせて、1ヶ月待って何も出てこなかったら蒔いて良し、と決めていた。それでも一つのエリアでは、サルビアとコスモスとカモミールがぐちゃぐちゃと発芽している。あの子たちはきっとみんなこぼれ種からの発芽だ。じゃ、私がわざわざ蒔いたのは出てこなかったのかなー。tomさんも話されていたけれど、ガーデニングはアートです。空間をデザインするだけでなく、その時期時期にどの花がどんな風に咲くのか、どの葉っぱがどんな演出をしてくれるのか、そんな季節のタイミングも含めてデザインするのだと思う。だから、手を掛ける人の草花の知識だけでなく、好みやセンスや性格も出てくるんだろうな。

去年くらいからようやく、多年草とか宿根草という区別を少し意識し始めた(遅いってば)。でね、去年の春先に蒔いた種で発芽したけど成長が悪くて花も付けなかった「金魚草」がね、今年は咲いてる〜。

金魚草も咲き終わって、上手く冬をこせれば翌年また咲くのだそうです。ええっと…知らなくて…「引っこ抜いてました」(恥)。

かわいいよね〜。金魚草。

ぼくちんも、かわいいですかね?

まだ実が赤くなっていない苺のとなりで待機中のGus(↑↑)。まだだってば。

この春、始めて庭に参加した「Phacelia」。↓の真ん中辺りにごうごうと茂っている薄紫の花。わかるかな?

去年の秋の終わりに緑肥として植えたのが、冬越しして春になってから一気に育った。ハチドリも好きみたいで、よくやってくるよ♪

つぼみと花の形がね、とても面白い。

ヤグルマギクも咲き始めた♪ この子たちは長〜い期間さいている。次から次へと花をつけるから7月くらいまでずっと咲くんじゃないかなー。この青が好き。今咲き始めているのは、去年のこぼれ種が発芽したもの。時期をずらして先週末に少し蒔いたよ〜。

で♡ 見てみてっ! このカレンデュラ!

幾重にも幾重にも重なった黄色い花びらが鳥の羽のように柔らかで、背丈は低いけど庭でぴかぴか光ってます。これも、何故か去年上手く育たなかったのが、今年になってひょっこりでてきたもの。他に蒔いたものはオレンジがメインなんだけどな。

がじがじかじられながらも。。。最初のオレンジちゃんが咲いた♪ 庭にある一番大きなバラで、私のげんこつくらいまで広がる。

やっぱり朝が好き。

気持ちのいい週末を〜☆

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

虫食いに負けるな、バラ!

みなさん、メーガン&ハリーのロイヤル・ウェディング、見ましたか〜? カナダ西海岸でライブで見るのには、土曜の朝の4時。「わざわざ起きてみる人いるのかね〜。ははっ。」って、私たちは笑っていたんだけど、「見たよ!!もちろん早起きしてっ!」って言ってたひとが周りにいてびっくり。私たちは録画しておいて、夕方に面倒なところは早送りして見ましたー♪ やっぱりウェディングって誰のものでも幸せ〜な気持ちになれるね〜♪ 「メーガンってさ、女優だから、これ、今、演じてるのかなぁ。最高の表情をキープして泣き崩れたりしないよねぇ。」など、俗なコメントをしながら良いなぁ〜と眺めてました。メーガン・マークルのロイヤルネーム(?)は「Duchess of Sussex」なのに、相方ってば「ほほぅ、メーガン of サセックスかぁ」とつぶやいていたのには笑った。それじゃ、サセックスのメーガンやん… (横丁のオカメちゃんみたいやん)と、全くずれたところで笑ってしまった。お幸せに!

今年のコデマリはきれい。

さて!

私の今年のバラ!

食べられてるっ!

ぎょぎょっ。

葉っぱもびりびり食べられているのもあるし、蜘蛛の巣のようにネチネチしたものがくっついて、葉っぱが折れ曲がっていたり。ツボミのこの被害は痛々しい… 黄色ちゃん、桃色ちゃん、オレンジちゃんの若いツボミの幾つかが被害を受けてるー(涙)

どうしたものか…

数週間前に、アブラムシがみっしりくっついているのに気づいたときには、水をかけながら指でこそぎ落としたんだけどな。

食べられている葉っぱの裏をよく見てみると、小さな青虫も幾つか発見。それも手で取り除いた(彼らは意外に柔らかくて幾つかつぶしてしまった…)。

虫に一部かじられながらも、頑張って咲いた最初の「コンスタンス・スプライ」。痛々しい。

去年は最初の桃色ちゃんが咲いたのが5月15日。今年は寒くて雨の多い春先だったから、やや出だしが遅れているのかな。

アブラムシと見つけた青虫はほぼ全部、指でとりのぞいたけれど、念のためにスプレーもかけておいた。Dr. Bronner’sの液体ソープ大さじ1を750CCの水で薄めたもの。

そして☆ 放ったらかしでも虫もつかないで元気に咲き始めたのが、この子。

マダム・アルフレッド・キャリエール(だと思う)。たくましい子。

庭も日に日に賑やかになってきている。勝手に生えてきているオダマキちゃん。うちにあるのは薄い桃色と紫。この子(↓)は野菜ボックスの間で元気。あまり元気なので引っこ抜くのもかわいそうで。

コンポストを取り出して、トマトの植え付けに使用。卵の殻はまだ完全に分解されていなかったけど、大丈夫でしょうー。多分。

ハーブたちも花を咲かせる時期。左下の薄紫の花、新入りです♪ Green Manureとしても利用される「Phacelia」。面白い形の花で、蜜をたっぷり含んでるんだって。だからハチドリやミツバチに大人気なんだそうです。ボリジの仲間らしいよ。

これが、ひとつの苗が恐ろしく大きく育ってしまってびっくり。次からは植え方に気をつけよう…

ピザの季節(?)になりました♪

私のバラたち、ちゃんと咲いてくれるかなぁ。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

朝の光がすき。

五月の朝の光は特別。

目覚めたばかりの春の草花を一番きれいにみせてくれる。

朝ごはんををスキップすることは滅多にないけれど、この朝の光のひとときと天秤にかけたら、朝ごはんは我慢できる。

なーんにもなくて、薄暗くてジメジメだった冬の庭が嘘みたい。毎年こうして季節が巡ってきて、去年サヨナラをした草花たちがちゃんと戻ってきて、始めて出会ったかのように新鮮な気持ちで挨拶して、写真を撮ってしまう。また同じことをココに書いているなぁと思うものの、もうこれはどうしようもない。

だって、きれいなんだもんねー。

朝の光の中でしかみせない表情だもんね。チャード、おはよう。

オダマキさんも、おはよう。

今朝はビルさんのインストレーションも、朝の光のなかで特別きれいだった。

風や光にも川の水ように流れがあることを気づかせてくれる作品です。

週末はお天気マークついてるし、温かくなるんだって!嬉しいなー。

皆さんも良い週末を!

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

五月はじめの庭模様

庭の季節の記録でーす。

ココでも何度か紹介してきた、うちのお年寄り「りんごの木」。今年はいっぱい花をつけてる!

一本しかない果物の木で、3〜5年に一度だけどっさりと実をつけてくれる。去年は合計七つほど。その七つもほぼ全部タヌキにかじられてしまった。タヌキとのバトルにストレスを感じるのが嫌なので、植えたいけれどもう果物の木は植えないことに決めている。今年はこんなにも花を咲かせてくれているのだから、実もたくさんできるかなー。そしたら私たちの口にもはいるかなー。

ツボミのころは外側が桃色に色づいていて、本当にかわいらしいりんごの花。先週末、始めてミツバチの羽音が聞こえてきたのも、このリンゴの花からだったよー。

この時期になると、道を歩いていて「良い香りがするなぁ」と見回して目にとまるのがツツジとライラック。このライラックはうちに来て5年位になるかな。ようやく落ち着いてきた。秋の終わりには、もう少し日当たりの良い東側のフェンス沿いに移す予定。毎年すこしずつ花数を増やしてくれているけれど、まだまだ葉っぱのほうがわさわさ茂っている感じ。

ちょっと、見て見て〜!↓↓ こぼれ種から吹き出した(?)ビオラたち!

こぼれ種がどうしてこんなにも広範囲に広がったのか… 謎。芝刈りするのに心が傷むので、元気な苗をなるべく掘り起こして移してみた。

気持ちだけね… 草の中に混じって芽を出しているので、上手く掘り起こせなくって。ビオラがこんなにもたくましいいだなんて、育てるまで知らなかったよー。

さて。↓↓ この子たち。去年の春も変なお天気で、種をパラパラ蒔いて発芽したけれど上手く成長しなかったものが、今年になって復活したような感じ。左側のはスナップドラゴンだと思う。右側のは… ひょっとすると「ワイルドベルガモット」かも?!

ベルガモットは種から育てるのが難しいみたいで、去年、ワイルドベルガモットの種を知り合いから少しもらって蒔いたのだけど、ちょびっと出てきて死んでしまった(と思っていた)。これがそうだったら嬉しいなぁ〜♡ 違うかもしれないけど、雑草じゃないのは確かです〜。

葉っぱ野菜がようやく♪ ルッコラは発芽するとグングン育つので、食べるのがおっつかない〜。美味しいよね。

ラディッシュもやっと食べれる大きさになったっ。

ぴりりとしたラディッシュは、葉っぱも全部生で食べる。相方は食べないので、私一人でむしゃむしゃ楽しむ。今年はあまりダンゴムシたちにかじられていないのでキレイです。わーい。

そーしーてー。週末、えっさ、ほっさ、と、開拓していたのがこのエリア。

あまり大きくはないのだけど、カーブになっている部分(↑)の草をひっぺがして土をならした。で、そこにひまわりの種を蒔いたよ〜。背の高くなる種類と低い「テディベア」っていう種類のひまわり。咲くかな〜。この寂しいコーナーが色づいたら嬉しいな〜。

大好きなオレンジボールと一緒に。足を悪くしてからは「おあずけ」だったオレンジボール。テニスボールは歯に悪いと聞き、かわりにオレンジボールを出してあげたら、ずーっとずーっとごろごろして遊んでいる。昼寝するのも一緒(笑)。イヌだって好きなものとは一緒にいたいのね。

変な話だけれど、Gusはただ今「痔」に悩んでいる(苦笑)。で、イヌの「痔」のホームレメディを調べてみると、冷たく冷やしたウィッチヘーゼルウォーターをコットンで患部に当ててあげると良いとのこと。二日ほど続けてみたところ、効果あってか「おしりズリズリ」をしなくなった。ちょっとどこかが悪いと、とっても情けない顔をして多少食欲も落ちるという、繊細なGusなのです。見かけによらずね。あはは。

今日もとってもいいお天気で、気持よかった〜。写真で、そんな空気を少しでもお届けできればな〜。また写真、取ろう!

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪