夏を感じた日

「夏、解禁!」 そんな一日!

土曜日だけれど早起きしちゃった。懐かしい友人がビクトリアに遊びに来ていて、彼女の超ハードなスケジュールの中、時間がありそうなのは今日の午前中だけだったので。3年ぶりの再会で、5歳になった息子くんも一緒にビーチグラスを拾いながら海岸を歩いた。気持ちよかった〜。

すっかり素敵なママになった彼女。メキシコシティでのアドベンチャラスな新生活は、好奇心とバイタリティにあふれた彼女にぴったりだと思う。つのる話がありすぎて数時間の散歩では話しきれなかったけれど、会えて良かった!

ぐぐーんと気温が上がって今日は「暑かった」のです。家に戻ってからはささっと掃除をして庭に出たんだけれど、日差しがきつくって。

温かい、嬉しい! と、調子に乗って終わりかけのカモミールの花を集めたりしていたので、肩やら首やらが焼けてひりひりとする。気をつけないと。

こういう夏の朝の庭は、空気がまだひんやりとしていて光も柔らかで心地良い。一生懸命(ホントに!)育てたビオラ(↑↑)がようやくたくさんの花をつけたよ〜。この子たちは1ヶ月半ほど咲き続けてくれる。芝生のあちこちにこぼれ種から発芽したビオラをレスキューしたんだけど、その子たちも元気にそれなりの大きさになった。たくましいなー。

そして♪ 大好きなピンクのポピー。 この種類は最後に咲くポピーです。

今年も「青いポピー」の種を植えてみたけど、やっぱり発芽してくれなかった。ヒマラヤンポピーっていうの。難しいな。いつか咲かせることできるかな。

木陰に寝転がって本を読んでいたら寝てしまった。

こういう夏を感じる日には、冷やし中華や素麺などさっぱりしたものが食べたい。日本だったら、市場にいって適当に夏食(?)を買ってこれるのに、ココでは冷やし中華するなら、麺を探してタレを作ってのせるものを考えて… と妙に手がかかる。めんどくさーい!

ので。家にあった新じゃがでじゃがいものピザを久しぶりに作った。

たっぷりのサラダと芋のピザ。夏っぽい?か?

ブロガーでもあるイタリアのなおこさんが、インスタグラムで素敵なことを紹介されていた(→ブログの記事

「洗礼者ヨハネを祝う祭日、6月24日は夏至に近いため、ウンブリアでは最も太陽、自然の力が強いこの日の前の晩に花びらを水につけておき、翌朝、その花の香りとエネルギーに満ちた水で顔を洗う風習があります。」

私も庭の花を摘んで水に浸してみた♪ 明日の朝、この水で顔洗おう!

*追記:一晩、月(新月でしたが)のエネルギーを受けた花の水。今朝、一番に顔を洗ってみた!気持ちよかった〜!ほんのりと良い香りがして(本当に!)、カナダの硬い水が不思議と柔らかくなったようでした。相方も試してみて「気持ちいいね(ちょっと冷たいけど)」って言ってました♪ 夏の花が咲いている間にまたやってみようと思う。今度は満月の夜に♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

6月半ばの畑もよう

ようやく金曜日。ようやくお日さまがでて、ちょっと頑張れば半袖+スカーフでOKの温かさの午後。嬉しい♪

さてさて、畑の様子を記録しておきまーす。

全てがスローなのと、3年ほど前に肥やしにと加えた「牛糞」がキツすぎて、その後遺症(?)みたいなのがまだ残っているようで、種をまいても上手く育たないスポットがある。そういう土のコンディションをチェック・改善しようと思って、今年はあちこちに「ブッシュ・ピー」の種を蒔いた。支えの要らないえんどう豆です。えんどう豆は酸性土壌をとても嫌うらしい。あちこちに植えてみると同じ種でも育ち方の違いが明らかで、しょぼしょぼの苗しか育たないトコロは、豆が終わったら石灰を与えてあげようと思う。

ちょっと暖かくなったと思って喜んでインゲンの種を蒔いたら、また涼しくなってしまい。。。にょこっと頭を出して停滞していた。昨日の雨と今日の午後の温かさでぽこぽこと発芽+双葉を広げてくれた。ほっ。頑張ってねー。

人参。

いつもは畑ボックスの端から順番に野菜を植えていくのだけど、今年は何を思ったか、真ん中からとか、両端だけとか、ばらばらと種を植えている。なので、↑↑のインゲンと人参の間に少しスペースがあるのです。そこにはインゲン第二グループを植えようかな。

寒い中、がんばってるトマトたち〜! 今年は去年集めた種からのスタート。自分で種から育てるトマトに自信がなくて、いつも2つ3つの苗を買ってくるんだけど、今年はこの子たちとこぼれ種組のみ!大丈夫かなぁ。

ちょっと余談。週一でランチタイムに泳いでいる。まだ初めてから3週目なんだけど、今週は月曜と今日の二回泳いだ。ほんの少し体がほぐれてきたように思う。泳いだあとはものすごくお腹が空いて、いつもローストチキンのようなタンパク質に食いつきたくなる。そんな鶏肉はキャンパスには売ってないので、今日はチーズがいっぱいのったベジピザを食べてしまった。ヘビー。食べたあとでやめときゃよかったって思う。泳いだあとって、ぽわ~~んといい気分に疲れて、あぁ。。。このままお昼寝したい~。。。と、何もする気がなくなってしまうからちょっと困る。週一スイミングに体が慣れたら、もうちょっとしゃきっとするかなー。木曜日はランチタイムのヨガに行くのだけど、昨日のセッションもなかなかのワークアウトで、今日はとっても筋肉痛です。鎖骨の周りの筋肉とお尻の脂肪の中に埋まった筋肉(?)が痛いよー。ちなみに、このお尻のお肉の部分って英語では「Butt Cheek」って呼ばれたりして、直訳では「お尻のほっぺ」。昨日のヨガの先生も「ハイ、お尻のほっぺをぎゅっとひきしめてーっ!」って言ってた。それが効いたのかもっ。

えぇっと、うちのバジル。 んもぅ。。。バジルでは毎年苦戦する。どうしてもわさわさと育たない。涼しすぎるのかなぁ。何度も失敗しているけれど、また今年も植えてみた。

発芽した尻から虫に食われていたりする。うーむ。

えらい元気なのは、畑ボックスのあいだの通り道に咲き始めたポピーたち。こぼれ種から出たものです。。。

ボックスの外側(周り)に、私がわざわざ種を蒔いたものたちよりもずっとずっと威勢がいい。あんまり元気なので引っこ抜けなくて。ポピー街道になっちゃった。

↓↓ あのね、ここにはね、去年までは半分枯れたシャクナゲが植わってたのです。半分だけ枯れているというのはとても微妙で、引っこ抜けずに何年もそのままにしていたのだけれど、この春先に思い切って抜いた。

その後、パラパラと花の種を蒔いてみた。計画性がないから。。。なんちゅうか、シャクナゲのお墓に雑草が生えてきただけのように見える。でも〜、お花が咲く予定なの〜。咲いてね〜。

フォックスグローブは、いつもミツバチの音で賑わう。この子(↓↓)見てみて〜。

きみ、入るトコロまちがってる。。。

お日さまがでて嬉しくて駆けまわるイヌ。口にくわえているのは、豚のぬいぐるみの「顔」デス(体は家の中にある)。

ゆったりと楽しい週末を〜♪

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

カモミールと破壊されたバードフィーダー

季節の花が少しずつ庭を彩り始める時期はとても楽しい。

もちろん、きれいに咲いている姿もかわいらしいのだけれど、きゅっと閉じた小さなツボミたちが開いていく様子を眺めているのはとても楽しい。あの小さな蕾の中にアレだけの花びらが折りたたまれてつまっているんだ、と想像すると不思議でたまらなくなる。

こぼれ種組。この子たちは元気に大きく育った〜。

花が開いていく様子も、花それぞれ。チューリップやポピーや芍薬やバラの様に存在感のあるツボミたちは、膨らんで割れて手品のように花びらを見せてくれるけれど。

カモミールのような小さな花がどんな風に開くのか、見たことありますか?

↑↑ 上から三番目に写っているのがちょうど開き始めたカモミールのつぼみ♪ 小さな指をぴぴっと伸ばしたようでかわいらしい。でしょ?

そして円盤の様に白い花びらが広がったら、次は真ん中の黄色い部分がゆっくりと膨らみ始める。

こんもりと、とんがり帽子のようになる。

どこにそんな力があるのだろうと、感心する。よね?

週末、こんもりしたツボミを1つずつ切って集めたよ。ここまでこんもりしていないツボミでもいいのかなー。

お茶にしよう。

6月半ばだというのに涼しいし、風も強いので、お日さまの下で乾かすのにも一苦労です。

庭に小鳥たちがやってくるのを見るのも楽しいので、バードフィーダーをぶら下げている。

三階建てのバードフィーダー。上の屋根の部分が蓋になっていて、エサを流し入れるような仕組み。

それがさ。。。

見事に屋根が沈没。破壊されたのでした。。。

誰の仕業かわかる??

リスですよ。リスっ! あの難しい発音の Squirrel !!!

狸かなぁともおもったけれど、狸ならフィーダーごと引きずり落としていただろうし、この細い枝にぶら下がってアクロバット的なことはできないはず。リス。もしくは。。。ドブネズミ? 破壊の仕方がさぁー。なんとも痛々しくて「執念」のようなものを感じてしまった。

うーむ。週末屋根の修理をしてあげようかな… うーむ。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

6月半ば:週末の庭にて

ふぅ〜。どこに行ったというわけでもないのに、なんだかとっても忙しかった週末。もう終わってしまう… 買い物、掃除、洗濯、犬飯作り、Gusの毛抜とお風呂、芝刈り、畑チェック、まとめた雑草を地区の収集所に捨てに行く、などなど… ね、全部「家の用事」。Gusとの散歩も「するべきこと」のひとつだけれど、歩くのは好き。

よく体を動かしたので気持ちよく疲れたかな。良いお天気で、庭に春・夏の花が咲き始めたので外に出ているのが嬉しい。庭模様の記録です。去年の今頃のブログ記事とくらべてみると、今年は庭の草花も野菜もずいぶん遅れているのがよくわかる。

ハーブベッドはこんな感じ。レモンタイムとセージの苗は、半分が冬の間にダメになっちゃった。一株の半分だけが枯れてしまったよー。

↓↓は美女なでしこ。去年、一つ赤い花が咲いたときに、ブログで花の名前を教えてもらったのでした♪ その種をとっておいて蒔いてみたところ、今年はたくさん、色の違う花がついたよ〜♪ 美女なでしこってそういうものなのね。

実は、この美女なでしこが咲いているところには、去年、たくさんの「大キンケイギク」が咲いていた。今年も出てくるかなぁ〜って思っていたのに、見当たらない。ふむ… とにかく、去年の冬は寒かったし長かったので、ダメになっちゃった花も少なくない。ダリアも、球根をそのままにしていても冬越しして翌年もでてくるのに、今年はダメみたーい。真紅のダリア、好きだったのになぁ。また来年だ。

ラベンダーの古株の向こう側に、こぼれ種から出てきたフォックスグローブ。今年は去年よりもすこし背丈が低い。こぼれ種から育つ苗って、前の年寄りも小さくなることが多いのかな。ポピーやカモミールも、勝手に芽を出して育ってくれるのはいいのだけれど、前年のよりも小ぶりなものがあることに気づいた。だんだん種が元気をなくすのか、土の栄養がたりないのか。どうなんだろ。

ラナンキュラスが今頃咲いてる。かわいいね〜。ラナンキュラスは咲き終わった後、球根を掘り起こします。この子たちはそのままにしておくと、翌年絶対に出てきてくれないことに気づいたので。

ふふふっ♪ ようやくえんどう豆〜! これはブッシュタイプなので支えがなくてもこんもりと育つもの。さて。狸に見つからずにすむかなー。こないだ庭の奥を横切って行く2匹のたぬきを見た。。。あぁ。。。来ないで〜!

掘り忘れたジャガイモの次世代。変なところに出てきていたので掘り起こした。ユーコンゴールドっていう種類です。今週の晩ごはんに使おう。なんだか、また小さなのを掘り忘れているような気がするのだけど。。。

そして、今週のパン。最近はこの全粒粉パンばかり。サワードウも焼いてみたいんだけど。。。種作りに何度も失敗してねー。ちょっと暖かくなってきたからもう一回チャレンジしてみようかな。

今週は大学の卒業式の週。いいお天気になりますように♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

rose report: コンスタンス・スプライとマダム・アルフレッド・キャリエール

バラの記録。うちの裏庭には4種類のバラが植わっている(ふふっ。一つ加わったの~)。そのうち二つが咲いてまーす♪

コンスタンス・スプライとマダム・アルフレッド・キャリエール

一番の古株は、本当に「古株」で、以前ここに住んでいた人が前庭に植えたもの。やせ細って枯れかけていたのを、相方がレスキューして裏庭に移したのが…6年ほど前かな。

おそらく「マダム・アルフレッド・キャリエール」だと思われる白いバラ。リカバリーして年々大きくなっている。自分で育ててみるまでは、バラってすっごく繊細でお世話が大変で大雑把な私には無理っ、って思っていた。

けど、この白バラちゃんを見ていると、バラ野中にはたくましいものもいるのだと気づいた。なんちゃって剪定と冬の間の肥料だけで、それなりに元気に育ってくれているから嬉しい♪ ネットで調べてみても、この白バラちゃんはあまり手をかけない方がいいらしい。日陰でもなかなか元気に育つバラなんだって。

白バラちゃんのとなりにいるのが、ピンクの「コンスタンス・スプライ」。桃色ちゃん。

セールの棚に寂しげに並んでいたのを買ってきたのが2年前の夏。去年、初めて蕾を付けてくれたけれど、4つ5つだったと思う。今年は花数がずいぶん増えたよ~。背丈はまだ低く左右のバランスが悪いものの、最初の一年よりも威勢が良くなったみたいです。この秋にはもう少し土をきちんとしてあげたいな。

きれいに咲いてくれてありがとう。

二つの香りを比べると、私は白バラちゃんのが好き。一番好き。前にも書いたかな。白バラちゃんはとても柔らかい香りで、果物の「ライチ」を思わせる。バラにありがちな(?きっと私の偏見。)気品高くちょっと香水っぽい香りとは全く違って、白バラちゃんの香りはとても自然で優しい。ミルラ香って呼ばれるもコンスタンス・スプライの香りも素敵だけれど、白バラちゃんの清楚で優しい香りにはかなわないと思う。

開き始めのころ。数日すると花びらが自由に遊ぶように広がる。

でも、香りの好みって個人個人よねー。私が好きな精油の香りも、相方に嗅がせると「けっ。臭いっ」だもん。うーむ。でもクリームなどにして肌につけていると大丈夫みたい。この白バラちゃんの香りは彼も大好きです。桃色ちゃんのも好きだって言っているから、バラの香りは好きみたい。ちなみに、花の香で二人同意して苦手なのは「ユリ」。

あと二つのバラたちはまだ咲いていないので、また咲いたときに見てあげてくださいませ。こうしてバラたちを見ていて思うのは、毎年同じ姿を見るわけなのに、毎年、まるで初めて出会うかのように新鮮に「きれいねぇ」って嬉しくなること。わたしたちも草花の様に、そんな新鮮でストレートな喜びを久しぶりに合う人たちと交換しあえたら素敵だな。

懲りずに… ルバーブとイチゴのデザート。ガレットです。ルバーブの焼き菓子はもうそろそろ終わりにしたい。今年は変なお天気だから、大好きなブルーベリーのできも悪いのかなぁ。ベリー…待ってるよ〜!

…こういう撮影オシャレにできない私。手前にタイムの小枝をのっけてちょっと気取ってみた(見えますか??)けれど… なにか違う。でもそのこっそりの頑張りが、自分でも健気で笑える。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪