ほうれん草団子入り・プンジャビ風バターミルクシチュー

なんともムーディな日曜日。青空が出るのを待ってGusとMid-day walkに出かけたら、10分もしないうちに「みぞれ」の様な冷たい雨がざざざーーーーっ。

途中で散歩を切り上げて引き返した。するとまた10分しないうちに青空がのぞき始めた… 今日は一日そんな感じ。寒いし〜。もうすぐ3月。「2月は逃げる、3月は去る」っていうけれど、ホント、逃げられた感じ。ついこの前豆まきしたばかりなのにっ。

さて、久しぶりに新しく試してみたレシピを紹介しよう♪ 相方が「これ、おいしそうだよ」とリンクを送ってきたもの。お肉なしのプンジャビ料理。お肉を食べたくない日に作ってみよう、ととっておいた。プンジャビ風バターミルクシチュー。オリジナルレシピはココ→☆

インドのお料理はスパイスが必要なものが多く、それも理由で作るのをいつもためらってしまう。「家にあるスパイスで足りるのか」「スパイスで匂いがしみつくかも」「スパイスの分量を測るのがめんどくさい」…ブツブツブツ。でも、スパイスの効いたお料理は大好きなのです。誰か作ってくれればなぁ〜っていつも思う。ソフィー、作ってー!(注:ソフィー=我が家の架空の召使さん)

今回トライしたこのレシピも幾つかのスパイス必須で、バターミルクを2リットル!恐ろしい量だ。そんなに作ってまずかったら、私一人で毎日コレを食べ続けることになる。。。 で、分量をオリジナルの約半分にして、無いスパイスは適当にとばした(いいのか?)。↓↓の分量は私が調整したものです。

ほうれん草団子入りのプンジャビ風バターミルクシチュー

団子の材料:

  • ほうれん草2把(洗って茎の下の部分を省いて大きく切る)
  • ひよこ豆の粉(chickpea flour)半カップ
  • モッツァレラ(grated)1/4 C (家にあったので入れた)
  • 玉ねぎ 半分(みじん切り)
  • グリーンチリ 1本(の代わりにグリーンチリソース大さじ1)
  • 塩 小さじ 2/3
  • チリパウダー 小さじ半
  • コリアンダー(粉) 小さじ半
  • クミン(粉) 小さじ1/4
  • ガラムマサラ 小さじ1/4
  • こしょう 適当

シチューの材料:

  • バターミルク 1L
  • ひよこ豆の粉 1/4 C
  • ターメリック(粉) 小さじ半
  • 塩 小さじ 2/3
  • フェネルシード 小さじ 1/4
  • コリアンダーシード 小さじ半
  • マスタードシード 大さじ半
  • セラノチリ・ペッパー 1本 (種を除いてみじん切り)
  • ニンニク 3カケ(マッシャーで潰す、または剃る)
  • 生姜 2cm弱(すりおろす)
  • 玉ねぎ 1個 (半分に切ってから薄切り)
  • チリパウダー 小さじ1/4
  • 塩コショウ(適宜)

  1. ほうれん草は熱したフライパンに入れて蓋をして蒸す。しんなりしたら取り出して冷ましてしっかりと絞る(冷凍のものを使っても良い)
  2. 団子のすべての材料を混ぜ合わせる。
  3. 多めに油を入れたフライパンでほうれん草団子を焼く。スプーンで具をすくってフライパンに直接入れて小さなお焼きのように焼く。団子にして揚げてもよい(オリジナルはそうしている)
  4. 両面2〜3分焼いたら、ペーパータオルの上で油を切る。
  5. バターミルク、ひよこ豆の粉、ターメリックをブレンダーに入れて混ぜる。
  6. 大さじ1〜1.5 の油をダッチオブン鍋で中火で熱する。フェンネルシード、コリアンダーシード、マスタードシードを入れ、2〜3分熱する。
  7. 細かく切ったセラノチリ・ペッパーを加えて約1分炒める。
  8. ニンニクと生姜を加えて2分程炒める(焦がさない)
  9. 玉ねぎを加え、3〜4分炒める。柔らかくなるまで。焦がさない。
  10. チリパウダーとバターミルクミックスを一度に加える。
  11. 私はココで少しチキンストックを加えて薄めた(1C程度)。
  12. 中火で沸騰させてから火を弱め、30分ほどふつふつと煮る。
  13. ほうれん草団子を加えて15分煮込む。
  14. 塩コショウで味をととのえる。私はほんの少しお砂糖も加えた。

バターミルクというとあまり馴染みがないかもしれない。酸っぱい牛乳、といった感じの飲み物で、私たちも普段バターミルクを買うことなんて滅多にない。バターミルクパンケーキのレシピがあったとすると、ヨーグルトで代用する。ネットで検索すると、バターミルクの代わりには:

  • 牛乳+レモン汁(酢)=1カップ(240cc)+大さじ1杯
    軽くかきまぜ、5分間ほど放置し、牛乳が分離するとOK。
  • ヨーグルト又はサワークリーム+牛乳=約4:1
    ヨーグルトに牛乳を少しずつ混ぜて飲むヨーグルトくらいのかたさになるとOK。

酸味のあるバターミルクと、基本的にスパイスと塩コショウだけの味付けのシチューって、一体どんな味がするのか??と、不安だった。

のですが、これが、なかなか美味しくてびっくり〜。今までこういう風味のシチューって食べたこと無いよねぇ、って言いながら相方も喜んでいた(ので、これまたびっくり)

バスマティライスにかけて食べたよ〜♪ ほうれん草団子の方には案外しっかりと味がついているので、さらりとしたバターミルクシチューによく合う。バターミルクがなかったら、豆乳とヨーグルトとかでも大丈夫かなぁ。酸味は必要!な一品です。ターメリックで色づいた薄いパステルイエローも、シチューの色としては新鮮。慣れないスパイスを扱うのって、戸惑うし作業ももたついてしまうのだけれど、初めて味わう風味って楽しい。プンジャビ地方では本当にこんな風にバターミルクを使ってお料理するのかなぁ。

晴れていた土曜日、丘の上ではしゃぎすぎて右膝が痛いGus。今日はちょっとびっこをひいていた。はしゃいじゃ駄目っていってもイヌはわからないもんね。走るの大好きなのを無理やり止めるのもかわいそうで。数日おとなしくしたらまた良くなる。春先の新しい匂いに興奮しちゃうGusでしたー。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

買って良かったパン焼きツール

キッチンツールにしても大工道具にしても、ツールって「あると便利だろうな…」「これだよ、こういう道具を探してたんだよ!」と、使っている自分を想像してついつい買ってしまったものが結構ある。で、実際は、別になくても困らないものだったりして引き出しに眠ったまま日の目を見ないものも少なくない。

今年に入って(まだ1ヶ月とちょっとだけど〜)、これは買って良かった!と自信を持って言えるツールが二つ! 毎週末のサワードゥパン作りのツール☆

コレですぅ。

スクレーパー(スクレッパー?Scraer)

これっ! コレがあるのとないのでは、生地を扱うときのストレスがぜんっぜん違う!サワードゥの生地は水分が多く柔らかいのでとにかくくっつくのです。手やボールやボードにやったらくっつくのは、私があまりにも初心者で生地の扱いをまったくわかっていないと思っていた。このスパチュラが来るまでは普通の小さなゴムベラを使っていたんだけど、くっついた生地をちみちみとゴムベラでかき集める作業って虚しくて。で、サワードゥパン作りのサイトや本で見かけたこのタイプのスパチュラをクリスマスに買ってもらった☆

私にも生地が扱える! しゃっしゃっと柔らかい生地をまとめたり、ひっくり返したりするのにとっても便利!

それから♪ パンを成形して発酵させるバヌトン!

まぁるいボールの形のも欲しいなぁ〜って思っていたんだけど、焼きたいのはこの形なのでこっちにした。バヌトンにリネンのカバーもついてきたよ♪ これもサンタさんにお願いしたんだけど、届くのに随分日にちがかかって数週間前にようやく。

えへへ。。。生地の閉じ方が。性格でるね。

この発酵かごが来るまでは、クッキーシートの上にまとめた生地をおいて発酵させていた。それでもそれなりに形にはなるんだけど、どうも「でれ〜〜ん」としてしまいがちだった。単に私の生地の分量か発酵のさせかたが原因かもしれないけど。でれ〜んとしてチアバタ風になるか、発酵加減がまちまちだった。一箇所はぶおぉ〜んと膨らんで、別の場所は縮こまったままとか。

このバヌトンに入れてあげると、ちゃんとまとまって膨らむ。それまで何度も、発酵中に下に敷いた布や上にかぶせた布にべっとりくっついて、泣きそうになったこともあった。でも、このかごを使い始めてからは大丈夫♪ 嬉しい。

そういうちょっとしたストレスを感じなくていいだけで、パン作りの行程がずっと楽しくなった〜♪ ↑↑のは先週末の。布にくっついたら嫌だ…と思い、粉をかけすぎまして。そのまんま焼いたら「化石」みたいに焼きあがった…

パンをしゃ〜っときれいに切れるパン用のナイフが欲しいなぁ〜、なんて思うけど… それはなくても大丈夫なツールかな。きっと。

*おまけ:余った寿司の具で

こないだの節分のお寿司の具が余り、翌日、またお寿司を巻くのも食べるのも嫌だったので。生春巻きにしたよ〜。相方のちょっとピリリとしたピーナッツソースで。これがなかなかGoodでした〜。久しぶりの生春巻き、美味しかったな♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

チアシードプディングが美味しい~、と週末サワードゥパン

健康に良い、美容に良い、ダイエットにも効く、なんて言われて数年ほど前に(?かな?)ぐぐっと注目を浴びていたチアシード

チアシードというと、私の中では「チアペット」しか浮かばなくて、食べるもの、ましてや「健康食品」だなんて思えず、試したこともなかった。

チアペット…こんなのもあるのね。

ところが。最近ハマっているのです。チアシードを使ったチアシードプディング! 美味しいの~☆

この間遊びに来てくれたジェニーは、看護師さんで自然療法にも詳しいし、今はホーリスティック自然食事療法の勉強もしている。彼女は自身のリューマチの症状を抑えるためにも、今までに色んな食事療法を試してきた。消化器官の健康が体全体の健康の基本であることや、体への負担を軽くする食事療法など、ジェニーが来るたびに「いいよ~」っていうことを教えてもらう。で、ジェニーが食べてたのよ、朝ごはんにこのチアシードプディングを♪ 見た目はすごく怪しくて「なにそれ。。。」っていう代物なんだけど、食べさせてもらったら「イケる!」。

色々とあるレシピの中で、私が落ち着いたレシピは:

  • チアシード(黒) 大さじ 1
  • 良いココナッツミルク 大さじ2~3
  • 豆乳 4分の1カップ(弱)
  • ブルーベリー 適当
  • メープルシロップ 小さじ2程 (はちみつでもOK)

コレを1C強のメイソンジャーに入れて一晩おいたものを、翌日おやつに持っていく。

最初作ったときは、ジェニーが食べていた量と同じだけ作った。チアシード1/4 C 分! そしたらね、食べて半時間もしないうちにお腹がどっしり重くなってぱんっぱん! 動けませんっ。すっごい満腹感っ! チアシードは水分を含むと膨らむし即効性の満腹感を与えてくれる、っていうのは読んだことあったけど、冗談抜きでお腹一杯になる!! ので、大さじ1の上の分量を作って、お腹が空いた時に二口程食べると落ち着く。食べすぎるのもよくないらしいので、大さじ1(10~15g)が一日の摂取量としてはちょうどいいみたい。

一晩置くと水分を含んでぷるんぷるんのカエルの卵みたいになるよー。

ジェニーは良質の脂質をなるべくたくさん摂取して、関節や消化機能に負担のかかる炭水化物をあまりとらない。なので彼女のチアシードプディングにはココナッツミルクがたくさん入ってる。私は少しだけ入れて、後は豆乳で十分。ここにシナモンなどを入れても美味しい。ジェニーはカカオニッブというチョコレートの原料(?)みたいなのと植物性のコラーゲン(粉)も入れていたよ。

チアシードの嬉しい効果がわかりやすくまとめられているサイトがたくさんある。→チアシードの効果☆
中でもα―リノレン酸や抗酸化作用の高いミネラル「セレン」、繊維や鉄分が含まれているっていうのはとても嬉しい。

プディングと言っても、プリンとは違って、とろ〜りとしたゼリー状。この食感が苦手な人もいるかも。私はしばらくチアシードプディング熱、続きそうでーす☆

*週末サワードゥパン

先週末のパンはこんな風

この形だと端から端までが大体同じ大きさでサンドイッチにもしやすいので、最近は丸いカンパーニュ(?)よりもこの形ばかり。今回のはあまり不規則に大きな気泡も入らず、相方が「ジャムが落ちるっ!」ってブツブツ言うこともなく、程よい酸味も香りもあり私たち好みに焼けたかな♪

ちょっとずつちょっとずつ練習続く~。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

D君のCold Box Cheese

今学期、一緒に仕事をするようになった学生さんの一人D君はとても面白い。わはは、と笑う「面白い」ではなくて「Very Interesting」という意味でとても面白い。今どきの若い男の子にも、D君みたいな子がいるんだなぁって感心しちゃう。私たちの周りには、すごくすごく大雑把に分類すると、「アイデアの人」「行動の人」「口ばかりの人」「とにかく何もしない人」がいる。アイデアの人はいつも色んなアイデアや空想にあふれている。行動の人は色々説明したり用心深く考えるよりもなによりも動く・実行する。口ばかりの人は、その通り、口達者で論じるのも上手いし屁理屈も上手い。何もしない人は、したくないのか、する気が起こらないのか、慎重すぎるのか、理由はどうであれ何もしない。大雑把すぎる分類かな(苦笑)。

とにかく。いいたいのは、D君は色んなことに興味があり、夢があり、常に動いているひと。何かに興味を持つと徹底的に調べて読んでマスターするタイプ。D君ってそういう人だよね〜って本人に言ったら、「どうせするならとことん突き詰めないと意味が無いでしょ」って。どきっ。私、広く浅くさら〜っと楽しむタイプです(言わなかったけど)。

そのD君、お料理が大好きなんだって。自分でも「僕はFoodieです」って言うほど。「料理ができれば何処にいても健康でいられる」とも言っていた。えらいな。でね、彼ね「スモークチーズ」を自分で作って販売してるのー。お店の名前は「Cold Box Cheese」!

去年の夏に木材店(?)でバイトをしていて、そこででた廃材を使って「コールドスモーカー」を作ったんだって。で、色んなチーズを色んなウッドチップで燻製して、ようやく自分のブランドができあがってきたんだって〜。すごいね〜♪ 家に手造りスモーカーが2つあり、一つはチーズ用、一つは魚用なんだってー。

「食べたい!」って言ったらサンプルを持ってきてくれて、とっても美味しかったので1ブロック購入♪

これはチェダーチーズを「Alder(ハンノキ)」のチップで燻したもの。D君の話では、チーズによって合う・合わないウッドチップがあるんだって。シャープなチェダーがアルダーのスモークで甘みをおびているような気がする。

相方にもD君の話をして、試食をさせたら「美味しい!燻し加減がちょうどいい。うん、とてもいい。」と言って喜んでいた。本当に美味しいので「家にあるWeberのバーベキューを使ってコールドスモークできるかなぁ」、なぁ〜んて思って検索してしまったほど。D君は簡単な材料でできるよって言ってたけど、私、ツメが甘いからな〜。ぼーっとして注意を払っていないうちにチーズを溶かしてしまいそう。

まだ立ち上げたばかりのお店なので、ウェブサイトもないみたいだけど、オーダーすればスモークしてくれるみたい。私がもらったのも、きちんとワックスペーパーに包んであり、それがまたバキュームパックでしっかりと包装されていた。いずれは真空パックしたスモークチーズを箱に入れて販売したいんだって〜。

ビジネスカードのデザインもシンプルでメッセージ性があって良い良い☆

大学で仕事をしていると、こうして若い学生さんたちから刺激をもらえるのが嬉しい。歳を重ねていくとどうしても現実的になりすぎたり、物事に取り組む前にあれこれ考えすぎて「やっぱり無理だ」って尻込みしたり、屁理屈言ったり悲観的になったりすることが増えていく。D君や他の学生さんスタッフと話していると、Yes, Yes, Just Do it!!! ってわくわくしてくる。私は腰が重いので、いいな!って思ったらとにかくやってみる努力をしなきゃいけないなぁ〜、と… 思います。はーい。

テーブルのそばでじーーーーーーーっと「Eye Beam(熱い視線)」を送り続けていたGus。一切れあげたら。。。

噛まずに飲み込んだ… ちゃんと味わいなさい。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪