ciao, フィレンツェ : 食

フィレンツェで食べたものの中から少しだけ♪

今回の2週間の旅行中、私たちが外で夕食を食べたのは合計4回。間食や甘い物は何度か外で食べたけれど、夕食は4回だけで、そのうち3回はフィレンツェ。全部、Trattoria(トラットリア)って呼ばれる、小さめのレストランで。「レストラン」って名前のつくところは値段も高いって聞いたし、トラットリアやオステリアって呼ばれる食堂では地元のシンプルなお料理を楽しめるよって教えてもらったので。行き当たりばったりの私達だけど、フィレンツェで見てみたいたいところはいくつかピックしていたのでしたー。

↓の星印はチェックしていたスポット。私達にしては上出来な予習ぶり。

Screen Shot 2014-11-23 at 10.48.57 AM

一つ目、相方が「行こう!行こう!」とはしゃいでいたところは、「Perché No」っていうジェラート屋さん。おいしいジェラートのお店として紹介されていたんだってー。シニョーリア広場から2〜3分ほど。

Perche no

フレーバーがたくさんありすぎてすんごい迷った私。相方は迷わず「ピスタチオ」。
↑の写真の「柿」フレーバーもめっちゃ気になったー。

Perche no

うーーーん、と悩んで、季節の味に決めた。

Perche no

「castagna =栗」♪ とってもマイルドで優しくて、作った栗の味ではなくて美味しかった〜。ちなみに翌日、別のジェラート屋さんで洋なし食べたよ。

初日の夕食は、予約無しでホテルから2分の細道にある「Trattoria Antico Fattore」という小さなレストランにブラっと入った。イタリアの人たちって夕食を食べるのが遅い。レストランも夕食のFirst Servingは、早くて7時半、普通8時のスタート。普段、6時に晩御飯を食べる私達は、7時半にこのアンティコファットーレに行った時には腹ペコで。。。注文しすぎた。。。

前菜。Cold cutsの盛り合わせと、鶏肝+クロスティーニ。

Antico Fattore

美味い。この鶏肝、めっちゃ美味しかった。バゲットをたてに半分に切って、コレをたっぷり塗って一本食べれると思う。

Antico Fattoreホームメードペストのシンプルなパスタ。このペストはレモンの味がきいていて、とってもさっぱりとして美味しかったよ。

Antico Fattoreイノシシ肉のソースon パルパデッレ。コレ、好き。ソースがまろやかでイノシシ肉って脂身が少ないのかな、ブタや牛とは違う旨味があると思った。

そして「トライプ」。相方が「まじで、食べるの?それ、どの部分だか知ってるの?」と、ぎょっとしてたけど。

Antico Fattore

フィレンツェに行ったら絶対にトライしてみたいと思ってたから。この時点でもうお腹いっぱいだったんだけど。。。胃袋なんだよね?もっとこりこりっとしているかと思ったら、意外にソフト。味にも特にくせがあるわけでもなく、特徴もなく、口当たりの良いソースで煮こまれていると「鶏肉の皮?」みたいな感じだったよ。コレをさ、二日目にサンドイッチにしたら結構いけるんじゃない?って思った。この他、相方はオーソブッコも頼んでいたのでした…

Antico Fattore

二人ともお腹爆発寸前でAntico Fattoreを後にしましたー。ホテルが近くて良かった…この後、マシモと電話で話して「君たち注文しすぎ…So silly…」と言われ、二人で注文するときの手ほどきを頂きました。

2つ目は「Trattoria Sostanza」。これは私が見つけたネット情報。「地元民に人気の食べどころ」っていう記事で紹介されていたよー☆ ホテルの人に予約をしてもらっておいた。シニョーリア広場からゆっくりと歩いて20分くらいかな。

Ttattoria Sostanza

7時半の予約に合わせて行ったら、まだシャッターがしまっていた。フィレンツェの中心街からほんの少し外れたひっそりとした細道にあるので、閉まっているシャッターの前を通り過ぎそうになった。んだけど、6人ほど早くに来て開店を待っている人がいたので、「あ、このシャッターなんだ」と分かったのでした。予約をしておいて良かったよ!本当に小さなトラットリアで、長テーブルを入れて10個ほど。待っている人の中には、日本の雑誌を持ったカップルがいたんだけど、予約をしていなかったので「明日の予約なら」と断られていた。明日フィレンツェを去るから。。。と、とっても残念そうで気の毒だった。

このトラットリアでどうしても食べたかったのは、フィレンツェで有名な「フロレンティーンスタイルのステーキ」。殆どの人がコレを注文していたよ。

Ttattoria Sostanza

グラムで注文(500gか1kg)で、私と相方二人で500gのをシェア。焼き具合は聞かれず、出てきたのはレアとミディアムレアの中間ぐらいかな。味付けは恐らく塩コショウのみなんだけど、これがすんごくジューシーでほんっとうに美味しかった! 私達が座ったのは長テーブルで、シンガポール人のカップルとNYからのカップルとシェア。皆、ネットや雑誌で見た!といって来ていました。

Trattoria Sostanza

オーナーさんだと思う。とっても明るくてノリが良くて、何言ってるのか分からなくても雰囲気が楽しかったおじさん。

この夜は、マシモのお教えどおり、二人でお肉はシェア、前菜にプルシュートの盛り合わせ、サラダは一人一つ(野菜に飢えていたので)、プリマのパスタは注文せず。

というのも、ドルチェを食べたかったからー!

メレンゲと野いちごのケーキ♡

Ttattoria Sostanza

iPhone撮影で色が悪いけど、これね、ほんっっっっとうに美味しかったのー。私はメレンゲを見て食べて興奮したことって一度もないけれど、このケーキを食べてメレンゲを見る目が変わった。焼きたてのメレンゲを横に半分にスライスして、さっぱりとしたクリームが間に挟まっているだけのもの。季節の野いちごが横に添えてあった。

相方とシェアしたんだけど、これ、一人で食べたかった〜。このケーキと、プリマのパスタが食べたくて、帰りに翌日の予約を聞いてみたら「もう一杯です。」って。結局翌日は「Antico Fattore」に戻ったのでした。ウェイターさんと顔なじみになっちゃって、Broken Italian でわいわい楽しかったー。

とっても素朴でシンプル(に見える)なのにどうしてこんなに美味しいのかな。イタリア食、好き〜。

☆参考までに:

Perché No
Via dei Tavolini, 19R
50122 Firenze

Antico Fattore
Via Lambertesca, 3
Firenze

Trattoria Sostanza
Via del Porcellana, 25/R
50123 Firenze

*お知らせ:写真の上でクリックすると写真が大きくなります。写真の外側でもう一度クリックすると閉じます。もしよければ試してみてね☆

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

久々の外食 @ Stage

お題のとおり。久々に外食をした。ちょっと前までは「ヒッピー」の色が濃かった界隈なんだけど、なんだかすっかりおしゃれになって「ヤッピー」が集まりそうな雰囲気が漂っていた。Stage、というトコロで、メニューにのっているお料理は、小さなお皿にちょこっとお酒のあての様なもので、ビール、ワイン、カクテルを選べるという、ま、居酒屋みたいなスタイルなのかな。お友達カップルと一緒に行ったので、いろいろ頼んで少しずつ味見して。。。 という感じで楽しめた☆

滅多に外食なんてしないので、ちょっと食べたものを見せちゃおう。

Stage wine bar

手前が鴨肉の燻製、左の四角いのが兎の肉のテリーヌ。鴨肉おいしい〜。右上のちっちゃいのは全部ピクルス。甘みのあるピクルスで、こういうのだったら僕も食べる、と言って相方も食べていた。兎のは、別に兎だと言われなかったらわかんない。

http://stagewinebar.com/

タコと白豆とルコラ(?)のマリネ。タコが食べたくて頼んだんだけど、あまりたくさんタコが入ってなかったのが残念。あ、この後すぐにツナのセビーチェも頼んだ。どちらもよく似たような味だった。

Stage wine bar

ポークベリーとコロッケ。ポークベリーはサイダービネガーでグレージングされてあるみたい。ほろほろっと崩れて美味。コロッケは。。。 日本の商店街で売ってるコロッケのほうがずっと美味しい。

Stage wine bar

Langos。ハンガリーの揚げたポテトブレッドなんだって。コレはあっつあつで出てきて、おいしかったー。上にのっているのはにんにく。ふりかかっているのは塩。にんにくをごりごりとこすりつけて、ちぎって食べました♪

↓これはなんでしょう?

Stage wine bar

ディープフライの芽キャベツ。芽キャベツってあまり好きじゃないけれど、これはカリカリで美味い。パルメジャーノがふんだんに振りかけられていたよー。家で作れそうだ…と思いながらつまんでいました。

Stage wine bar

タコのフライ。コレはまあまあだった。もっと気合入れて揚げようよ、という感想。

おおっ、これこれ。

Stage wine bar

意外に美味しかったステーキタルタール。生のミンチを食べるなんてっ!絶対嫌だっ、と言い張っていた相方でさえ、これは美味しい、と言ってた。タルタールって、如何に新鮮なお肉を如何に味付けするか、でタルタールと呼べるか「ただのひき肉」で終わるか決まってくるらしいね。コレは合格。でも、やっぱり自分で注文したいとは思わないかなー。

私以外は皆赤ワインを飲んでいた。私は白とバブリーなのを一杯飲んだだけ。こういうお食事だとアルコールが進むんだよね〜。客の年齢層も幅広く、雰囲気も良くて気に入りました。

あ、忘れちゃいけない、デザート。相方が選んだのは… コレ。

Stage wine bar

お洒落なスニッカーズ、って感じだった。中がチョコとピーナッツバターの層になってて、上に塩がかかっていて、隣のソースみたいなのがベリーとキャラメル。このソースの部分が美味しかった。

もうひとつはキャロットケーキ。

Stage wine bar

お洒落なキャロットケーキ。個人的には普通のキャロットケーキにタップリとクリームチーズフロスティングがのっかっているのが好き。コレ(↑)で美味しいな、工夫してるなって思ったのは、この白いクリームがゴートチーズってトコロ。あっさりとしていてこりゃ美味しい。Stageには、ゴートチーズを使ったクリームチーズケーキもあるんだって。次回は是非味見してみたいです。

少しずつ色んなものを味見できて楽しかったー♪ たまに外で食事をすると、普段刺激されていない部分の味覚が喜ぶようですネ。満足なり♪

さて、明日月曜日は出勤(当たり前ですが)、で、火曜日はカナダデーでお休み☆ 明日はホリデーモードで過ごしてしまうだろうな。

良い一週間を!

paprica Instagram ☆↓↓ 良かったら見て見てね〜♪

instag

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ


今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

美しい建物+美味しい食事@Lucca・ルッカ

昨日のポストでおわかりの通り、私たちのルッカ滞在はワシワシ小道を歩きまわって終わってしまった。あはは。素敵な教会や美術館に「出くわした」ものの、中に入ることはしなかった。ピサの大聖堂を見てすでに感覚が「教会訪問の飽和状態」だったので、ルッカでは建物は外から愛でて満足♪

ルッカの街に着きホテルにチェックインしたあと、余り何も考えずに夕方の散歩にでかけました。本当に「出くわす」っていう表現がぴったりなほど、歩いていて角を曲がると「うわぁっっ。」っていう具合で目を見張る教会や広場に遭遇した。

ルッカの建物

ローマ時代の公共広場サン・ミケーレ広場にあるサン・ミケーレ・イン・フォロ教会。気づいたかな。ピサの大聖堂の正面の装飾に似てるよね。典型的なロマネスク様式だそうです。私はどうやらこのスタイルがとても好きになりました。これだけは中を見たかったんだけど、閉まってた~。土曜の昼下がりは、サン・ミケーレ広場はものすごい人だかりだったけど、日曜の朝はひっそり。

街の北側までずんずん歩いて行ってばったり出会ったのが、「Chiesa di san Frediano:サン・フレディアーノ教会

ルッカの建物

6世紀の前半、ルッカのビショップだったのがフレディアーノ(アイルランド人)。彼がこの教会を建てさせたそうです。13世紀になってから、このビザンティンスタイルのモザイクがが加えられたんだって。

Chiesa di san Frediano

好きだなぁ。十字架を背負って血を流しているキリストを見るよりも、和やかで歓迎されているような気分になれる。

郵便ポストを探していて迷い込んだ「Piazza di San Martino:サン・マルティーノ広場」。

Piazza S. Martino

建物の並ぶ様子や煉瓦のパターン、壁の色の具合がとても好き。

そしてここに立って、くるっと右を向くと。

Cattedrale San Martino

Cattedrale San Martino:サン・マルティーノ大聖堂」あり。この大聖堂のリズミカルに連なるアーチと隣にそびえ立つ塔のコントラストが見ていてとても楽しかった。きれいだなぁ。

で、ここをくるっと左に曲がってみると、「Piazza Antelminell」。後ろに見えているのは「Chesa del Santi Giovanni e Reparata・サンティ・ジョヴァンニ・エ・レパラータ教会」。この教会のドーム(?)の形がかわいらしいな。サン・マルティーノ大聖堂と広場を挟んでほぼ向かい合わせのところにあるんだけど、こちらはすごく素朴な感じがして。サン・マルティーノが「ウェディングドレス」だったら、サンティ・ジョヴァンニ・エ・レパラータは「農夫のエプロン」、みたいな感じでしょ?

ルッカの建物

歴史とかよくわからなくて(お恥ずかしい)、感覚で「好き」とか「デザインがオシャレだな」っていう感想ばかりはきだしていた私… でも、今回の旅でかなり刺激を受け、ローマから始まってヨーロッパの歴史をちゃんと知りたいなぁって思いました。

見ぃぃ〜〜っけ!

Chiesa di san Frediano

Piazza Anfiteatro:アンフィテアトロの広場」!写真では見たことあったけど、本当に楕円形をした広場だった~!アンフィテアトロとは「円形闘技場広場」。

アンフィテアトロ

ローマのコロッセオの様に「闘技」の広場だったんだって。つまり、コロッセオでいう「観客席」にあたる部分が住居化されて、今のような広場になったらしいヨ。

アンフィテアトロ

緩やかな曲線が楽しい。楕円形に閉ざされた広場って、長方形の広場とは何かが違う。いつまでもぐるぐると歩いて回りたくなるような、心地良さがありました。

さて♪ ちょっとだけ「食ネタ」。

私たちはローマ滞在中もルッカでも「レストラン」って名のつくところには入らずじまい。外食したところは、「Bar・バール」とか「Trattoria・トラットリア」って呼ばれる食堂の様なところでした。ルッカも一応観光地だし、あまり美味しくなくて値段ばかり高いレストランもあると聞いていたので、どこで食べようか迷った。いつも頼っていたマシモたちもいないし〜。

で、相方のお姉さんがNew York Timesの記事で紹介されていたルッカのトラットリア情報が役立ったー☆(→原文

Corte Porticiにある「Da Francesco」。

Da Francesco

ココでは夕食と軽食を食べた(そ、2回も行ってしまった)〜。

ルッカの食

食事の場所にカメラを持っていくことがほとんどなかったので、コレは貴重な一枚。カラッと揚げただけなのに、めちゃくちゃ美味しかった。ビールにぴったり〜。

で、私の誕生日の夕食は「Gigi」っていうバール・トラットリア。Piazza del Carmineの隅っこにあり。

ルッカの食

外のテーブルに座ることができたよ♪ イタリア滞在中にどうしてもポレンタが食べたかったので、私はビーフの煮込みとポレンタでした☆ 家庭料理のような美味しさ…

ルッカのGigi

ドルチェは相方と半分こ。ペアークランブル。北米のクランブルとは見た目が違うね。これがさ、ふっとぶウマさだったー!真ん中のクラストの中に煮込んだペアーが入っていて、その上に濃厚なチョコレートがとろけていた… Aww….

ルッカの食

ハウスワインもおいしかった〜。ワインが安くて美味しい国に移住したい…

美味しいものを頂いたあとの夜の散歩も気持ちいいよ。ナポレオンの広場もひっそりです。

二日いると、建物や道の特徴を目印にして方向がつかめてきました。
What a charming little city. フローレンスやピサまで行く機会があれば、是非、立ち寄って欲しいトコロ☆ そして、Da FrancescoとGigiでお食事を〜。

今日もご訪問どうもありがとう。↓↓ぽちっと One Click嬉しいな♪
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

イタリアでコーヒー・ジェラート・パニーニ

ここいらで食ネタをはさんでおこうかな。

2週間のイタリア滞在中、私たちのお昼ごはんはピザかパニーニで、散々歩いて疲れた頃にコーヒー飲んだりジェラート食べたりっていうパターンでした。

数カ月前からコーヒーを断っていたんだけど、ローマに着くなり「エスプレッソ〜!」にスイッチ。

エスプレッソ

エスプレッソって…何度見ても、出されるたびに「これだけ?」って思ってしまう。一口でぐびっといったらおしまいだもんね。フランチェスカは、エスプレッソではなく、最近はコーヒーよりもお腹にやさしい麦(?)コーヒーを飲むようにしてるって言ってた。美味しいのかな。結局、試さずじまいだったので、この辺りでも手に入るのか探してみよう〜っと。

カプチーノも美味しかったよ~。まろやかでとろ~っとしてた。

カプチーノ

一件では、カプチーノを頼んだら、小さなパイのようなお菓子が一緒についてきて、コレがすんごい美味しかった。外がさくさくで、中にデーツか何かの餡(?)が入っててしっとり。うめぇ~。

さて。ジェラート。平均して2日に一回はジェラート屋さんに立ち寄ってたっけ。トレヴィの泉の近くだったり、町外れの売店っぽいところやトスカーナの小さな町や。。。その割には、同じフレーバーばかり頼んでいた相方。彼のお気に入りはピスタチオで、私はフルーツ系(ピーチ、ペアー、イチゴ)にハマッてしまった。最終日にマシモに「最後にもう一回ジェラート食べるっ!」ってお願いすると、ローマの老舗(?)のジェラート店「Palazzo del Freddo」に連れて行ってくれた♪

Palazzo del Freddo

ココっていつ行ってもものすごい人だかりなんだって~。ほ~らね(↓↓)。

Palazzo del Freddo

どこかの駅の待合室みたいだね。チケットを買って、あとはこのすごい人だかりの中にぐいぐいと入っていって「○○○フレーバーの小さいのをコーンで!生クリームものせてね!」ってな具合で注文する。マシモが一緒にぐいぐい入っていってくれたんだけど、自分の番が来たときはオロオロしてしまって、結局「ピスタチオと…ヘーゼルナッツ〜」をオーダー(他にもたっっくさん種類はあったのにぃ)。ジェラート一つ買うのに、こんなに頑張らなきゃいけないなんて… ビクトリア暮らしの私は甘っちょろいですわ。

http://www.palazzodelfreddo.it/uk/index.htm

クリーミーだ。ここのピスタチオは(ピスタチオを散々食べた)相方いわく、濃厚でちょっと甘すぎる、とのことでした。

私達がダントツ一位のジェラート!と称賛したのは、カスティリオンチェッロから車で40分ほどのところにある、カッシャーナ(Casciana)っていう小さな温泉町でのジェラートでした♪ ここ〜(↓)。これって、スポーツバーなの?

ジェラート

ここのジェラートが一番安くって、シャリシャリ感があって甘すぎず、素材の味がきゅっと詰まってたよ☆

casciana terme gelato

私はイチゴとピーチの組み合わせ(↑)。うめぇ~。

パニーニは、パンそのものが美味しくって。外側ぱりっぱり。

panini

これなんかも、シンプルなモッツァレラとトマトとプルシュート(かなんだかのサラミ)のサンド。このモッツァレラが…新鮮で美味しかった。

でも、一番思い出深い(?)のは、ピサで食べたパニーニ♪

ピサのパニーニ

ここ!Panineria. いろんな種類のお肉のサラミ(?)があったよー!

ピサのパニーニ

喰らいつくカタリナちゃん。こんなに美味しいものを食べて育っていたら、マクドナルドなんて行ってられないね。

で、私が頼んだのは、これっ☆

ピサのパニーニ

Spianata di Cinghiale。Cinghialeっていうのがイノシシ。ちなみに、下に書いてある Salame d’Oca っていうのはガチョウのサラミ(コレも美味しそうだよね)

むふ〜。イノシシのサラミにペコリノチーズ(←結構塩気あり)、プラス「ハチミツ」。サラミとチーズの塩気とハニーが絶妙。

spianata di cinghiale

見ての通り、いっぱいいっぱい具が挟まっているわけではないんだけど、一口かじるとそのフレーバーが口の中で爆発します。

あぁ〜。美味しかった。

長々と旅リポートに付き合って下さってありがとう〜。あとちょっと、ローマ散策、見てね♪

今日もご訪問どうもありがとう。↓↓ぽちっと One Click嬉しいな♪
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ