晴れ間の散歩と、”250ドルのクッキーレシピ” を試したよ♪

朝起きてお日さま見えるのって何日ぶりだろ。

oct23walk3

満潮時だってわかっていたけれど、青空と海を一緒に見たくてGusと海岸まで散歩。 露出オーバーの様なこの(↑)色合いが好きです。

あまりにも気持ちよくて、岩場に腰掛けてぼーっとしていると遠くで「ちょっと危ないからやめなさいっ」と、男の人が日本語で言うのが聞こえた。そぅ、日本語だとどんなに小さな声でもばっちりと聞き取れる。岩場を登って行くと、同じ声が「はい、そこに立ってよ〜、はい、ダブルチーズでいっとこか〜」と(関西のひとか?)。どうやら子供さんに声をかけている様子。でも、ぱっと見ても日本人らしきひとはいない。はて。。。

ハーフの女の子二人が駆け寄っていった先には、少し赤毛の体の大きなパパ。白人さんだった。アジア人ではない人が流暢に日本語を話しているのを聞くと、今でも戸惑ってしまう。見かけで判断してはいけないけれど、このパパさんはどう見ても日本語を話すような人には見えず、それも全くアクセントもないもんだから、中に日本人が入っているんじゃないかって思ってしまったほど。何故こんなにギャップを感じるんでしょう。

oct23walk2

眩しくて秋の葉っぱがきれい。

oct23walk1

湿った落ち葉がいっぱいの散歩道でごきげんのGus。落ち葉がまとめて山積みにされていたりすると、顔を突っ込んで念入りに匂いをかぐ。一体どんな情報がそこに詰まっているのかと思う。犬って、匂いの情報を「視覚的に処理」している、ってこの間どこかで読んだヨ。私たちが本を読みながらその場面を想像するような感じかなぁ。

さてさて!先週、New York Timesのお料理セクションで見つけたクッキーのレシピ:The $250Cookie Recipe!すんごい気になって作ってみたよ〜! このレシピにはストーリーがあるのん。ある女の人がテキサス州ダラスの町にある「Neiman Marcus Cafe」でチョコチップクッキーを食べて、そのクッキーがあまりにも美味しいからレシピを譲って欲しいって訪ねたんだって。そしたらウェイトレスが「Only Two Fifty」って答えたのね。Two Fifity、と言われて、クッキー好きの女性は「あぁ、2.50(トゥーフィフティ=2ドル50セント」だと思ったわけ。で、後日。。。クレジットカードの明細を見てみるとなんと$250(トゥーハンドレッドフィフティ)だったんだって〜。

そんなレシピだっていうんだもん。どんなクッキーだか気になるやんねっ?

$250クッキーレシピ

材料:

  • 1 cup バター
  • 1 cup ブラウンシュガー
  • 1 cup 砂糖
  • 2 卵
  • 1 小さじ バニラエッセンス
  • 2 ½ cups オーツ(押し麦)
  • 2 cups 小麦粉
  • ½ 小さじ 塩
  • 1 小さじ ベーキングパウダー
  • 1 小さじ ベーキングソーダ
  • 340g  チョコチップ
  • 110g 板チョコ(チョコレートバー)
  • 1 ½ cups ナッツ(砕いたもの)

オーブンは190度(375F)。

  1. バター、砂糖二種類ををクリーム状に混ぜる。卵、バニラエッセンスを加えて混ぜる。
  2. オーツをブレンダーかフードプロセッサーで粉々にする。別のボールにオートミール、小麦粉、塩、ベーキングソーダ、ベーキングパウダーを入れて混ぜ合わせる。
  3. 粉ものを1にゆっくりと加えてまぜる。
  4. 板チョコを荒いおろしきなどで「する」(Grate。ニンジンやチーズをおろすのに使うような道具で)
  5. チョコ、ナッツを生地に混ぜ合わせる。大体混ぜ合わさったらオッケー。
  6. 生地を3つに分けて2つは冷凍。一つは冷蔵庫で30分程ねかせた。
    250dollar_cookie
  7. 約2cmのボール上にしてクッキーシートにならべ、10分焼く。

*変えたトコロ:チョコチップが足りなくて170g程だけ使った。ナッツも1カップのみ。砂糖は少し減らした。

焼き上がり〜☆ (コレ、3分の1の生地。20個焼けた)

250dollar_cookie1

見た目は普通。全然、「すごくない」。$250レシピっていう貫禄も全く感じられない。

250dollar_cookie2

普通やん。

さて。冷めたところで、ひとかじりしてみた。

250dollar_cookie3

むむっ。

むむむっ。。。

これは。。。美味いっ!!

ほんとにおいしいっ!! うーんと、クッキーには「さくっと系」とか「チュゥイー系」とか、もひとつ言うなら「もさっと系」がある。私は口の中でもさもさするクッキーが嫌い。そう、美味しいクッキーを作るのって実はとっても難しいと思う。ぱさぱさしたり、粉っぽかったり、やたら甘かったり、ボロボロして口の周りにいっぱいくっついたり。かというと、ぱりっと硬くてクッキーらしくないものになったりもする。

これはね、「さくっと系クッキー」。口の中でほろっと崩れるような感じ。そして香ばしいっ!

秘密はね、「オーツをブレンダーにかける」のと「板チョコをおろす」にあるはず。普通のオートミールクッキーは、オーツをそのまま入れちゃうので、クッキーを食べるときに結構「くっちゃらくっちゃら」とする。ブレンダーにかけることでオーツの香ばしさがとてもふんわりと広がるんだと思うよ〜。それから、チョコチップだけでなく、わざわざグレイターでおろしたチョコが入っているというのも、イーブンな味わいの秘密なんだよ〜!

相方も私が「$250レシピのクッキーを作るよ〜!」って言った時には「クッキーなんてみんな同じさ」みたいな鼻で笑うような反応だったのに、これをひとくち食べて「おぉ〜〜!!!ちがうっ!!!」って言ってたよ〜(笑) ちょっと面倒なステップもあるけれど、是非お試しあれ〜。

注意:この分量はかなりおおいです。私のスタンドミキサーでもぎりぎり。半分の量でできるかなー。この分量で生地を作れた場合は、全部焼かずに冷凍できちゃうので便利です☆
instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

秋の片付けとレモンリコタチーズケーキ

週末は少し庭の片付け。冬は庭で野菜を育てないので(育たないから)、秋が深まってくると少しずつ片付けていく。終わった野菜を引っこ抜いて適当な大きさに切ってコンポストに入れたり、咲き終わった花枝を切り落としたり、雑草を引っこ抜いて土を返したり。そういう作業。お天気がいい秋の午後にこういう作業をするのは、とても気持ちがいい。

秋色の紫陽花

白い紫陽花は秋になるとこうして色付く。この色のまま乾燥させてみたいけれど、どうもうまくいかない。なので、この紫陽花は切らずに秋の色を楽しみます。

ちょうど春用の水仙の球根がまとめて売ってあったので、ワンパック買ってきて植えたよ♪ ミックスなんだって。球根40個入り。

水仙の球根

春先に咲く水仙たちの黄色は公式な春の印!だもんね〜。 数年前に球根の植え方をよく心得ていなくって、一列に並べて植えてさ。出てきたときに笑ってしまった。こういう球根は5〜6つをまとめて(大きめに掘った穴にまとめて)植えるんだよ、って教えてもらったのでした。適当なスポットを幾つか選んでまとめて植えたよ☆ 水仙たちは鹿も食べないので、安心して前庭にも植えましたー。

秋のイチゴたち。ほ〜らね♪ まだまだ頑張ってるよ〜。

秋イチゴ

これがね、結構甘いのです。春のものよりも甘いかも。

秋イチゴ

それに、ダンゴムシや鳥たちにも食べられていなくてきれい! 何故なんだろ〜。

そろそろ緑のトマトも収穫してしまわないとなぁ〜って思いながら、赤いものだけをピック。 来週末はトマトソースを作ろっと。ズッキーニとインゲンはもうおしまいだなぁ〜。 今シーズンもどうもありがとう。

秋の終わりの収穫

冷蔵庫に中途半端に残っていたリコタチーズを消費するべく。Jamie Oliver のレモンリコタチーズケーキを作ってみたよ〜(→オリジナルレシピ

sunday_work6

全てが「計量カップ」と「匙」計量の北米のレシピに慣れてしまうと、「グラムレシピ」が面倒で… いつもは避けるんだけど、試してみた。北米レシピでもよく似たようなのがあって見比べてみたところ、ジェイミーの方がちょっとしたところが丁寧な気がして。例えば、リコタチーズを細かなザル(?)を通してから使うとか、卵を黄身と白身にわけて、白身を泡立ててから織り込むとか。このレシピの白い砂糖だけをハチミツに変えてトライしたよ♪

Jamie Oliver レモンリコッタケーキ

密なテクスチャの美味しいケーキ。コーヒーにも紅茶にも合うと思った。ふと、久しぶりに美味しいほうじ茶でほうじ茶ラテを作ってみたくなりました〜。何にもないオープンな週末、好きだな。。。

*おまけ:今朝の朝日

銀色に近い冷たい白の三日月が、つるんととってもきれいに光ってた。気持ちよく一週間のスタート♪

sunrise_sep26
iPhone pic.

良い一週間を!

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

週末より。Fall Collection.

きらきらな快晴の秋の日が続いているビクトリア。秋の光の収集、楽しんでます♪ 週末辺りから少し下り坂だっていうし、夏も短ければ、こんな風な最高の秋の日も長くは続かないもの。しっかりと吸収してま〜す。

twinkling_weekend

実は先週末の土曜日は、私たちの住んでいる地域の区長さんが主催した集まりに、わざわざ大学まで行ってきた。ビクトリアは年々人口が増えていて、地価もまだ上昇している。若い世代が家を買えない現状です。それを理由に、好ましくない開拓・改築がどんどん進んでいる。味のある小さな古い家を取り壊し、敷地ぎりぎりまで馬鹿でかい家を建てるディベロッパーたち。フォーリンバイヤー(多くは中国人…)も増えてきている。私たちの住んでいる地区は、お年寄りが多くて古い家も多い。ゆったりとした敷地に建つ家もたくさんある。ディベロッパーたちはコレを放ってはおかないわけ。今の区長さんは金儲け主義なもんで(←なんでこの人が当選したのかわからないっ)、まぁ、聞こえのいい理由をつけて「Infill Housing」を推し進めているのです。一つの家を2つや3つに分けたり、土地を分けて家を建てて売ったり。必然的にこの地区の密度が上がるんだけど、そうすることで若い世代が住めるようになる、っていっていた。嘘ばっかり。このミーティングでは「今日はとにかく皆さんの声を聞きたいだけですよ。何も決まったわけではないですから」って言ってたけれど、区長さんたちが何をしたいのかというと、こういうInfill Housingを地区の条例で認めてしまえば、土地をばんばんスライスして家を増やせるわけで、つまり戸数が増えればそのぶん税金もかき集められる、というわけ。

ゴンザレスビーチ
iPhoneで撮ったの、コレ。スマホカメラの性能も良くなったもんだ。

そういう背景が分かっている人たちがたくさん集まっていたので、ミーティングはかなり「熱かった」。こういう集まりに行ったのはこれで3回め。私は多分、集まった人の中で一番若かっただろうし、たった一人のアジア人だったよー。そう、まだまだ白人のお年寄りが多い地区なのです。私的には、現状維持でこの地区の良さを保って欲しいな。

twinkling_weekend2

話はそれちゃったけど。そんな集いのあと、Gusを連れて散歩。

twinkling_weekend4

G:なにかんがえてんのー?

。。。と見上げるGus。色々と思い巡らしてしまった。

ここでは「蜘蛛」や「蜘蛛の巣」も秋の季語。どこからともなく蜘蛛たちがたくさんでてきて立派な巣をはる。

twinkling_weekend5
みえるかな?白い蜘蛛。

ベースメントにも、大きなものが現れるヨ。この辺りでよく見かけるのは「ウルフスパイダー」か「ホボスパイダー(Hobo spider)」。どちらも家の中の小さな虫を食べてくれるし、ニンゲンに害を与えることはないので私は気にならない。けど、蜘蛛の巣がね〜。ドアを開けたところに大きな巣を作ってくれたりすると気づかないもんでさ。朝一番に顔全面で蜘蛛の巣を破ってしまったり。あまり気持ちのいいものではないです。

twinkling_weekend3

大学の秋学期がスタートして、今日で一週間!キャンパスの若い学生さんたちを見ていると、わくわくする。でも、一気にキャンパス内の人口が増えたもんで、そのバイブレーション(?)に疲れている自分。まだ火曜日なのに、週末が待ち遠しいな。

あ、そうだ。週末にひとつ試してみた「パリパリ・フォカッチャ」。ブログのお友達のtomさんafricaさんが、す〜っごい美味しそうに作られていてね。おふたりともお料理のプロだから、私にもできるかどうか聞いたみたら、伸ばすのを気をつけて sinomaiさんのレシピを基本に作ればいいとのことだった→レシピ☆

パリパリ フォカッチャ

何かが違う。。。失敗。春の終わりににんにくの芽のペーストを作って冷凍していたのがあったので、それを間に挟んだ。パンの部分が全然「ぱりっ」としてないやーん。ふむ。頑張って伸ばしたのにな〜。もっともっと薄くしなきゃいけないのかな。味は悪くはないんだけど、食感がね。。。なんていうか。「ダンボール」みたいだった。

なんでかな〜。相方はペーストの味がにんにくすぎるから嫌。と言って食べてくれなかったので、私一人でダンボールフォカッチャを消費することになってしまった。味は悪くないのになー(私的には)。

twinkling_weekend6

相変わらずの、ハッピーGusちん。「ぼくちん、だんぼーるたべるよー」とでも言ってそうな笑顔。。。

happy autumn collection☆

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

割れちゃったトマトとフルーツまんだら

先週のざざぶりでさ。

トマトが割れちゃった〜。

tomatosplit2

ぱっつんぱっつんで、あと一日お日さまに当たれば真っ赤っか、っていうトマトたちは、雨粒の衝撃でも割れちゃうんだね。

tomatosplit

なんてデリケートなんだろう。

ここまで育つのにものすご〜〜〜く長い日数がかかったというのに、最後の最後でぱりっと割れちゃって。仕方ないけど。

割れたのはそこからすぐに傷んでしまうもんね。集めて今日の夕食のサラダに使ったよー♪

tomatosplit3

今夜は友だち家族が夕食に来てくれた♪ お友達の娘さんも、ちょうど夏休みでトロント大学から帰省中。久しぶりに懐かしい可愛らしい顔を見ることができて、私も相方も嬉しかったー。

dinnertime可愛くて、いつもしっかりがっつり何でも食べてくれるサニーちゃんに。夏の終わりのフルーツタルトを作ってみた☆

fruit_tart1

ベースにするタルト(クッキーみたいなの)は昨夜のうちに焼いてさましておいたので、今日は楽ちん。タルトの上にクリームチーズベースのクリームをぬって、その上に果物を並べただけ。で、グレーズをかけた冷たいタルト♪

「曼荼羅みたい。。。」と、少しお坊さんの気分で果物を並べたヨ。

タルト生地とクリームチーズクリームにも甘みは加わっているけれど、全体的にさっぱりのデザート。今夜はポークリブとコーンブレッドっていうアメリカンな夕食だったので、くだものいっぱいのデザートで正解だった。

fruit_tart2

今度サニーちゃんに会えるのはクリスマスかなぁ。メディカルスクールを目指す彼女、頼もしい。若いっていいなぁ〜、とっても♪

あ、おまけのGusちん!

poster_Gus
クリックで拡大します

これ、ポスターみたいよね、って相方と同意。背景に雲がふわ〜っと写っているのもあって、文化大革命のあたりの中国共産党のポスターっぽいかも(笑)。来年のGusちんカレンダーの表紙かな〜、なんて♪

明日もいいお天気だといいなー。トマト、もうこれ以上割れてほしくないもーん。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

8月最後の週末の畑模様

雨降ってる〜。1ヶ月ぶりかな。すっかりからからに乾いていた庭の草木が嬉しそう。

今日は家の中で片付けしたり、犬飯つくったり、洗濯やらパン作りやら。。。週末のチョアー(家事)をのんびりとやっていた。どんよりと薄暗いけれど、しとしとという雨の音が心地よい。こういう日曜日もたまには悪くない。

先週はとっても暑い日が数日あり、昨日はものすごく風が強かったけれど晴れていた。カメラを持って散歩に行って、秋の光の中のGusを撮ったのに。。。デジカメのチップがきちんと奥まで入っていなかったようで、撮ったはずのものが全部撮れていなかった。ざんね〜ん。こういうアクシデントも久しぶり。デジカメやスマホでビジュアルレコードをとることが普通になってしまっているせいか、「自分で切り取っておいたはずのシーン」が無い、ということに妙にショックを受けている自分に驚いた。「あの一瞬のあの光の中のあの場面」って間違いなく過去で、もう戻ってこないんだなぁ、って。ほんの小さなことなのに、一人で妙にしみじみとしてしまった(笑)。

さてと。気を取り直して撮りなおした畑の様子♪ うちの裏庭では、トマトの旬というと8月半ばから9月。今年はこぼれ種が自然に発芽して育った苗だけなので、いつもよりもスタートが遅かった。でもまぁ、なんとかぼちぼちと色づいてきているよ〜。

8月終わりの畑

大きいのはまだあと少しかかるかな。プチトマトたちは、二人で十分に食べれるくらいの量が毎日採れるようになった♪

8月終わりの畑

あまぁ〜い♪

ここまでくるのにものすごく日数のかかるトマトたち。それでもこの甘さを知っているから、毎年育ててしまうのね。

春に植えたニンジン。食べるときにひっこぬいてるよー。うちのニンジンは小さい種類で、大きくなっても20cmくらい。

8月終わりの畑

あとは、時期をずらして植えたいんげん豆たち。お豆は一日で一気に大きくなるね〜。インゲンも子供の頃は大嫌いだったけど、自分で育てたのを食べてみてこんなに甘いのか〜ってびっくりしたお野菜の一つ。

8月終わりの畑

ケール(右上。Red Russian Kale)は苗を4つのみ植えてるよ。内側から葉っぱが出てくるので一シーズン放ったらかしで食べ続けられる♪ 葉っぱが固めなので、少しゆでてからスムージーにいれたりもしまーす。

Gus豆食べる

G:いんげん、いっぽん、もらっちゃった。おいしいです。

ズッキーニ(ロマネスコっていう種類)。今年は調子が悪い〜! ズッキーニというとだれでも育てられる簡単な野菜。で、どんどん大きくなって食べきれなくなるのがいつものパターン。なのに、今年は実の先っちょから腐っていくものが半分ほどあり。受粉がうまくされていないんだねぇ。 気温が安定しなかったりしたから、雌花と雄花の咲くタイミングが悪かったのかな。 畑をしている人と話していたら、「私のズッキーニも今年はダメだわ〜」って言っていた。そういう年なのかな。受粉を手伝ってあげたほうがよかったのかなー。

ズッキーニ

来年はあまり放ったらかしにしないで育ててみよう。

これも去年のこぼれ種からでてきたのかな。。。↓↓ 菊。でも。菊ってこぼれ種から育つものなの? 挿し木はよく聞くけど。

菊の花

菊って、日本では「お墓参りに持っていく花」っていうイメージがあって、自分で育てたいって思ったことなんてなかった。でも、こうして咲いていく様子を眺めていると、かわいらしい。特に、つぼみがとてもきれいです。それに、なが〜いこと咲いていてくれる花の一つ。

もう秋です。夏の果物ともさようなら。最後の桃を使って「キャラメルピーチガレット」を作ってみた。

キャラメルピーチガレット

ま、ピーチ・パイ、と同じような感じです。別に作っておいたキャラメルを桃にふりかけてから焼いたもの。桃が大好きな相方のリクエストでした〜。「桃、桃!」ってうるさいから、先週は桃のポレンタケーキを作ったんだけど、作った後でぼそっと「ぼく。。。パイの方が断然好きなんだけどな。。。ケーキはケーキの部分に桃がうまってしまってちょっとしか桃があじわえないからなー。。。」とぼやいていたのでした(ったく。。。埋まってなんかないやんっ!と私)。

というわけで、今週末の焼き菓子はパイ。確かに、こういう焼き菓子は果物をしっかり味わえるよね♪  ピーチも終わりだし、コーンのシーズンも終わっちゃうというので、トウモロコシ6本からコーンスープも作ったよ。すんごく甘くってびっくりした!あれが庭でできたトウモロコシだったりしたら、デザート並みの甘さなんだろうなぁ。スープの写真も撮ったけど撮れてなかったー。あははっ。

さーてと、8月ももうすぐ終わっちゃう! 9月に備えて気持ちの準備をしなきゃ。

良い一週間を!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪