early dog violet

in my backyard, found a small violet. don’t know how they arrived here. i didn’t plant them.

the other day, i was just thinking of the little violets. i was thinking, it’d be very pretty to see some simple, little violets, around the rocks here and there. yes, nothing fancy, just like these.

and here they are. in the cold spring rain.

thank you.

もう三月。海岸で雌鹿に会う。

Happy Friday☆

3月が始まると、寒さがもどってきても気持ちはもう春。散歩中にも自然と春の印を探す。

朝、まだ薄暗いうちからロビンが歌うのが聞こえてくると、あぁ、またくるりと一年巡ってきたなぁと思う。嬉しいな。

昨夜は眩しいほどの満月だったので、海岸まで歩いて潮がどれほど大きくひいているか満ちているかを見に行った。

風が起こす波ではなくて、勢い良く満ちていく潮の音が聞こえた。

心地いい。

ストレスのたまる職場ではないけれど、金曜日の午後になると「unwind」したくなる。一週間のうちに体の中とか心の中に小さな「knots」(結び目・団子結び)ができてしまうようで、そういうのをほどきたくなる。わかるかなぁ。

今日の波音は「ほどく」のにぴったりだった。

すっかり気持ちよくなって海岸を歩いていた。大きな岩があり、流木が打ち上げられている。いつもその上を歩く。数歩先に新しい流木が斜めに打ち上げられているな、と目の端でとらえた。

流木じゃなかったの。それ。

雌の鹿だった。ぎょっとして息がとまりそうだった。

雌鹿は全身ずぶ濡れで、とても寒そうだった。目を閉じ、頭を大きな岩の上にのせ、体全体でもたれかかってぐったりとしていた。耳に黄色いタグをつけていた。

咄嗟にGusにリードをつけて後ずさりした。まだ生きているけれど、おそらく死んでしまうだろう。Gusの綱を短く持ち、静かに雌鹿に近づいて鼻先に手をあててみた。鹿の鼻に触れたのは始めてだ。目を開け立ち上がろうとしたので、ごめんなさいと思い、私たちはまたそっと後ろに下がった。どうすることもできないのにすぐにその場を離れられず、ずいぶん戸惑った。何かをしてあげたくて、ふとよぎったのが「Gusのクッキー食べるかな」だったことに自分で呆れてしまった。

早足で家に帰ってすぐにAnimal Controlに電話をし、死んでしまいそうな雌鹿を見つけたということを伝えた。「残念だけれど、その状態の鹿はもうどうすることもできないです。おそらく死んでしまうだろうし、死んでしまったあとでピックアップしにいきます。」と言われ、「あのままゆっくり死なせるのでしょうか?安楽死させる注射などはないのですか?見に行くだけでも見に行ってあげてください。」とお願いした。せめて毛布でもかけてあげてほしい、と思ったけれどそれは言わなかった。「あと5分でここを出るので、その後立ち寄って見に行きます。」と言ってくれた。

先日の嵐のときか雨の酷かったときに、海岸近くの崖かどこかで足を滑らせて海に落ちてしまったんじゃなかろうか。目を閉じたその雌鹿の顔はとてもきれいで不思議と穏やかだった。その表情のとおり、大きな痛みを感じていなかったのだといいのだけれど。アニマルコントロールのオフィサー、見に行ってくれたのだといいな。

今週末は野良仕事をするのだ。

良い週末を♪

 

雄鹿も練習するのだ

Gusとの散歩中、何処からか「カツン、カツン」という音が聞こえたので。

ふっと、低い石塀の向こうに目をやると。

あっ。

若い雄鹿だ〜。

角と角をあわせてる〜っ!

喧嘩、してる??

喧嘩にしては動きがスローだし、頭をぐりぐりぐりと合わせている様子も楽しそうなんだけど。

きっと、兄弟なんだー!

これから春に向けて、素敵な女の子を射止めるための男同士の喧嘩に備えて。兄弟で練習中なんだよ、きっと!

でしょ??

えっ?

にいちゃん、もういっかいれんしゅうしようよ。

ほらね、この表情、絶対に本気で喧嘩している顔じゃないでしょ?

きょとんとして、額に栗毛の前髪(?っていうのかな)があってあどけない。少年たちだ。

鹿の角は鹿の種類によるけれど、ぽろりと落ちて生え変わることもあるらしい。時々、丘の上を歩きながら、ツノ落ちてないかなぁ〜、って探すんだけど見かけたことないです。

今まで見たことのない少年シカの遊びと表情に、思わずにっこりしてしまった。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

フクロウさんと束の間の晴れ間に。

とてもムーディな祝日の月曜日。一晩中降り続いた雨がやんだので、Gusを散歩に連れて行こうと裏庭のドアを開けたとき。目の前をわさわさっと黒い物体が横切った。

なんだなんだと目で追って木の上に見つけたのは、フクロウだった。彼の目はGusに釘付け。私はドアを開けたまま、そっとカメラをとりに行った。

朝っぱらからカラスがやたら騒いでいたのは、フクロウがいたからだ。

なんて美しいいきもの。

ほんの束の間の晴れ間、雨にぬれた葉っぱも木々もすべてがきらきらしていた。

いつまでも咲き続けるちいさなビオラ。春先からずぅっとツボミをつけては種になり…をくりかえしている。こんなに長い間咲き続ける花はこの子だけ。

ビルさんのインストレーションも、冬の間は片付けることにした。また来年の春になったら、アンカーストーンの上でゆらゆらしてね。

もう引っこ抜いてしまえばいいのだろうけれど、まだ黄色い花をつけているからそのままにしている。とても細かな種で、上手く発芽してくれなくて苦戦したので、余計にかわいくて引っこ抜けない〜。こぼれ種から来年も咲いてくれればいいのになー。

今日も降ったりやんだり、強風吹いたりだったので、家の中でごそごそしていた。来年用の「Gusカレンダー」の写真を選んだり、4日休むと休みぐせがついて、明日朝起きるのがつらいだろうなぁー。

*おまけ:手帖の落描き

ふくろうさん。

雨がやむといいなー。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪