ハニーサックル(スイカズラ)の挿し木とチチチチチ親子

何年も前から「ハニーサックル(スイカズラ)が庭にあったらハチドリたちが喜ぶだろうなぁ」って思っていた。

散歩道でも生い茂り、高いトンネルのようになっているのをよく見かける。よく目にするのはオレンジ色のやピンクが混じっているもの。

このハニーサックルの「黄色いの」が同僚のグレッグの庭にわさわさと花を咲かせている(!!)ということを、今年初めて知った! それで彼に、「挿し木にしたいから枝を2本ほどちょうだい」と頼んだ。

すると。

翌朝、かばんからジップロックにつめたハニーサックルをとても嬉しそうに取り出したグレッグ。こんなにもたくさん。。。

ジッパーを開けるととってもとっても良い香り!花がまだきれいについている枝を短く切り分けて、職場のカウンターに飾ってみた。ハニーサックルの香りは知っていると思っていたけれど、こんなにさわやかな甘い香りなんだね〜。薄い黄色がまたかわいい。

早速、挿し木にしてみたよー。ゼラニウムなどと同じ方法で。余計な葉っぱを取り除き(2〜3枚だけ残して)、5〜10cmに切り、切り口に発根促進剤を付ける。それをバーミキュライトに挿してたっぷりと水を上げた。普通の土よりも栄養分のないバーミキュライトのようなモノのほうがばい菌が入らないので発根には向いているらしい。

乾燥を防ぐためにビニールなどをかぶせ、日陰に数週間おいておきます。乾き切らないように毎日チェックして。

上手く根っこが出てきますように〜。来年、花はつかなくても30cmくらいに育てば嬉しいな♪

こんな風に庭でちょっと作業したり、ゴロゴロしながら本を読んでいた間、ずーーーーーーっと、ずーーーーーーっと、庭の一番奥から「チチチチチチチチチ」という小鳥の声が聞こえていた。本当に、ずぅ〜〜〜〜〜〜っと。あまりにも長い間チチチチチチと歌っているので、一体どんな子たちなんだろうと見に行ってみた。

見えるかなぁ〜。

↑↑ このビデオに映っている様子を最初に見た時は、仲良し3兄弟が遊んでいるのだと思った。ちょうど巣立ちの時期で、ブラックベリーの茂みのあたりをちょんちょんと飛び跳ねながら遊んでるの、見えるかな? まだ自信がないのか、とても短い距離を行ったり来たり。その間もずぅ〜〜〜〜〜〜っと、チチチチチチって騒がしいのです。

翌日も、チチチチチチが聞こえたので行ってみると、その日はちょっと冒険して木の上にいた〜。

↑↑このシーンをみて気づいたのです。兄弟たちだけで遊んでるのかと思ってたら、違う!お母さんらしき親鳥が、遊んでいるヒナたちに葉っぱについている虫(?)を子供に与えてた〜。よーく見るとね、子供たちはずーっとチチチって言いながら小枝の上で羽を細かく震わせて待っていて、お母さん鳥は軽やかに飛び回ってエサを集めてたよ。

エサをささっとあげているお母さんの様子、見えるかな〜。影になって見にくいね…

もう少ししたらもっとじょうずに飛び回れるようになって、自分でごはんを集められるようにもなるね〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

very grey Monday, lunch time walk

お天気悪い。週末も寒くて(涼しいのじゃなくて、寒いっ!)、昨夜は少しヒーターをつけてしまった… 今日は気温は少し上がったけれど、曇ってる。あぁ、気が滅入るぅ~。明日(明後日?)は夏至で一年で一番日が長い一日だというのに、まったく夏っぽくないよぅ~。

「ぶつぶつ文句言ってないで歩いてこい!」と思い、ランチタイムに公園まで散歩した。「雨あがりにだけ見せるキレイさがあるかも〜」と、歩き始めるといい気分になってきた。曇っていて目に映るものがなんとなく色あせていたので、スマホでシネマチックのフィルターをかけて記録。

公園はひ〜っそり。だれともすれ違わなかった。

大学の公園はシャクナゲが咲き誇る春先が一番きれいだと思うけれど、毎年こうしてみているとガーデナーさんたちの工夫がわかる。一年を通して楽しめるように、花や緑のテクスチャがとても上手くアレンジされている。

植物がどんな場所を好んで、どの季節にどんな顔をみせるのか、を思い浮かべることができないと、一年を通してのガーデンデザインはできないよね〜。すごいなぁ、ガーデナーさんたち!

このセクション(↓)なんて、春先にはクリスマスローズがいっぱいで、柔らかい緑色で溢れてたのね。それが今はこのとおり。

一年を通して「奏でる」ようにデザインするんだなーって、感心する。プロのガーデナーさんと比べちゃ失礼なのだけど、私の庭って、一時期にぶわ〜っと咲いて時期が過ぎたら、しーーーーん(ちーーーーん、かもしれない)としてしまうトコロがたくさんありまして。で、常に雑草くんたちが足元でざわざわと騒がしいという。 。。。ふむ。

今日、初めてこんな花に気づいたよ〜(↓↓)

花火みたいでしょ? 私の頭よりも大きかった。 でね、近づいてよく見ると、先っちょに小さな花が付いてたよ。

ほーら。

ふしぎな花。

あ、それからこの花(↓)! 名前忘れた…

これ、薄いピンク色のもあるよね。私はこのワイン色のがすっごく好きで、去年の秋にここで種を拾って帰ったのです。でね、植えてみたのね。で、ちゃんと発芽した! でも、私のはまだ地面から3cmくらいの背丈です。来年は咲くかなぁ。

ひっそりとした公園で鳥たちの声に混じって「ぱしゃぱしゃ」という音が聞こえたので、たどってみると。

ロビンが浅瀬で水浴びをしていた。気持ちよさそうで、思わず顔がほころんだ。

そう、ひとつ余談。

帰宅途中にドラッグストアの近くに自転車を留めていたときのこと。すぐそばのベンチでバスを待っている人たちがいたのね。5人ほど。そのうち4人はみんな下を向いてスマホをいじってた。中に一人だけ、ペーパーバックの本を読んでたのです。20歳半ばかな。見るからに「コントラクト・ワーカー(大工さん?)」っぽかった。ぼさぼさ頭でペンキでよごれただぼだぼのズボンはいていて、足元は安全靴みたいなごっつい靴。手に持っていたのはその本だけ。膝に肘をついて前かがみになって読んでいた。

なんだかその姿がとっても好ましくって、何読んでんのー?!って話しかけたくなったのでした(しなかったけど)。今はみんなスマホばかりのぞいているから。ちょっとした待ち時間に、ただ、ぼーーっとまわりを見ていることなんてしないもんねぇ。

ペーパーバック読んでる姿が、なんだかいいな♪ って思いながら、その後スーパーに立ち寄り、こないだのチーズ続きでベイビーベルを買ってしまった。。。

高いからもう買わないけど、私はこっちのほうが好きだな。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

笑う牛というチーズ

たまにはこんな投稿もありかな、と。

お題そのまんまで、

「笑う牛」という名のチーズ。

CMで見て、相方が「食べたい」というから買ってみた。

キミ、なんで笑ってるの? なんで、顔が赤いの?

この「かわいくない系」のイラストがとっても北米っぽくて、味がある。

食べてみたけど、。。。妙にやわらかい。ねっちょりと口の中に広がる。これはチーズなのだろうか。夏の蒸し暑い日に、キッチンカウンターに置かれていたクリームチーズのようなテクスチャ。いわゆる「プロセスチーズ」なんだろうけど(箱にもそう書いてある!)、いったいなにがプロセスされているんだろ。口の中であちこちにくっついて、どうもなんていうのか、「あぁん、もうっ!!」ってちょっとイライラしちゃう。そう!口をもごもごするところが牛っぽいのかも!それを牛が笑っているのかも〜!

。。。なんて思ったのでした。で、ちらっとこの「笑う牛チーズ」のサイトをのぞいてみると、色んな食べ方が紹介されていて、笑った。→笑う牛チーズの食べ方の例

わざわざ笑う牛チーズを使う必要もないでしょーが。

相方は「ぼく、これ、好き」と言っていた。食べものにピッキーなくせに、まじで?

全然関係ないのですが。

今日、散歩途中でかそこそ音がするので見上げると。。。

リスが。 開脚していた。

なにやってんのー?

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

金曜・通勤途中のパパラッチより

小雨が降ったりやんだりのひんやりとした金曜の朝。

私の通勤路の一部に短いトレールがある。以前、緑のトンネルで何度か紹介したことのある小道。

自転車を脇に押し倒し、おもむろに「う◯ち座りして」朝からパパラッチするワタシ。

一見、怪しくみえるかもしれない。

でもね。

この子がのそのそ歩いていたから。

小道のまんなかにいるんだもん。気づかなかったら自転車でひき逃げしちゃうところだったー。ほっ。

カタツムリはSnail。ナメクジはSlug。違いは殻があるかないかなんだって。カタツムリはナメクジよりもずっとかわいらしい。子供の頃、カタツムリもヤドカリのように、体が大きくなったら殻から出て引っ越しするものだと思っていたことがあり、無理やり殻をひきはがしたことがある。もちろん、そのカタツムリは死んでしまったのですが。。。子供って残酷なことをするものです。すごくひどいことをしてしまったと思い誰にも言えなかったっけ。その後、友だちにカタツムリのコロニー(?卵と親たち)をもらって育てた。卵から生まれたベイビーカタツムリが、小さな小さな殻をつけていたことに感動したなぁ〜。そっか、カタツムリは殻と一緒に生まれて、殻ごと大きくなるのか!って納得したのでした。

久しぶりに出会ったカタツムリはきれいだった♪

楽しい週末を!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

みつばちフォトに元気をもらう

今週に入ってまたとっても寒い。雨降り、雷、ストームもあった。風で草花がばんばん倒れたっ。1週間ほどいきなりとっても暖かくなったあとだったので、ギャップがこたえた… 今日は午後にお日さまがでてきて、ようやくほっ。

週末に出会ったミツバチたちの写真を眺めて自分のこころを癒し中。

どこにいるか見えますか?

こんな風に寒さが長引く春だと、ミツバチたちの活動期間も例年よりも短いはず。寒くても仕事量(巣に運ばなきゃいけない花粉の量?)は変わらないのかなぁ。だとしたら今年のミツバチたちは大変。安定しない気候に振り回されているんだろうな。

がんばれミツバチ~。

そういえば、5月31日はブログを始めた日で、昨日でまる7年になった! はやいなぁ~。よく続いたなぁ~。一年を通して眺めてみると、だいたい同じ時期に同じことをリポートしているなぁ~。大きく変わったことは何もないこのスペース。こうして好きなことを好きなようつぶやける場所があることがありがたいです。そうそう、ひとつ変わったというと、スマホ(iPhoneです)でスナップショットを撮ることが増えたことかな。便利さ故に。天気に関係なくポケットに入れて持ち歩けるし、片手でちょんっとスナップを撮れるから便利なんよね。ポケットから出す→指紋認証でON→カメラアプリON→ぱちり。3~4秒あれば撮れる。これがカメラだと:両手で持つ→カメラON→キャップを外す→オートでピントを合わせながらフレームを決める→ぱちり。のステップをするのに最低5秒は必要。片手ではできない。スマホでしか撮れない一瞬もあるし、カメラだから捉えられる雰囲気もあり、私はどちらも好き。

はたらきものたち。 busy busy!

A post shared by paprica (@paprica) on

ブログとインスタグラムを両方初めて、徐々にインスタの方に移っていかれたブロガーさんたちも少なくない。きっと便利さ+手軽さ故に、なんだろうな。私も軽くインスタに(&たまぁにFBにも)アップしているからソーシャルネットワークの手軽さはわかる。インスタの方はウィンドウショッピングみたいな気分で、ブログの方は見るのも書くのも、好きなカフェやお食事どころに落ち着いて腰掛けるような感じかな。ブログは自分の日本語の表現力(?書く力)の現状維持のために、これからもぼちぼちと続けていきたいなぁと思う。この間のような単語の「ど忘れ」を最低限におさえるためにもっ(先日は一瞬「残業」という単語が出てこなかった…「夜勤?」ちがう、「居残り?」全然ちがう、「○業。。。○業。。。」ザンギョーだっ! って。恥ずかしいったらありゃしない。)

ヌッカローズの花の中を滑るようにしてぐるぐる回っているミツバチたちがあまりにもかわいらしくて、じぃっと眺めていると。

一匹私に向かって飛んできた。

きたきたっっ!

思わずカメラでぱちり。

ぷぅ~~~~~~ん。

こんなにも羽をはばたかせて。両足に大きな花粉玉を運びながら。その小さなからだのどこにそんな力をたくわえているのー?ってたずねたくなる。

ミツバチを見ているとなんだか元気が出てくる! そんなことなーい?

我が家のバラたちもゆっくりと開き始めたよー。その様子は次回に♪

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪