永遠に生きる犬、読んだよ

犬との暮らしがテーマの本やブログは大好きなのだけれど、その愛犬との暮らしが「進行形」ではなくて「過去形・完結編」である場合、気軽に手にとって読めない。私も小さい頃からずっと犬のいる暮らしだったし、生きものを飼っているといずれは訪れる「別れ」の辛さも経験してきたわけで。辛過ぎて読めない。

でも、Gusも11歳になり、目に見えてスローダウンしてきているのがわかり、ついつい「犬の健康」とか「老犬と暮らす」といったようなテーマに目が行ってしまう。で、NY在住の日本人デザイナー竹内さんのチョビ(ハスキー♀)との暮らしを描いた「永遠に生きる犬」。偶然ネットで目に入り気にはなっていた。でも読めないなぁ~、こういうのは。と避けて通った一冊。数週間前にブログのお友達のumiさんがこの本の感想を書かれていて(→☆記事)、「あっ。あの本だ!」と、キンドル版が出ていたこともありその場でポチリ購入してしまった。


とてもリズミカルな文章でユーモアにあふれ、最初の半分~3分の2ほどは一気に読んでしまった。日本語で読むのってなんでこんなにラクで楽しいの~と、レジャー読書感たっぷりで。犬と暮らしたことがある、海外に住んだことがある、海外の犬の暮らしや飼い主さんについて知っている、という経験があったりすると、「あるあるっ!そうそう、ずばりそうなんよねぇ~。」とうなずきながらくくくっと笑っちゃうエピソードばかり。うんち話、ゲロ話、お散歩模様、ドッグパークでの暴走エピソード、幼馴染みパピーの話、竹内さんのチョビのすべてを愛する姿勢… とても微笑ましいエピソードばかりで顔がゆるみっぱなし。余談だけれど、英語で本を読みながら「ぶははっ」と笑うことなんて滅多に滅多にないので、楽しかった~。 リフレッシュできた~。

大型犬で17歳まで生きたチョビ。こんなにも愛されて長生きして、犬生を全うしたよ、本望だよ、と思いながらも、竹内さんがチョビを逝かせてあげる決断をするシーンではやっぱりぼろぼろと泣いてしまった。読み終わってから私の直ぐ側に寝そべるGusに「Gus~、長生きせなあかんで~。」と言って頭をくしゃくしゃすると、「おなかなでなでして~ん」と、びろ~んと足を広げてお腹をみせる我が犬。犬には今このときだけなんよねぇ~。昨日のことを後悔したり、明日のことを心配したりというのは人間だけで。

そうだそうだ。この本のなかで竹内さんが「チョビの肉球(のあたり?)のポップコーンのようなあまいおいが好き」と書かれているんだけど、そうなのよっ!  Gusのカサカサになった肉球からアキレス腱のあたりのくぼみの産毛を触っていたときに、「何?このほんのり甘い香りは?」って思ったー! ポップコーンの匂い、します。それに気づいてからは、犬がうんちの後にカッカッカッと後ろ足を蹴り上げるのって、あれは砂をうんちにかけようとしているのではなくて、ポップコーンの匂いを地面にこすりつけて「ぼくちん、ここにしたよ~」って他の犬にテリトリーアピールしてるのかなぁ~、なんて思ったのでした。

長生きしてね、Gus。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

お母さんといっしょ。

お昼休みの散歩中にかわいらしい家族を見かけた〜♪ かわゆいので、見てね♪

お母さんと11羽の子ガモたち。小さな小さな池の向こう側にいた〜。 子ガモたちって「ぴぴぴぴっ」と小刻みに泳ぐので、それが目に止まった。すると、ママ鴨が、どんよりとにごっているこの池の向こう岸にてくてくとのぼっていき、マーチし始めたっ。まっ、まっ、待って〜っ!

もちろん、私も数メートル後をついていった(笑)。怪しいパパラッチですからね…

時折、私との距離を確認するように頭をあげるママ鴨と目が合った。

怖がらせちゃいけない、と、その場でしゃがみこんでキッズをながめる。遠くを行き交う人たちは、草の茂みにしゃがみこんでいる私を見て何だと思ったのだろう…という思いもよぎったけど。ま、いい。

小さな水たまりでちゅちゅちゅちゅーーっと泳ぐようすがたまらない。

ママ鴨は二つの水たまりを行ったり来たりする。

11羽のキッズたちも後に続く。

お母さんの周りで、ちゅちゅちゅちゅーーっと泳ぐよー。ここなら足が届くのかな。

見ていると、ちょっと離れて飛び上がる子、ママのすぐ隣でゆっくりとちゅちゅちゅーっとしている子、のんびり後からついていく子、ちょっとずつ性格のちがいもあるみたいで、それがまたかわいらしい。

水たまりレッスン終了〜。てけてけてけ。。。と池のほうに戻っていくご一行。

11羽みんなが元気に仲良く育ちますように。

ところで。カルガモって、雄と雌は一生一緒に過ごすってよく言われるけれど、子育て中は大抵ママ鴨とキッズしか見かけない。パパ鴨はバカンス?

良ければ動画も見てねー☆ かわゆいよー☆

 

May 1st.

5月だ!

誕生月だからというわけではないけれど、大好きな5月が始まると心がおどる。うれしいな〜。

お昼休みの散歩で空色のロビンの卵みっけ♪ 中にはまだ「とろり」としたもの(白身?)がはいっていたから、ヒナがかえって間もない殻だったのかな。アメリカンロビン=こまつぐみ。ロビンの雄はダークグレーの羽にテラコッタ色の胸、白いメガネ。おしゃれなのです。

庭の奥半分にもフェンスがはいった☆ これ、私の誕生日プレゼント。わーい☆

このフェンス沿いも雑草だらけですごい状態。地下茎で広がる種のものがはびこっているので、少しずつ少しずつきれいにしていけたらいいな。2年ほど先を目標にして、ぼちぼちと。頑張ろ〜。

今年の春はいつまでも寒い日が続いていた。今朝も朝はひんやり。5月1日は大切なひとにスズランを贈る日で、いつも庭のあちこちに顔を出すスズランを束ねて、小さなコップにいれて気持ちだけお祝いする。のだけど、今年は寒くて咲いてないぞー。

チャイブたちもまだ「ちゅん」としたツボミ。

どんな花もツボミは可愛らしいので、ツボミをゆっくり楽しめる春というのも嬉しい。

ケール。

週末はなんだか忙しくって、ゆっくりサワードゥに付き合っている時間もなく。久しぶりにイーストで全粒粉ローフを焼いた。たまに違ったものを焼くのもいいかな。モラッセスをいれるのでコクのあるトーストパンです。

日も少しずつ長くなり、朝の光がとってもきれいなのもこの時期。わたしはやっぱり、夕方の陽よりも朝が好きだな。

今年に入ってからは「月」ごとの小さな目標をたてている。本当に小さなことなんだけど、4月は色々と家のことや車のことに振り回されて落ち着かず、決めた3つのうちの1つしかできなかった。5月は気持ちよく穏やかに楽しみたい。大好きな一ヶ月だから、毎日をよく噛んで味わっていこう。

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

early dog violet

in my backyard, found a small violet. don’t know how they arrived here. i didn’t plant them.

the other day, i was just thinking of the little violets. i was thinking, it’d be very pretty to see some simple, little violets, around the rocks here and there. yes, nothing fancy, just like these.

and here they are. in the cold spring rain.

thank you.