Billさんのインストレーション

随分前にここでも紹介させてもらったアーティストのBillさんの作品→☆過去記事

このBillさんが「君たちの庭にひとつ作品を届けたいんだ。」と、先週の週末にインストレーションを設置しにわざわざ来てくださった。

ようやく空を覆っていたスモークがきれ、青空が広がったので、朝の光のなかで写真を撮ってみた。

家の中に吊るしたものと同様、私の名前の一字「生」が書かれている。でも材料は雨風にも絶えられる様に工夫されていた。フレームはシダー(Cedar)の木、糸は釣りやセーリングで使うワックスのかかっているもの、白い短冊はセーリング用の帆に利用される薄い布。

設置する場所は、迷わず、庭の年寄りヘーゼルナッツの木の下を選んだ。今までずっと「なにか物足りないな」って感じていたこの空間に息吹が吹き込まれた様。デッドゾーンだったのです。

私たちの庭の「アンカーストーン」に、友達ができた♪ 前にも書いたかな。この恐竜の卵のような石は、私たちが結婚してすぐの頃、海岸で見つけてどうしても!って持って帰ってきたもの。前に住んでいた家でも、今の家でも、アンカーストーンとして庭に住んでいる。ビルさんの作品がやってきて、「ずっと待ってたよ」って言っているように、石がとても嬉しそうなのです。不思議。

アンカーストーンの話はきいていたけれど見たのは初めてだったBillさんも、これほどぴったりの石はないよ、って嬉しそうだったよ〜。

とても心地よくて、ずっと眺めていられる。そして眺めていて思ったのは、ほら、日本庭園などで石の上に水がちょろちょろと流されているのをみていい気持ちになったりするでしょう? ゆるやかに流れる小川や「ししおとし」などを見てなんだか気持ちが洗われるような。この木漏れ日の中の三角の空間と、どっしりと腰を据えたアンカーストーンと、流れていく風にそよぐBillさんの作品。何もなかった空間に流れができたように見える。流れはずっとあったんだけれど、やっと目に見えるようになったというか。時折、風がぴたりととまってゆっくりぐるりと回り始めると、短冊の中に一字(生)が見える瞬間がある。
こんなふうに(↓↓)流れる風をなぞってみせてくれる。

なんだかとても不思議でやさしい、でしょ?

Billさん、ありがとう〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

かわいいミツバチたち

今年もミツバチたちをパパラッチしてまーす。どうぞ見てあげてください♪
(クリックで少し拡大します)

7月に入ってからは、裏庭で見かけるミツバチたちの数は去年とあまり変わらないように思う。でも寒かった6月は、素人目に見ても、やってくるミツバチたちは明らかに少なかったな。8月に入ってからは、終わりかけの古いラベンダーにバンブルビー(マルハナバチ)たちが群がってるよ~。バンブルビーたちは蜂蜜を作らないけれど、受粉活動には欠かせない。

うちの庭に咲く花で、ミツバチ・マルハナバチたちに人気のあるものをリストアップすると:

  • 一重のポピー(桃色ポピーです)
  • コーンフラワー(矢車草)
  • フォックスグローブ
  • タイム
  • オレガノ
  • ラベンダー
  • サルビア(ホットリップスとコーラルニンフ)
  • ガクアジサイ
  • ブラックベリーの花
  • エキナセア

頭つっこんでマス。かわいい。

しっかりと香りのあるバラやスイートピーに群がっているのはみかけないよ。

working hard 🙂

A post shared by paprica (@paprica) on

ミツバチたちが働いている様子は、ずぅ〜っと眺めていられる。ときどき人差し指をそっと伸ばしてなでてみたくもなるほど。でもきっと、にんげんの「におい」のようなものが体についたりしたら、巣にもどって追い出されちゃうかもしれないもんね。見てるだけ。

dear honeybees.

A post shared by paprica (@paprica) on

ビデオはインスタグラムにアップすると5分の1ほどのファイルサイズに圧縮されるみたい。便利です。

今日はすこし青い空がもどってきたかな。昇ったばかりの朝日は、まだ異様なオレンジがかった赤い色をしていたけれど、うっすらと普通の青い空が見え始めたかな。スッキリとした透けるような青空が恋しいな。週末少し雨が降るらしい。まだ山火事が続いているエリアにどさりと雨が降ればいいのになぁ。

こんな風(↑)に終わりかけのラベンダーの小さな花に、きゅぅっとしがみついているマルハナバチ。かわいいよね〜。

大人になってからは「バッタ類」の昆虫がとても苦手になってしまったのだけれど(視覚的に、あの足が。。。ダメです)、蜂たちは本当にかわいらしくて、春から秋にかけての時期が楽しみ。で、パパラッチになって毎年同じような写真を撮っていまーす。

見てくださってありがとう〜。元気な週末を!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

small happiness

お昼休みの散歩で出会った「Rose of Sharon」。空を向いてこんな風に元気に咲いている。

結構な大きさに育つのに、キャンパスでは植木鉢に植えられいるのもある。乾燥に強い種みたいよ。ハイビスカスみたいで、他の花が咲終わった8月にも元気いっぱい。チェックチェック、夏の花。

夕方庭の奥で、今日のスムージーを作る分のブラックベリーを集める。水やりをしないところで放ったらかしにされているというのに、つやつや光ってる。小粒だけど。

こうして手のひらに「実」の重みを感じながら、「収穫する」という作業から得る幸せはとても柔らかい粒子のようだと思う。染み込んで広がる。スマホばかりのぞいている子どもたちや若者たちの手をとって、代わりにその手のひらにベリーやプチトマトをのせてあげたいと思ったりする。大きなお世話かな。

草むらの中で見つけた汚いテニスボールをくわえて得意げなGus。

今日のトロフィー。Gusは他の小動物のハンティングはできないけど(一応、そういう血も流れていんだけど、先にガウガウ言うのでみんな逃げちゃう)、テニスボールを見つける能力はすごい。家にごろごろ転がっているボールの殆どは、Gusのトロフィー。

もひとつ、Gus。朝の散歩のあと、Kong(ゴム製で中に果物などを詰められるようになってるモノ)をくわえて、「Kongつめてーーっ!」と走り寄ってくるGus。この顔みるたびに「I love this pooch…」って思う。

うれしそうなこと。毎朝のことなので、「Kong」という単語はわかるのです。「Gus、Kongもっておいでっ!」っていうと、しゃーーーーっっと走り回ってKong探知犬になるよー。

こんな風な日常の小さな幸せがとてもありがたいな。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

オペレーション・ブルーベリー!

待ちに待ったブルーベリー!

土曜の朝、いつものスーパーに箱が積み上げられていた〜♪ 今年は例年よりも遅い(気がする)。まだかな、まだかな〜って待ち続けていたのです。ブルーベリーはベリーの中で一番好き♡ 一箱だけ持ってレジに並んだんだけど、前にいたおばあちゃんが二箱抱えているのを見て、「あ。。。私ももう一箱。。。」と二箱(約4.5kg)購入。わーい♡

家に帰って早速朝ごはんに食べた。

こうしてローカル(島のものであったりBC州のもの)の果物を食べれるのも今だけなので、しっかり食べちゃう。テーブルの上にブルーベリーの箱を置いたので、興味津々のGus。私たちが外から箱や袋を持ち帰ると、念入りに匂いを嗅いでチェックするイヌ。テリアだもんねー。

なんなのー? くんくんさせてー。

Gusは大抵の果物は大好きで食べるのだけど、ブルーベリーはそれほど喜ばない。皮がしっかりしていて、口に入れた時にすぐに甘さを味わえないからかな。どーでしょう。

とりあえず一箱分は洗って乾かしてそのまま冷凍〜。

もう一箱の半分は生で食べる用。残り半分は冷凍しちゃおう。スムージーを作るときは冷凍のものを使えるもんね。あと一回くらい生食用を買ってくるかも〜。

で、初ものブルーベリーでガレットも焼いたよー♪ 桃と一緒に。

火を通したブルーベリーも好きです。

夏だ〜。でも。7月も明日で終わり。今週は気温が上がる(25度を上回るとか!)らしいけれど、ビクトリアは8月に入るとすこ〜しずつ秋の気配を感じ始めるのです。すこ〜しずつ光が変わっていく。お日さまを浴びれる間は外に出て、しっかりと光合成しよう〜!(顔には日焼け止めぬってるのに。。。黒くなってる。。。)

元気いっぱいの一週間を!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

マッツ・ミケルセンから目がはなせない

一年半ほど前から北欧ドラマにハマっている。一つが終わるたびにブログで紹介したいなーって思いながらずるずると引き伸ばしてしまったのでリストが随分長くなってしまった。なので、リストはぼちぼち書いて、書き終わったらアップすることにして。。。

今日はとても久しぶりにミーハーなお話♪

今、見ているのはデンマークのドラマ「Unit One」。5人のメンバーから成る特殊部隊(?っていうのかなぁ)が、移動オフィス(馬鹿でかいトラック)で事件の起きた町に出向いて事件を解決していく、という設定。それぞれのメンバーに得意分野があるの。

最初のシーズンが放送されたのは、なんと17年前! 北欧ドラマも新しいものはもう見つくしちゃったので、Going Backward… ふるーいのを引っ張り出してきて見てますっ。 あまりに古いと、オフィスで使われているコンピューターがバカでかかったり、携帯も電話の受話器みたいだったり、ファッションも「えぇ?」っていうものだったりするんだけど、なんだかそれも味があって好きです。

でねー、でねー、このUnit Oneの主要メンバーの一人がマッツ・ミケルセン(Mads Mikkelsen)なんだよー!彼、デンマーク人だったのね。今はカナダのトロントに住んでいるらしい。

マッツといえば、ジェームス・ボンドシリーズの「カジノ・ロワイヤル」にも出ていたし、最近ではテレビドラマ「ハンニバル」のレクター。色んな映画に出ているので顔は見たことあるっていうひとも多いはず。最近の映画ではドクター・ストレンジとか。

クセがあって謎めいていて、深入りしちゃいけない危険な雰囲気を漂わせているのに何故か惹きつけられてまう。。。レクター!

Uniit Oneのマッツはまだ30代前半。若~い!こんな若いマッツをみたの初めてっ。今の(50代)マッツも好きだけれど、若いマッツもいいよ~。Unit One の役柄としては、ラフでタフで時にクールなユーモアをみせてくれます。

マッツ・ミケルセンというと、一般的にいう「ハンサム」ではない、ってどこかで読んだことがある。だけど、デンマークで一番セクシーな男、って評されている。そう、とても魅力的。彼の不思議で個性的な顔、とても美しいと思う。みんなが納得する美しくハンサムなひとって(女性も男性も)、少し時間がたつと「もういいか~」って飽きちゃう(?失礼)んだけれど、マッツ・ミケルセンはずぅ~っとただ眺めていたい彫刻のような顔をしている。うっとり。

私的に、なんだか目が離せない理由(聞いちゃいないって?):

  • 横顔がとても印象的・彫刻的
  • エレガントにミステリアスで憂いをおびている
  • 声も好き。アクセントのある英語も好き。
  • 姿勢がいい。立ち姿、歩き方がとても美しい

彼は役者になる前はダンサーだったんだって。プロのダンサーになるための学校にも行ったそうです。だーかーらー、立ち姿がとってもきれいなんだよ!姿勢のきれいなひとって、それだけで洗練されてみえるし何を着ても似合う(気がする)。こんなデンマークビールのCMも見つけた(↓↓)♪ 以前、ココでも話した「Hygge」のことを話しながら♪ 自転車にのっていても姿勢がよくて、スーツが似合うなぁ。

で、もう一つ素敵だなぁって思ったのが、マッツの奥様はコリオグラファーで、二人は20代の頃からずっと一緒で今もとても幸せなんだってー(←しっかり調べてるワタシ…)。素敵よね~♪ 愛する人と同じものに情熱的になれて、一緒に踊って。

それから… マッツ・ミケルセンの高感度をぐぐっとあげてしまったのが、彼が来日したときのインタビュー(→☆Youtubeクリップ 興味のある方どうぞ♪)長いのではしょって見たんだけれど、最初の方(2分〜3分辺りで)日本のこと大好きって言ってるよ♪ 日本食は今まで食べたどんなものよりも美味しいって。そんな風に日本のことを言ってもらえると嬉しい。

いいわぁ~、マッツ。トロントに行く機会があってばったり道ですれ違ったりしたら… 歳がいなく「マッツー!待ってー!」って駆け寄ってしまうだろうな(笑)

対象が誰であれ何であれ、いくつになってもうっとりしたりときめいたり、ストレートに「素敵だなぁ」って感じるのは心のビタミン(?)よね? 最近の日本の役者さん・俳優さんたちのこと、全然知らないんだけど、魅力的なひといますか?? ははっ。久しぶりにミーハー小話でしたー。
*写真は全てネットからお借りしました〜(ピンタレストでマッツ・ミケルセンって入れたらいっぱい出てきて選ぶのが難しかったよ。笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪