ちょっぴりお久しぶりです。

ひゃっほ〜☆

ちょっぴり間があきました。相方の旧友カップルがカリフォルニア州からトレーラーを引っ張って遊びに来てくれまして。うちで5泊。明日からこの島の北の方にあるビーチの美しいトフィノに2泊、その後ウィスラーの方を回ってゆっくりまた南下するという予定で。私がお二人にあったのは今回が始めて。相方は相方で募る話がいっぱいで、私は私で聞きたいことがいっぱいで、一日の終りにはぐったりしてしまい歯を磨いて寝るだけという状態だった。

幸いお天気も夏らしくなり、二人に夏の美しいビクトリアを満喫してもらえたようで嬉しい。トレーラーを引っ張って、トラックには自転車を乗っけてやって来た二人。一昨日は自転車でダウンタウンまで行って、ぐるぐる回っていた。相方の旧友Rさんは、相方がビクトリアに移住するきっかけを作ってくれた人。相方はビクトリアに恋をして永住しちゃったけど、Rさんはビクトリアの6月の涼しさに参ってしまい、さっさとカリフォルニア州に帰っちゃったんだって。Rさんも奥さんのSさんも、とてもクリエイティブで経歴も興味深く、話がとっても面白かった。SさんはCAに引っ越すまではNYでプロのフードフォトグラファーをされていた。ポートフォリオを見せてもらったけど、素敵だった〜。またSさんの写真を紹介してみたいです〜。

おふたりとも声を揃えて、「ボーダーを超えてカナダにはいった途端、エネルギーが変わったのに気づいたよ。ゆったりしてる。人が優しい。」と言っていた。あと、カリフォルニア州のマリーンカウンティでは、昨今では4月から11月の終わりくらいまで雨が降らないんだって。青空が広がるのは嬉しいけれど「疲れる」って。ビクトリアも7月はお天気続きなんだけれど、緑が見られるし花も咲いているし何より海がすぐ近くだから心が安らぐわ〜って言ってたヨ。ずっとここに住んでいて忘れてしまったことに改めて気づかせてもらった気がした。

懐かしい友達といっぱいいっぱい話をして、相方もとても満たされて嬉しそうだった。私たちの「ゆるい庭」をとても気に入ってくださって、私も嬉しかった〜。ミツバチが花の中で花粉を集めながらぐるぐるする様子に感激したり、朝の乱れのない空気の中でストレッチされたり、お昼寝の後で読書を楽しまれたり。ゆったりとされている様子をみて私たちもなんだかホリデー気分になったのでした♪

「庭の緑に加えてあげてね、と、Shade Plantsの鉢植え(寄せ植え)をプレゼントしてくださった。とってもきれいな葉っぱ(名前がわからない〜)。Sさんは、きっと一年きりだと思うって言っていたけど、上手く育てたら来年も続けて茂ってくれるかなぁ。

おもてなし慣れしていないし、夜更かししすぎてちょっと疲れてしまったのだけど楽しかった♪ さて、また二人と一匹の静かな生活に戻りまーす。今夜は早く寝よ。おやすみなさーい。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ローカルプロデュース・ミニイベントでお腹いっぱい

昨日のことなんだけど。あんまりにもお天気が良かったので、ランチタイムに坂を降りて海まで歩くことにした。

するとね、坂を降りたところにあるローカルのスーパー(チェーンではないもの)主催の年に一度のイベントが開かれてた♪ この地域や島で作られたものを支援する「ローカルプロデュースイベント」。大きなテントがはられて、その下でたくさんのローカルプロデューサーさんたちが自分たちの製品を紹介してたよ~。試食ありで♡ ファーマーズマーケットとは違って、野菜や生肉や魚といったものではなく、地元の食材を使って作ったものやこの島で調理したもの(ローストしたコーヒーやブレンドしたスパイスなど)のブースが20ほど並んでたかな。

こんなイベントがあるなんて知らなかったけれど、いい匂いと並んでいる人たちをみると思わず足が向くよねぇ~。

と、一人でまずは「ポークスライダー」の列に並んだ。フリーなんだもん♪

この島の農場の豚なんだそうです。

このお兄さんがコールスローとお野菜とソースのトッピングをしてくれて手渡してくれた。お腹すいてたので美味しかったー☆

ポークスライダーを頬張りながらぐるりとブースを周る。グリルしたサーモンのミニバーガーも美味しそうだった(←後で食べたのでした)。

こんな風(↑↑)にサンプルを試食できるようになってたよ。クッキー(グルテンフリーと普通の)、島のチーズ、チャツネ、ヨーグルト、ピーナッツバター、スリランカの人の独自のレシピのスパイスミックス、ジャム、サイダー、グラノラ、果物ソース、コーヒー… みんな方を寄せ合って自慢のプロデュースを紹介してたよ♪ スライダーの後に試食させてもらったのは、チーズ、サルサ、スパイスで作ったココナッツカレー。。。

それから、このお兄さんのジンジャービアーも。

ジンジャービアーはジンジャーエールよりも発酵が進んでいて甘さは少ないけれどジンジャー風味たっぷり。ぴりっとするほどジンジャーで美味しかった~。他にもオリジナルの「コカ・コーラ」のサンプルもあった。

で。

一番奥のブース。

ローカルの蒸留酒製造所「Sheringham Distillery」のジン、ヴォッカ、アクアヴィット! ボトルがきれい~。

で、ちょっとだけならいいや♪ と、アクアヴィットとヴォッカの試飲をさせてもらった~。アクアヴィットって初めて飲んだけど、美味しいっ!オンザロックで飲んだら絶対にいけるとおもうー。 デザインもきれいなので良いお土産になりそうだなぁ(重いけど)と思った。

ちょっとだけだけれど、ハードリカーをくっと飲むと、かぁっと熱くなったので。この後ブースをもどってミニアイスコーンをもらっちゃったよ。で、口直しにコーヒーも、と♪

ふはぁ。すっかりお腹いっぱい、試飲もしていい気分になったあと、海を見に。

水着姿のキッズが冷たい水の中で水しぶきを上げていた。このあたりの海は、気温が上がっても水温はあまり上がらず冷たい。けど、昨日はちょっぴりムンムンして夏日だったもんね。

今週末から相方の旧友カップルが1週間ほど遊びに来てくれる。暖かくなって良かったー。

良い週末を!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

7月1日、Canada Day☆

☆☆Happy Canada Day☆☆

めちゃめちゃ風が強い一日だったけれど、良いお天気で幸せ。昨日の冷たい雨が嘘のよう。今日から7月。今年ももう半分終わっちゃったねー。

今日はカナダの誕生日です。ダウンタウンは祝日ムードたっぷりで賑やかだったみたい(聞くところによると)。私たちは人の群がるところを避け、普通の週末と何ら変わらない日曜日を過ごしたんだけど、それでもカナダの旗を掲げているご近所さんたちもたくさんいたし、散歩道でも小さな国旗をふりふりして歩いている家族連れやカップルを見ながら、ハッピーカナダデ〜♪な気分だった。

ダウンタウンの花火が上がってる〜。聞こえる〜。職場のパートの子たちに、連休は何するのー?と聞くと、数人が「ダウンタウンに人混みと花火を見に行くよ」と言っていた。私も学生だった頃はルームメイトや友達と花火を見に行ったなぁ。

過去のある一時期のことを振り返ってみたときに、何故か同じシーンばかりが浮かび上がってくることなぁい? 私のこの「学生の頃のカナダ・デー」のことを思い出そうとすると、ふっと浮かぶのは、エンプレスホテルの前で人にもまれて「ビクトリアの一体どこからこれだけの人が集まってきたワケ??」とどぎまぎしていた自分と、インナーハーバーの端っこの方から花火を見上げて「花火…遠いなぁ」と思っていた自分。何度振り返っても、いつもその二つのシーンだけ。数時間はウロウロとしていたのに、他のことは思い出せない。

記憶からすっかりきれいに抜け落ちてしまった過去のできことって、たくさんたくさんあるんだろうなぁ、と最近良く思う。もっと思い出すことができたら楽しいかも、とも思う。クリスタルクリアーに思い出せる方法があるなら試してみたい。ある?

庭のえんどう豆とそら豆がピークなので♪ 豆と人参と人参葉でかき揚げ丼。この季節には必ず一度はつくる丼。ちょっと苦味のある人参葉が美味しい。こうすると相方も気づかずに食べるし(笑)

薄力粉とコーンスターチ(片栗粉がないので)を使ってみた。いつもよりは気持ち「サクッ」と揚がったかな。我が家には揚げ物用のお鍋がないので、フライパンに1cmほどの油を入れて揚げる。ので、一気にジュゥー+カラリと揚げることができないんだけど。たまに揚げものをすると嬉しくなる。誰かが代わりに揚げてくれて、掃除もしてくれるともっと嬉しいんだけどなー。

あ!それからそれから!ずっと前に tomさんに教わったルバーブの「シュトロイゼルクーヘン」というのを作ってみたよ!

これ、ほんと、めちゃくちゃ美味しかった〜♡ 下の生地がタルトでもケーキでもなく、パンに近い生地なのです。薄くてほんのり甘くて淵がかりっかりで。その上に酸味のあるルバーブ(+苺も入れた)、で、一番上のレイヤーがバターと砂糖と粉のクランブル。季節の果物で応用が効きそう(みかんとかは駄目だろうけど、りんごや洋ナシや桃なら美味しそう♪)。 tomさん、レシピをどうもありがとねー☆

*おまけ:かわいいワンコ動画

スペインの警察犬で、CPR(心肺蘇生法)をしてしまうポンチョ! このクリップ、かわいくて笑えて何度も見てしまった。

ポンチョの活躍で命をとりとめるかどうかは疑問だけど… 意識がもうろうとして死んじゃうかもっていうときに、ポンチョが胸の上でピョンピョンしているのをみたら絶対に笑うだろうなぁ〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

夏至。ブリオッシュパン作ってみた

Happy Summer Solstice!

特に何があったというわけでもないけれど、夏至にぴったりの青空の広がる一日はなんとなく嬉しい気分だった。どうもありがとうございます、という気分。肌にすぅっとする風も吹いて気持ちが良かった。

一日で昼の長さが一番長い日。春だ春だと騒ぎ始めてからは、あっというまに夏至になっちゃったな。

夜9時半ごろ。

Gusがその日最後のおトイレに行く時間。ささ~っと庭をパトロールしてから用を足す。タヌキが侵入している場合、この夜パトのときにタヌキ臭を察知して「がうがうっ!」と、ひと叫びして走り回る。怪しい臭いにガウガウするだけで、タヌキを追っ払ってくれるわけではないのだけど、侵入者の在不在の確認にはなるかな。春になってからはガウガウしていないので、今の所タヌキファミリーはまだやってきていない様子。

先週日曜日に「ブリオッシュパン」を焼いてみた。ブリオッシュというとコッペパンほどの大きさで、バターと卵と砂糖が入っているほんのり甘くて柔らかいパン。ほら、日本のあの懐かしの「かにぱん」を食べると、妙にほっこりするでしょ?ブリオッシュパンをココアやホットミルクにちょっと浸して食べると、あのほっこり感に包まれる。ちょっと元気のない相方も喜ぶかな~、と思って、生地を一晩寝かせて焼いてみた!

うちにはブリオッシュ用の型がないので、ローフパンで。

でーん☆

片面がもりもり盛り上がっちゃったけど… ほんのり黄色でほんのり甘い香り!このままかぶりつきたいっ!

切り口も卵色。ふかふかでやわやわだ~。

相方に「どうどう??」と聞いてみると、「うんうん。でも僕は朝のトーストは普通のもっとしっかりしたパンのほうがいいなぁ」と言っていた。 …あら、そうなのかい。

で、今週は私一人でこればっかり食べている。ブリオッシュパンはほっこりパン♪ とつぶやきながら(笑) 私的には満足だけれど、一人で一斤食べなきゃいけないとなると、もう作らないかなぁ。

そうだそうだ、忘れないうちに! 6月23日の夜、花びらを水につけて翌朝(24日)、そのフラワーウォーター(l’acqua di San Giovanni)で顔を洗うよー☆

去年、naokoさんに教えてもらったウンブリアの風習:「洗礼者ヨハネを祝う祭日、6月24日は夏至に近いため、ウンブリアでは最も太陽、自然の力が強いこの日の前の晩に花びらを水につけておき、翌朝、その花の香りとエネルギーに満ちた水で顔を洗う風習があります。」

顔や手を洗い、浸したタオルで体を拭くのも良いみたい。肌をきれいに保ち、悪いモノたちから体を守ってね、という思いを込めるんだそうですよん♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪