Happy Canada Day☆ カナダ150歳!

Happy Canada Day!!! Happy 150th Birthday, Canada!!!

今日はカナダ・デー☆ 建国150年ということで大賑わい! テレビでも夕方のニュースではカナダの色んな街の150thイベントを取り上げていた。ビクトリアの州議事堂の前の広場では、今日の午後、赤と白のT-シャツが配られ大きな大きなカナダの旗の一文字(?)が作られたらしい。知り合いがTシャツを配るボランティアをしていたもん。お天気も最高! カナダ、誕生日おめでとう!

そんなカナダ150周年のフェスティブモードに便乗して、あちこちでカナディアングッズ(?)が目につく。

いや。これは違うか… これ、ドーナツと一緒に撮影したいかも…(笑)

こんなクマさんとかも。

人混み苦手な私たちなので、いつもの週末と何ら変わりのない一日だったのですが。朝、人で込み合う前に、用事があったのでダウンタウンまで自転車でひとっ走り。すんごい久しぶりのダウンタウン。赤・白のコーディネートで歩いている人たちがいっぱい!

ダウンタウンまで来たついでに、と。州議事堂のあたりを見に行ってみることにした。

インナーハーバーを挟んで向こう側に州議事堂、手前には屋台(?)が並んでいた。11時前、すでにインナーハーバーの辺りは歩行者天国になってたよ。

学生の頃、二度ほどカナダデーの夜にこの辺りまでやってきたことがある。もんのすごい人にびっくりした。ビクトリアにこれだけの人がいるんだ!って心底驚いたもんなー。

この辺りまで来て「もう十分。」と、引き返してしまった。まだそんなに混んでなかったのだけど。

ただいま夜10時過ぎ。ダウンタウンはごった返しているだろなー。ライブミュージックで盛り上がっているのかなー。で、もう少ししたら花火があがるよ!

留学するのにたまたまカナダを選んで良かった。住まわせてくれてどうもありがとう、カナダ!これからもどうぞよろしくね!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Donut Thursday・木曜日はドーナツの日

日記レベルの投稿が続いちゃってますが…(あ、いつもそうか。)

毎週木曜日は職場では「ドーナツの日」で「Donut Thursday!」なのです。

どういうシステムかというと。私の所属するITグループ(メンバーは200人以上いる)の一人コーリーさんが、前日の水曜日に「ドーナツお知らせメール」を送ってくれて、ドーナツがいる人は「I’m IN!!」って返事をする。そうして統計をとって、翌朝、コーリーさんは出勤途中に「Empire Donuts」っていうドーナツ屋さんに立ち寄り人数分のドーナツを買ってきてくれる。9時になるとコーリーさんのオフィスはミニドーナツ屋さんになる。コーリーさんがドーナツボックスの蓋を開け、ペーパーナプキンを用意し、その日の音楽をレコード(そうよ!ターンテーブルがあるの)で流し始めるとお店が開く。

楽しいでしょー?

私と同僚グレッグは、大抵9時ぴったりにコーリーさんのお店に並びに行く。いつも一番か二番です(笑)。今日は4番だったけどー。 Empire Donutsには決まったドーナツメニューがなくて、日によって違うものが並ぶらしい。コーリーさんは、いつも4~5種類のドーナツを適当に混ぜ合わせて買ってきてくれる。なので余計に毎週木曜日が楽しみなのです。今日はどんなのがあるのかなーって。うふうふ。

そして、グレッグと私は自分のエリアに戻るわけなのだけど。そこで一枚、いつもその日のドーナツの写真をとってインスタグラムにアップする。完全に遊んでる私たち。。。仕事しろよ。

最近、それがエスカレートして、ま、外がいい天気で気持ちがいいからというのもあるのだけれど、野外撮影している。その上。私が数週間前に、オフィスにあるチューバッカのフィギュアをドーナツと一緒に撮ったのがきっかけで、グレッグも「僕もするー!」ってはりきっちゃって。先週は机の上にあったのを連れ出してきて。

撮影中。

そして。

今日はわざわざ家にあるスーパーヒーローのコレクションの中からひとつ選んで持ってきたグレッグ。。。

Dr. Evil。映画「オースティン・パワーズ」にでてくるあの小指を立ててるへんなおじさんね。

めっちゃ真剣。

Dr. Evil フィギュアをお借りして、私も一枚。ぱちり。

今日の私のは初登場ドーナツで、シナモンクランブルでした♪

こうしてインスタでドーナツサースディをアップするようになって、もうしばらくになるんだけどね。この間、お友達がそこに残してくれたメッセージが「papricaさんがこの6ヶ月間に食べたドーナツの数って、私が過去10年に食べた数よりも多い。。。」って。
ドキッ。
数えると怖いな。 そうよね、ドーナツってそんなしょっちゅう食べるものじゃないよねぇ。

でも。大なり、小なり、つけるなら。

おなかまわりのたるみ 週一の愉しみ

来週はどんなドーナツにであえるかなー♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

夏を感じた日

「夏、解禁!」 そんな一日!

土曜日だけれど早起きしちゃった。懐かしい友人がビクトリアに遊びに来ていて、彼女の超ハードなスケジュールの中、時間がありそうなのは今日の午前中だけだったので。3年ぶりの再会で、5歳になった息子くんも一緒にビーチグラスを拾いながら海岸を歩いた。気持ちよかった〜。

すっかり素敵なママになった彼女。メキシコシティでのアドベンチャラスな新生活は、好奇心とバイタリティにあふれた彼女にぴったりだと思う。つのる話がありすぎて数時間の散歩では話しきれなかったけれど、会えて良かった!

ぐぐーんと気温が上がって今日は「暑かった」のです。家に戻ってからはささっと掃除をして庭に出たんだけれど、日差しがきつくって。

温かい、嬉しい! と、調子に乗って終わりかけのカモミールの花を集めたりしていたので、肩やら首やらが焼けてひりひりとする。気をつけないと。

こういう夏の朝の庭は、空気がまだひんやりとしていて光も柔らかで心地良い。一生懸命(ホントに!)育てたビオラ(↑↑)がようやくたくさんの花をつけたよ〜。この子たちは1ヶ月半ほど咲き続けてくれる。芝生のあちこちにこぼれ種から発芽したビオラをレスキューしたんだけど、その子たちも元気にそれなりの大きさになった。たくましいなー。

そして♪ 大好きなピンクのポピー。 この種類は最後に咲くポピーです。

今年も「青いポピー」の種を植えてみたけど、やっぱり発芽してくれなかった。ヒマラヤンポピーっていうの。難しいな。いつか咲かせることできるかな。

木陰に寝転がって本を読んでいたら寝てしまった。

こういう夏を感じる日には、冷やし中華や素麺などさっぱりしたものが食べたい。日本だったら、市場にいって適当に夏食(?)を買ってこれるのに、ココでは冷やし中華するなら、麺を探してタレを作ってのせるものを考えて… と妙に手がかかる。めんどくさーい!

ので。家にあった新じゃがでじゃがいものピザを久しぶりに作った。

たっぷりのサラダと芋のピザ。夏っぽい?か?

ブロガーでもあるイタリアのなおこさんが、インスタグラムで素敵なことを紹介されていた(→ブログの記事

「洗礼者ヨハネを祝う祭日、6月24日は夏至に近いため、ウンブリアでは最も太陽、自然の力が強いこの日の前の晩に花びらを水につけておき、翌朝、その花の香りとエネルギーに満ちた水で顔を洗う風習があります。」

私も庭の花を摘んで水に浸してみた♪ 明日の朝、この水で顔洗おう!

*追記:一晩、月(新月でしたが)のエネルギーを受けた花の水。今朝、一番に顔を洗ってみた!気持ちよかった〜!ほんのりと良い香りがして(本当に!)、カナダの硬い水が不思議と柔らかくなったようでした。相方も試してみて「気持ちいいね(ちょっと冷たいけど)」って言ってました♪ 夏の花が咲いている間にまたやってみようと思う。今度は満月の夜に♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Bear Hill トレールを歩く

週末、Bear Hill Regional Park を歩いてきた。私にとっては初めて歩くトレール。ビクトリアのダウンタウンから車で30~40分ほどのところにある公園です。

写真はクリックするとちょっと大きくなりまーす☆

ビクトリア近辺の州立公園・地域保護地区のリストを見てみると、このBear Hillは「中級者向け」のトレールの印がついている。というのは、このトレールが結構な傾斜のある道で、場所によっては細くて石がごろごろしていて歩きにくいから。てっぺんに着くまで、本当に平坦な道がなかったもん。

相方の肺は普通の人の半分ほどしか機能していないので、平坦なトレールウォーキングもなかなか大変なのです。私も子供の頃ぜんそく持ちだったので、息ができない苦しさはよく分かる。Bear Hillを歩こう!って言い出したのが彼だったので、正直おどろいた。「できるところまで歩いて、無理だったら引き返せばいいんやからね」、と言ってゆっくりと歩き始めた。

このトレール、しょっぱなからえっらい急な傾斜。てっぺんまでの距離は1kmもないのだけれど、高さにして130メートルの昇り。途中、30代前半かと思われる5人組がだだだーーーーっと山を駆け上っていき、私たちがのそのそと歩いていると、まただだだだーーーーっと駆け下りてきた。彼らにとってはトレーニングコースの様。他にすれ違ったひとたちの中には、ウォーキングスティックを両手に持って歩いていた夫婦、ビーチサンダルのようなヘロヘロの靴で登っていった女の子とパパ、Tシャツに短パンの男の子とちょっとおしゃれな格好をした女の子のカップル(←想定外のハイキングコースに女の子はびっくりしていたはず…)などなど。全体的にひっそりとしたトレールのようでした。

もちろんワンコたちともすれ違ったよ〜。

途中のビュースポットで休憩。

Gusは新しい匂いがあちこちに溢れていて始終興奮気味。「キミも足が悪いんやから、はしゃぐのもほどほどにぃ~」と、犬にいったところでわかるわけもなし。

可愛らしい野の花もあちこちに咲いてたよ~。これ(↓)は何ていうのだろう? ラークスパーみたいだけど葉っぱの形が少し違っていたような。。。

かなり乾燥した傾斜にも咲いていた。一見、タフに見える野の花だけど、これを庭で育てようとしてもなかなかうまくいかないんよね。不思議。

えっちらおっちら登っていき、サミットの札が見えてほっとしたー。相方よく頑張ったー!

Bear Hillの頂上の岩の上からはHaro Strait (海峡)とその向こうの島々が見えた。

気持ちいい〜! で、へっくしょーんっ! 今年は寒い春には全然花粉症の症状が出なかったのに、今がつらいっ!鼻はむずむず、喉はいがいが、目はしょぼしょぼ…肌が乾燥するので避けていたのだけど、花粉症の薬(抗ヒスタミン剤)を飲みました。そして夜にはネティポットで鼻洗浄も。頑張ってのりきるのだー。

ネイチャーウォークは楽しい。夜は二人と一匹、ぐっすり熟睡でしたー♪

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

生物時計チクタク

物忘れの話をしたのでもうひとつ。「こりゃ絶対に歳のせいだな…」っていう変化のこと。

小さな字がぼやけるぅ~!

これはもう、「きたきたきたっ!これかっ!」のリアライゼーション。特に、スーパーで買い物していて裏に明記されている原材料表示をチェックする。これがぼやけるのです。しばらくじーーーっと見ていると焦点があって読める(今のところ)んだけど、以前に比べてボヤボヤしてきているのは明らか。私の目は近視に乱視が混じっていて、普段は片目に乱視調整のコンタクトをいれている。コンタクトを外してメガネを使っている方が小さな文字はよく見える気がする。老眼への「はじめのだいい〜っぽ」かぁ。これがどんどん進むとメガネが2ついるようになるのかなー。めんどくさい。文字を目から離せば見えてくる、んだよね?

と、ふと、あのセルフィースティックの先にモノを挟んで字を読んでいる自分を想像してしまった。

それから、ここ最近、頻度が増しているなぁって感じる変化がもうひとつ。

夜中に足が熱くなる~!

経験したことありますか? 体全体が「ほてる」こともある。20代30代は足先が冷たくて困ることがよくあり、今もそれはあまり変わらない。変わったのは、すっかり深い眠りに落ちてから「かーーーっっ!」と足が熱をもち、熱くてたまらなくなって目が覚める。熱い足を冷やそうと、冷たいスポットを探して相方の方に足だけが出張してしまい、時計の針のようにベッドの上でぐるぐる回ったり…

布団を思い切り蹴飛ばして足を冷やしたり。

こんなに熱いのにでも手で触れると案外普通なのです。で、布団から出して冷やすでしょ、ですぐにまた寒くなって布団をかぶる。

コーネンキショーガイのひとつかなぁ。私の母も同じように夜中に突然「がばっ」と布団を蹴飛ばしたり、お腹にだけ布団をかけて足は外に出していたりしてました。。。(今もしてそう)。
気持ちはまだ30代前半なんだけど(もう、20代とは言いません)、生物時計・体内時計は確実にチクタクと休まず時を刻んでいるのだなぁって実感する。いつまでもフルのバッテリー容量を保つことはできないんだなぁ~って。ま、歳を重ねて体に変化が出てくるのは、それはそれでいい。ただ、夜中に何度も「足がアツアツ」で目がさめると、日中眠い。

こんな私のために、特別な靴下があればいいのになぁ。センサーがついていて、足の(皮下の?)温度が上がってくると冷やしてくれる靴下。そして冷めたら自動的にOFFになるようなの。設定温度を決めておいてもいい。今の技術だったら商品化できそうだよねぇ~。

まぁ、色々あるわなぁ~
って思う今日このごろ。今日から8週間で週一のランチタイムヨガ(1時間)に参加することにした。気が向いたときにだけ自分でする30分のヨガとは違い、今日のは「効いた」。膝裏とかアバラとか鎖骨のあたりとか、気づかないうちにかなり固まっていたみたい。午後は気持ちよく疲れてしまって、グレッグに「膝が笑ってるわ(my knees are laughing)」と直訳して言うと、英語にはそういう表現がないので何のことだかよくわかんなかったみたいでした(笑)。

生物時計が気持ちよくチクタクのリズムを刻めるように、できる努力はしていかないとなぁ、と思います。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪