夏至。ブリオッシュパン作ってみた

Happy Summer Solstice!

特に何があったというわけでもないけれど、夏至にぴったりの青空の広がる一日はなんとなく嬉しい気分だった。どうもありがとうございます、という気分。肌にすぅっとする風も吹いて気持ちが良かった。

一日で昼の長さが一番長い日。春だ春だと騒ぎ始めてからは、あっというまに夏至になっちゃったな。

夜9時半ごろ。

Gusがその日最後のおトイレに行く時間。ささ~っと庭をパトロールしてから用を足す。タヌキが侵入している場合、この夜パトのときにタヌキ臭を察知して「がうがうっ!」と、ひと叫びして走り回る。怪しい臭いにガウガウするだけで、タヌキを追っ払ってくれるわけではないのだけど、侵入者の在不在の確認にはなるかな。春になってからはガウガウしていないので、今の所タヌキファミリーはまだやってきていない様子。

先週日曜日に「ブリオッシュパン」を焼いてみた。ブリオッシュというとコッペパンほどの大きさで、バターと卵と砂糖が入っているほんのり甘くて柔らかいパン。ほら、日本のあの懐かしの「かにぱん」を食べると、妙にほっこりするでしょ?ブリオッシュパンをココアやホットミルクにちょっと浸して食べると、あのほっこり感に包まれる。ちょっと元気のない相方も喜ぶかな~、と思って、生地を一晩寝かせて焼いてみた!

うちにはブリオッシュ用の型がないので、ローフパンで。

でーん☆

片面がもりもり盛り上がっちゃったけど… ほんのり黄色でほんのり甘い香り!このままかぶりつきたいっ!

切り口も卵色。ふかふかでやわやわだ~。

相方に「どうどう??」と聞いてみると、「うんうん。でも僕は朝のトーストは普通のもっとしっかりしたパンのほうがいいなぁ」と言っていた。 …あら、そうなのかい。

で、今週は私一人でこればっかり食べている。ブリオッシュパンはほっこりパン♪ とつぶやきながら(笑) 私的には満足だけれど、一人で一斤食べなきゃいけないとなると、もう作らないかなぁ。

そうだそうだ、忘れないうちに! 6月23日の夜、花びらを水につけて翌朝(24日)、そのフラワーウォーター(l’acqua di San Giovanni)で顔を洗うよー☆

去年、naokoさんに教えてもらったウンブリアの風習:「洗礼者ヨハネを祝う祭日、6月24日は夏至に近いため、ウンブリアでは最も太陽、自然の力が強いこの日の前の晩に花びらを水につけておき、翌朝、その花の香りとエネルギーに満ちた水で顔を洗う風習があります。」

顔や手を洗い、浸したタオルで体を拭くのも良いみたい。肌をきれいに保ち、悪いモノたちから体を守ってね、という思いを込めるんだそうですよん♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

2018 BTWW=blog 8周年!

今週はBike to Work Week (自転車通勤週間)! ちょっと肌寒いほど涼しいけど雨は降らず、自転車通勤には嬉しいお天気続き♪ 実は、このブログを始めたのが8年前のBTWWの週だった(→☆記事#1)!昨日、当時使っていたWordpress.comからお知らせが来て気づいた。明日が8回目のアニバーサリーです。

8年も?!と、正直自分でもびっくり。ここまで楽しく続けてこれたのも、のぞいてくださっている人たちがいるから♪ だから「ねぇねぇ、ちょっと聞いて~、見て見て~」と好きなようにつぶやけるわけで。

どうもありがとう〜☆

この一週間は、あちこちに「BTWWステーション」が設置され、プライズ(ご褒美・懸賞)の応募ができたり、自転車の簡単なチューンアップをしてもらえたり、今年のBTWWTシャツが売り出されたり、フリースナック+コーヒーが提供されたり… 火曜日の朝は大学の図書館前だったので、立ち寄った~。

「今朝はどうだった?最高の自転車日和ねー!」と笑顔を交わす。

自転車にまつわるクイズに答えて、このベルもらったよ~♪

むふふ。花模様なのが嬉しい。鳴らす必要のないところでチリンチリンと鳴らして喜ぶ。

今日はキャンパスで「BTWW フリーランチ」もあった。自転車通勤マンの同僚Gと一緒にヘルメットを片手に出向いた。去年はピザだったと思うけど、今年はバーガー。グルテンフリーパンや、ベジバーガーのオプションもあったよ。お腹いっぱい。

で、帰りには、私の住む地区のシティーホールの前に設置されたステーションに立ち寄った♪ これまた同僚Gと。彼は明日から約4ヶ月の医療休暇にはいる。職場もひっそりするなぁ〜。でもまぁ、彼のことだから、動けるようになったら半日顔出しにやってきて、くだらないジョークを炸裂してくれることでしょう☆

記念(?)撮影。

自転車通勤週間は州をあげてのイベントで、自転車に乗ろう!という意識を高めてくれるのと同時に、自転車だから楽しめる風景にも気づかせてくれる。朝は自転車で通勤すると頭もスッキリする。自転車でこうして通勤できるのってラッキーです。

大切な相棒とも呼べる私の自転車は、今年で17歳。これからもよろしく~!

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

誕生日、ありがとう。

最高のお天気に恵まれた五月五日。またひとつ歳を重ねました。

プロの技。きれいでしょ?

私のバラたちは、まだ小さく硬いツボミで、アブラムシがいっぱいついているのもあるヨ。こんなバラの花のお飾りを見ていると、あの子たちが咲くのが待ち遠しくてたまらなくなるなー。

五月五日は「立夏」。今日は初夏だよ、って言ってしまえるほどの陽気で、半袖で庭仕事もできたよ♪ 庭や散歩道をいち早く彩ってくれる花たちも、これから咲き始めるつぼみたちも、まだまだ柔らかい5月の緑も、眩しい光にとろけそう。朝起きて、今日からまた一年、どうぞよろしく、と挨拶。

相方からのカードがとても素敵だった。

いつもの週末と変わらず、ゆったりと過ごしたくて、何も予定を入れなかった。相方とGusとのんびりの週末。家族と話をして、もらったメッセージに少しだけ返事をして、でも今日はなるべくコンピューターには触れずにいた。昼前からずっと庭で「開拓」していた(笑)。今年は始めてヒマワリを植えてみたくて。

気持ちはまだ30代前半だけれど、体はギシギシしはじめている。油断をすると、膝や腰がきしむ音が聞こえそう。前屈姿勢で作業をしたら、反対に反らせることを忘れちゃいけないなーと思う。吸って吐いて深呼吸しながらぎゅぅ〜っと伸ばしたり。

お日さまいっぱい浴びてすっかり光合成していい気分で新しい歳をスタート。幸せだな、ありがたいな、って思う。

この買ってもらったケーキは「PATISSERIE DANIEL」というベーカリー・ケーキ屋さんの「Queen Isabella」。中は白いスポンジで、グランマニエで香りつけしてあり、ホイップされたクリームチーズとラズベリーソースのレイヤーになっている。外側のデコレーションはすべて「マーチパン」(Love♡)。電話で聞いた時にそういう説明をしてくれたけれど、こんな風に可愛らしいケーキだなんて想像していなくってびっくり。リボンまでついていて、なんだか高貴な女性の帽子のようで嬉しくなった。

甘くって〜。相方のほうが喜んでたな(笑)

夕食も家で。自分で作ったー。先週ずっとお腹の調子が悪くて、何が食べたいのかよくわからなかったんだけど、何??って聞かれたら「クラブケーキだなぁ〜」って思ったので。むふふ。年に一度は作るかな、クラブケーキ。レシピは以前にも紹介したけれど、コレ→☆です。

カニを一匹買ってきて(今回はお店で殺してもらってきれいにしてもらった)、身をほぐして作ったよー。贅沢な一品です。リゾットはこないだ作ったキノコのもの。グリーンピースがまだ育っていないから。ラディシュはお庭の。ようやく葉っぱ野菜が少し採れ始めていて、グリーンサラダも作った。シンプルで、とても満足な幸せな夕食だった。

大切な人たちがみな、健康で幸せでありますように。大切なひとたちの大切なひとたちも、みな、元気いっぱいでありますように。めぐる季節や、美味しい食事、動くからだ、みんなありがたいです。

さぁ、5月、楽しもう!

 

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

バンクーバーへ弾丸トリップ

とってもとっても久しぶりに、バンクーバーの友人家族に会いに行ってきた!

島を離れるの、久しぶり。フェリーに乗るのも久しぶり。

病み上がりのお友達んちに押しかけるのも気が引けて、今回はあきらめようとも思ったんだけど、本当に長いこと会っていなくて、出不精の私たちは何度かお誘いを断ってきたので。「えい、やっ!」と、勢いで行ってきた〜。

11時のフェリーでバンクーバーへ。そして翌日の朝、バンクーバー10時発のフェリーでビクトリアに戻ってきたっ。こんな弾丸トリップも久しぶり(始めてかも)。

この4月は本当にお天気が安定しないし、寒いっ。ビクトリアに比べて、もひとつ雨の確率が高いバンクーバー。今までも天候を理由にお誘いを断ったこともある。Gusが一緒だし、友達の家に閉じこもっちゃうことになるし。行った日は、曇天。友人宅の家の周りをGusと歩いた。

街の犬たちの糞尿に対するクレームも多いらしい。限られたグリーンスペースが、わんこのおしっこで枯れてしまうから「犬お断り」の札がたてられているのも見たことがある。幸い、友人宅の近くにはドッグパークがあるんだけど、ここ最近の雨でぐっちょぐちょだし。おとなしく家の周りを散歩。

ヘリテージハウスが並ぶ通り。数ブロック先が大通りとはいえ、この辺りは住宅街だから驚くほど静かです。でも、やっぱりバンクーバーは大都市だ。フェリーターミナルから友人宅に向かう途中の交通量がすごかった。みなさん、スピーディーな運転だし。大都市では「何処にどの道を通っていくのか」を前もってはっきり把握していないと、周りの車からのプレッシャーに押されて予定外のところで曲がってしまったり、ハイウェイ降りるの間違ったりしてしまいそうです。運転嫌い(+苦手)の私は、助手席に座っているだけでどきどきしてしまった。情けね〜。

久しぶりの遠征(?)ですっかりお疲れのGus。持っていった「もも色ぶたさん」を枕にして昼寝。フェリーの中では車の中でお留守番なので、ものすごいストレスなのです… 置き去りにされると察して、家を出る前からそわそわと落ち着かず、車の中でもピーピー鳴くし、ナーバスになって体を小刻みに震わせたりするし… 「帰ってくるから心配しなくていいのっ!」って言ってわかる相手じゃないし。そんなGusを連れて出かけると、わたしも疲れる。友人宅では、Gusはピタッと私をマーク。トイレの中まで付いてくる。「ぼくちんをひとりにしないでください」の目をして。パピーの頃のトラウマで、責任は私たちにもあるので責められないし、仕方ないです。

1泊だけだったので、滞在中も弾丸トークでキャッチアップ。赤ちゃんの頃から知っている友人の息子くんも、すっかり大きくなって大学生。「若いっていいなぁ。青年よ、大志を抱け。」な〜んて思って眺めてしまった。誕生日にポップコーンがほしいって言ってたのがついこの間の様。

相方の誕生日もお祝いしてもらっちゃって、なんとも嬉しいサプライズでした♪ もう一泊してよって言ってくれたけど、「そわそわ犬」+土砂降りのお天気ということで、とんぼ返りでビクトリアに戻ってきました〜。

↑↑アザラシがねそべってたよー。

大都市のエナジーも久しぶりには良いもの。興味深い文化的イベントもたくさんあるし、ショッピングだって楽しいだろうし。けれど、私たちはやっぱりのんびりのビクトリアがいいね〜って、相方と何度も言い合った。

途中、島々を眺めながら、今度はGulf Islandsのどこかに行ってみてもいいよね〜って。

Gus連れて? 行く?

Gusも私たちも、家に帰ってきて「ほっ」。とてもシンプルで地味な生活だけど、それが一番ほっとする。たまに家を離れると、自分の家のありがたみをあらためて感じるね♪

弾丸トリップだったけれど、友人たちの元気そうな顔を見ることができて良かった☆

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪