Fort St. Johnを懐かしむの巻

旧友Sちゃんの今回の旅は、カナダに4泊。ビクトリアに2泊、フォートセントジョン(FSJ)に1泊、バンクーバーに戻って1泊、そして帰国という信じられない様な弾丸トリップ。最初、4泊だけだと知って「まじでー」って驚いた。その後予定を変更してFSJまで行くんだと聞いて「クレイジーっ!!」と叫んだよ。昔と変わらずマイペースなSちゃんは「普段から出張でこういうことやってるから~。日本国内でもちょっと移動したら2時間ほどかかるんだし、ソレを思ったらFSJに行くのも大したことないよ。できるできる。あははっ。」って笑っていた。

そして彼女は、ビクトリアからバンクーバー経由でフォートセントジョンへ。

車で行けば約1300kmの行程。かなり北なのです。朝晩は、すでに氷点下らしい。北だからね。
Sちゃんに、向こうに着いたら写真を撮って送ってね~って頼んでおいた。ブログで紹介してもいいって言ってくれたので、写真を並べまーす♪

Fort Saint John. 旅行では絶対に行かないトコロ。おいでと言われてもきっと行かないトコロでしょう。ネットもなかった20うん年前は、図書館でカナダ西海岸にある大学やカレッジのESL情報を探し、手当たり次第に「手紙」を送って資料を取り寄せた。Sちゃんと私が選んだのは「Northern Lights College」。私がここを選んだ理由は、単に一番早くに返事がきたから。ただそれだけ。運命ってそういうものなんだねー(なぁんて、しみじみ)。ノーザンライツカレッジから送られてきた資料の中には写真付きのパンフレットもあり、ホストファミリー制度も整ってるようだった。知っている人もいないのだし、とにかく「うちに来てくださいよ!待ってます!」っていうウェルカムな雰囲気のこの小さなカレッジとFSJという町を選んだ。

変わっていない…

今なら、海外のどこに行くにしても、事前にネットで手にあまるほどの情報を得られる。写真からの視覚的情報や経験者のりビュー、SNSのタグ検索なんかもできてしまう。「Pre-Net」の時代は情報が限られていたからこそ、未知への期待や不安があった。私も、送られてきたパンフレットの中の雪景色やビーバーダムやムースの写真を何度も見て、「こんなところに行くんだな~。これこそカナダなんだっ!」って胸をときめかせ想像を膨らませた。深く掘り下げて事前調査を「しない」性格なもんで(今も昔も。。。)、一旦「ノーザンライツに行くのだ」と決めてしまうと、カナダの他の大きな街のことなど「別の選択肢」について調べもしなかった。それでも、行ってしまえばなんとかなるもの!

そして日本からバンクーバー経由でフォートセントジョンへ。降り立ったFSJ空港ではホストファミリーが待っていてくれて、小さな空港を出ると3月終わりだというのに真っ白。大きな空! 何もないっ! これぞカナダ! って思った。その年の夏にサマーコースを取るべく通過したエドモントンの街を見るまで、カナダはどこに行っても「こんな風」(=FSJみたいになーんにもなくて、寒くて、おしゃれな建物はなく、森にはムースやビーバーがいる)なんだって信じていた。「無知の強み」というか「無知の甘い副産物」というか、それで幸せだった。

それでは写真を…

そう、この雰囲気。フラットで面白みのないこの雰囲気だ!

フォートセントジョンの様な町ができて廃れるどころか少しずつ大きくなっているのは、近郊に石油プラントがあるから。そう、仕事があるのです。オイルワーカー。Sちゃん情報では、ホテルが増え新しい家もたくさんできていたらしい。そしてなんと、スタバもあるんだってー!

Sちゃんにリクエストして「おさえてきてもらった」懐かしのマッケンジーイン。今は名前が代わり新しくなったらしい。

「ザ・イン」という名のホテルになったのか。

でも、建物の感じは変わっていない。色がかわっただけで。このホテルにプールがあったので、滞在客でもないのに忍び込んで泳いでいたっけな。一昔前はそういうこともできちゃったのでした。

ダウンタウン(というか、ただ町の中心だった辺り)で放課後、学生たちが集まっておしゃべりできる場所も非常に限られていた。中でも人気があったのは「ボストンピザ」!

今は。。。怪しい「マスタロー寿司」になっていた。

寿司屋に見えんっ。看板を入れ替えたら十分「マスタロー・ホームセンター」にもなれる。
それに。一体、マスタロー寿司はどこから寿司のネタを仕入れているのだろうか。Sちゃん情報では、FSJだけで寿司屋が4つもあるらしい!怪しすぎるっ。リポートに行きたい〜!寿司屋の看板あげて、ホットドッグとか売っているかもしれない。いや、すし飯にウインナーがのってるかも!あり得る〜。

この空。

あぁ、ここっ!そして針葉樹林。

ピースリバーだっ!だ

同じESLの中で車を持っていた友達と、少し遠くまでドライブにでかけたな〜。冬はスキーで。

そして、Sちゃんが記念撮影をしていたのが、これっ(↓)。

フォートセントジョンから南に車で約1時間ほどのところにあるドーソンクリークという町。知ってます知ってます。ホストブラザーがこの町でホッケーの練習してたもん。アラスカ・ハイウェイの出発点(知らなかったよ)。世界的に有名なアラスカ・ハイウェイ! そんなに有名だったなんて、これも知らなかったよー。

何もない平原と広い空。

ちょっぴりノスタルジックになってしまった。帰りたいとは思わないけど。

ある日、いつもの様に自転車でこんな平原を右手にカレッジに向かっていたときのこと。はるか遠くに黒い点が見えたのね。その黒い点が、どんどんどんどん大きくなって私の方に近づいてきた。すごい速さで。

大きな犬だった。狂っていた。ものすごい剣幕で吠えながら。クレイジー犬のターゲットが間違いなく自分だとわかり、必死で自転車とばしたなー。いやぁ、怖かった。

Sちゃんから送られてきた写真を見ながら、初めてカナダの北の小さな町に降り立ったときのことを懐かしく思い出してしまった。じんわりとにじみ出てくるようななつかしさ。ずいぶん長々と書いてしまった。20年後、今このときのことを振り返って「あのときあの選択をしていたから。。。だから今。。。」って思うようなことが、今起きているのかなぁ。こんな平凡な毎日の中で。なーんて思ったりもしたのでした。

Sちゃん、Fort St. Johnリポートありがとう!次回はもう少しゆっくりと遊びにきてね〜!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

朝焼け、染まるイヌと旧友との再会のこと

感謝祭の3連休も今日でオシマイ。連休初めに見た朝焼けを記録しておこうっと。

写真は全てクリックで少し大きくなります。

ちょうどお日さまが顔をだすその時間帯の色が好き。日の出の時間が毎日少しずつ遅くなってきているので、タイミングを合わせてGusと散歩に行かなきゃ。

この連休中の一日半、懐かしい友人Sちゃんが遊びに来てくれた。Sちゃんと私は、BC州の北の小さな町にあるカレッジでESLに通い始めた同期生。そして彼女との再会は、なんと23年ぶりっ!にじゅうさんねんっ! FBでSちゃんの雰囲気はちらっと見ていたのであまり変わっていないなぁとは思っていたのだけれど、本当に全然変わっていなくてびっくりっ! まぁね、1歳のときの幼なじみと24歳になって再会するのとは違うもんね〜(笑)。

それにしても懐かしかった。話しているうちに全く記憶から消えてしまっていたことが、じんわりと思い出されてきて、色んな話がつながって。気持ち的には23年前とあまり変わっていないつもりでも、こうしてSちゃんと話をしながら当時のことを思い出してみると、若さゆえにはじけていたなぁ〜としみじみとしてしまった。怖いものなかったし、1年2年先のことさえ考えることしなかったし、失敗したって笑い飛ばしていたし、本当にハチャメチャだったなぁって。そう思うと、私も少しは大人になったんだ。やっほー。

今は、周りを見つめたり健康でいることに感謝したり、失敗したら反省するし(一応自分なりにね)。20代前半って、自分が毎日どんな顔していたかも思い出せない。鏡を見て髪を整えたり、っていうこともしていたのだろうか。。。朝、バシャバシャ顔洗ってそのまま行ってきまーす!だったんじゃないかな。それと比べると、今は、シミがでてきたなぁとか、肌も乾燥しているなぁとか、一応セルフケアにもそれなりに注意を払うようになったもん(手遅れかもしれないけどー)。

と、Sちゃんとの再会で、すっかりホコリをかぶってしまっていた20代前半の自分の姿を色々と思い出せたのでした。こんなにも長い間会えなかったのに、そんな時間のブランクを全く感じずあの当時と同じ波長で話をしたり笑ったり。楽しかった♪

Sちゃんは我が家に1泊だけで、翌日、なんと、私たちがESLに通ったFort St. Johnの彼女のホストファミリーを訪ねて行った。そしてFSJで1泊してバンクーバーに。で、帰国。信じられない弾丸トリップ。懐かしのFSJの様子を写真で送ってくれたので、その様子はまた後日〜。

昨日は感謝祭の夕食に誘われていたんだけど、お腹にくる風邪をひいてしまったのか、珍しく気分が悪かったのでちょっと顔を出しただけ。今日は一日エンジンがかからず、Sちゃんにもらった本を一冊読み終えてその後はごろごろしていた。ごろごろついでに、テーブルの上のコスモスを描いてみた。が、描き始めてとても難しいことに気づいたのでした… あはあは。

花はあんなにシンプルに美しいのに、描き写すのはとても難しい。

さて、明日は仕事だ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

皆既日食フィーバー

いやはや。無事に(?)皆既日食が終わりましたー。なにせ、北米では38年ぶりにほぼすっぽりと太陽が月に隠れてしまう皆既日食なもんで、その盛り上がりようがすごかった。1週間ほど前からネットニュースやテレビのニュース、ソーシャルメディアなどでも大騒ぎ。皆既日食の100%ラインにある田舎町などでは、過去に例を見ない交通渋滞とビジター人口だったらしいよ。この時とばかりに、道端に色んなベンダーさんたちがあふれたみたいです。皆既日食Tシャツやら飲み物食べ物、なんでそんなもの売ってるの?っていうようなもの(避妊用具とかね)を並べているひともいた(笑)。

カナダの中では、ビクトリアは今回の皆既日食を見るベストスポットだった様で、太陽の90%が月にかくれた。

私たちも皆既日食だね~とは言ってたんだけど、のんびりしすぎて特別な眼鏡を買うのを忘れていた。4,5日前になってお店を回ったらどこも売り切れで… 私は6歳の時にバングラデシュで皆既日食を見た。その時は、誰も皆既日食用の眼鏡なんてものをもっていなかったので、ろうそくで「すす」をつけて真っ黒にしたガラスの破片で日食を見たのを覚えている。そうすればいいよ~って相方に言うと、それは「危険だからやってはいけない例」の一つだって言われた。相方はかなりがっかりしていたけれど、私は仕事なので「キャンパスにいけば誰か持っているだろうし、貸してもらえばいいや」と思っていた。で、借りましたよー♪見れたよー♪

驚いたのは、キャンパスに集まった人たちの数! 天文台のある建物には、なが~~~い行列。子供連れのパパママがいっぱい!先着100人までは屋上の天文スペースに登れるようになってたみたいなんだけど、何百人と集まったんじゃないかなー。私も持ち場を放ったらかして外に出ていた(いいのか?)。専用メガネを通してみる太陽はオレンジ色の三日月のようで神秘的だった。欠け始めから終わりまで、約2時間かかったらしいけれど、あっという間に終わってしまったように感じたよ。太陽の9割がかくれてしまったら、随分暗くなるんだろうと予想していたのに、案外そうでもなく、ほんの少し薄暗くなりひんやりとしただけだった。100%皆既日食だった町はどんなふうだったんだろう。

月が太陽を8割ほどかくしたあたりで、こうして(↓↓)指で小さな輪っかを作るとね。普通なら丸い穴の影になるところが三日月形になったよー。

ほらほら。ズルしてないよっ。輪っかが三日月!

私が一番楽しんだのは「木漏れ日」。指の輪っかと同じ原理で、木々の葉っぱの影が三日月形☽☽☽

ブラシで描いたような影がきれいでしたっ。

次に北アメリカ大陸を皆既日食100%ラインが走るのは、なんと7年後。次は東海岸の方に移るみたいだけど、それほど遠くない未来。また盛り上がるかなっ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

誰の仕業?

朝から目が点になりました。

畑のにんじんエリアで。

え?

そう。

こんな状態だったのです。

私が掘ったんじゃないよ。Gusの散歩からもどって庭をチェックするとこの状態。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

むらむらむらむら。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

だれや。

ことわりもなくわたしのにんじんをたべてんのは。。。。。。。。。。。。

あぁーーーーーーーーっっ!!!!

朝から非常に非常に気分が悪かったです。

タヌキかな。きっと、タヌキよね。こんな風に掘り起こしてかじりついてるんだから。一週間ほど前から、頭をのぞかせたにんじんの葉っぱがちぎれていておかしいなぁとは思っていたのです。でも、しっかりと植わっているので引っこ抜けないんだろね。で、ひっぱって抜けないなら掘り起こせ、ってなものなのでしょう。

にんじんがこんな風に被害を受けたのは初めて〜っ(涙) ビクトリアは7月に入ってからずっと雨も降らず乾燥している。Gus用の水入れも夜は家の中にいれている。タヌキたちも喉が乾いているんだとは思う。それで普段食べないものにも食らいついているのでしょう。。。

しかし。くそはらたつ。。。 にんじんがこんな状態になったのなら、次はトマトをひっかきにくることは目に見えている。どうしよう。。。

今日は朝から一日、どうやって野菜を守るべきか考えていた。ふむ。。。

*余談*

昨日ののランチタイムヨガで、私の前のひとの足首のタトゥーが目に入った。

「生現」

なまげん? どーゆー意味??

調べると、これは「現金」っていう意味なんだそうね。Downward Dogのポーズをしながら、「なまげん」を理解しようと頑張っていた私:「生に現れる=そのまんま現れる=そのまんまの自分を表す?」っていいたいのか??

違いました。これまた後で調べると、欧米人がタトゥに使っている場合には「Live for Now/This morment(今を生きる)」みたいなことを表現したいんだって。30代前半の女性だったんだけど、まさか「Cash」っていう意味があるなんて知らないよねー。久しぶりに見た「突っ込みたくなるタトゥー」でした。

良い週末を!