スティーブさんのてづくりの車

週末のお昼、ピンポーンとドアベルがなった。ドアを開けると、なが~~~~いこと音沙汰もなかった相方の古いお友達のスティーブさん。「スティーブ!元気?元気そうだけど、最近どうしてたのー? 入って、入って、お茶でも飲む?」と聞くと、「いやいや、今日はちょっと見せたいものがあって立ち寄っただけだから。」って。

Sさん:車だよ。僕がつくった車を見てもらおうと思ってさ。

You built a Car? 車って、人が乗って運転できる車???

相方:それ以外にどんな車があるんだよ。わははっ。

私(頭の中で):おもちゃの車とかあるやん。ふんっ。

ドアを開けて。私の目に飛び込んできたのは、この車!

めっちゃかっこいいーーーー!!!!

たまげてしまいました。「人が乗れる車を作った」っていうのは念頭にあったものの、私が想像したのはせいぜいトヨタのカローラみたいなありきたりなボディーのものだった。古い中古車を「改造して」また走れるようにしたんだろうなって思ったの。

違うのよ。スティーブさんの作ったこの車は、なにもないところから生まれたのです。デザインをして、全てのパーツをかき集めて、組み立てて、調整して… ボディの形も2度、3度大きく変えたんだって。そうして変えるたびに、他の場所の微調整は必須だし。作り始めてから一般道路を走れるようになるまで13年かかったんだってー。すごいよねっ。

このライトはどこかで見つけたインダストリアルライト。グリッドもスプリングもかっこいい。正面のライトの上についている部分(なんていうの?ほら、よく、ジャガーだったらジャガーの形のクロームがついてるでしょ?あれ。)見えますか? これね、スティーブが怪我をして腰を傷めた時に、一時的に腰の関節として使われたモノなんだってー(笑)。

むき出しのエンジンパイプ(?)やワイヤーも手作り感たっぷりで良い!好き好き〜。

運転席の後ろにストラップで留めてあるのが「ガソリン」タンク。ちなみに、この運転席(+助手席)は道端に「Free!!」って書いた札と一緒に捨ててあったのをもらったんだって。それがぴったりサイズだったので感激したとか。

ボディのメタルは、まだ淵が切りっぱなしなので、車に乗り込むのに手足を切ったりしないようにスチロールの筒状のカバーがしてあった。こういうディティールはまだまだこれから仕上げていかないといけないって言ってたよ。

ダッシュボードにはリサイクルのマホガニーを使ったらしいです。おしゃれ~。ハンドルもリサイクルで拾ったもの。運転席、助手席の前のグラスはね、「シャワーのドア」を切って加工したんだってー。

スティーブさんは木工大工さんなんだけど、その前はブラックスミス(鍛冶屋)だったからこういうクロームや鉄の部品も加工できちゃうのです。

自分の手でものを生み出せるひと、かっこいいなぁ。

こうして私たちがあれこれ話しているあいだも、通りすがりのひとたちが車を止めてチェックしたり、「Nice Car!!」ってサムズアップ👍する人もいたよ。車好きのひとは「一体どこの車、何のモデル?」って思うんだよねー。さすがに、時速50km以上出して走ったりはしないって言っていた。とにかく、自分で作った「車」にのって、普通道路を走るっていうことがすごいよなぁ〜って、私は感心しっぱなし。

バイクのハーレーダビッドソンのシグニチャーのぶるんぶるんぶるんっ!っていうようなエンジン音を誇らしげにたて、さっそうと走り去っていったのでした。かっこいい〜! 今度、のせてね、スティーブさんっ。ヘルメットかぶるから〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

100枚の絵を描くプロジェクト・3枚目

ブログのお友達の umiさんが、少し前に「100枚の絵を描くプロジェクト」を紹介されていた。umiさんはまだ小さな赤ちゃんのいるお母さんで、きっと自分の時間というものを作るのもとても難しいのだろうけれど、絵を描いたり、文章を書いたり、展示にいかれたりワークショップに参加して彫刻されたり、限られた時間の中でとても積極的に、でも無理のない範囲で「想像・創造」されている。その姿勢が素晴らしくて、いつも刺激をもらっている。

umiさんが「横尾忠則さんの言葉」(下に引用)を味わい思いついたのが、100枚の絵を描くプロジェクトなんだって。

「絵は1枚描くと1枚出来る。描かなければ1枚も出来ない。もし100枚描くと、描かなかったはずの100枚の絵が見れるんだから、やっぱり描こう。陽の目を見ない絵が身体の中にいっぱいあるらしい。それが出たがっているはずだ。」

 

その通りだなぁと思う!

なぁんとなく「吐き出したいなぁ=表現したいなぁ」という思いはあっても、具体的に何を?となるとなかなか手が動かないことが多い。去年は半年ほど「一日一描」をやっていた。主に線描で。あのときはああいう気分だったんだと思う。今年に入ってからはその「気分」が薄れてしまい、ただムズムズした感覚だけがくっついてまわっていた。春先まで、このムズムズ感に焦りさえ感じていた。でも何もできずにいた。どうやってリズムを取り戻せばいいのかわからず、「sketch everyday」なんて言葉で検索してみる。するとよくあるのが、365の単語のリストにそって、とにかく列挙されているものを1から順番に毎日描くのだ!というもの。リストにあげられているのはかなりランダムで、「好きな道具」「木の葉」「感謝しているもの」「朝ごはん」などなど。提案されるのはいいのだけれど、気持ちがのらないので続かないし楽しくない。「やらなければいけないタスク」になってしまう。

瞑想をするようになってしばらくたったころ、それほど焦らなくなった。ムズムズ感も柔らかくなってきた(これが瞑想の効果かどうかはわからないけど)。で、umiさんのこのプロジェクトのお話を読んで、毎日じゃなくても、描いてみて100まで枚数を数えるのなら続くかも!と思った~。

で、これが昨日の3枚目。デジタルもありということにしたヨ。

Doodle Marathon にもアップした:experiment: japanese anemone

花を描いたのは初めて。まだまだ使いこなせていないタブレットで、デジタルだけど無機質になりすぎないように、絵の具だったらどんな風にしたいかなぁって思いながら。ほこりをかぶっているサブ・ブログ「Doodle Marathon」の方にアップしているのは、大抵、目(頭・心)に浮かんだものを描いているので、写真を参考にして描いてみたのも初めて。

ぼちぼちと。100枚描けたらいいな。100枚目に到達するまでに、「こういうのが好き」「こういう風にしたい」っていうのが見つかれば嬉しい。マイペースで数えていこう。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

「徳」を彫る

もう1ヶ月ほど前のこと。ちょっと不思議な夢をみた。

ブログのお友達のafricaさんへのコメントには書いたのだけれど、夢にafricaさんの旦那さま(パパさん)が出てきたのです。
私はafricaさんにまだお会いしたことないし、パパさんのことは、ちらりちらりとafricaさんが話されている限られた情報を寄せ集めて勝手に想像しているのみ。なのに、突然、とても当たり前のようにはっきりと私の夢に登場されました(笑)。

夢の中では、わいわいがやがやとみんなが集まっていた。一緒にご飯を食べていたかも(ポットラックみたいなかんじで)。私はごはんをつつきながらヘラヘラと他愛のない話をしていた。すると斜め前に座っていたパパさんが、私にぽつりと一言:「真剣に絵やイラストを描く仕事をすればいいんじゃないの?」って。で、「描くのは好きだけど、いつも描きたい気持ちがあるわけじゃないし、◯◯をテーマに描いてっていわれてそれに応えるように描けるかどうかわかんないです。好きなモノを好きなように好きなときに描いてるだけだから」って答えた。

そしたらパパさんが「それは全く負の連鎖だよ。そうでしょ?」って。私が答えに困って「はぁ。。。」ってもじもじしていると、パパさんが私にこう言ったのです。
という字を彫ればいいよ。全てはそこから始まるから。」って。

そこで目が覚めたのでした。

ちょうどこの夢を見たあたりに、africaさん一家はタイの小さな島を旅されていて、タイムリーにアップされていたブログにパパさんや息子くんも登場していたし、africaさんはゆっくりと流れる時間を使って木彫りをされていた。そのことがこの夢をみたきっかけだったんだと思う。でも、「徳」っていう字を彫れっていうのはかなりランダムな提案だった。

でね、言われたとおり彫ってみることにした。

海岸で流木のかけらを拾ってきて、昔々の彫刻刀を引っ張り出してきて。

徳という字は「てん書体」を選んだ。

週末に少しずつ。そして、先週末にやすりをかけた。

この彫刻刀ね、実は小学校4年か5年のときに父が買ってくれたもの。図工で木版画をすることがあって。6年の時にはお面を彫るのにずいぶん使った。わざわざ一本一本に名前まで書いてくれた。それからずいぶんたったし、引っ越しだってしてきたというのに、まだ持っている自分にびっくり。上海にいたときも、カナダで学生をしていたときも持っていた。でもこうして引っ張り出してきて実際に何かを彫ったのは…うん十年ぶりかも。切れ味もずいぶん悪くなっちゃってるんだけど、彫刻刀がこんなところで活躍(?)するとはねー。

相方が「何彫ってるの?」って聞くので、いきさつを説明したところ「ふーん。面白いね。ナイス。」って言っていた。私が、彫り上がったのを見せると、今度は「What Now?(で、どうするの?)」って。

Nothing. と答えた。どうもしない。

全てはここから始まる、のか?(笑)

instagramlogo

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

カレンデュラオイルのハンドクリーム

今日も寒くて雨でした。こんなミゼラブルなお天気の中、ブログのお友達のYukiさんがわざわざ大学まで足をのばしてくださいましたー☆ ご主人のお仕事でビクトリアに一週間滞在だそうです。ごめんなさいね〜、こんなとんでもないお天気で… ちょこっとだけ小さなキャンパスを歩いてカモメの写真を撮り、ガーデンをぐるりと。お別れするときにようやく雨があがったんだけど。Yukiさんは、私がブログをはじめた頃からフォローさせてもらっているので、初めてお会いしたのに全然そんな感じがしなくて。想像していた通り、とても素敵な方でした♪ 楽しい時間をありがとうございました♪ 残りの週がせめて雨がふらずもう少しあたたかくなりますように!!

さて。Yukiさんにももらって頂いたのですが。。。めちゃくちゃ寒かった土曜日、カレンデュラオイルでハンドクリームを作ったヨ。これは、この間poteriさんのところで見てインスピレーションをもらい、「みつろうは家にあるから作れるかなぁ」って♪ ちょうど用事でダウンタウンに行ったついでに、ハーブのお店にも立ち寄ってカレンデュラオイルを探したのでした。

みてみるとカレンデュラオイルはとっても高価なもので、こんなに高いの?ってお姉さんに聞いたところ、「カレンデュラの花で自分で作れるよ。すぐに使いたい場合はゆっくりと湯煎にかければ数時間でできあがるし。」って教えてくれた。ので、小さな紙袋にいっぱいのカレンデュラの花を買ってきてオリーブオイルで抽出(?インヒュージョン)しました♪

みつろうと、ココアバター、カレンデュラオイルに少しラベンダーの精油を加えました。ココアバターが入っているので甘い香りもする。ユーカリのような爽やかな香りが合いそうだな、って作った後で思った。それはまた今度。

ちょうど、いつも顔にぬっているみつろうクリームも少なくなっていたので、それも作り、余ったのをリップのケースに流し込んだ。

なんだか顔にも手足にもみつろうを塗りこんで遊んでいるような… そんな寒い土曜日だった。

今日もユニクロダウン着ちゃった… もうそろそろ片付けたい。

明日は自転車通勤できるかなー。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪