みつろうとホホバオイルのリップバーム

まだまだ寒いビクトリア。昨日なんて3月の終わりとは思えないほどの豪風が吹きさらし、外を歩く人たちはみんなダウンジャケット+帽子という冬の装い。まったく、いつになったら温かくなるの~。

唇もすごく乾燥してぱりぱり。 リップクリーム(リップバーム)が手放せない。こちらで私が気に入って使っているのはBurt’s Bees(バーツビーズ)ビーズワックスリップバームハニーリップバーム。よく効くし自然な甘いかすかな香りも好き。カナダでは一本400円~500円位する。高くない?

でね、家にビーズワックスがまだあるんだし、作っちゃえ! 簡単に言ってしまうと、ビーワックスを溶かして容器に流し込めばいいだけのこと。使い切ったリップクリームの容器を幾つかとっておいた〜。

みつろうとホホバオイルのリップバーム

材料:

  • みつろう・ビーズワックス 5g
  • ホホバオイル 15ml
  • 精油 6滴(レモン+ラベンダー、各3滴)
  • ローズウォーター(蒸留水やウィッチヘーゼルウォーターでもいい) 4~5ml

アロマの資格をとった友達に蜜蝋フェイスクリームの作り方を教わってから、ずっと朝のクリームは手作りの蜜蝋クリームを使ってます。好きな精油を混ぜられるので、香りも自分好みにできるし、この蜜蝋クリームを使うようになってから冬の間の乾燥が驚くほどましになった。以前は口の周りやほっぺに粉が吹くほどだったけれど、この冬は問題なし。フェイスクリームを作るときは、ホホバオイルとローズヒップオイルを半々使ってるよー。リップクリームはホホバオイルだけで。

家にあるのは蜜蝋のかたまりなので、まずはごりごりとグレイターでおろす。それを湯煎にかけて溶かす。そこへホホバオイルを加えてさらに混ぜてさらさらにする。混ぜるのは竹串を使ってます。

ローズウォーターでなくても良い。普通の蒸留水やウィッチヘーゼルウォーターなどでもOK。

一番難しかったところは、溶けた蜜蝋を容器に移し入れること!! 蜜蝋+ホホバオイルは蒸留水や精油を混ぜ入れるとすぐにかたまっていくのです。筒状のリップクリームの容器に流し入れるのは至難の業… その場で「どうしよう、どうしよう。。。」と足踏みふんでしまった。で、どうしたかというと、予め温めておいた小さなスプーンを使い、蜜蝋がまだトロトロの間に容器にそっと流し入れたよ~。慎重に、でも手早く(じゃないと固まるから〜)

普通の平べったい容器の方はしゃぁ〜っと流し入れられるので簡単!

できた♪ 硬さもちょうどいい。

今回は、レモンとラベンダーの精油を少し加えた。レモンは唇の荒れなどに良いそうです。が、お日さまに当たると酸化しちゃうので、レモンはフェイスクリームにはオススメできない精油なんだって。今度は少し蜂蜜を入れてみようかな〜って思ってます。

これでしばらくは唇の乾燥を防げる〜。

*おまけ:週末の苔玉

また作ったの。何故か、苔玉つくりだすと雨がしとしとと降り始める… 同僚のフレイザー君のオフィスに1つ。カウンターのボビーの苔の部分がやっぱり元気が無いので家に連れて帰ってきて、別のピンチヒッターを連れて行こう。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

旬の苔で苔玉づくり

気温がほんの少し上がり日が長くなり、しっとりと潤うこの時期(潤いすぎてびちょびちょなんだけど)、苔たちがとってもきれいです。

暗くて長い冬の終わりにみる鮮やかな苔の緑色には、春の初めに咲く花たちとはまた違う鮮やかさがある。

散歩道でも道の傍らや木々の幹に苔色。北側に面した屋根の上からもぽとりと落ちてくる苔のかたまり(↑)。カラスが苔の下にある(いる)ものをつついているときに落ちてくる。ひゅんひゅんと伸びているのは「さく」とも呼ばれる「胞子体」。これがまたかわいらしい。

こんな風な毛足の長い(?)のもあるよー。

うちの裏庭も、芝生に見えているようで実は「苔なのよ」というエリアがたくさんある。全体の三分の一が苔かなぁ。探してみると数種類ほどあり。ほらね↓↓

苔には大きく分けて二種類あるんだって。「acrocarpous(A)」と「pleurocarpous(P」。Aの特徴は全体的にこんもりと盛り上がり育ちが遅い。Pの方は平べったく自由に広がっていくタイプ。胞子体が中心部にある。育ちが速い。

Aの例:スギゴケPの例:ハイゴケ

 

Wikiで見つけた「苔の生育サイクルの図」。わかりやすい図解です。こうしてみると、あのひょろりと伸びた「さく」のひとつひとつにたくさんの苔の命がつまっているのがわかる。

Wikiより

さて。めちゃくちゃ長い前置きでスミマセン。「苔が潤う季節になったら作りたいなぁ」と思っていたのが「苔玉」。ネットで見ていると、最近では北米でもkokedamaブームらしい。でもね、作るのなら日本の赤玉という粘土質の土を使うのが断然楽ちんで簡単! このあたり(北米)には赤土が売っていなくて、英語でKokedamaの作り方を見てみると大抵は「Bonsai soil(盆栽用の土、左上)」をPeat moss(右上)に混ぜて(下)使っている。

盆栽用の土、ピートモス、混ぜたもの

この二種類を半々に混ぜ、水を加え、手でぎゅっと握ったときに形になるくらいまで湿らせる。ところがね~、これ、そんなに簡単に形にならないのです。赤土だったらぎゅぅっと握ればお団子になるのだろうけれど、盆栽土は湿らせてぎゅっとにぎっても、ツンとつつくとボロリと崩れます(汗)。

それでも無理やり。。。(そうしろ、ってYoutubeでも言ってたしー)

くっちゅいたじょー。 って言いそうです。

そぅっと形にして半分に割り、その中に植えたいものを入れて(のせて)また半分をかぶせる。そしてぎゅっと握る。そしてまたそうぅっと苔を貼り付けてぎゅっと握る。糸をくるくると巻いて固定! 糸ではなく、ガーデニング用の麻ひもなどを使うとそのまま「吊り下げられる」苔玉になります。日本にある赤土を使えば、きっともっと小さくて可愛らしいのも簡単に作れるんだろうけれど、こちらの土ではどうしてもソフトボールほどの大きさになっちゃう。

多肉ちゃんとよくわからない名前のツタ系の草(?)を包んでみたっ。記念写真!

場所を変えてもう一枚っ。

こういうの見ていると名前をつけたくなりますね。ジョニーとボビー。そんな感じ?

ツタの方(ボビーくん)をメイソンジャーにいれて。。。

職場のカウンターにおいてみた。お昼過ぎにカウンターの前で、パートの男の子が二人「なにこれ?」と指差しながらニタニタと笑っていた。「苔玉っていうんだよっ。Moss-BallIsn’t it pretty??」と嬉しそうに説明する私を見てまたニヤニヤ。なんで笑うんっ???と問い詰めると、「いやいや、一体なんなのかわかんなくってさ、丸いし。。。」「だからね、小さなプラントを土でくるんでそれをまた苔で包んだのー。いいでしょ?」男二人:「えー?作ったの?(にたにた)Am… Good, yes, it’s good hehehe…..

若い男の子には「笑えるモノ」らしい。でもさ、このまま枯れてしまったら、ただの茶色い団子になるのね。そうなったら私も笑うだろうな…ま、これは私の第一作目。今度はもうちょっときれいに作れるように頑張るー。

しばらく水に浸し、あとは霧吹きなどで水やりをするんだって。枯らさずに緑を保てるかなぁ。多肉ちゃん、育つかなぁ。上手な人はシダを使ったり、球根を埋めたりして花を咲かせたりしている。テラリウムを作る人もいる。

ちょうどいいお皿がなくて。。。ジョニーくんをこんなのにのせてみた。

いくつか作って庭に転がしておいて、そのまま育つかどうか試してみたいなー。庭の苔たちは何もしなくても育ってるから。うふふ。
苔玉でしたっ。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ダーニングでくつ下のお直しやってみた〜

暮しの手帖の84号で紹介されていた「ダーニング(darning)」。試してみたよー。くつ下やセーターの虫食いやほころび、シャツやジーンズに空いた穴の修繕する方法♪ 洗濯をしてきれいになった穴あきソックスを用意して、ダーニングに挑戦の日曜の午後。

お気に入りのセーターに空いた小さな穴なら、以前にも無理やり縫い付けて修繕したことはあるけれど、くつ下のかかとやつま先に穴が空いたら、大抵は「ゴミ箱行き」だった。でも冬の毛糸の靴下の中には、日本で買って気に入っているものもあり、一つ穴が空いたからといってポイしてしまうのがもったいなくて。こちらでも毛糸の靴下は売っているけれど、本当に気にいって暖かいものって、一足$20〜$25もする!たかーい!

でね、昨日、ダウンタウンに行ったついでに毛糸や刺繍糸のお店に立ち寄った♪ 最初に行ったお店の女の子が、「ダウンタウンにある小さなお店(Button & Needlework)に行った方がいいよ♪ あそこだったら色んな色の毛糸を少しだけ買うことができるから、探しているものが絶対に見つかるはずっ!」って薦めてくれたのです。なんていい子なの〜。で、ボタンの看板のついているこの小さなお店(↓)に行ってきた☆

本当にいろ〜〜〜んな色がいっぱいで、小さく束ねてあったよ〜。どの色にしようかすんごい迷ったっ。お店のおじさんもいい人で、何するの?刺繍かい? って聞くので「ダーニングでくつ下を修理するの〜」っていうと、「そりゃぁいい。くつ下なんて破れたら捨てる人がほとんどだけど、ちょっと修理すればまだまだ楽しめるんだよネ。いい色は見つかったかい?」ってにこにこだった。

お店にはダーニング用の道具「ダーニングエッグ」(キノコの形のダーニングマッシュルームというのもある)が売ってたんだけど、手作りモノで一つ$30もした。ので、これはパス。毛糸と針だけ購入。

私は靴やくつ下の履き方が荒いので、すぐに踵の方から傷んでくる。お気に入りの「Rasox」のくつ下も一シーズンちょっと履いただけで踵が薄くなっちゃって、とうとう穴も空いた。

さてと♪ 材料もそろったところでやってみよう!

「なにやってんの?」のGus

毛糸の匂いが気になるらしく、しばらくじっと私の方を見ていた…

そうそう、ダーニングエッグは高くて買えなかったので、代用に使ったのは「電球」↓↓ くつ下の中にいれてゴムでしばってしまえば十分使える☆

ウールのくつ下ならウールの毛糸がいいみたい。針は20番。とりあえず穴の空いたところをダーニング。

基本的に縦糸をかけて、横糸は縦糸を交互に拾って編んでいく。まず穴から0.5mm ほど離れたところ(穴の右上)に小さく右から左に針を刺して、穴が十分に隠れる範囲の縦糸をひいて(上から下へ)、穴の左下に小さく右から左に針を刺す。これが一本目の縦糸。次は下から上に糸を引き、最初に針を刺したすぐとなりに針を刺す(2本め縦糸)。全部穴がかぶさったら今度は横向きに糸を交互に編んでいく。糸端は10cmほどたらしておいて、最後に裏側に引っ張り出し、玉止めはせずに糸を絡めるようにして終える。そんな感じ。糸と針の作業をするなんてとっても久しぶりで新鮮。少々ガタガタしてもそれも愛嬌で良し。大雑把な性格の私には有難い。

穴は空いていないけれど生地が薄くなっている、というところは、半返し縫いで補強するといいそうですヨ♪

薄くなっている部分が結構あり、くつ下一足を修繕するのにずいぶん時間がかかってしまった。一番面倒だなって思ったのは、糸端を裏側に出して仕上げるという作業。ちくちく縫い進めるところは楽しかったよ♪

じゃん♡

くちょくちょしているけど手作り感があっていいじゃなーい♪ ふふっ。なんだか小さな目玉焼きを踏んづけたような踵になりました。

ちょっと嬉しくなって、隣で本を読んでいた相方に見せたら、「ぼこぼこして気持ち悪くないの? あ、内側は大丈夫か。。。でもさぁ、くつ下くらい、穴が開いたなら新しいの買えば〜?」って。「だって、このくつ下好きなんやもんっ」と言うと、「あ、そう。It’s a good reason.」だってさ。

同じように踵に穴が空いたのがもう一足と、背中に穴の空いたTシャツ一枚あるんだけど、修繕はまた来週かな。単純で目の数を数える必要もないチクチク作業はメディテイティブ。リラックスついでに、久しぶりにヨガをして上半身をぎゅうぎゅうと伸ばした夕方でした。

まだまだ寒いけれど、昼の時間が少しずつ長くなっているのを感じる。嬉しいな。朝と夕方の自転車通勤も、もう少ししたら明るくなるかな〜。元気で楽しい一週間を!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

冬至:ちくちく作業

冬休み第一日目☆

午前中は散髪がてらダウンタウンに行き、ちょっと買い物を〜と思ったんだけどすぐにギブアップ。クリスマス商戦の熱気に負けてしまった。家に帰ってGusと散歩。今日は比較的穏やかでいいお天気だったから♪

丘に登り、来年の「Gus Calendar」の12月用の写真撮影。なんとか終了〜♪ 明日、カレンダー作りをしよう。我が家用と、相方の妹さんと私の実家に一部ずつ。後ほどまた写真を紹介するので見てね〜。

昨日、リビングのソファーに座っていて思った。暖炉の上に飾っている「ツンドラマン」(→ココで紹介)と、パパ・フランチェスコのボブルヘッドがなんだか寂しそうだなって。

ホリデー仕様にメイクオーバーしてあげよう!って色々と考え出したらすごくワクワクしてきた。

でね。午後は久しぶりに裁縫道具をひっぱりだしてきてチクチク作業。

ツンドラマンには「蝶ネクタイ」を付けてあげた。

えっへん♪

ちょうど、こんな生地が家にあったのー。

首元が寂しかったもんね。

そして。

パパ・フランチェスコさんたちの方はというと。

やっほ〜。

すっかりクリスマス仕様でございます☆

自分で言うのもなんですが。。。

かわいい。

帽子かぶってるほうがバランスがとれていると思うヨ。

ちょっと角度を変えて上の方からみると、嬉しそうに笑ってるみたい〜。よね?

嬉しくなってインスタに頭ふってるプチ動画ものせてしまった。。。チビパパの方はあまり頭が揺れないので、グランデ・パパの方で実践。

a little festive makeover on papà francisco. happy bobbling!

A video posted by paprica (@paprica) on

けたけたけたけたけたけた。。。。今日は冬至。Happy Solstice☆

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ふくよかなモデルさんを前にすると。

土曜の朝、眠い目をこすりながら「Figure Drawing」のドロップインに行ってきた。最後にドローイングしたのは半年以上も前になる。

dropin
painting studio

9時半からなのだけど、とても人気のあるドロップインで9時過ぎに行ったら既に半分以上のスポットが埋まっていた。自分の場所を確保してから、ビジュアルアートの建物の別の部屋をぐるぐる見て回った。最近の学生さんはどんな創作をされているのかなーって。でも、残念ながら、ほとんどの平面作品は棚の上にしまわれていて見ることができなかった。

仕事がなくて悶々としていた頃、よく週末もここに来て一日過ごしたっけ。自然光は限られているけれど、ライティングがしっかりとしていて天井が高くて、ここにいると自分だけになれるような空間。

さて。昨日のモデルさんはとても「ふくよか」だった。ぽってりと。こういう女性のモデルさんは初めて。今まではスリムな女性か結構筋肉質な男性だったから。英語で言うと「Fat」ではなくて「Voluptuous」でしょうか。このセッションを担当しているワークスタディの学生さんが、セッションの始まる前に「今日のモデルさんは初めてなので、皆さん優しくしてあげてくださいね。」って。

oct29lifedrawing1
左上から時計回り:2分、2分、5分、10分(だったかな)。

半年ものブランクの後、白い紙にむかうと「びびる」。怖い。でも、このモデルさんの持っている雰囲気のせいか、一旦手を動き出すと大丈夫になった。不思議なもので、彼女がとてもふくよかで「柔らかい」雰囲気だったもんで、私の手も柔らかくふわふわと動いた。形の捉え方とか陰影とかバランスとかはハチャメチャだったのだけれど、気持ちはすぅ〜すぅ〜っとほぐれていって「これでもいいや」っていう風な。そんな感じ。

そう。筋肉質な男性の時は、何故か自然と私の手にも力が入ってしまい、チャコールやコンテから粉が吹くほどだった。このモデルさんは新米さんだっていうけれど、私はとても好きになった。

oct29lifedrawing2

裸、なわけだけど、いやらしくは見えない。ふくよかな女性ってこんな風なのだなぁって、「いいなぁ」って感じていた自分。

結構短い時間で(2分、5分、10分、20分)ポーズが変わるので、私は描いているときに全体像をよく眺めるということをしていない(するべきなのだと思う)。隣の人たちは、鉛筆を目の前にもってバランスなどを確認しているのがちらちらと見えるんだけど。終わってみて描いたものを眺めてみて思ったのは、私はモデルさんの「顔」にはあまり興味がないみたい。これもモデルさんによるのだけれど、ふくよかな彼女を見ていると、その柔らかな曲線がとてもきれいで「肌のたるみ」とか「ぽってりとした肌の上の陰影」ばかりに惹かれていた。

oct29lifedrawing3

午後にやりたいこともあったし集中して少しつかれたので、最後の20分+30分セッションの前に引き上げた。

来週末もまた頑張って早起き。。。しよう!

明日はハロウィンだ〜☆ そして11月。はや〜い!! 良い一週間を!

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪