キンドルで 「絵本」を出版する方法、の覚書き

2月の初めに「キンドルで絵本をセルフパブリッシングしたよー」と騒いだ。その後、手順などをまとめておくつもりだったんだけど、出版のところまでやって力尽きてしまったのでした(苦笑)。

数日前、ブログのお友達のharubocchanさんが運営されているサイト、「絵本を楽しむ豆知識」でアマゾン・キンドルでの出版方法をとってもわかりやすくまとめられていた♪ その上、私の拙いキンドル絵本まで紹介してくださったの〜(→☆!)。どうもありがとうっ!彼女のサイトは、絵本が大好きなひとやお母さんお父さんに耳寄りな情報がいっぱい!懐かしい人気絵本だけでなく、珍しい作品も紹介されているよ〜。とても上手にまとめられていて読みやすく、私はいつも更新を楽しみにしていまーす☆

さて。harubocchanさんに元気をもらい、私も覚書きとしてまとめておくことにした。よしっ!

アマゾン・キンドルでの出版方法は、私があれこれ書くよりも、ずっとわかり易く手順を紹介されているサイトがたっくさんある!参考にさせてもらったものを一番下にリストアップするね。

ココでまとめるのは、私自身が「キンドル電子書籍出版」に取り組み始めたときの「マップ」。どこから手を付ければいいのか、あふれる情報の中から何をピックアップすればよいのかもわからなかった。で、自分の「道しるべ」として書き出したポイントです。私は「絵本」を作りたかったので、他の一般書籍とはほんの少しフォーカスや知りたいことも違っていた。文字だけの文書とは違い、どれくらいの画質・解像度が必要なのか、ページの大きさ(寸法)、フォーマットなど… どんな端末で表示されてもそれなりにきれいに見えるようにするには、どうすりゃいいの?って。

少しでも、「これからキンドルで絵本を出版してみたいな」って思っているひとの参考になれば嬉しいな。私自身の覚書きでもあります〜。

必要なこと・知っておくべきこと・大まかなステップ

  • アマゾンに出品するのに必要なアカウント登録(アマゾンKindle Direct Publishing=KDP
  • 税に関する手続きをすませる
  • 本を作成:表紙と原稿
  • 本をキンドル用に編集(最終的には高画質、無圧縮[Uncompressed]のファイルに:表紙はJPG、原稿はPNG
  • Kindle Kids’ Book Creatorで本のフォルダを作成、基本情報を設定
  • 著作権について:例)Copyright © 2018 by Your-Name All Rights Reserved
  • KDP セレクト: 登録すると海外在住日本人も購入可能になる
  • 本をアップロード :Kindle Direct Publishing=KDPを使う
  • プレビューで確認
  • 価格設定、保存・出版
  • 審査の結果を待つ:2日未満でキンドルにアップされてた!

ファイルの設定、フォーマットなど

基本解像度 2560x1600、minimum 300ppi

表紙:

  • JPEG or TIFF:JPEGを選ぶ
  • 幅:高さ = 1:1.6 (1000px:1600px, ideal: 1600×2560) 短い幅を1600pxに(px=pixel)
  • ファイルの大きさ:Max 50MB (無圧縮[uncompressed]
  • 解像度:72dpi以上
  • RGB カラープロファイル:sRGB CMYKではない
  • 白い背景::表紙の境界を明確にするために、3 ~ 4 ピクセルの細い薄灰色の枠線

コンテンツ・原稿

  • 文書の場合:mobi .epub, .docx, .html .pdf (日本語サポートなし) – Kindle Previewer で確認すること
  • 画像ファイル:.gif, .jpeg, .bmp, .png – テキスト組み込みの絵本のページは画像ファイル
  • 合計650MB以下
  • 各ページは5MB以下
  • 最終的にPNGで保存

ツール

使ったツールは:

制作

  • イラストレーター(Adobe Illustrator)で原画を作成
  • 予めページの大きさを2560 pix × 1600 pix の比率になるようにテンプレート設定。
    40.80 cm x 25.5 cm
  • イラストレーターでの原画はCMYKカラープロファイルで制作(紙の本のサンプルを印刷するため、ベクター+CMYKで保存)
  • その後、Photoshopファイル(.psd)に出力(Export)。この時にColor Model「RGB」を選ぶ。解像度は 300 ppi

  • PSDファイルをPhotohopで開き確認し、その後、PNG(JPEGでもいいらしい)で保存

    この時に、Compression「None/Fast」を選ぶ(←無圧縮ファイル)

*メモ*

絵本を制作する際に、予め画像だけを作っておき、後でKindle Kids’ Book Creatorツールを利用してポップアップテキストを画像に組み込むこともできる。私はイラストレーターで画像作成するときに、テキストも組み込んだ。なので「表紙」と「コンテンツ」の二つの画像ファイルをアップロードするだけだったよ。

KDPセレクトに登録しておくと、海外のアマゾンからも購入可能になるんだそうです。例えば英国在住の人がアマゾンUKで私の絵本を検索すると出てきて、そこから購入可能なんだって。キンドル本はややこしくて、英国在住の人が日本のアマゾン・キンドルストアから本を購入しようとすると「エラー」がでることがあるんだそうです。日本のアマゾンのみで出版する場合はKDPセレクトに登録する必要はない、みたい。

参考サイト:

画像付きでわかり易く説明されているサイトを並べまーす。とっても参考になります。

***

つらつらと箇条書きを並べてしまった。私はこのセルフパブリッシング初トライアルでかなりヘトヘトになってしまったけれど、文章や画像をしっかりと制作すれば、アマゾン・キンドルストアに並べること自体は難しくないと思う。一度アカウントを設定して試してみれば、二度目からは原稿をアップロードするだけだから。

やっぱり一番エネルギーを使うのは「つくる」ところ(当たり前だ)。それから、多くのクリエイターさんたちが苦手とする「マーケティング」。ソーシャルメディアなどを使ってマーケティングするしかないのかなー。キンドルストアは書店とは違うので、「ぶらりと通りがかったヒトの目にとまり手にとってもらう」ということがないもんね。職場ですでにアマゾンで出版されているひとや、オンラインツールを使って自分で印刷したことのあるひとの話を聞くと、やはりマーケティングは難しいって。ただ、絵本の場合はキャッチーだし、パラパラとめくって大体の雰囲気をつかみやすい(小説などと比べると)ので、5冊ほど自分で印刷してローカルの本屋さんに「並べてくれませんか」とアピールしてみるのも一案だよ、ってアドバイスをもらった。その一歩を出すの、勇気いるよねー。

…と、ここでもう一度、マーケティング(笑。なんちゃって)

日本語版と英語版です☆

   

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

キンドルで絵本を出版してみたよー☆

ちょっとしたお知らせです!
この度初めて、アマゾンのキンドルで絵本をセルフパブリッシングしてみました~☆ わ~い☆ 自分の中ではとても敷居の高いプロセスで頑張ったので紹介させてくださ~い。

パッパカパーン☆

コレです。日本語版。

0歳~3歳・4歳位を対象のとてもとてもシンプルな、見開きたったの10ページの絵本です。

素材を作り始めてからここに至るまで1年半ほどかかってしまった。絵本なので、できれば手にとることのできる紙の本にしたいなぁ、っていう思いから、まずは出来上がったものを締め切りギリギリで一つの公募に応募してみたのでした。それにはまぁ、すぱぁっと落ち、落ちてしまった後、記念に(?)Blurbというこちらの印刷サービスでハードコピーを頼んでみた。Blurbには一冊から印刷してくれるサービスがあり、アマゾンと提携して注文が入った時点での印刷出版(プリント・オン・ディマンド)もできるんだけど、値段がとっても高くなる。で、2冊だけ自分と家族用に印刷してみた。

ハードカバーで質も良く、発色も思ったよりもきれいだった。

それから半年以上もたったころ、自分の新しい企画という意味で、アマゾン・キンドルでセルフパブリッシングする方法を調べ始めた。その手順や制作過程で気づいたことなどについては、また後日まとめてみるね♪

デジタル絵本なので、読むためのツールが必要です。幾つかオプションがあるよ~

キンドル本を読むためのツール:

  • キンドル各種端末
  • キンドルアプリ(無料)を利用して iPhone、iPad、アンドロイドタブレット、コンピューターで読む
    • アプリをダウンロード(ココ→☆)して開き、アマゾンのアカウント(ログインとパスワード)情報を入れる。すると購入した全てのキンドル本がライブラリーに表示され、クリックして読むことができる。

私の持っているキンドル端末は「ペーパーホワイト」で白黒なので、このキンドルアプリをコンピューターとiPhoneにいれて絵本の確認をしたよ♪

そうそう、「なか見!」というオプションがあるため数ページはサンプルで見ることができます。10ページぽっきりの本なので、「なか見!」だけで半分程見れちゃいます。あはは。よければのぞいてみてください♪

自分の作ったものを、アマゾンキンドルとはいえ「お店」に並べることにずいぶんドキドキしてしまった。こんなことしちゃっていいのかなって。でも、ま、やってみなきゃわからないしねー。やってみました。

英語版も作り、そちらはカナダのアマゾンに並べてみた。でも日本のアマゾンでも私の名前をいれると英語版も出てくるはず。英語版の方はタイトルを「Look at Mine!」にして動物の名前も変えたりしてみたよー。

*キンドルでの絵本制作の覚書きはココです→☆

日本語版と英語版です☆

   

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

レンジで温めるビーン・バッグ / マジックバッグ 作ってみた

冬休み中、少しだけ「チクチク作業」をした♪

結構長い間、作ってみたいなぁって思っていたもの。レンジで温めるカイロ! ビーンバッグワーマー(Bean Bag Warmer)とか電子レンジパッド(Microwave Heating Pad)っていうのかな。日本でもよく似たもので「ゆたぽん」っていうのがあるみたい。

私が以前買ったのは、こちらの薬局などで「Magic Bag」っていうブランド・商品名のもの。「カナダで一番あなたを快適にしてくれる友達」、というような売り文句付きで紹介されている。相方の関節痛と私の生理痛にと思って。$25くらいしたと思う。

で、買ってみて気づいた:「コレ、袋に豆が詰まってるだけやんかっ!」

確かに、レンジに数分入れるだけでホカホカになり、しばらく心地よく温かい。じんわりと柔らかいぬくもりがある。レンジに入れる時間で温かさを調節できる。熱いお湯を入れる湯たんぽや(こちらでは)ホットウォーターボトル(水枕です)に比べると、ずっと安全で短時間で温められる。

この買ったビーンバッグをしばらく使っていて思った。もうちょっとユーザーフレンドリーな形にできないのか?って。寒い朝やジメジメした日には関節が特に痛む相方も、このビーンバッグを温めて手の甲にのせたりしていた。折りたたんで片手を挟んだり。でも、少し手を動かすとビーンバッグがずり落ちる。このビーンバッグが「袋状」になっていたら、すっぽりと手を中に入れられるのにな〜って。

でね♪ 作ることにしたっ! もう着なくなったフリースと、古いフラネルのシーツを使って。

袋状のものをふたつ。外側はミシンでしっかりと縫った。豆を入れる穴と豆を入れた二つの袋をくっつけるのは手縫いでチクチク。

レンジで温めるビーンバッグの中身は、お豆でもいいしお米や麦、さくらんぼの種などでもいいらしい。随分前に知り合いにもらったもち米がたくさんあり、古すぎて食べるのには抵抗があるんだけど、お米だから捨てられなくてとっておいたものがあったのです。それを詰め込んだよー☆ 片面に300gほどいれた。

できたーーっ!!

中のお米が一箇所に偏らないように、刺し子のように並縫いで二本線を入れた。

↑↑ この中に手を差し込む。うふふ。

電子レンジで2分半〜3分温める。

あったか〜〜い♡ 

私は関節炎はないけれど、冬場は特に手足・足先が氷の様に冷たくなることがある。一度冷たくなるとなかなか温まらなくて、寝る前に足だけお湯に浸したりすることもある。

むふふ。。。♡

足も突っ込んじゃえ〜!

ビーンバッグは一度温めるとしばらく温かいのだけど、こうして手や足を「間」に挟むと(上からバッグをのせるよりも)温かさをずっと長く感じる(持続する)ような気がする。

これは私のアイデアをとりあえず形にしてみた「プロトタイプ」。次に作るときは、もう少し豆(米)を減らしてもいいかな。それ以外は、この形で満足です♪ 相方も手先が冷たくなったり、関節が痛むときに使ってくれているので嬉しい。末端冷え性の人にオススメしたいビーンバッグですっ!わははっ。

*おまけの「ビーン・ベアー」

くまさんの友達。

休み中にまたクマさんを作った。一つはお友達にもらってもらえた(一方的に送ってしまったのですが)〜。 ↑↑の左側のオレンジの方です。お友達はこの子に「セドリック」という名前をつけてくれたそうデス☆ かわいらしい名前をつけてくれて嬉しい。

記念撮影。うっふん。

このセドリックと同じ布で鼻と目の色を変えてもう一つ作ったヨ。また誰かにもらってもらえるかなー。ビーン・ベアーも中身はお豆なので、レンジに入れると… ぬくぬくクマさんになるよ〜!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ミシン掛けとビーン・ベアー

12月に職場の各部署(?)で、「私たちこんなことしているんですよ〜」って展示やゲームなどをして紹介するイベントがある。そのゲーム用アイテムを手作りするお手伝いで。。。ミシン掛けを引き受けた。

年に数回、使うか使わないか…というミシン。引っ張り出して。

えーっと。。。ボビンに糸巻くのってどーやるんだったっけ。。。(汗)

お裁縫苦手なのでミシンなんていらない、ってずっと思っていた。家に、相方のふる〜〜いSINGERのミシンがあったのだけど、本当に古くて下糸がすぐにゴウゴウとジャングルのようにからまり、イライラするだけのマシーンだった。ちょっとした裾直しなど簡単な修繕をするのにミシンがあるとやっぱり便利です。で、2年程前に買ってもらった♪ これ(↑↑)はJANOMEミシン。そう!ジャノメミシンっ!

でも、こっちの人たちは「ジェノーム」と呼ぶ(笑)。中にはジェイノーミって発音するひともいる。

私に与えられたタスクは「魚の形の淵を縫う」こと。えへへ。それくらいならできますっ!とかってでた。

久しぶりにカタカタカタカタとミシンをかけて、ちょっと楽しかった♪ もっと縫うものないのー?と、「直線だけなら縫いますよ」の勢いで縫えるものを探してしまった。あはは。

で、端切れの袋の中に、ずーっとずーーーーーっと前に「ビーン・ベア」の型紙にそって切った布が、切りっぱなしになっていたのを見つけた〜♪

魚を縫うよりも時間がかかってしまったけど。

できたよ☆

中にはレンティルを詰めました。

頭の形が… おかしい。一時期、このビーンベアーにはまっていて、手縫いでチクチクやっていたころがある。20年ほど前のことだけど。昔のことを思い出してちょっと懐かしくなった。

このゆる〜くだらしない感じが好きで。 これね、お豆を中に入れるので、救急のときに食べものがなくなったら破って食べれるのですヨ。

今日もお天気が悪かったので、お裁縫日和、だったかな。

良い1週間を!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪