いつもと違うルートで

今日はほぼ一日どんより、ひんやり。ざばーっと雨も降った。散歩がてら、Gusをペットショップまで爪切りに連れていったんだけど、いつもの人が今日はお休みでしてもらえず。「ごめんね〜。せっかく来てくれたのにね〜。」と、レジのお姉さんがGusにオーガニックのチュースティックをくれた。その場でガジガジしてすっかりご機嫌のGusを連れ、帰りはいつもとは違うルートを歩いてみることにした。雨が降りそうだったので、今日もカメラを持たず iPhoneのみ。

長いこと歩いていなかったセメタリーで天使(?と呼んでます)に挨拶をして。やっほー。

お墓なのだけれど、皆さん穏やかに眠ってられるようで、歩いている私もとても穏やかな気持ちになれる。久しぶりだ。

ここにも鹿のファミリーがお昼ごはん中。お母さんと思われる1頭がゆっくりと私たちの方に近づいてきたので、後ずさり。以前、不機嫌なお母さん鹿に攻撃されそうになって以来、「わーい、近づいてくるー。人懐っこいのかなー。」と喜ぶことはもうありません。

こちらも久しぶりのダラスロード。海岸沿いに伸びている道。初めてビクトリアに引っ越したとき、実はこの辺りにステイした。初めてこの道まで歩いて海を見て、ここで頑張ろう!って思った。

それまで住んでいたのはBC州の北の方で、マイナス40度の世界だったので、1月でも凍っていない水(海ですが。。。)をみて、鼻の穴の中やまつ毛も凍りついていないのを確認して、「ビクトリアなら冬だって余裕」って思ったんだった。

でも、越してきた当時と比べると、最近は小さな可愛らしい家がどんどん壊され、敷地いっぱいいっぱいまで大きな箱のようなパネルと窓の家に建て替えられているのが目立つ。海岸沿いなどの敷地はプライムスポット。小さな古い家が売りにでると、待ってましたとばかりにディベロッパーが飛びつく。私たちの家の周りでも同じようなことが起きていて、今日も散歩途中にブルドーザーが取り壊し作業をしているのが目に入った。私と同じような気持ちで立ち止まって眺めているひとと、どこかで「これ以上はしてはいけない」っていうラインをひかなきゃいけないよね。って話をした。

大きなワンコに前と後ろから挨拶されて戸惑っているGus↑↑(笑) 「ぼくちんもくんくんしたいんだけど。。。」ときっと思っているはず。こういうときいつも「お先にどうぞ」というタイプなので、さんざんくんくんされて、他の犬達が立ち去ろうとするときになってようやく「ご挨拶のくんくん」をさせてもらう、というのがGusです(苦笑)。

小さなパブリックアクセスのステップを降りていくと、目の前に浮かんでいた流木の上に「サギ」が休んでいた。彼らはいつもひとり。

もう少し晴れの日が続いてほしいけれど、曇天や雨も悪くないかな。おかげで家の掃除と衣替えをすませることができた〜♪

余談ですが。ほぼ日の紙って素晴らしいよね。トモエリバーっていうんだそうよ。薄いのにとても丈夫で裏写りしない。私は手帳を上手く使いこなせないタイプで、毎日何かを書き込むわけでもなし、別に持っている必要もないように思う。でも、ときどきね、気が向いた時にメモしてますよー。

水彩でもにじまない!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

秋色Gusとかぼちゃのニョッキ

朝晩ずいぶん涼しくなり、夜なんてパジャマTシャツの上にフリースを着ちゃってますよ、もう。今日、日本の家族とスカイプをしてそんな話をしたら「うそーっ!!」ってびっくりしていた。あっちはまだ日中28,29度だったりするらしく、それでもずいぶん涼しくなって食欲が出てきたって言っていた。

気温が下がり、光が柔らかくなり、重ね着をしてスカーフを巻くこの時期がくると、気持ちがとても敏感になる様に思う。「秋になると物思いに耽る、センチメンタルになる」ってよく聞くけれど、お日さまがさんさんと照っていた夏には感じなかったことを感じ始めたり、頭ではなくて肌から浸透して心にじわっと染みこんでいくような、そんな感じがする。不思議。

気持ちのいい秋の午後、庭でごろごろするGus。

背筋も手足も伸ばしてフガフガ鼻を鳴らしながら回る。

まだまとまった雨の降る季節ではなく、枯葉はみなパリパリなので、ゴロゴロした後起き上がるとあごひげに枯れ葉がひっかかっていることがよくある。↓↓

のどかだな。

恵まれているよなぁ。こんなふうにゴロゴロしながら土曜の午後を過ごせること、ありがたいな。

今日は午前中はスタッフトレーニングで出勤だった。トレーニングといっても、堅苦しいものではない。9月から新しく加わった学生スタッフや他のパートの子たちみんなと顔を合わせて、いくつかのトピックをカバーするというもの。簡単な朝ごはん(マフィンとコーヒー)とお昼ごはんが出る。和気あいあいとしていて若い学生さんスタッフはみんないい子たち。「若いっていいな〜」ってしみじみしちゃっている自分も、これは「秋だからだな」と思う。そう、色んな事に「しみじみしちゃう」のが秋なのかも!

そして、涼しくなってくると(+天気が悪くなってくると)粉いじりをしようかな(したいかな)という気分にもなる。ローストしておいたかぼちゃでニョッキを作った。

今夜はニョッキと庭のトマト。我が家の夕食はシンプルです。

お肉を食べたくない日はこういう食事が嬉しい。そうだ、そうだ、まだ、お家アイスバーを作ってるよー!

写真がいっぱいになったので、最近一番ヒットだったアイスバーはまた明日紹介することにしよう。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

秋の丘の上より。笑うGusと。

もうすっかり、光に秋のフィルターがかかっている。気持ちがいいので久しぶりにゆっくりと丘の上までGusと歩いたよ♪

ちょっと前までは、この長い階段もひょいひょいと駆け上っていたGusだけれど、最近は右膝を傷めたのもあっててくてくてくてくとゆっくりです。使わないと筋肉が衰えてしまうので、少しずつでも登って歩いてを続けないとね〜。

登ってしまうと久しぶりに嗅ぐ丘の上の匂いに興奮して嬉しそうなGus。たちまち笑顔。わかりやすいイヌだ。

夏にお別れを言うのは寂しかったけれど、秋の光と変わっていく木々の色はとてもきれいです。

G:ちょっとまってー。いいにおいがしてたよー。

乾いた草や枯葉の上をかさこそ歩くのも秋の楽しさ。

昔の展望台のそばに立って深呼吸。気持ちのいい一日に感謝です。あまりにも気持ちよすぎて食欲が急上昇。お腹が空いていなくても、常に口に何かを入れてモグモグしていたい気分。やばい。

↓↓↓ この子も。必死にナッツを集めて、食べて、埋めて隠して… 時々こんな風に直立不動になっているのを見かける(笑)

Cheers to the Beautiful Autumn!!! 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

9月初め、庭の朝模様とガリガリ君

妙に温かい日が続いている!最高気温が27〜28度というと夏日。あと数日こんな日が続くみたい。気持ちのいい学期のスタートになりそうで嬉しい☆

日差しが照りつける前に少し水やりをした。温かいけれど、草花がしっとりと夜露にぬれているのをみると、もう9月なんだなァと思う。

きちんと計画しないで種をまいたのでとてもワイルド(↑↑)。花の背丈や育つ様子を覚えておいて、来年の種のまき方の参考にするぞー!(覚えていればの話ですが)。同じ種でも蒔いた場所によって、背丈が違ったりするのは、土の成分のせいだよねぇ。土の質を上げるのって難しい…とても奥が深いと思う。

終わりかけの畑(↓)。いんげん豆やらズッキーニやら春菊が、これまがぐちゃぐちゃと育っている。今年はわざとそうしてみたの〜。

で、気づいたのは、適度に密集してぐちゃぐちゃしている方が、間を空けて列にして育てたところよりも元気だったりすること。偶然そうだったのかもしれないけれど、程よく混み合っていると土が乾燥しにくくていいのかもしれない。相性の良い野菜たちを上手くくっつけてあげるといいのだろうなぁ。

終わったところに(隙間にも)巻き始めた「Green Manure(緑肥)」のPhacelia が発芽したよ♪

気温が下がる前に十分に大きくなれるかなぁ。Phaceliaは冬を越えられる緑肥なんだって。そして今日はもうひとつ、クローバー(赤いの)の種を見つけてきた。赤いクローバーも冬越しできる緑肥なんだそうで、Phaceliaと違ってクローバーは土地の窒素成分を調整してくれるらしい。何も植えずに春まで放ったらかしにしておくと、表面から土の栄養が流れてしまうってどこかで読んだ。できるなら、しっかりとマルチのレイヤーで覆うか、上手く冬越しできる緑肥を植えておくと冬の間にも土の中で微生物の活動が行われて、春への準備になるそうですよー。で、初挑戦♪

いんげん豆たちは何度かに分けて植えたので、今から花を咲かせるのもあり。まだ温かいから大丈夫よねっ。頑張れ、豆っ!

困っているのが… プラムの処理。 あぁ〜〜〜〜ん。

二つ三つ食べてみたけど、水分が少ないので口の中でもたつく(?)。甘いいい香りがしているものの、放っておくとぐちょぐちょしてくるので。。。まとめないといけない。うーむ。もっと美味しいイエロープラムとかだったらいいのにー。リスもタヌキもこのプラムには手を付けないっ。なんでっ?!

もっさもさで暑そうなGusの「毛抜き」をしようと思い、おしゃぶり(チュースティック)をあげた。ガリガリやっているあいだに毛を抜く。のだけれど、最近は気むずかしくなって嫌がるので、以前のように上手く散髪してあげられない。イヌも歳をとるとやりにくくなるものです。

両手で挟んでがりがり。

がりがりがりがり。

おいしい。

ぼくちん、もさもさであつくてもいいです。がりがりのじゃましないでください。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪