Merry Christmas☆ from トナカイGus☆

Secret Santa (←職場の誰かさん)からこんなものをもらったGus。

開けてびっくり。爆笑。ちょうどGusのクリスマス用の写真をどうしようかなぁ〜って考えていたところだったので、グッドタイミング!

晴れていた水曜日に。

丘の上でトナカイになるの巻〜。

G:きせてもらったよー。ぼくちん、となかいですよ。

G:にあってる? あたまふわふわであったかいよー。

小さすぎるかも。。。と心配したんだけど、なんとかっ! かぶり物は結構好きなイヌなので、このままの姿でボールを追いかけて走り回っておりました。

そしたら「トナカイ・ハット」がずれてきてね。

トナカイ度がアップ!!!

見えてないけど、笑ってるし。

先のことは見えないしわかんない。

今このときを大切に。笑顔で過ごしていきたいね。

こちらもいよいよ明日はクリスマス・イブ。あと少しだけ食料品の買い物を… 今朝も8時半前に近くのスーパーに行ったんだけれど、駐車場もほぼ満車。なんとかスポットを見つけてお買い物を…とスーパーの中に入ると、中は中ですごかった。皆さんそれぞれ大きなカートをあっちこっちに押して回るし、いつもよりもカートを押して進むスピードも速く、ぶつかるぶつかる。あぁ、速くクリスマスが終わって欲しい〜(本音)。

日本ではクリスマス明けからが、年の瀬の雰囲気が高まってきますよね〜。一年を振り返ったり、新しい一年に期待をしたり。笑顔で楽しい冬休みをお迎えくださいませ☆

G:めりめりくりすますー。さんたさん、ぼくちんことしもいいイヌでしたよ。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

雪の日にほっこりとチキンヌードルスープ

❄❆❄ Happy Friday ❄❆❄

すっかりお天気日記になってますが。今朝はこんなふうでした。

今朝、6時半頃

「大雪になるよ!」って皆が騒いでいたけれど、全然だいじょうぶ。Gusとの散歩時には雨にかわり、昨日よりも温かかった。ほっ。週末に溶けてきれいになるかなぁ。

今週は全然自転車にものれず、運動不足であまりお腹がすかない(でも甘いモノは食べてしまう…)。珍しく冷え込むと温かいものが食べたくなるよね。先週見つけた「チキンヌードルスープ」のビデオがあまりにも美味しそうだったので作ってみたヨ(オリジナルレシピはココ)♪ 週末にストックだけをとっておいた。

鶏肉をローストしたりすると、大抵はローストしたお肉はそのまま食べて、残った骨だけ(+野菜)でチキンストックをとっておく。今回は鶏のもも肉を全てこのチキンヌードルスープ用に使ったので具だくさん。レシピではお肉も皮ごとって書いてあるんだけど、相方が先に皮をむいて捨ててしまっていたので皮なしで出汁をとった。

日本では、体の具合が悪いときやお腹の調子が悪いときに食べるものというと。。。「おかゆ」? かな? おかゆと梅干しとか。うちの実家ではそうだった。こちらではそういうときの母の味というと、「チキンスープ」か「チキンヌードルスープ」がダントツ一位に上がってくる。カナダで暮らし始めてホストファミリーと一緒だった頃、風邪を引いたときにホストマザーが「チキンスープ」を作ってくれた。こんな風に本当の鶏肉や野菜から作ったのではなかったと思う(あれは、パッケージの出汁の味だった)。水っぽくって、味気がなくて、具もほとんど入っていなかったなぁ〜。出してもらったから食べたけど、食べていてなんだか余計にしょんぼりとしてしまったのを覚えている。カナダの人は病気のときにこういうものを食べて元気になるのか、とある意味がっかりした。

そんなチキンヌードルスープだけれど、きちんとした材料で作ったら美味しいのかなぁ〜って。今回はまじめに作ってみた。冬らしい日にカナダ風にほっこりとしてみたくて。

出汁をゆっくりととったら、それを冷蔵庫に入れて冷やす。すると表面の油分が固まる。

その鶏肉の風味の詰まった油でボロネギを炒める。すごくいい香りがするよ〜。

ニンジンも炒めて、ストックを加えて温める。別の鍋でゆでたパッパルデッレ(パスタ)とほぐした鳥のもも肉を加え、塩コショウで味を整える。それだけ♪

うはっ。具沢山で美味しかった〜♪ ほっこりだ。このチキンヌードルスープなら元気がでるよっ!!

気温は上がったけれど、庭にはまだ雪が残っています。Gusに古いセーターを着せてみた。放っておいたせいか、虫食いの穴が…いっぱい… その上ぱっつんぱっつんなもんで、穴がひろがっちゃって。週末に繕おう。

後ろ足に引っ掛けられた部分がちょっとキツくてもぞもぞするのか。。。いつもよりも激しくしっぽを振って歩いておりました〜。

ぶんぶぶんぶんぶんぶんぶん。

12月に入ると、なんだか気ぜわしくて落ち着かないけれど。
暖かくして、ほっこりと、良い週末を〜。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

凍りついたビクトリア

雪景色のビクトリアって珍しい。なので記録もかねて写真を並べまーす。

snowy_morning
朝、バス停に向かうとき。

2日前にものすごいヒョウが降り、その後べちょべちょの湿った雪が降り、氷点下になった。翌朝、家の周りの道はスケートリンク状態。大きな道路にはすぐに「Salt」が撒かれたので大丈夫だったけれど、脇道や歩道はつるんつるん。道路から押しのけられたシャーベット状の雪と氷は、歩道やドライブウェイに小さな山状に積み上げられてとても歩きにくい。

dec7road
夕方の散歩道

外は青空で空気は凍りついている。この冬はとても寒くてまとまった雪が降るらしいよ~。本当かなぁ。1996年の大雪のときのようになるかもしれないっていう噂もあり。。。思い出すなぁ~。96年、私は学生をしていて、ちょうどクリスマスの頃にどっさりと雪が降り、ビクトリアの街全体が「機能しなくなった」。Very Much White Christmasだった。ビクトリアはカナダの中でもとても温暖なので、雪がふることなんてめったにないのね。あの冬は除雪用のトラックなんかも数えるほどしかなかったんじゃないかなぁ。街がしーーーーんと静まり返ったっけ。

とにかく、96年の大雪を教訓に、雪対策もまともになったとは思うけれど、それでも少し雪が降るとみんな大騒ぎしちゃう。そうよー。カナダ人でも、この辺りの人たちは雪慣れしていないから、降り始めるとテンションが上がりとりあえず「わぁ~♪」って騒ぐ。で、翌朝は公共の交通手段(バスだけだけど)が遅れる。当たり前なので誰も文句を言わない。脇道はすぐには除雪してもらえないので、凍りついた道の真中でベンツが斜め向いて空回りしているのをみかけた。ぶつけるなよ~。

snowy_islands

私も昨日はバス停で20分待った。待っているときにガリガリガリと音がしたので見てみると、ドライブウェイを雪かきシャベルできれいにしている人がいた。朝からご苦労様… と、彼の足元をみてびっくり!! なんと、裸足でビーサン!! 靴履けよー! せめて靴下は履きなさいっ! あまりにもびっくりしたので、「You are wearing the FLIP FLOPS!!! WHY?!」と、驚きが口から飛び出てしまった。「Haha… I’m a crazy Canadian…」って爽やかな笑顔。 お兄さん…顔は清々しいけど足は熱いのね。

凍りついていたものの今日は青空。夕方、そろーりそろーりと丘の上まで登ってみた。

dec7_hill1l

Blue Hour.” 陽が殆ど沈んでしまったこの少しの時間帯は、青くなる。空も雲も海も全て少しずつ違ったシェードの青になる。氷になってしまった雪が残っているので明るく見えるね。

dec7_hill2l

それにしても寒かった。スマホを握る手がかじかんだ〜。滑らぬように、落とさぬようにと気をつけて。

snowy_garden

裏庭も真っ白。ばりばりとした雪(一番下のレイヤーはヒョウ)の中に埋もれたテニスボールを見つけたGus。なんだか嬉しくなるんだろうね~。

ぼくちんうれしいからはしってみるよ! のビデオ。良かったら見てください(ただ走ってるだけの45秒)♪

can't help it!

A video posted by paprica (@paprica) on

気温が上がらないみたいだから明日も冷凍庫状態かな〜。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

くもり空の下で週末をふりかえる

ぱっと晴れてくれない今週。雨の日も増えてきた。木々たちも半分以上の葉っぱを落としてしまった。あぁ。。。ビクトリアではこうして少しずつ秋のシーンが冬の色に置き換えられていく。のね。

お日さまが恋しいなぁ。って思いながら、先週末、曇り空のしたで落ち葉をかき集めたときの写真を眺めてみる。

weekend_gardenwork4

秋の終わりまで頑張ってくれる、唯一の庭の差し色。コスモスたち。今年はうまく育ててあげられなかったなぁ〜って反省していたのだけど、いくつかは頑張ってくれている。コスモスはしなやかだから、ストームが来たってぽきっと折れたりしないもんね。

weekend_gardenwork5
黒軸紫陽花

薄い「桃色紫(?)」の黒軸あじさいの、秋仕様。初夏の鮮やかな色が一旦うすくなって、そしてこうして赤い模様が浮き出てくる。花や葉っぱの秋の終わりの色って、夏の間に浴びた太陽をぎゅぅっと絞り出した様。

週末は二日とも、落ち葉かきを頑張った。雨にぬれると集めるのも一苦労だもんで。

weekend_gardenwork8

リーフブロワーっていう、葉っぱを豪風で吹き飛ばして集める道具もあるんだけど、あの騒音が嫌で。。。結局「熊手」でしゃかしゃかと集めた。この単純作業、無心になれるので好きです。

weekend_gardenwork6

2つのワイヤーにいっぱいになった。上からぎゅうぎゅうと押さえ付けて、なんとか。しばらくするとカサが減ってくるので、この上にまた積み込むよ。オークの葉っぱは質の良いマルチになるので頑張る〜。実際にマルチとして使えるのは1年半後ぐらいなんだけど(じゃ、来年の葉っぱはどこに積み上げるんだろね。。。それは来年考える)。

しゃかしゃかと葉っぱを集めて、ふっと上を見上げたら。。。

weekend_gardenwork1
スズメバチの巣

ぎょっ。

ぎょーーーっ。

スズメバチの巣
スズメバチの巣

Hornet nest。スズメバチの巣。中はもうすっからかんで、使いものにはならない状態だけれど、ぎょっとせずにはいられない。バスケットボールよりも少し大きい。表面は波打つ薄い紙のよう。どんな材料で作られているんだろ… 今年、特にスズメバチがたくさんいたっていう記憶はないんだけどなー。この間のストームで底が抜けたのかな。。。びっくりした〜。

weekend_gardenwork7

私たちの庭に落ちてくるオークの葉っぱは「レッドオーク」とか「ノーザンピンオーク」って呼ばれるものかな。葉っぱがとんがってるでしょ? で、どんぐりが小さいのん。散歩道でよく見かけるのは「ゲリーオーク」。マティスの描いたオークの葉っぱは、このゲリーオークのような丸い葉っぱ。この地域では保護されている種類のオークです。

weekend_gardenwork3

あと一日。そして週末。来週月曜日はハロウィーン☆ というので、今日の午後、職場のカウンターを同僚のお笑いグレッグとパトリック君とパートのかわいいミリーちゃんと一緒に飾り付けしたよー。その模様はまた後日♪

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

晴れ間の散歩と、”250ドルのクッキーレシピ” を試したよ♪

朝起きてお日さま見えるのって何日ぶりだろ。

oct23walk3

満潮時だってわかっていたけれど、青空と海を一緒に見たくてGusと海岸まで散歩。 露出オーバーの様なこの(↑)色合いが好きです。

あまりにも気持ちよくて、岩場に腰掛けてぼーっとしていると遠くで「ちょっと危ないからやめなさいっ」と、男の人が日本語で言うのが聞こえた。そぅ、日本語だとどんなに小さな声でもばっちりと聞き取れる。岩場を登って行くと、同じ声が「はい、そこに立ってよ〜、はい、ダブルチーズでいっとこか〜」と(関西のひとか?)。どうやら子供さんに声をかけている様子。でも、ぱっと見ても日本人らしきひとはいない。はて。。。

ハーフの女の子二人が駆け寄っていった先には、少し赤毛の体の大きなパパ。白人さんだった。アジア人ではない人が流暢に日本語を話しているのを聞くと、今でも戸惑ってしまう。見かけで判断してはいけないけれど、このパパさんはどう見ても日本語を話すような人には見えず、それも全くアクセントもないもんだから、中に日本人が入っているんじゃないかって思ってしまったほど。何故こんなにギャップを感じるんでしょう。

oct23walk2

眩しくて秋の葉っぱがきれい。

oct23walk1

湿った落ち葉がいっぱいの散歩道でごきげんのGus。落ち葉がまとめて山積みにされていたりすると、顔を突っ込んで念入りに匂いをかぐ。一体どんな情報がそこに詰まっているのかと思う。犬って、匂いの情報を「視覚的に処理」している、ってこの間どこかで読んだヨ。私たちが本を読みながらその場面を想像するような感じかなぁ。

さてさて!先週、New York Timesのお料理セクションで見つけたクッキーのレシピ:The $250Cookie Recipe!すんごい気になって作ってみたよ〜! このレシピにはストーリーがあるのん。ある女の人がテキサス州ダラスの町にある「Neiman Marcus Cafe」でチョコチップクッキーを食べて、そのクッキーがあまりにも美味しいからレシピを譲って欲しいって訪ねたんだって。そしたらウェイトレスが「Only Two Fifty」って答えたのね。Two Fifity、と言われて、クッキー好きの女性は「あぁ、2.50(トゥーフィフティ=2ドル50セント」だと思ったわけ。で、後日。。。クレジットカードの明細を見てみるとなんと$250(トゥーハンドレッドフィフティ)だったんだって〜。

そんなレシピだっていうんだもん。どんなクッキーだか気になるやんねっ?

$250クッキーレシピ

材料:

  • 1 cup バター
  • 1 cup ブラウンシュガー
  • 1 cup 砂糖
  • 2 卵
  • 1 小さじ バニラエッセンス
  • 2 ½ cups オーツ(押し麦)
  • 2 cups 小麦粉
  • ½ 小さじ 塩
  • 1 小さじ ベーキングパウダー
  • 1 小さじ ベーキングソーダ
  • 340g  チョコチップ
  • 110g 板チョコ(チョコレートバー)
  • 1 ½ cups ナッツ(砕いたもの)

オーブンは190度(375F)。

  1. バター、砂糖二種類ををクリーム状に混ぜる。卵、バニラエッセンスを加えて混ぜる。
  2. オーツをブレンダーかフードプロセッサーで粉々にする。別のボールにオートミール、小麦粉、塩、ベーキングソーダ、ベーキングパウダーを入れて混ぜ合わせる。
  3. 粉ものを1にゆっくりと加えてまぜる。
  4. 板チョコを荒いおろしきなどで「する」(Grate。ニンジンやチーズをおろすのに使うような道具で)
  5. チョコ、ナッツを生地に混ぜ合わせる。大体混ぜ合わさったらオッケー。
  6. 生地を3つに分けて2つは冷凍。一つは冷蔵庫で30分程ねかせた。
    250dollar_cookie
  7. 約2cmのボール上にしてクッキーシートにならべ、10分焼く。

*変えたトコロ:チョコチップが足りなくて170g程だけ使った。ナッツも1カップのみ。砂糖は少し減らした。

焼き上がり〜☆ (コレ、3分の1の生地。20個焼けた)

250dollar_cookie1

見た目は普通。全然、「すごくない」。$250レシピっていう貫禄も全く感じられない。

250dollar_cookie2

普通やん。

さて。冷めたところで、ひとかじりしてみた。

250dollar_cookie3

むむっ。

むむむっ。。。

これは。。。美味いっ!!

ほんとにおいしいっ!! うーんと、クッキーには「さくっと系」とか「チュゥイー系」とか、もひとつ言うなら「もさっと系」がある。私は口の中でもさもさするクッキーが嫌い。そう、美味しいクッキーを作るのって実はとっても難しいと思う。ぱさぱさしたり、粉っぽかったり、やたら甘かったり、ボロボロして口の周りにいっぱいくっついたり。かというと、ぱりっと硬くてクッキーらしくないものになったりもする。

これはね、「さくっと系クッキー」。口の中でほろっと崩れるような感じ。そして香ばしいっ!

秘密はね、「オーツをブレンダーにかける」のと「板チョコをおろす」にあるはず。普通のオートミールクッキーは、オーツをそのまま入れちゃうので、クッキーを食べるときに結構「くっちゃらくっちゃら」とする。ブレンダーにかけることでオーツの香ばしさがとてもふんわりと広がるんだと思うよ〜。それから、チョコチップだけでなく、わざわざグレイターでおろしたチョコが入っているというのも、イーブンな味わいの秘密なんだよ〜!

相方も私が「$250レシピのクッキーを作るよ〜!」って言った時には「クッキーなんてみんな同じさ」みたいな鼻で笑うような反応だったのに、これをひとくち食べて「おぉ〜〜!!!ちがうっ!!!」って言ってたよ〜(笑) ちょっと面倒なステップもあるけれど、是非お試しあれ〜。

注意:この分量はかなりおおいです。私のスタンドミキサーでもぎりぎり。半分の量でできるかなー。この分量で生地を作れた場合は、全部焼かずに冷凍できちゃうので便利です☆
instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪