はじめてのお家アイスクリームバー

香りよ香り、心地良い風と一緒にとんでいけ〜♪

スイートピーが咲いているこの時期、幸せ。この春は変なお天気だったので、たくさん苗を育てたけれど思ったほど上手く育ってくれなくて。それでも「数撃ちゃ当たる?」かな。幾つかは元気背を伸ばしてくれた♪ 来年は場所を変えようかな〜。

先週、ブログのお友達のtomさんのインスタグラムで、手作りアイスクリームバーを見ちゃったのです。これがと〜ってもきれいで、本当に美味しそうで♪ 気になって気になって仕方なくて。。。

買ってきちゃった。

アイスクリームバーを作る容器☆ むふふっ。

これさぁ、取っ手のトコロが変でしょ? 何故かというとね、持ち手のところが「受け皿」みたいになっていて、溶けたアイスをこのストローみたいな突起で吸うことができるようになってるわけ。なくてもいいのに、って思ったんだけど、アイスが固まって器から引っこ抜くときに、このストロー部分をつかめるので引っこ抜きやすかったです。

じゃんっ☆ 初・お家アイスクリームバー! tomさんのみたいに美しくできなかったけど。。。初めてだからいいやっ。使った材料は:去年作ったルバーブのジャムとブラックベリーのジャム+苺+ヨーグルト+豆乳

甘さも控えめでとても爽やか。食感はアイスクリームというよりもシャーベットに近いです。4本作るのに全部で500CCほどの液体(+フルーツ)。

快晴続きとはいえ、ビクトリアの最高気温は20度くらい。アイスの気候ではないかもしれないけれど、庭で「たんぽぽ抜き」を一時間ほどやったあとにご褒美で一本食べちゃいました(笑)。うちは芝(ただの草だけど)には水をやらないので、裏庭はもうからっからで茶色くなっている。そんなからからの状態だというのに、たんぽぽたちは勢い良く花を咲かせてくれているのですぅ。ほんと、たくましい。

夜は久しぶりにリゾット。間引きした人参と収穫が終わったえんどう豆とキノコ(お店のね)で。

人参を間引きしていて、とてもかわいい二人(?)を見つけたヨ。

んもぅ。昼間っから。

A post shared by paprica (@paprica) on

ごめんね、じゃまして(笑)

 

夏バテに気をつけてねっ!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

冷やし中華と苺タルトと。

数日続いた暑さがおさまり、今日は平年並みに20度あたり。風も吹き、海岸を歩くのにTシャツの上にもう一枚羽織ってしまった。これがビクトリアの夏。

暑かった昨日、Sachieさんのコメントの「今作らないでいつ作る?!」という一声あって、私も冷やし中華を作った〜♪

麺は、焼きそばなんかに使う中華の麺で。早いうちにタレも作って準備していたので、夕飯前に麺を湯がいてトッピングするだけ。美味しかったー!酸味が強すぎて、相方はダメかなぁと少し心配したけれど、なんのなんの。美味しいっていっておかわりしていた。ただ、相方はきゅうりとトマトをこんな風に食べるのは苦手なので。。。鶏肉+卵+ほうれん草のみの、なんとも「しら〜」っとした色合いの冷やし中華でしたが(苦笑)。暑い日にはこういう冷たい麺が嬉しいね〜。

で。今日は一日お休みをもらい、家でのーんびり。

結婚記念日だったので。えへえへ。

カードを交換して、散歩して。のんびりと苺のタルトを作ってみたよ。覚書に簡単にレシピを…(→オリジナルレシピ

苺のタルト

材料:

タルト生地

  • アーモンド粉 1/3 C
  • 砂糖 大さじ2
  • 小麦粉 1 1/2 C
  • シナモン粉、ナツメグ 少々
  • バター 大さじ6
  • 卵 1個

オーブンを205度(400F)に設定。粉を混ぜたところに、冷たいバターを適当に割り入れ、フープロでしゃかしゃかっと4〜5回パルスにかける。ぽそぽそとそぼろのようになったところに、卵を割り入れてあと数回パルスにかける。これをタルト型に押し入れる。真ん中から抑えながら外側へ。

リコタチーズのカスタード

  • 卵の黄身 3個分
  • 砂糖 大さじ2
  • バニラエッセンス 小さじ2
  • リコタチーズ 1 1/2 C
  • ナツメグ 小さじ1/4

卵の黄身、砂糖、バニラをよく混ぜ合わせる。その中にリコタチーズとナツメグも加えて泡だて器で混ぜ合わせる。これをタルト生地の上に流し入れる。温めておいたオーブンで30分焼く。

  • 苺 約2Cと2C(火にかけるものと生のもの)
  • ネクタリン 2個
  • 砂糖 大さじ3
  • レモン汁 大さじ1
  • 水 1/4 C

苺を約2C、適当な大きさに切る。ネクタリンも同じ大きさに切る。鍋に砂糖とレモン汁と水を入れ、苺とネクタリンも入れて火にかける。約5分したらマッシャーなどで果物を潰す。そのあと約5分弱火で煮る。10分冷ます。生の苺も適当な大きさに切っておく。冷めたジャムと混ぜ合わせる。焼きあがったタルトの上にのせる。

オリジナルのレシピではブルーベリーとアプリコットのプリザーブを使っていたんだけど、この時期、ブルーベリーにはまだ早すぎて。なので苺で代用。適当にレシピも調整しましたー。あと、きっと、私の使ったタルト型はやや小さめだったのかも。あと数ミリタルトの厚みとカスタードの量が少なくてもいいと思ったから。それから、果物ジャムだけれど、これも少しゆるいので、コーンスターチなどで少し固めてもいいかも。タルトっていうものを作ったことがあまりないのでよくわからないまま…次回はブルーベリーのシーズンに作りたいな♪

甘さ控えめで、美味しかったです☆ リコタチーズのカスタードレイヤーがGoodで、果物のせなくてもそれだけで十分美味しいタルトになりえる!って思ったよー。ま、果物のっている方が見栄えはいいよね♪

穏やかで平凡な一日。こんな風に一緒に過ごせる相手がいることがとても有難いです。

なかよくね〜。よろしくね〜。

休み中に相方にバック・ポーチにコーティングをぬってもらった。去年塗るべきだったんだけど、雨の日がはいったりしてタイミングを逃しちゃって。ようやく。色付きのステインです。これを2レイヤーぬっただけで、バック・ポーチが300ドル位高く見えるねぇ〜と、感心してしまった。こんなちょっとした変化がとても嬉しい。

明日は仕事〜!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Bear Hill トレールを歩く

週末、Bear Hill Regional Park を歩いてきた。私にとっては初めて歩くトレール。ビクトリアのダウンタウンから車で30~40分ほどのところにある公園です。

写真はクリックするとちょっと大きくなりまーす☆

ビクトリア近辺の州立公園・地域保護地区のリストを見てみると、このBear Hillは「中級者向け」のトレールの印がついている。というのは、このトレールが結構な傾斜のある道で、場所によっては細くて石がごろごろしていて歩きにくいから。てっぺんに着くまで、本当に平坦な道がなかったもん。

相方の肺は普通の人の半分ほどしか機能していないので、平坦なトレールウォーキングもなかなか大変なのです。私も子供の頃ぜんそく持ちだったので、息ができない苦しさはよく分かる。Bear Hillを歩こう!って言い出したのが彼だったので、正直おどろいた。「できるところまで歩いて、無理だったら引き返せばいいんやからね」、と言ってゆっくりと歩き始めた。

このトレール、しょっぱなからえっらい急な傾斜。てっぺんまでの距離は1kmもないのだけれど、高さにして130メートルの昇り。途中、30代前半かと思われる5人組がだだだーーーーっと山を駆け上っていき、私たちがのそのそと歩いていると、まただだだだーーーーっと駆け下りてきた。彼らにとってはトレーニングコースの様。他にすれ違ったひとたちの中には、ウォーキングスティックを両手に持って歩いていた夫婦、ビーチサンダルのようなヘロヘロの靴で登っていった女の子とパパ、Tシャツに短パンの男の子とちょっとおしゃれな格好をした女の子のカップル(←想定外のハイキングコースに女の子はびっくりしていたはず…)などなど。全体的にひっそりとしたトレールのようでした。

もちろんワンコたちともすれ違ったよ〜。

途中のビュースポットで休憩。

Gusは新しい匂いがあちこちに溢れていて始終興奮気味。「キミも足が悪いんやから、はしゃぐのもほどほどにぃ~」と、犬にいったところでわかるわけもなし。

可愛らしい野の花もあちこちに咲いてたよ~。これ(↓)は何ていうのだろう? ラークスパーみたいだけど葉っぱの形が少し違っていたような。。。

かなり乾燥した傾斜にも咲いていた。一見、タフに見える野の花だけど、これを庭で育てようとしてもなかなかうまくいかないんよね。不思議。

えっちらおっちら登っていき、サミットの札が見えてほっとしたー。相方よく頑張ったー!

Bear Hillの頂上の岩の上からはHaro Strait (海峡)とその向こうの島々が見えた。

気持ちいい〜! で、へっくしょーんっ! 今年は寒い春には全然花粉症の症状が出なかったのに、今がつらいっ!鼻はむずむず、喉はいがいが、目はしょぼしょぼ…肌が乾燥するので避けていたのだけど、花粉症の薬(抗ヒスタミン剤)を飲みました。そして夜にはネティポットで鼻洗浄も。頑張ってのりきるのだー。

ネイチャーウォークは楽しい。夜は二人と一匹、ぐっすり熟睡でしたー♪

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

feeling like summer

春を飛び越えて一気に夏になってしまったようなビクトリア。そう、20度超えると「夏日」だから。

今日は朝の涼しいうちに庭で少し片付けをして、お昼前に芝刈りも終わらせてすっきり。暑いといっても20度ちょいで湿度もそれ程高くないんだから、日本の「暑い」に比べると「へ」なんだけど。こっちの人は「もうワタシ暑くてなにもできないわっ」ってへたばっちゃいます。

この色合い、なんとなくおいしそうじゃなーい?

ベレー帽かぶったポピー、かわいらしい。こういう姿は、いつもは春模様のひとつなんだけどな。気温がぐっと上がったので、私も嬉しくなっていんげん豆とズッキーニの種を植えてしまった。大丈夫かなー。去年のトマトの種から育てた苗も、畑ボックスに植え替えちゃった。まだ小さな苗なんだけど、もういいやって。苗を植え替えるときにいつもびっくりするのは、根の広がり。まだ本葉を2枚ほどしか出していない小さな苗でも、植え替えようと鉢から取り出してみると大抵、根っこがびっしりと広がっている。土の上に出ている部分(茎や葉っぱ)よりもずっとずっと大きくなろうと頑張っている様子が伺える。過保護に小さめの鉢で苗を育てるのも、それはそれでいいのだけど、最終的に大きく育つ環境(畑ボックスの土)に早く慣れたほうがいいかもなぁ、とも思うから。

午後は庭に転がって本を読もう、と、

タオルをひいてちょっとその場を離れて戻ってみると。。。

ぼくちんもここでごろごろしますかね。

。。。

わがものがお、とはこういう顔のことですかね。

でも、しばらくすると暑くなって、

あついっす。

椅子の影に退散。椅子の下の草をがりがりひっかいてから寝そべっていた。土はやや冷たいからなんだろうね。

夕方、近くの海岸に水浴びに連れていった。

今日みたいな日は水辺も賑やかで、ティーン(まだ12〜13歳くらいかな)の女の子たちがビキニ姿でわいわい楽しそうだった。

最近の(こちらの)女の子たちって。。。発育がよろしいのね。顔はまだまだ子供〜なのに、「どきり」とするような体つきの子もいる。でもはしゃぎ方はやっぱり子供で、きゃぴきゃぴとスマホをふりながら「写真とってクダサーイ!」って走り寄ってきた。かわいらしい。Gusもしっかり写真にはいってた(笑)。若い子の弾けるエナジー、好きだもんねー、おっさんGus。あははっ。

最高のお天気。それだけでとっても幸せ。日焼け止めしなきゃいけませんっ。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Gusの足と私のもの忘れ

あぁ、今日もとっても寒かった。肩こるぅ〜。写真は週末の晴れ間に収集したものでーす。写真でお日さま見ないとやってられない。

今年は意外にたくさん花をつけているりんご。

昨日、Gusを別の獣医さんのところに連れていって足を診てもらった。

結論からいうと「伸びていただけのじん帯が完全に切れてしまった」との診断。切れたじん帯は、手術しない限り良くもならないし戻ることもない。Gusを寝かせて、切れている場合は膝の関節が微妙に動くのだ、というのを見せてもらった。1〜2ミリ、ずりずりと動いていた。自分の目で確認してしまうとすごくショックで、何もわからずヘラヘラわらっているGusを見ると悲しくなってきた。

とても良い先生で、40分ほど色々とオプションを説明してくれた。でも、最終的には私たちが決めることだと。で、結論から言うと「手術しない」でいくことにしました。Gusが5歳とかだったら手術させていたと思う。でも10歳だし、切れてしまっても残っている両側のじん帯と筋肉がしっかりとしていれば、普通に散歩はできるって。

ぼくちん、だいじょうぶ!

できなくなることは、ボールを追いかけて走り回ったり、飛び回ったり、ということ。リスクは、大丈夫な方の足への負担、悪い方の足の関節炎。人間でも同じ症状で手術せずに普通に生活している人もたくさんいる、って聞いた。ので、このまましばらくは安静にして足の腫れがひくのを待つことにします。先生の話では、切れた直後は痛かっただろうけれど、痛みは徐々になくなってびっこをひくのもほとんどわからなくなるよって。とにかく、常に痛みを我慢しているというのではないと聞いて安心しました。

小鳥。胸をはって一生懸命歌ってる。

ゆっくりと獣医さんの話しが聞けて、自分の質問も聞いてもらって、私も気持ちの面でずいぶん楽になりました。

で、話は変わるのですが。。。こちらで生活していると漢字が書けないことなんて「ザラ」です。もう、どんどん忘れていっているようで怖い。

読んで理解する分には問題なくても、読めない漢字もでてきたりするし、言い回しを忘れてしまったり…

で、週末、ふと頭のなかで日本語で何かを考えていたときのこと、「あれ?あの単語なんだったっけ? えー。。。線路の渡るところにあるの。。。」

え? まじ、忘れた? こういうときに相方が日本語を話せたら聞けるのに、聞けない。英語に全く同じモノを意味する単語があればいいのだけど、それも思い浮かばない。やばい。

で、妹にメッセージいれたのでした:よっちゃん、あの線路にある「カンカンカンカンって鳴るの」、なんていうんやっけ?

「え? 踏切のこと?」

そーだーっ!フミキリっ!!!

はちどりさん。

実に情けない。こういう基本的な単語が「ふっ」っと消えてしまって出てこなかったりすると、かなり焦ります。焦るよね?

歳かなぁ。(と、何でも「歳」ですませるのもよくないな。。。)

頭の体操しなきゃ。何かいい方法・オススメの方法があればおしえてくださーい。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪