Bagel Head と初ベーグル

職場の上司が「こういうの、日本では流行ってるの?」という一文を添えて、メールで写真を送ってきた。

ベーグルヘッド

げっ。

んなもん流行るかいなーっ! ったく、こういう質問をするひとって、未だに日本人は着物を着て、刀を腰にさしていると真面目に思っていたりするから怖い。

しっかし。この人達… こういう風に変形させた頭を「Bagel Head(ベーグルヘッド)」っていうらしいです。簡単に言うと、注射針で(体液と同じ濃度の)食塩水を皮膚の下に注入してふくらませて、ヘコミをつけるみたい。日が経つとこの膨らみは消えていくそうです。何がきっかけで頭の皮でベーグルを模倣しようと思いついたのか。ま、別に、他人に迷惑をかけることではありませんが、時と場所をわきまえて。ですね。

で、この、ベーグルヘッドを目にしてから、「ベーグル、作ってみたいな」という思いがちらつきはじめました。まさかベーグルヘッドに「ベーグル作りたい熱」をかきたてられるとは。

ベーグルって難しいやんね?めんどくさそうだし。買ったほうが安くて美味しい。

私と相方が大好きなベーグルは「モントリオールスタイル」のベーグルです。ニューヨークスタイルのモノよりも、ぎゅぎゅっと詰まっていて、チューイー(噛みごたえがある)かな。お気に入りのベーグルのお店は「Mt. Royal Bagel」。作るなら、モントリオールスタイルじゃないとね♪

…と、あれこれ調べまして。普通のパンを焼くのよりも、時間がかからなそうだし、やってみよー!

「ベーグルに挑戦するよっ!」と、張り切って相方に宣言したところ、「やめといたほうがいいよ。失敗するから。それにベーグルは石窯で焼くもんなんだって。」と頭ごなしに失敗予告を返されてしまった。くやし。「物事を始める前から、失敗するとかできないとか、そんな風に決めつけてたらね、なんにもできない人間になるよっ」と、仁王立ちになるワタシ。「ま、お好きなように」と後ずさりする彼。

こうなったら実践して勝負だ(←だれと戦ってんだか。ですが…)。

Montreal Style Bagelで検索して、ベーグル作りに初挑戦!

モントリオールベーグル

生地は気持よく伸びたし膨らんだ。茶色がかっているのは、モラッセスを混ぜたからです。

モントリオールベーグル

ちょいと発酵させすぎた… と思う。

モントリオールベーグル

ひゃぁ〜っ。こんなのでいいの? なんだかさ、よぼよぼなんやけど…

モントリオールベーグル

焦って慌てて風呂から引き上げてみたけど… よぼよぼさは変わらず… ふむ。

大体、ベーグルを湯がく理由はなんなんだろ。

ここでやめてしまおうか…と思いましたが。ええいっ、ここまできて焼かずにいてどうする。

焼きましたよー。

モントリオールベーグル

焼いたら「よぼよぼさ」は、ほんの少しだけましになりましたが。

相方の感想:これってさ、丸くって穴の開いた「パン」だと思って食べたら大丈夫。やっぱりね、ベーグルってね、修行が必要なんだってば。でさー、ポピーシードとゴマ、食べてると全部落ちてしまうんだけど… つけることに意味はあるの?

私の感想:ダメ。テクスチャーにやっぱりヨボさが残ってたし、フレーバーも思い描いていたのと全然違う。トーストしてバター塗ったら、ちょっとマシでしたが、相方の言うように「穴の開いた食べにくいパン」でしかなかった。種も全部落ちてしまうから、そのへん種だらけになるし。

モントリオールベーグル

相方:ね、これ、全部引きちぎって「ブレッドプディング」にしたらどう?なかなかいけるかもよ。

失礼極まりないオトコ。くやしいので、もう一回は挑戦してみたい。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
↑ 頑張れ!とOneクリックしてもらえると嬉しいです。いつもどうもありがとう♪

“Bagel Head と初ベーグル” への14件の返信

  1. ええ!何この写真!まじびびった。合成かと思ったけど違うの?!これ、なんの意味があってやるの?!笑 すげ~・・どんくらいで消えるのかなぁ?絶対やりたくないけど。

    しかし、これ見てベーグルを作りたくなるpapricaさん、すごい。普通食欲減退しますけど!笑
    なにはともあれ、見た目はすごいおいしそうだけど?!せっかく作ったのにひきちぎってブレッドプティングって。ヒドイ~

    • ミットゥンさんも見たことなかった?? そうなのか… 日本では話題になったりしたのかと思ってしまった。
      びびるよね。ほんと、自分の息子がベーグルヘッドやってたら、おでこ膨らましてないで、外でも走ってきなさい!って怒鳴りつけそうだわ。
      そっそっ、私もこんなモノに感化されてベーグルを作ってしまう自分もなぁ… と思いました。
      うん…見かけはね、そんなに悪くなかったんだけど、食べてみたら「ダメ」でしたね。うちの相方ってさ、歯に衣着せぬオトコでね、一緒にいると鍛えられるよ。いちいち真に受けてたら落ち込む一方なので、8割型横流しです。しっかし、ブレッドプディングっていわれたのは悔しかったね。

  2. ベーグルヘッド、気持ち悪いーーー
    日本で流行ってるって本当ですか??初めて見ました
    これみて、ベーグル作りたくなるなんてpaprica さんったら(笑)

    ベーグル、作るの難しいですよね
    ベーグルはユダヤのパンで、税金から逃れるために茹でたんですって。ただ焼いてるだけじゃないから、これはパンではないと。って昔、パン教室で教えてもらいましたよー。

    私も一時期、一生懸命作っていたけれど、どうもシワシワよぼよぼになるんですよね〜もう1回チャレンジするというpapricaさんを見習って私もやってみようかしら。。。?

    • 知らない知らない、流行ってないよねー。流行ってなくても、こういうことやってるのが日本人だけっぽいです。
      嫌だねぇ〜。でも、変な刺激を受けてしまいました。あはは。
      へぇ〜、ベーグルの歴史には、そういうお話があったんだ。そうそう、ユダヤ人のパンって言うのは聞いたことがあったけど、税金逃れっていうのは知らなかった。ユダヤ人ってやっぱり頭がキレますね。でもどうして穴が開いてるんでしょうね。

      うん!kotoriさん、一緒にもう一度チャレンジしましょう!
      なんでも上手に美しく作ってしまうkotoriさんのベーグルも「よぼよぼ」だと知って、ちょっとほっとした☆

  3. おはようございます^^
    ベーグルヘッド、、、こわい!夢に出てきそう(汗)
    こんなことする理由って何ー?

    ところで私が数年前初めてベーグルを作ったときのことを今回の記事を読んで思い出しました。
    作ったベーグルを夫が見て「なにこれ?犬のふ○?」と言ったんですよ><
    ぐう悔しい、、、と思いつつなんだかそれがトラウマでそれ以来作ってません(苦笑)
    私もそろそろ再チャレンジしてみようかなあ。

    • Saoriさん、こんばんは〜。
      怖いよねぇ。でも、ちょっと指で触ってみたくない?ぼよぼよしてるのか、ぴーんとはっているのか、気になります。
      自分の息子だったら、泣きますね。ベーグル投げつけてしまうかも。

      へー、Saoriさんの初ベーグルは、犬のう◯ち的仕上がりだったのー? 旦那様、辛口の度合いでは、うちの相方といい勝負かな。ったく、もうちょっと Encouraging してくれてもいいよねぇ。私は褒められて育つタイプだったんだけど、結婚してから「むち打たれて立ち上がるタイプ」になりつつあります。
      うん、一緒に再チャレンジしよう!

  4. ベーグルヘッド、確かにげっ!ですね。
    それにしても、初ベーグル、いろいろ会話しながら作ったみたいで楽しそう。
    ニューヨークスタイルとモントリオールスタイルがあるってはじめて知りました。
    雪辱戦、がんばって!

    • でっしょー? あなた達は他にすることはないのですか?!って思いました。
      「いろいろ会話」、楽しそう? ときどき、彼は評論家になるべきだった、って思うことがあります。現実的でずばずばとコメントする人です。そのくせ、センシティブなところもあるから、言われると傷つきやすいんだよー。ま、でも、第三者で会話を聞いていたら、楽しそうなのかな。
      うん、日本で見かけるのは、ニューヨークスタイルがほとんどだと思う。ふわっとして穴が小さめでしょ? モントリオールタイプは、穴が大きくて密です。食べ比べたら全然違います。
      そーだねー、気をとりなおしてもう一度… 

  5. papricaさん、こんにちはー。
    ベーグルって、おいしいのを食べたことがないんです~。
    かつて見よう見真似で作ってみたことあるけれど、?って感じでした。(汗)
    相方さんの、容赦ない一言、グサっとくるけれど、ちゃんとど真ん中突いてますよね!(笑)

    こちらも最近ぐっと寒くて、下にあるようなコトコト煮込んだスープが欲しいこの頃です。

    リンク、お願いします~。私もいただいていきますね!

    • へぇ〜、おフランスでは、ベーグルってマイナーなのかな。パンというパンは、なんでも美味しいのだと思ってました。
      うちの相方の一言、よくぞ言ってくれました!一番痛いところに、ばしっと直球が入ります。結婚してからずいぶん鍛えられました。
      cocoさんの旦那様は、絶対こういうコメントしないでしょ?すんごい優しそうだもん。いいなぁ〜。

      世界中でずいぶん変な気候ですよね。カナダでも中部と東部では異常な暑さ。一方、西海岸は待っても待っても気温が上がらない。
      cocoさんのお野菜は、涼しい気候でも元気に育ってますねぇ。見事です!

  6. こんばんわ~!
    (/_<)ギャァー
    コレは日本人の方たちナンですか@@;

    フフフ、ベーグル大好きでございます♪
    『BAGEL&BAGEL』ってベーグル屋さんが好きなのですよ^^
    そう!手作りは困難だと聞きましたが…Φ@@
    見た目はベーグルですのでワタクシ的には合格でございます◎
    ごま☆必須ですよ~♪今度は練り込んでみますか^^
    暑い夏はベーグルにバニラアイスを付けて(挟んで)
    食べておりまーす。

    • そうらしいです。こういうことしておでこやら顔をふくらませているのは、日本人だけみたい…
      言葉を失うよねぇ。
      あ、BAGEL&BAGELって聞いたことある!大人気らしいですねぇ。いろーんな種類もあるし。楽しそう。
      そうそう、見た目はね、そんなに悪くなかったんだけどねぇ。食べたら、相方の厳しい一言もしっかりと受け止めずにはいられない、という味と食感でした。
      え? フォレさん。ベーグルでアイスを挟むの? … それはそれは。やったことありません。おいしい?

  7. へぇぇぇ!!( ゚∀゚)
    左の方のは、どちらかと言うと焼きドーナツヘッドですね。
    そして顔を洗いにくくないんだろうか・・・と心配してみる。

    ベーグル、ワタシの中ではお手軽パンのイメージです。
    あんまりコネなくていいし、発酵時間も少なくていいし・・・・・
    でも外国のベーグルは違うのかもしれない。
    NYスタイル、モントリオールスタイルなんて単語が出てきたら、
    岩手スタイルのワタシには脇汗ものです(゚∀゚;)

    何か具をいっぱい挟んで食べれば、パンの不出来は気になりません!
    山ほど挟んじゃえ~~~!!( ゚∀゚)ノ
    ↑何の根本的解決にもなっていない。

    • いひいひ。そうそう、私も思った!顔を洗うときにさ、無理に押してしまったら、ベーグル変形するのかなとか。

      そう、ベーグルって発酵しすぎちゃいけないね。もう一度作るなら、あそこまで膨らませないでおこう!と思ったヨ。
      岩手スタイルのベーグルってどんなのだろー。ごまさばさんの大好きなシモがはいって、真ん中の穴の部分が膨らんでたりして。
      うん。挟んだよ。ブレッドプディングにされる前に、かわいそうだから全部サンドイッチにして食べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*