back to three-of-us

3泊4日で遊びに来てくださったお友達ご夫婦のビクトリア最終日は晴天!お昼前にラグーンの近くのB&Bまでお送りした。そこで一泊されて明日はバンクーバー。そして帰国。あっという間の滞在だったけれど、とても楽しまれたようで私たちも嬉しい♪

lagoon
esquimalt lagoonより

お友達と呼ばさせてもらっているけれど、Sさんはある私立の学校(幼稚園から大学までの)の学長さんをされていて超ご多忙。奥さまのTさんもお忙しい。そんな中、はるばるここまで会いに来てくださったことがとても嬉しい。春に私たちが一時帰国したときに東京で。。。という話があったのだけど、結局私たちの都合で会えなかったから。Sさんは次に手がけている本のリサーチの題材に…と、私の大学の図書館で少し文献も探された。旅行中だというのに、すごいなぁ〜。相方とも「真の学者さんだねぇ」と感心した。奥様のTさんは私の両親と同じくらいの歳だというのに、肌が真っ白でつるんつるん。「どうしてそんなにきれいなのですか?」って聞いてしまった。Tさんみたいにきれいに歳を重ねられたらな〜って思ったけど、もう大きく手後れです。プラス、ああいう品のある美しさは内面からあふれる美しさがあるから、だろうなって思う。

お二人とも長年、日本の平和活動に深く携わってこられた人たちで、最近の日本の現状や社会の変化について色々と心配されていることも多く、そんな話を聞かせてくださった。

flowergift-gus
SさんとTさんはどこですか?

お二人に散々甘えて、甘やかされたGus。相方と私とのいつもの生活に戻った今日の午後、ちょっと物足りなそうな顔していた〜。

お二人を送って家に帰ったあと、少し横になったらそのまま爆睡してしまった! 相方も私も。ベッドに吸い込まれるような深い深い昼寝。気づかなかったけど疲れたのかな。Sさんが話される難しい分野について相方のために必死に訳し続けるという作業に、普段使っていない私の脳が疲れたのかな〜。きっとそうだ。起きてから庭に出て少しだけ秋の片付けをしました。枯れた草花を切り取ったり。晴れたあ秋の午後の野良仕事は何より気持ちいい。

togethergarden
いつも私のすぐそばにいるGus

明日もいいお天気みたいで、できれば一日庭の片付けをしていたい気分。だけど仕事〜。2日、頑張ろっと。

chocomint1
チョコレートミントの花

こうして懐かしいお友達に会えることってとても新鮮。普段、考えないようなトピックの話を聞けたり質問したり。楽しい時間はあっというまに過ぎちゃった。

またいつもの静かな2人と1匹の生活。それも良し。いいお天気が続いてほしいな〜。

*おまけのGusビデオ:

えっちらおっちら。はっぴーうぉーく。

usual trail walk.

A video posted by paprica (@paprica) on

 

back to three-of-us” へのコメントが 6 点あります

  1. こんにちは〜♫
    16日の写真、素敵ですね〜〜〜✨
    実際はもっともっと素晴らしいことでしょう〜♫♬

    色んな人達との出会いって、心が豊かになりますね、
    お友達は、財産です✨✨✨
    楽しい4日間でしたねv(^_^v)♪

    Gusくんの のんびり散歩 ほのぼのしてて可愛い〜〜〜

    • ハナマメハハさん、こんばんわ!
      朝日の写真、見てくださってありがとうございます♪ みるみるうちに色が変わっていく空と雲の様子が、本当にきれいでした。
      ハナマメハハさんのお庭も少しずつ秋に向かっていますね!落ち葉が落ちているのに気づきましたヨ♪ 相変わらず元気なマナちゃんっ。

      NYでのテロがあったあと、ビクトリアでもピースラリーがあったんです。そのときに偶然となりを歩かれていてそれがこのお二人に出会ったきっかけなんですよ。15年前のことです。こうしてはるばる日本から来てくださって、本当に嬉しかったです!
      Gusもすっかり甘やかされていましたよ〜。

  2. お客様のおもてなしや語らいは
    楽しいけれど やはり年上の方相手だと
    気疲れもされたのでしょうね。

    同時通訳も
    お疲れ様でした~(^^)/

    >真っ白でつるんつるん
    その謎を 是非私も知りたいものです(笑)
    でもね きっと生まれつき そういうお肌なのかもしれませんね。
    私の知人も 全くお化粧しないのに
    つるつるのお肌の方がいらっしゃいます。
    お化粧しないからこそ つるんつるんになるのかも。。。

    • nonさん、おはようございます!
      いつもコメントをありがとうございます♪ 嬉しいです。
      本当にその通りです。年上の方たちだからこそ、お話はとっても興味深くて新鮮で学ぶこともたくさんありました。長旅のあとだったし、お疲れだろうな〜、こんな食事で大丈夫かな〜って、そういう気遣いはありましたね〜。ふだん、同時通訳なんてしないから頭がうぃ〜んうぃ〜んって稼働するのにずいぶん時間がかかりました。。。やっぱり使わないとダメですね(苦笑)

      Tさんは長野の出身なんです。美味しいお水と空気とお米で育ったからきれいなんだ!って思いましたが、やっぱり日焼け対策はされているようです。でもね、本当に色が白いんですよー。首も手も透き通るように白い方です。それは生まれつき!でしょうね♪ 

  3. ビクトリアの海はいつも美しいね。
    近くに美しい海があるってうらやましい。
    お客様は少しきみ使うけど、帰ると数日は少し寂しいのでは?
    ぼくはいまの家には人を迎えないことにしているので1年365日とても静かです。
    いま体をこわしている姉が元気になったら、呼んで美味しい料理を作ってあげたいな。姉は、母以上にぼくの世話をしてくれていたように思います。妹さん、日舞のなとり?凄いなぁ。
    大きな声では言いたくないけど、小学生のころ母に言われて日舞を習いに行かされました。ひとつだけみっちり教えてもらってそれでやめました。あれは、どういうことだったんだろう?

    • asoboさん、おはよう!

      うひゃぁっ。日舞を習ったことがあるのー? びっくり!他にも「大きな声では言えないけど」ネタがたくさんありそう♪ お母さん、きっと小さなasoboさんに色んなことを体験してほしかったんだね。Asoboさんの豊かな感受性のルーツが見えてきそう。

      歩いていける距離に海があることって、幸せ。ほっとするよ。
      お友達の訪問って、いつも静かな家に新しい風が吹く感じ。でも、静かな家も好き~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*