Time to Unwind

ばたばたとせわしなく物事に夢中になっていたり、時間に追われたり、スピーディなアクション映画やドラマを見たりしたあとって「I’m so wound up」って言ったりする。Wound up。キュウキュウに巻き過ぎた「ネジ」の様になっている心の状態かな。そんな感じ。

一日の中であれ、一週間を通してであれ、Go go go go go go go!!! と息をつく間もない状態が続くと「Wound up」になってしまう。

私の一日は、日本の働く皆様に比べたらのっぺりとしたものだけど、家に帰ってGusとの散歩や庭の野菜チェックをするときって、「Time to Unwind」だと思う。巻き上げたネジをゆるめるひととき、です。

丘の上のGus 8月

ここのところ雨が降っていないので、南に面した丘はカラカラな状態。ココを歩いていると、最近よくバッタを見かける。ちきちきちきって鳴きながら飛んでます。

丘の上のGus 8月

大好きなボールをくわえながら、私の後をついてまわるGus。途中でボールを落としたりしないのはえらいなぁ、って思ってよく見てみると、ゴムボールに大きな割れ目ができていて、下顎がすっぽりその割れ目にはいってしまっていた。頭を降ってもボールがあごから外れない状態。。。んもぅ。

岩の上に座り、Gusがボールを持ってくるのを待つ私。岩肌が暖かくてね〜。気持ちがいい。

丘の上のGus 8月

嬉しそうだの〜。

丘の上のGus 8月

そうそう、Lumixのふる〜いコンデジが壊れたので、ポケットに入れて持ち歩く用に「Canon Ixy 600F」っていうのをアマゾンで買ったのね。70%Offだったもんで。↑の写真は全部それで試してみた。Canonのコンデジは初めてで、Autoにしておくと、ほんとに全部勝手に設定してくれるみたい。最近のコンデジは賢いな。でも、実際使ってみると全てが「Auto」過ぎて戸惑ってしまった。色調がLumixと違っているのにもビックリした。正直なところ「ふぅ〜ん」っていう感想ですが、まぁ、コンデジのAutoで撮れば、全てがひとまとまりにフラットになるのかな。あ、すごく薄っぺらくて小さいのは嬉しい。

夕方の気温は26度。明日は28度まで上がるらしい♪ わーい。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
訪問どうもありがとう♪ ↑↑ぽちっと Click お願いしま〜す♪

BBQ 日和

ここのところ暖かくて、いつもなら夕方になると吹く冷たい風さえも体温と同じくらいで気持ちがいい。

BBQ日和なのだー♪

バーベキュー

最近では、「ガス」のBBQセットが主流で、うちみたいに炭を使ってBBQする人も少なくなった(らしい)。ガスの方が火加減もしやすいしお料理のタイミングもつかみやすいので、家族の夕食やパーティーするなら絶対に便利。でも、私たちはずっとこの「Weber」のチャコールシリーズ。Weberはバーベキューアイテムで有名なブランドです →サイトはココ←

バーベキューが本当に好きな人に語らせたら、ガスは邪道であって、やっぱり炭火を上手く操って焼きあげてこそ本当のBBQだ!なんだそうです。私たちも、ガスのBBQセットに少々あこがれはあるものの、たまにするならゆっくりと準備する炭火もいいね〜って思う。

バーベキュー

この春に注文した「子羊の半分」の中から、ショルダーチョップを選んで焼いてみた。

ブログのお友達の a-ki_laさんが、そら豆を炭火で焼くとおいしいよって教えてくれたので、試してみたよ〜。これでそら豆も The End です♪

BBQ

炭が赤くなっている頃合いを、私は「炭がいこる」って言う。「炭がいこってんでー。はよお肉のせやー」っていう風に。これって京言葉だって聞いたことがあるけど、本当?

いつもはこんな風に、炭がいこっているときに、水に浸したウッドチップを炭の上にのせたりする。そうするとスモークの風味がついておいしくなります〜。今日はウッドチップをきらしていたのでナシ。

BBQをするときは、あまり色んな味付けもせず、ただ塩コショウとハーブをかけて焼くだけ。

バーベキュー

焼き立てはおいしい〜☆ お肉も柔らかくておいしかった。BBQそら豆も最高!

ごちそうさま〜。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
訪問どうもありがとう♪ ↑↑ぽちっと Click お願いしま〜す♪

初ものブルーベリーで

ブルーベリーの季節がやってきたっ☆

わ〜い♡♡

ブルーベリーピーチガレット

ベリー類の中で一番好きなのがブルーベリー。すごくすご〜く好きです。

10日程前からローカルの(BC州のモノ)が店に並び始めたブルーベリー、すでに2箱買って食べてます。この箱は2.5kg入りで約900円。毎年こうして箱で買って、洗ったあとよく乾かして、冷凍する。シーズンの終わりまでにこのサイズの箱を二箱分くらいは凍らせておく。それは冬用。それ以外は朝ごはんやお昼ごはんやデザートにして生で食べてます。幸せだ♪

今年は涼しくて雨が多かった春だったんだけど、どうやらそれってベリー類にとっては良いことらしい。「今年はベリーが豊作よ〜」って言っているのをよく耳にする。それは嬉しいことだ♪

私はブルーベリー好きなので、このまま生で食べていて十分満足。一方、相方はというと、ベリーの箱を横目で見て「ねぇ、フルーツのスウィータム(←お菓子をねだるときにはスウィータムって言う…)つくんないの?」とこぼしていた。

で。これまたちょうど出始めたローカルの桃と混ぜあわせて。

ブルーベリーピーチガレット

ガレットを作ってみた♪

ガレットの生地はこの間の苺とルバーブのと同じ。フリースタイルのパイ、って呼んで気に入ってます。パイを作るよりも気軽に取り組める。

じゃんっ☆

ブルーベリーピーチガレット

具が多すぎて、折り返し部分がちょっと足りなかったかな。ガレットって、焼いている途中でべろ〜んと広がったりもしますネ。

お砂糖をあまり入れずに、ほとんど果物の甘さだけで。レモンがなかったのでライムで代用したけど、大丈夫だった。ほっ。

ブルーベリーピーチガレット

ブルーベリーとピーチのコンビって好き。ブルーベリーの生も大好きだけど、こうして火を通してとろ〜りとしたのもおいしい。はぁ〜、満足。

オリンピック、終わったね!ライブで見ていた皆さん、夜更かしお疲れさまでした。メダルはどうであれ、全力を出しきって勝負に挑んでいる姿は素晴らしかった〜。

さぁて、また一週間。もう8月も半ばなんて… 信じられない!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
訪問どうもありがとう♪ ↑↑ぽちっと Click お願いしま〜す♪

土曜日の庭で

のんびりな週末。

お決まりの週末ルーティーン(犬飯作って、パン焼いて、etc.etc.)を済ませ、あとは庭に出てお日様を浴びていた。風もなくて温かい週末は、家の中でじっとなんてしてられなーい。

ビクトリア8月半ばの庭2012

ここんとこずっと晴れている(曇っていても雨がふらない)ので、芝生はすっかり色あせてしまった。こんな風なカサカサの草の上を裸足で歩くと気持ちがいい。ずいぶん暖かかったので、思い切って短パンをはいて庭に出た。ちょっと日に当ててみようと思って。ま、誰が見るってわけでもないんだけど、白くて太くて短い足を出すのって、抵抗あるなぁ。

咲ききったカモマイルの花を少しずつ集めて乾燥させてます♪

ビクトリア8月半ばの庭2012

見ているとオモシロイ。日に日に、この黄色い部分がぽってりと大きくなって、そのうちに花びらが外側に反り、落ちてしまう。そうなってしまうと種をつけるのを待つだけ。花びらがまだ残っているときに収穫してます。

ビクトリア8月半ばの庭2012

一日干していると、カラカラになるので、あとは瓶にいれてしまう。この膨らんだ黄色い部分に、カモマイルティーの風味がいっぱい詰まっているんだって。

さてさて。

うちのトマトさん達。

ビクトリア8月半ばの庭2012

まだ全部「緑色」。これ(↑)は「Red Russian」っていう種類。大きいのは私のげんこつほどの大きさになってる。育てている中で、一番実の付きが早い種類。

ヘリテージトマトって、平均すると、花が咲いてから実が赤くなるまで80日かかるんだって。先日、ここ→☆のトマト記事を読んでいたんだけど、今、咲き始める花はもう遅すぎるって。で、思い切ってこれ以上伸びないように切り落とすんだそうです(彼女はそうしていた)。それから、ぴたっと水を上げるのをやめてしまうのも今頃なんだって。そうすることで、トマトさん達が実を育てるのに全力投球するわけです。彼女のオモシロイ実験は、余分な葉っぱや茎を切り落として「一本」に育てたものと、放置したままのトマトの比較。結果では、放置したまま(ワッサワッサと茂っている)の方にたくさん実ができて、色づき始めたのは一本立てと同じだったそうな。つまり、頑張って一本立てに育てても、大きな違いはないってことの様です。

で、私も、これ以上ツボミがつかないようにてっぺんを切り落とし、もう水をあげないようにしてみることにした。頑張れトマトっ。

庭のヘリテージトマト 2012

これは「Ancho 101」っていうらしい。どうも名前が間違っているっぽい。Anchoっていうのはペッパーの名前だもん。よくわかんないので、Anchoって呼んでます。これもげんこつサイズ。ぼってりと大きい。

これ(↓)は「Aunt Marry’s Grand Cherry」。

庭のヘリテージトマト 2012

名前からして小さなチェリートマトができるのだとおもっていたけど、とんがったローマトマトの大きさほどに育ってるヨ。

さぁて、どこまで色づくことやら。がんばれがんばれ。

いんげん豆がようやく食卓に並び始めました〜♪

庭のヘリテージトマト 2012

今年は一列植えて、一週間おき、また一列植えて… ってなふうに種を植えたのだけど… なんだか一斉に花を咲かせてる…

これからしばらくは、いんげん豆ばかり食べることになりまーす♪

日本の皆さん、ゆっくりとしたお盆休みを〜☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
訪問どうもありがとう♪ ↑↑ぽちっと Click お願いしま〜す♪

Craigdarroch Castle・クレイグダロック城 part2

クレイグダロック城の続き〜。

これはマスターベッドルーム。奥様のジョアンさんの寝室だった当時は、もう少し大きかったそうです。クレイグダロック城が軍事病院として利用されていた頃(1919年〜1921年)に、改装され、この部屋のすぐとなりにおトイレが設置されました。

クレイグダロック城

これ(↓)がそのおトイレ。昔の学校っぽくてチャーミングだったので記録写真。

クレイグダロック城

三階に上がったところに広がる、一番大きなお部屋が「ビリヤードルーム」。

クレイグダロック城

立派なビリヤードテーブルも素敵だし、私は何故か、このテーブルを照らしているランプシェードが妙に気に入った。ビリヤードテーブルの隣にはこんな(↓)セッティングもあり。

クレイグダロック城

ダンズミアー氏の娘さんたちが、リラックスしたり人をもてなして楽しむフロアーだったんだって。

クレイグダロック城

奥には大きな望遠鏡もあり。こんな風に、それぞれの部屋にきちんとした役割があるのって素敵な贅沢だな。程よい大きさのスペースなのも良し。

ココには写っていないけど、こんな風な寝室の片隅には、小さな洗面台(水差しとバケツ?ちがう、洗面器)が置いてあったよ。

クレイグダロック城

こじんまりとしたお部屋にも、窓辺にリーディングチェアーがあり、小さなソファーもあり、居心地がよさそうだ。

最上階に上がったところ。窓からはお城の庭が見えます。

クレイグダロック城

最上階はダンスホールなんだそうで、ピアノが2台(3台だったっけ?)ありました。1879年のSteinway のピアノはダンズミアー婦人が家を手放した後に加えられたアイテムだそうです。いい味を出してました。

クレイグダロック城

クレイグダロック城

4階から少し上がったところに、ぐるりと見渡せる展望台があったよ〜♪

クレイグダロック城

この赤い屋根瓦は「Vermont slate」っていって、自然の赤い色が変わらない高価なスレート(石板)なんだって。ほほぅ。

この後、建物の反対側を降りていきまして… お風呂場☆

クレイグダロック城

タイルはオリジナルで、ウッドワークは修復されているらしい。当時の人達って身長がそれほど高くなかったみたい。お風呂の長さも今のものよりもずっと短かった。

このお部屋には、ちょっと中国チックなアイテムがあった。たんすの引き出しの取手がアジア風だったし。

クレイグダロック城

部屋の向こう側に見える木製のブラインドは、オリジナルのものと同じデザインで修復されたものなんだって。レースのカーテンも、ボランティアの人たちの手によって、今も修復作業が続けられてます。この(↑)お部屋にもあるけど、頭がなくてドレスを来ているマネキン。お城のお部屋のあちこちに、当時の服装を紹介するように展示されていた。やっぱり、背はあまり高くなかったみたいです。

天井が高くて気持ちのいいダイニングルーム♪ これは朝食用のお部屋。ディナーのメインダイニングは、建物の反対側にありました。

クレイグダロック城

光の取り入れ方が本当に素敵。当時の設計家って、そういうことも配慮して家を設計していたのかな。

クレイグダロック城

…と、まぁ、クレイグダロック城ってこんな感じでした♪ 雰囲気は伝わったでしょうか。

あ。余談になりますが。Yちゃんはね、実は「霊感あり」のヒトなのね。私もあとになるまで知らなかったんだけどー。このお城に行った次の日に、何気なくぽそっと「少し感じましたね〜」みたいなことをこぼしたっ。なに、それ、「感じました」って??? で、詳しく聞いてみると、「写真にも写ってたよ」ってサラリと言うんやもんっ。なんなーんっ!

で、その「写ってた」っていう写真を見せてもらったところ… はい。確かに。人の姿で写るのではなくて、白い丸い形がベッドの端とか、椅子の上のあたりとか… まぁ、あっちにぽつ、こっちにも、っていう感じで。ひょえぇ〜。

どう見ても光の反射とかじゃないし。で、恐る恐る、私が撮った全く同じ部屋の同じような角度の写真を見てみたら、「写ってない」。えぇ〜っと、ちなみに、この一番上のベッドルーム(奥様の寝室)のYちゃんバージョンには、3つか4つ、白い玉が写ってたのでした… ぞぞっ。まぁ、見比べてみて、やっぱり、感のあるヒトの写真には写るけど、私みたいに何も感じないモノの写真には表れても無駄なので写らないみたいネ。ほっ。

長々とお付き合い下さってどうもありがとう〜☆

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
訪問どうもありがとう♪ ↑↑ぽちっと Click お願いしま〜す♪