Easter Weekend: 誕生日

今年の相方の誕生日はイースターの日と重なっちゃった。ジーザスが生まれ変わった(?)よ〜、めでたいね〜♪ と、いつもよりも特別な感じがして私は一人で喜んでいました〜。

何より。お天気に恵まれたのが最高のプレゼント! 「青空広がれ、広がる。お日さま出てこい、出てくる。今日は相方のたんじょうびー。」と、唱えながらGusと朝の散歩。朝は薄曇りだったけれど、すか〜っと青空に変わってばんざーい!

丘の上はぽかぽかだった。

珍しいものを見かけた。遠くにタグボートあり(↓)。良く見るとボートの後ろに浮かぶ島? 何??

よくよく見ると、後ろの方にも小さなタグボートがぴったりとくっついている。しばらく眺めていると、浮かんでいるのは大きな板ではなくて、たくさんの丸太。流木を集めて運んでるのかな〜。

ちょうど丘を降りて海岸まで出たときに、このタグボートと流木の島が目の前を通った。

クリックで拡大するよ

↑↑ わかりにくいけれど…左側に大きなタグボート。右の端に小さなの。その間に浮かんでいるのが全部丸太(材木)。

家に帰って相方に写真を見せて話をすると、「流木を集めているのではなくて、切った材木(商品)を運搬しているんだ」って。ほほぅ。最近では珍しくなったけど、以前はもっと頻繁にこういう風に木々を運んでいたらしい。海岸にうちあげられる流木は、こうして切り倒された材木の一部が流れ着いていたりするんだって。

イースターと重なっちゃった誕生日、「ゆっくりと家で楽しみたい」というのが相方のリクエスト。だったので、のんびりといつもと変わらない週末の一日でした。前日の土曜日に、相方のお姉さんから花のバスケットが届いた。

どどーーーんっ!

こんなに大きなバスケット、初めて見た… お姉さん、することがビッグだからね(笑)。切り花ではなくて、全部「根っこ付き」で、あとで庭に植え替えられるようにしてもらったんだって。バスケットの中にセロファンみたいなのがひいてあって、土がびっしり。そしてバラやらベコニアやら…植わっていた。

二日間こうして楽しませてもらい、今日、庭に植え替えた。バスケットに入れたままだと水やりできないんだもん(水と泥があふれそうで)。こういうお花はバスケットにはいっていると「華やか〜☆」だけど、庭に移し替えると周りに馴染めなくて妙に「浮いて」ます。ま、いっか。

リクエストはこの間作った「ほうれん草とリコタチーズのラビオリ」。鶏のパンフライとサラダとラビオリ。シンプルで美味しかった♪

そーしーてー☆

絶対外せないのが、相方の大好きな、こってこてのバタークリームケーキ「White on White」(白いスポンジに白いバタークリーム)。激甘。これがいいんだって。子供の頃を思い出すノスタルジックな甘さなんだって。私もカナダに長いけど、この手のケーキは今だにキツイ。クリームをこそぎ落としちゃう。それを見た相方は「おっと、そんなことしちゃいけませんねぇ(ぱくり)」と、私のクリームも食べちゃうのでした。。。。誕生日終わったら甘いもの控えようね。

健康で、また一年、なるべく穏やかに過ごそうね♪

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Easter Weekend: 庭模様

待ちに待ったEaster Weekend! 4連休! 今年はイースターが遅かったので、この連休が本当に待ち遠しかった。そして♪ 待ちに待ったお日さまさんさんのお休み〜♪ 連休+快晴=すっかりホリデーモード! ずぅっとお天気が悪くて寒かったので本当に嬉しい!

教会には行かないし〜、特にイースターらしいことは何一つしない我が家ですが。。。

冬の間ずっと同じだったランチョンマットを春色のに変えて、庭の水仙切ってきた。水仙って香りがするんだね〜。忘れてた。黄色い大きな水仙は香りがないのに、この小さいタイプのは部屋にふんわりとひろがって驚いた。こうして少し、庭から花を切ってきて家の中に飾れるのって幸せ。今年の春と夏も切り花にできそうな花の種を蒔いて(ばら撒いて?)まーす♪ 咲くかなぁ。

水仙ももうそろそろ終わりで… ようやくチューリップのツボミが色づき始めてます。そして、いつももじもじのアネモネくんも登場。

少し気温があがると「ぱっかかぱーーーーーん!」とラッパの音を奏でるようにして咲き乱れるのが。

たんぽぽたち。昨日もわしわしとたんぽぽを引っこ抜いた。でもね、Mason Beeたちが一生懸命花粉を集めてるのを見るとね〜。引っこ抜くのをためらっちゃうのです。↓↓黒いありんこみたいなのがメイソンビー。

忘れな草も雑草たちに負けていない。このこたちも毎年かならず出てくる。私がかなり引っこ抜いたというのに。「忘れちゃいやよ〜」って出てくる。

花の種はちゃんと小さなプランターで苗を育てて、それらがいくらか大きくなってから植え替えてあげれば、私の庭ももっとまとまりのよいものになるんだと思う。わかってるんだけどめんどくさくって。それに、植え替えが苦手な花もあるし〜。

ばらばらと蒔いた種たちがようやく芽を出し始めたよ♪ やったー。がんばれがんばれ! 金魚草とポピーなどのミックス(↓)

畑ボックスの中も今年はスローです。えんどう豆たちがようやく発芽。

ルッコラ、一列に並べ〜。ブッシュ・ピー(こんもりと育つえんどう豆)、二列に並べ〜。

去年はこの辺りでウサギにすぱーっと食べられた。今年は今のところ大丈夫。

ハーブベッドは、スパニッシュラベンダーとセージの大きな株がうまく冬を越えられなくて、半分ほど枯れちゃった。なので、またいくつかの苗を移動させて、他の種を蒔いたりしている。去年の春はいい感じに形が整ったなぁって喜んでたんだけど。やり直し。ま、やり直しもお庭の楽しみの一つです。

ようやく苺の花が咲いたー。

去年はどうも上手く発芽しなかったレモンバームも。一年超えてこの春はしっかりと葉っぱを見せている。嬉しいな♪ レモンバームは育ちだすとものすごーく広がるので気をつけないと。

10日ほど前に植えた花の種が芽を出した(↓)。かわいいでしょ? 命を感じるなぁ。

よいしょー。

なんかもう、どこに何の花の種を植えたのかわかんなくなっちゃって。どうしましょ。早く花が咲いて、ミツバチたちがやってくるのを見るのが楽しみだなー。

あ、もうひとつ♪ 草の上に座ってごろごろしていて「目が合った」。↓↓ この子と。

やっほー。

こぼれ種から咲いたちっちゃなビオラ♡ 種まいて、過保護に育ててもなかなかうまくいかないのに。こんな芝生の真ん中で「わたしはひとりでも幸せよ」って。あぁ、かわいい。

ゆ〜っくりゆ〜っくりだけれど日に日に賑やかになっていく春の庭。楽しい♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

初めての原田マハさんの一冊

一つ前の投稿の「ワタクシゴト」にたくさんの温かいコメントをどうもありがとうございます。自分の体がどうのこうのっていう話ってあまりしないけれど、コメントやメールでお話を聞きながら勉強にもなり元気もでましたー! ありがとうございます!

さて、先週末、ぼーーーっとしていたときに、ずぅっと読みたかった原田マハさんの「楽園のカンヴァス」を2日で読みきった。初めての彼女の作品です。アマゾンの古本で買って「こういうときのために」ととっておいたのー。

良かった。とても。

あぁ。。。数日たった今も余韻に浸っている。読みながらも、この物語の中心になっている一枚の絵「アンリ・ルソーの夢」を何度も何度もスマホやコンピューターで開いて見てしまった。

Wikiより

ルソーの作品は大好きです。子供の絵本のような鮮やかさと柔らかさがあって、人物はぽんと押したらそのまま倒れそうなコケシのようでそれが楽しい。写真で見ていても、一筆一筆を丁寧に色を重ねて描いたのだろうなってわかる。筆の運びが優しいというか。人物は直立不動が多いのに、彼の描く植物はとても柔らかそうで。好きです。

なのに、彼にまつわる話はほとんど何も知らなかった。ネットは便利で、本を読みながらあれこれルソーについて調べてしまった。楽園のカンヴァスは決して長い物語ではない(294ページ)だけれど、その中でこの一枚の絵に不思議と引き込まれてしまった。上手く説明できないのがもどかしいのだけど。。。本を読みながら絵を知る(知り合いになる?)という感覚が不思議だった。登場人物のルソーに対する情熱の描写がとてもうまかったから、私もすっかり情熱的になってしまったのかもしれない。読みながらいくつかのシーンでほろりときてしまった。

以前、一度ニューヨークに行ったときに、ルソーの「夢」が収められているMoMaにも行ったのです。なのにっ! 見なかったー!!! あほっ。 というのも、その前にメトロポリタン美術館をじっくり見てしまい、MoMaを廻る頃にはもう頭が飽和状態で何を見ても「処理できない・受け入れられない」状態だったのです。だから。。。「夢」に出会わなかったのでした。あぁ。。。もし、もし、宝くじが当たったらNY行きのチケット買ってMoMaに行こう!と相方に言いました〜。

原田マハさんの作品はもう一冊「ジヴェルニーの食卓」も持っている。とってある。読みたーい。こんな物語の書ける原田さんってどんな女性なんだろな〜。彼女の大好きなアーティストや作品って何なんだろうな〜、なんて思いました。

 

散歩道の山吹。大好き! 小さな苗でいいので欲しいな。枝を切ったらそこから増えるかなぁ。こっそり切ってもらっちゃおうかな。。。それにしても寒いビクトリア。今週末はイースターの4連休だよっ!どうかどうか晴れてくださーい!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

初めての病院+手術

先週の金曜日、生まれて初めて病院に行って手術を受けた。今まで大きな病気も怪我もしたことがない(一度足を切って3針縫ってもらったのみ)ので、今回のが初めて。日帰り(?)なので入院経験はできなかったけど、「良くないよ〜、ひどいよ〜」って噂で聞いていたカナダの病院を見ることのできる初めてのチャンス!手術は少し不安だったものの、ちょっぴりどきどきわくわくしていた。

個人的なことだしこんなところで書くのもなぁ、というためらいもある。でも、きっと、私と同じくらいの年齢の女性で経験したことのある人や、これから経験するひともいるだろうから、簡単に書いておこうと思う。

私の受けた手術というのは子宮筋腫の摘出。正確にいうと「子宮鏡下手術」というもの。子宮筋腫の手術といっても、筋腫のできる場所やできかたや大きさによって、その手術方法も違ってくるらしい。私の受けた手術は一番体に負担のかからないものだと思う。 体にメスを入れることもなし、手術そのものは45分ほどでした。

カナダは「ファミリードクター制度」で、日本とは違う。どこか調子が悪かったら、まずファミリードクターに診てもらう。全てはそこから。耳や肌の調子が悪くても、自分で耳鼻科や皮膚科を探して予約を入れるのではなく、ファミリードクターの診察を受けてドクターに照会してもらわなきゃいけない。幸い、私たちはとても親身になってくれる女性のファミリードクターについてもらっているので、安心です。この制度の良い所は、ファミリードクターは自分の体のことを全部把握してくれている(記録してくれている)ということ。

私の生理は一年半ほど前までは、本当に判で押したように定期的にやってきていた。その規則正しい月のものが何故か突然、とても不規則になり、3ヶ月近くなかったり、やってきたと思ったら2週間以上終わらないとか。自分でも「何かが狂ってしまったなぁ」と少し心配になり、ファミリードクターに診てもらった。そして婦人科の専門医(女性のS先生)を照会してもらった。血液検査と2度のエコーの結果、子宮の壁からぶら下がるようにできるタイプ(?)の筋腫が見つかったのが3ヶ月ほど前。S先生が「あぁ、コレが原因ね。放っておいても閉経すれば自然となくなるケースも多いけれど、大きくなるだろうし、生理不順とひどい出血は続くわねぇ〜。だから採ってしまったほうが楽になりますよ。」って。先生自身が手術をしてくださるとのことで、どういう手術なのか、必要性やリスクなど、絵を描いて詳しく説明してくれました。それが「子宮鏡下手術」。先生の話では、50歳までに子宮筋腫ができる女性の割合は7割、そして色々な症状が出てくるのはそのうちの2割〜5割なんだって。

春の草はおいしいのですよん。

前日の夜中の12時以降は絶食。前日と当日の二度、決められた消毒スポンジ(?)で体をきれいに洗っておくようにとも言われていた。11時15分にチェックインして、1時15分のオペレーション、と言われ、相方と一緒に11時頃病院の受付にいきましたー。すぐに手首に名前などが書いてあるバンドをつけてもらい、その後はちゃっちゃと「Day Care」のエリアの待合室へ。そこには大きなテレビがあり、子供のおもちゃのセールス番組ががんがん流れていた。ホント、バービーみたいな人形の番組。何故? 待っている人が二人いて、相方が「コレ、見ているの?」と聞くと、女性のほうが「Yah, kind of(まぁ、見てるっちゃぁ見てるかな)」と答えた。…ので、消せなかった相方。座って数分したら私の名前が呼ばれたので、相方も一緒にベッドがたくさん並んでいる(カーテンで仕切ってある)部屋に移動。そこでガウンに着替え、これからの手術の説明を受け、腕に点滴の針をつけてもらった。

ガウンも、テレビで見るような「後ろ閉じ」でお尻が見えたりするものかなぁ〜と思っていたんだけど、ちゃんと腰のところで結べるようになっていた(ほっ)。点滴をしてもらうときに、暖かいシーツをかぶせてくれました。一枚は腕に(血管を浮き出すため?)、もう一枚は体に。1時過ぎにこのエリアからオペレーションルームの手前まで運ばれて、そこで麻酔をしてくれる先生(女性)から説明をうけた。そのあと、S先生がやってきて「お腹すいてるでしょー? もうすぐだからねー。」と、もう一度手術の手順などを説明してくれましたー。

オペレーションルームに入ってからはあっという間。もっとこじんまりとした普通の部屋で行われるものだと思っていたら、ちゃんと大きな丸いライト(?)が天井にあり、色んな機械があちこちにある部屋だったので少しおどろいた。運ばれてきたベッドから、手術台(?)に移り(自分で)、そのあとすぐに看護師さんが私の口に酸素をかぶせてくれた。これが妙に息苦しくて咳き込んでしまった。麻酔の先生が反対側に立ち、「眠くなるからね〜。どこか美しい場所を思い浮かべるといいわよ〜。」という声が最後に聞こえ、「美しい場所かぁ。それよりお腹すいた…シャーベットが食べたいな…」と、食べ物のことを思い浮かべて寝てしまった。

名前を呼ばれて目がさめたのが3時過ぎ。「気分は悪くない?はい、水飲んでね〜」と、氷水を渡された。なんでこんな冷たいもの飲まされるのだろう? 頭がぼーーーーっとしていて、看護師さんの質問がよくわかんなかったのだけど、そこでも「お腹すいた。」と答えていたワタシ。「すぐにいろんなもの食べちゃダメよ。今夜はスープだけね、MISOとかねっ!」と看護師さん。「あぁ。ミソスープね。」そのあと、服を着替えて帰って良し!でした。一番つらかったのは、待ち時間と空腹だな。

今日で2日。ようやく体の疲れがとれてきた感じです。金曜の夜と翌日は、何故か顔がぱんっぱんに腫れた!アンパンマンみたいっ。 土曜の朝なんて、目が開かないくらい腫れて自分でもびっくりした。頭がぼーーーっとして体がだるい以外は、特に痛みもなし。

初めてのカナダの病院。思ったよりもすっすっと進んだし、「ひどい」とか「汚い」とか感じなかった。看護師さんたちは親切でテキパキしていたと思う。でも、まぁ、半日以上はいたくないトコロだなぁ、って思いました。40代になると気をつけていても、体にはいろんな変化が起きてくるもの。女性器・男性器のことって、周りのひとに相談しにくいからと放っておくひとも多いかもしれない。でも、少し気になったらすぐに診てもらった方がいいと思います。私の友人にも私と同じような症状で悩んでいる子がいて、診てもらうことを薦めたところ全く同じ結果がでて同じ手術を受けるそうです。

2週間してすっきりしたら、久しぶりに泳ぎに行こうかな〜っておもってま〜す。終わって良かった!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Gus10歳の誕生日

昨日、4月5日でGusは10歳になりました〜♪

ぼくちん、10さい、おっさんです。

毎年同じ、恒例の(?)「きゅーきゅーなるぬいぐるみをボロボロにして笑うGus」、見てね〜。

もうすぐイースターだし、10歳の誕生日の犠牲となったぬいぐるみは「うさぎさん」。

この種類のぬいぐるみは、中に綿がはいっていないのです。音の鳴るプラスチックは2つはいってます。ブンブン振ってボロボロにしても、綿があちこちに散らばらないので、片付け役の私には嬉しいぬいぐるみ。昨日、夕方の散歩に行っている間に、相方がクローゼットから取り出してテーブルの上に置いておいてくれた。

戻ってくるなり、Gusはテーブルに一目散。ぼろぼろにされる前のうさちゃんを写真に撮っている数分の間も、鼻息荒く私の足元をぐるぐる周り目をぎらぎらとさせていたGus。本能ですな〜。

誕生日とクリスマスの年に二回のことだもんね〜。嬉しくてたまんないんよね〜。

私の手の平にのってしまうほどの大きさだったGusも、もう10歳。いい年したおっさんです。

私が名前を呼んでちゃんと戻ってくる、という関係ができるのに4年ほどかかったかなぁ。ずいぶん落ち着いたとはいえ、やることや表情はパピーのころとあまり変わらない。Gusを眺めていると、「まんま」だなぁって思う。嬉しいときは思いっきり嬉しいし、臭いもの見つけたら思い切りなすりつけて得意な顔してるし、ひだまり見つけたらゴロンとして爆睡、クッキーおばさんが遠くに見えたら二本足で(私がリードを握るので、首がひっぱられて立ち上がって二本足になっちゃうのです)走りだそうとするし、相方の手の平の下に滑りこんで「マッサージして〜ん」と足をおっぴろげてるし。過ぎたことや先のことを考えないよね、動物って。そのときに一番楽しいこと・好きなことをよく知っている。そしてそれだけ、「いま」だけに思いっきりになってる。

うさちん、やっつけましたよ。

庭に来るウサギもこの勢いで退治しておくれ。

きゅーきゅーたのしかったです。これからもよろしくおねがいします。

怪我したり病気しないで、いつまでも元気いっぱいでいてね〜。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪