笑う牛というチーズ

たまにはこんな投稿もありかな、と。

お題そのまんまで、

「笑う牛」という名のチーズ。

CMで見て、相方が「食べたい」というから買ってみた。

キミ、なんで笑ってるの? なんで、顔が赤いの?

この「かわいくない系」のイラストがとっても北米っぽくて、味がある。

食べてみたけど、。。。妙にやわらかい。ねっちょりと口の中に広がる。これはチーズなのだろうか。夏の蒸し暑い日に、キッチンカウンターに置かれていたクリームチーズのようなテクスチャ。いわゆる「プロセスチーズ」なんだろうけど(箱にもそう書いてある!)、いったいなにがプロセスされているんだろ。口の中であちこちにくっついて、どうもなんていうのか、「あぁん、もうっ!!」ってちょっとイライラしちゃう。そう!口をもごもごするところが牛っぽいのかも!それを牛が笑っているのかも〜!

。。。なんて思ったのでした。で、ちらっとこの「笑う牛チーズ」のサイトをのぞいてみると、色んな食べ方が紹介されていて、笑った。→笑う牛チーズの食べ方の例

わざわざ笑う牛チーズを使う必要もないでしょーが。

相方は「ぼく、これ、好き」と言っていた。食べものにピッキーなくせに、まじで?

全然関係ないのですが。

今日、散歩途中でかそこそ音がするので見上げると。。。

リスが。 開脚していた。

なにやってんのー?

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

カモミールと破壊されたバードフィーダー

季節の花が少しずつ庭を彩り始める時期はとても楽しい。

もちろん、きれいに咲いている姿もかわいらしいのだけれど、きゅっと閉じた小さなツボミたちが開いていく様子を眺めているのはとても楽しい。あの小さな蕾の中にアレだけの花びらが折りたたまれてつまっているんだ、と想像すると不思議でたまらなくなる。

こぼれ種組。この子たちは元気に大きく育った〜。

花が開いていく様子も、花それぞれ。チューリップやポピーや芍薬やバラの様に存在感のあるツボミたちは、膨らんで割れて手品のように花びらを見せてくれるけれど。

カモミールのような小さな花がどんな風に開くのか、見たことありますか?

↑↑ 上から三番目に写っているのがちょうど開き始めたカモミールのつぼみ♪ 小さな指をぴぴっと伸ばしたようでかわいらしい。でしょ?

そして円盤の様に白い花びらが広がったら、次は真ん中の黄色い部分がゆっくりと膨らみ始める。

こんもりと、とんがり帽子のようになる。

どこにそんな力があるのだろうと、感心する。よね?

週末、こんもりしたツボミを1つずつ切って集めたよ。ここまでこんもりしていないツボミでもいいのかなー。

お茶にしよう。

6月半ばだというのに涼しいし、風も強いので、お日さまの下で乾かすのにも一苦労です。

庭に小鳥たちがやってくるのを見るのも楽しいので、バードフィーダーをぶら下げている。

三階建てのバードフィーダー。上の屋根の部分が蓋になっていて、エサを流し入れるような仕組み。

それがさ。。。

見事に屋根が沈没。破壊されたのでした。。。

誰の仕業かわかる??

リスですよ。リスっ! あの難しい発音の Squirrel !!!

狸かなぁともおもったけれど、狸ならフィーダーごと引きずり落としていただろうし、この細い枝にぶら下がってアクロバット的なことはできないはず。リス。もしくは。。。ドブネズミ? 破壊の仕方がさぁー。なんとも痛々しくて「執念」のようなものを感じてしまった。

うーむ。週末屋根の修理をしてあげようかな… うーむ。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

6月半ば:週末の庭にて

ふぅ〜。どこに行ったというわけでもないのに、なんだかとっても忙しかった週末。もう終わってしまう… 買い物、掃除、洗濯、犬飯作り、Gusの毛抜とお風呂、芝刈り、畑チェック、まとめた雑草を地区の収集所に捨てに行く、などなど… ね、全部「家の用事」。Gusとの散歩も「するべきこと」のひとつだけれど、歩くのは好き。

よく体を動かしたので気持ちよく疲れたかな。良いお天気で、庭に春・夏の花が咲き始めたので外に出ているのが嬉しい。庭模様の記録です。去年の今頃のブログ記事とくらべてみると、今年は庭の草花も野菜もずいぶん遅れているのがよくわかる。

ハーブベッドはこんな感じ。レモンタイムとセージの苗は、半分が冬の間にダメになっちゃった。一株の半分だけが枯れてしまったよー。

↓↓は美女なでしこ。去年、一つ赤い花が咲いたときに、ブログで花の名前を教えてもらったのでした♪ その種をとっておいて蒔いてみたところ、今年はたくさん、色の違う花がついたよ〜♪ 美女なでしこってそういうものなのね。

実は、この美女なでしこが咲いているところには、去年、たくさんの「大キンケイギク」が咲いていた。今年も出てくるかなぁ〜って思っていたのに、見当たらない。ふむ… とにかく、去年の冬は寒かったし長かったので、ダメになっちゃった花も少なくない。ダリアも、球根をそのままにしていても冬越しして翌年もでてくるのに、今年はダメみたーい。真紅のダリア、好きだったのになぁ。また来年だ。

ラベンダーの古株の向こう側に、こぼれ種から出てきたフォックスグローブ。今年は去年よりもすこし背丈が低い。こぼれ種から育つ苗って、前の年寄りも小さくなることが多いのかな。ポピーやカモミールも、勝手に芽を出して育ってくれるのはいいのだけれど、前年のよりも小ぶりなものがあることに気づいた。だんだん種が元気をなくすのか、土の栄養がたりないのか。どうなんだろ。

ラナンキュラスが今頃咲いてる。かわいいね〜。ラナンキュラスは咲き終わった後、球根を掘り起こします。この子たちはそのままにしておくと、翌年絶対に出てきてくれないことに気づいたので。

ふふふっ♪ ようやくえんどう豆〜! これはブッシュタイプなので支えがなくてもこんもりと育つもの。さて。狸に見つからずにすむかなー。こないだ庭の奥を横切って行く2匹のたぬきを見た。。。あぁ。。。来ないで〜!

掘り忘れたジャガイモの次世代。変なところに出てきていたので掘り起こした。ユーコンゴールドっていう種類です。今週の晩ごはんに使おう。なんだか、また小さなのを掘り忘れているような気がするのだけど。。。

そして、今週のパン。最近はこの全粒粉パンばかり。サワードウも焼いてみたいんだけど。。。種作りに何度も失敗してねー。ちょっと暖かくなってきたからもう一回チャレンジしてみようかな。

今週は大学の卒業式の週。いいお天気になりますように♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

rose report: コンスタンス・スプライとマダム・アルフレッド・キャリエール

バラの記録。うちの裏庭には4種類のバラが植わっている(ふふっ。一つ加わったの~)。そのうち二つが咲いてまーす♪

コンスタンス・スプライとマダム・アルフレッド・キャリエール

一番の古株は、本当に「古株」で、以前ここに住んでいた人が前庭に植えたもの。やせ細って枯れかけていたのを、相方がレスキューして裏庭に移したのが…6年ほど前かな。

おそらく「マダム・アルフレッド・キャリエール」だと思われる白いバラ。リカバリーして年々大きくなっている。自分で育ててみるまでは、バラってすっごく繊細でお世話が大変で大雑把な私には無理っ、って思っていた。

けど、この白バラちゃんを見ていると、バラ野中にはたくましいものもいるのだと気づいた。なんちゃって剪定と冬の間の肥料だけで、それなりに元気に育ってくれているから嬉しい♪ ネットで調べてみても、この白バラちゃんはあまり手をかけない方がいいらしい。日陰でもなかなか元気に育つバラなんだって。

白バラちゃんのとなりにいるのが、ピンクの「コンスタンス・スプライ」。桃色ちゃん。

セールの棚に寂しげに並んでいたのを買ってきたのが2年前の夏。去年、初めて蕾を付けてくれたけれど、4つ5つだったと思う。今年は花数がずいぶん増えたよ~。背丈はまだ低く左右のバランスが悪いものの、最初の一年よりも威勢が良くなったみたいです。この秋にはもう少し土をきちんとしてあげたいな。

きれいに咲いてくれてありがとう。

二つの香りを比べると、私は白バラちゃんのが好き。一番好き。前にも書いたかな。白バラちゃんはとても柔らかい香りで、果物の「ライチ」を思わせる。バラにありがちな(?きっと私の偏見。)気品高くちょっと香水っぽい香りとは全く違って、白バラちゃんの香りはとても自然で優しい。ミルラ香って呼ばれるもコンスタンス・スプライの香りも素敵だけれど、白バラちゃんの清楚で優しい香りにはかなわないと思う。

開き始めのころ。数日すると花びらが自由に遊ぶように広がる。

でも、香りの好みって個人個人よねー。私が好きな精油の香りも、相方に嗅がせると「けっ。臭いっ」だもん。うーむ。でもクリームなどにして肌につけていると大丈夫みたい。この白バラちゃんの香りは彼も大好きです。桃色ちゃんのも好きだって言っているから、バラの香りは好きみたい。ちなみに、花の香で二人同意して苦手なのは「ユリ」。

あと二つのバラたちはまだ咲いていないので、また咲いたときに見てあげてくださいませ。こうしてバラたちを見ていて思うのは、毎年同じ姿を見るわけなのに、毎年、まるで初めて出会うかのように新鮮に「きれいねぇ」って嬉しくなること。わたしたちも草花の様に、そんな新鮮でストレートな喜びを久しぶりに合う人たちと交換しあえたら素敵だな。

懲りずに… ルバーブとイチゴのデザート。ガレットです。ルバーブの焼き菓子はもうそろそろ終わりにしたい。今年は変なお天気だから、大好きなブルーベリーのできも悪いのかなぁ。ベリー…待ってるよ〜!

…こういう撮影オシャレにできない私。手前にタイムの小枝をのっけてちょっと気取ってみた(見えますか??)けれど… なにか違う。でもそのこっそりの頑張りが、自分でも健気で笑える。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Bear Hill トレールを歩く

週末、Bear Hill Regional Park を歩いてきた。私にとっては初めて歩くトレール。ビクトリアのダウンタウンから車で30~40分ほどのところにある公園です。

写真はクリックするとちょっと大きくなりまーす☆

ビクトリア近辺の州立公園・地域保護地区のリストを見てみると、このBear Hillは「中級者向け」のトレールの印がついている。というのは、このトレールが結構な傾斜のある道で、場所によっては細くて石がごろごろしていて歩きにくいから。てっぺんに着くまで、本当に平坦な道がなかったもん。

相方の肺は普通の人の半分ほどしか機能していないので、平坦なトレールウォーキングもなかなか大変なのです。私も子供の頃ぜんそく持ちだったので、息ができない苦しさはよく分かる。Bear Hillを歩こう!って言い出したのが彼だったので、正直おどろいた。「できるところまで歩いて、無理だったら引き返せばいいんやからね」、と言ってゆっくりと歩き始めた。

このトレール、しょっぱなからえっらい急な傾斜。てっぺんまでの距離は1kmもないのだけれど、高さにして130メートルの昇り。途中、30代前半かと思われる5人組がだだだーーーーっと山を駆け上っていき、私たちがのそのそと歩いていると、まただだだだーーーーっと駆け下りてきた。彼らにとってはトレーニングコースの様。他にすれ違ったひとたちの中には、ウォーキングスティックを両手に持って歩いていた夫婦、ビーチサンダルのようなヘロヘロの靴で登っていった女の子とパパ、Tシャツに短パンの男の子とちょっとおしゃれな格好をした女の子のカップル(←想定外のハイキングコースに女の子はびっくりしていたはず…)などなど。全体的にひっそりとしたトレールのようでした。

もちろんワンコたちともすれ違ったよ〜。

途中のビュースポットで休憩。

Gusは新しい匂いがあちこちに溢れていて始終興奮気味。「キミも足が悪いんやから、はしゃぐのもほどほどにぃ~」と、犬にいったところでわかるわけもなし。

可愛らしい野の花もあちこちに咲いてたよ~。これ(↓)は何ていうのだろう? ラークスパーみたいだけど葉っぱの形が少し違っていたような。。。

かなり乾燥した傾斜にも咲いていた。一見、タフに見える野の花だけど、これを庭で育てようとしてもなかなかうまくいかないんよね。不思議。

えっちらおっちら登っていき、サミットの札が見えてほっとしたー。相方よく頑張ったー!

Bear Hillの頂上の岩の上からはHaro Strait (海峡)とその向こうの島々が見えた。

気持ちいい〜! で、へっくしょーんっ! 今年は寒い春には全然花粉症の症状が出なかったのに、今がつらいっ!鼻はむずむず、喉はいがいが、目はしょぼしょぼ…肌が乾燥するので避けていたのだけど、花粉症の薬(抗ヒスタミン剤)を飲みました。そして夜にはネティポットで鼻洗浄も。頑張ってのりきるのだー。

ネイチャーウォークは楽しい。夜は二人と一匹、ぐっすり熟睡でしたー♪

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪