葉月のはじまり

今日から8月!

朝夕に、夏が「そろそろおいとましましょかね…」と腰を上げ始めているのを感じる。行かないで~!夏っ!

我が家のあたりは大学近辺やダウンタウンに比べると2~3度は涼しい。朝も夜も、もう長袖を羽織っている。今年は6月が涼しすぎて夏野菜の種を植えたのが遅かったので、インゲンもズッキーニもトマトも妙に育ちが悪い。まぁ、土が痩せてきているのも大きな原因。来年はちゃんと良い肥料を足してあげないといけない。

夜も少し前までは9時半でもまだ明るかったのに、薄暗くなるのが早くなった。朝の光もやんわりとしてきた。寂しいなぁ。寂しさの一方で、「来年の春にはどこに何を植えようかな」とか「今年失敗したところをどうやって改善しようかな」とか、もう一年先のことを考えてわくわくしたりもする。

そしてそろそろ種の収穫開始。先週末はフォックスグローブ(白と桃色)とキンギョソウの種を集めたヨ。

今年はカレンデュラもたくさん咲いてくれたので、花びらを集めて乾かした♪ カレンデュラのオイルを作りまーす。このオイルはハンドクリームに欠かせない。

さて。庭の奥のスペースが只今ちょっぴり楽しい♪

毎年毎年、ここで野菜を育てようと頑張ってもうまくいかず、今年は思い切って花だけ(プラス、ケール)を植えてみた、というエリア。なんにもなかったところにゆっくりと花が育って色づいたのをみると、やっぱりとても嬉しくなる。ラークスパーとコスモスがずいぶん背丈を伸ばし、ゆらりゆらりと揺れている。手前ではカレンデュラが元気いっぱいで。

こういう風に花が混じり合っているゆる~い感じが、私は好きなんだな、と気づく。このラークスパー+コスモスと奥のフェンスの間に、歩けるようにスペースをとっておいた。Gusがようやく通り抜けるほどのせまいケモノ道になってしまったけれど、ここに立つとお花にまみれて包まれているようで幸せ。ほんの小さなスペースなんだけど。理由もなくただここに立ち、ひとり「うっふん♡」しています(笑)

うっふ~ん。

全部種から育ったもので一年草なので(多分)、来年はここをどうしようかなぁ〜と思いながら。

フェンスの近くなので、強い風に吹きさらされることもないからかな。こんな風に背が高く育ったけど倒れずにいてくれるの。去年も別の場所でラークスパーを育てたけれど、ここまで大きくはならなかった。同じ種なのに不思議です。

一応、ちゃんとケモノ道を選んで歩くGus。これも面白い。庭の奥のブラックベリーがそろそろ色づいてきた。8月だな。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

nomnomnom… にんじん編。

庭のニンジン。長い日数かけてようやく大きくなったものを、ネズミたちが片っ端からがじがじかじり始めたので全部引っこ抜いた。畑ボックスの中に植わっていたのは2週間ほど前に抜き、別のところにこそっと植えていたのも見つけられてしまったので、先週抜いた。

左下手前にかじられたのが写ってるの(↑↑)、見えますか?こんな風に、地面から3cm程をガジガジ食べてしまうネズミ。House Miceというネズミだと思う。

試しに「トラップ」を6つほど設置してみたら… なんとなんと、翌日、ネズミが2匹かかってた〜!脅しに仕掛けただけなのに、本当にひっかかって死んでしまっていたので、私もどきりとしてしまった。にっくき害獣とはいえ、死骸を見るのは楽しいことではない。その後二日ほど、場所を変えてトラップを置いておいたけれど、それ以降はひっかかるネズミはいなかった。私のメッセージは彼らにきちんと届いたかな。次はトマト目当てにやってくると思うので、またその頃に罠を仕掛けようと思う。

三分の一ほど食べられたニンジンを洗ってGusにあげた。

ぼくちん、にんじん、もらっちゃいましたよ。

本当に美味しそうにぽりぽりぽりぽり食べる。

ゆっくり時間をかけて、最後のひとかけらまで。良かったら見てクダサーイ。

こんな風にニンジンを食べるイヌをみたら、ニンジン嫌いのキッズもニンジンを食べてみようって気持ちになるかも! な〜んて思いながら、ぽりぽり食べ続けるGusの様子を腹ばいになって撮影したのでした〜。あはは。

今日はビクトリアも少し「むっ」とするような暑さでしたっ。また週の半ば頃から気温が下がるみたいだけど。7月もあと1日だもんね。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

初もの・ブルーベリー!

わーい♡

やっと旬のブルーベリーがお店に並んだ!

大好きなブルーベリー。毎年同じように紹介しているけど… 今年もまとめて二箱。一つでいいかな、とも思ったんだけど、見てみるとつぶも大きくて美味しそうだったので♪ あとで行ってなくなっていたら悲しいし。

一箱半は冷凍しちゃう。ブルーベリーは皮がしっかりしているので冷凍しやすい。洗って乾かしてジップロックへ。

嬉しいな〜。来週から10日間、お友達が家族で日本から遊びに来てくれる。彼女たちがいる間にもフレッシュなブルーベリーをたくさん食べてもらえると嬉しいな〜。

日向にいるとやっぱりじりじりとお日さまを感じる。でも私の住んでいるところは、今日も海からの冷たい霧を運ぶ風が吹き込んできた。昨日、散髪をしに久しぶりにダウンタウンに行ったんだけど、暑かったー(26〜27度くらいかな)。うちの辺りに戻ってくると、確実に3〜4度気温が下がるのを感じた。この冷たい風がありがたい。朝晩は薄手のトレーナーを羽織ってるよ。

朝、パンケーキに使ったバターミルクが半分残っていたので、使い切るべく(冷蔵できないし〜)、バターミルク・ブルーベリーマフィンを作った。いつもは冷凍ブルーベリーを使うので、生ベリーで作れるのは今だけ。火を通したベリーも好き。

赤と白のオレガノはミツバチたちでおおにぎわい。

さて。また新しい週が始まるね〜。7月ももうおしまい。ビクトリアは8月に入ると早々と秋の気配を感じ始める。空や光や雲が変わってくる。残り少ない夏色を楽しもう!

カナダのサービスというものは…

ブチ切れた~っ!!!

待ちに待った冷蔵庫の配達予定日(明日)が…

一週間先延ばしになったーっ!!!

あと、7日も待てってかーっ! うぎゃぁ~!!!

昨日、留守電に配達サービス係からメッセージがあった。
「配達予定の品物はバックオーダーのため予定した26日にはお届けできません。新しい予定日は8月2日です。」と。

ぬ、ぬ、ぬ、ぬぁんということっ?!

むらむらむらむらむらむらむらむらむらむら。。。。

でよぅ、一週間後に本当に届けてくれるのか?? 信用ならぬっ。今回は相方のヒューズも飛んだ。

で、二人して悪態をとばしていると、「お買い上げの冷蔵庫は明日配達されます。」というメールが届いた。

はぁっ? やっぱり届くの??

そのあとしばらくして、「お買い上げの冷蔵庫は8月1日の配達予定です。」というボイスメールが届いた。

Whaaattt???!!!

一体全体、いつ届くっちゅうねんっ!

わからないぃぃ~。 で、相方がサービスセンターに電話すると、たらり~ララ~たらたらり~ん♪ と待機中音楽が流れ、17分待たされる。ようやくでてきた女性の話によると、8月2日だという。New Date

そして、今朝また自動送信っぽいメールが届き:明日配達予定の冷蔵庫の配達時刻について、今日の午後4時から8時の間にロボコールをお届けします… と。

らちが明かないので、今日のランチブレークに冷蔵庫を買った某センターに行ったのでした。相方はカンカンに怒っていたので、私は「重り(怒りの鎮静剤)」役で付き添った。

まず一人目のカスタマーサービスセンターのお兄さんにぐわぁ~っと事情を説明した相方。憤慨。一度に不満コメントをどっさりと投げつけられてオロオロとするお兄さん。追い打ちをかける相方を片手で抑え、「とにかく。いつ、私たちの冷蔵庫が届くのか、はっきりとした日にちを教えてください。」と私。お兄さんは配達サービスセンターにその場で電話する。電話の向こうの人によると、「配達は明日です」とのこと。

じゃ、明日届くの? ささぁ〜っと怒りが解けて希望の光がさした。

そこへ、このお兄さんの一つ上のランク(っぽい)おじさんDがやってきて話に割り込んできた。オロオロするお兄さんを見ていられなかったのか、「ここは俺に任せろ」みたいな態度で、I can help them, no problem! と。それに対して、「No, You Cannot.」と、間髪入れずボソっと相方。Dさん、ふと余裕の笑顔を浮かべて、「私はこういうトラブルにしょっちゅう対応してるんですよ。電気機器配達のトラブルはよくあるんですよねぇ。…で、私が思うに、この冷蔵庫は明日届きません。」と。

はぁっ??? 届かへんのかいっ?! で、でも今、お兄さんが届くって…

Dさん彼(オロオロお兄さん)を信じるか、僕を信じるかはあなた達次第ですが… (Up to you、と言った!)

相方また切れかける(←血圧上がりすぎてるんじゃないかと心配する私)。

「どっちを信じるかあなた達次第って。。。なんちゅう答え。。。このおっさんD、調子のっとるな」と、私も切れかける。そこを抑えて、「Just Give us the DATE. 配達日だけを教えてくださいよ、おっさん。」。

「僕に任せて、君はもういいよ」とオロオロお兄さんを引き下げ 、私たちに向かって、冷蔵庫のメーカーに直接連絡をしましょう!とおっさんD。別のサービスデスクに向かう途中、おっさんDは、コレはメーカーのミスなんだよなぁ~みたいなことを言った。相方が「それも含めて君たちのミスだろうが。バックオーダーならバックオーダーで配達が遅れるかもしれないと、どうして買うときに知らせてくれなかったんだよ。わかっていたら別の製品を選んでたのに…」と言うと、おっさんD、振り向いてなんて言ったと思う?

「私にアシスタントをしてほしいのなら、きちんと私の言うことを聞いてくださいよっ!」 と、声を荒げる。

このおっさん、憤慨カスタマーの扱いを完全に間違っとるな… と呆れるわたし。相方は「マネジャーいるんだろ?」と憤る(…あらあら…)。おっさんD「いますよ。」。相方「マネジャーと話するから呼んでこい」。おっさんD「…(無視)」。

サービスカウンターでおっさんDはメーカーの配達係に連絡した。その人の話では、「8月1日」の「予定」なんだと。そ、予定は未定なんですよね~、みたいな言い方で。

もう、わたしは呆れ返って頭がくらくらして、「で、さっきちらっとあなたが言っていた、バックアップ冷蔵庫って?」と聞くと、おっさんDは嬉しそうに、「こういう場合に備えて、レンタル冷蔵庫があるんですよ、コレですっ!」と直ぐ側の冷蔵庫を指さした。

一昔前の小さな白い冷蔵庫。ぽつりん。

悲しくなるような古い冷蔵庫。

相方はもうノーコメント。

私が、「じゃ、予定の8月1日に冷蔵庫がまた届かなくてこの冷蔵庫を借りることになったら、その発送やレンタル料はあなた持ち、ですよね?」と念押しで聞いてみたところ。。。

「いえ、お客さま持ちですよ。」と、おっさんD。

What kind of service is it, (ass hole←これは言ってない)!!! と叩きつけた私。

相方が私をおさえ、レンタルなんかしねえよっ、と。おまけに「ここでは二度と大きな買い物はしねえよっ」と付け加えて立ち去ろうとすると。。。

「あらら、それは誠に残念でございまする~」と明るくおっさんD。。。。股関にケリいれたろか。

ぜーぜーはーはー、血圧がスパイクアップした昼休みでした。

と、いうわけで、もうしばらくはせっせと氷を作り続け冷蔵庫の温度を下げて、という暮らしです。あぁ。。。8月1日に届くのかなぁ。6日から友達がくるというのになぁ。

みなさんっ、カナダのHome Depotでの大きな買い物にはご用心!

*おまけ:気持ちを落ち着けよう。

ニューフェイスのバラです♪ モリニュー(Molineux)ちゃん。小さな小さな苗。一つだけついていたツボミが咲いた。大きくなぁれ。