海を超え

忘れないうちに、ぼちぼちと一時帰国の感想を書き留めておこうかな。

今回は一人での帰国だったので、前回のように東京周りではなく、直行で関空に向かえる便を使った。選択肢は一つ:バンクーバー・関空の直行便はエア・カナダのみ。エア・カナダのルージュっていうの。あぁ。。。エア・カナダ。

カナダの国際線を独占しているこの会社は、サービス改善や利用者に喜んでもらおうとする努力をしない。昔からそうで、今も変わらない。今回利用した「エア・カナダルージュ」はチケットが比較的安いって言われている。その理由は、絶対にあの「古い機体」にあると思う。座席の前にモニターはなく、シートもクッション地がぺったんこだし。肘掛けに付いてるボタンもすり減っているものがあり、何一つとっても造りが「一昔前」。ぼろい。今回、少し余分を払ってエコノミープラスにしておいて良かった!エコノミープラスのエリアはすいていて、私の隣は空席。二席使って足を少し伸ばすことができたものの。。。一つのシートのリクライニングボタンはこわれていて、95度くらいの角度から倒れず。二席前のひとの窓のシェルターは3分の2までしか閉まらず、ずっと眩しい光が漏れ続けていた。通路を挟んだ隣の人は、読書のためにライトをつけたかったみたいだけれど、これも壊れていてつかなかった。スチュワーデスさんは「あぁ、壊れているのね。一つ隣の席のは大丈夫みたいだから移動してくださいな。」と言っていた。よく、まぁ、このボロい機体が空を飛ぶものだ。

行きは11時間。出されたご飯は「なんすか、これ?」というようなもので、でも、何も持ち込まなかったので無理やり押し込んだ。一睡もできず。iPadにエア・カナダのアプリをいれていると映画を見れると聞いていたので、試しに見てみたところ、ほとんどの映画がカナダのもので聞いたこともない名前のマイナーなもの。面白くない。もっと映画をあらかじめiPadにダウンロードしておくんだったと後悔した。

ビクトリアからバンクーバーの20分のフライトで、隣りに座ったのは大阪弁を話すカナダ人だった。しかも、私のおばあちゃんが昔住んでいた最寄りの駅の近くに住んでいるらしく、自分も関空に向かうんだと言う。ちょっと変な大阪弁に、私はほとんど英語で答えていた。その彼が、日本行きの飛行機の進行方向右側の窓からみる景色が素敵だよ、と言っていた。

きれい。あんなところ、あんな僻地でも生活をしている人がいるんだな。

関空行きのフライトで学んだことを教訓に、帰りは:

  • セキュリティを通過したあと、おにぎりとお茶を買った。
  • 母に睡眠薬をひとつもらってきた。
  • モイスチャライザー付きのマスク持参。
  • アイマスク持参。

準備万端!

関空を飛び立ってすぐに見えた夕焼け空。この景色を見てすぐに、もぐもぐとおにぎりを2つ食べ、お茶を飲んで睡眠薬を半分。5時間寝た~!

9時間半~11時間の飛行時間でカナダと日本を行き来できる。長いようで短い。日本に降り立ってからの数日は、気持ちが着いてこない。上手く言えないけれど、心の中がもじゃもじゃとする。全てが日本語だから、ぼうっとしていても全て理解できるわけで、一度にどさりと情報が流れ込んでくる。そういうのの消化不良なのかな。家族や友達に会えて嬉しい、食べ物は美味しい、という感情とは別に、自分の中で置いてけぼりになっている部分があるような気がする。で、不思議と、言葉ではない「鳥の声」や「虫の声」が、妙に鮮明に耳に届く。とっても久しぶりに聞いた秋の虫の音(コオロギ?)が心地よかった~。嬉しくなって、「あっ!この声はセミ?!」って友達に言ったら、「蝉じゃないでしょう。。。」とつっこまれた。蝉とコオロギの鳴き声を間違えるほど久しぶりだった。帰って二日目に会った友達に、「帰ってきてどう?」と聞かれ、どうなのか上手く表現できなくて、「コンクリートが多いな。」って答えたっけ。今回は13日の滞在だったので、気持ちがいい具合に日本のペースに乗ってきた頃にまた「帰国」。

歳を重ねるごとに、家族に「ありがとう、さようなら」と言ってカナダに戻るときが辛い。今回も、妹二人と母が空港まで送りに来てくれたんだけれど、辛かった。いつも、今回こそは笑顔で「バイバーイ!」って言おうと思うのだけれど、「ほな、またね。」と言いながらうえぇ~んと泣いてしまう。歳、だよね~。

元気でいてくれる両親と近くでサポートしてくれている妹たちへの感謝の気持ちを抱えてビクトリアに戻ってくる。と、やっぱりほっとする。寂しさはあっても、心はもじゃもじゃしない。私には「このレベルの自然が、最低限必要なんだなぁ」と改めて思う。

一人で空を飛んでいるとそのときだけは、どこにも、誰にも、属していないような開放感を感じたりもする。そんなことないですか??たまに海を超えると色々と気づくし思うねー。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

子連れでペネロピがやってきた

土曜の朝。Gusと散歩から戻ってくると前庭を走り去っていく生きものあり。

???

Gusは「フガフガ」と猟犬モード。

???

裏庭に回ってみようと、扉の方に行くと。。。

はぁっ???

ペネロピだっ!!

二年前にここでも話したピーヘン(雌のクジャク、雄はピーコック)のペネロピのこと、覚えていますか?
ペネロピのお話→ココです

我が家から数分のところにあるご近所さんの庭に住み着いたペネロピ。温めていた卵をタヌキかカラスかフクロウに横取りされてしまい、寂しそうにいつもひとりでいたペネロピ。つい一ヶ月ほど前に、小さなクジャクを連れて遠くを走り去っていくのを見た。いつも見かけるのは決まったエリアだったので、うちの庭まで遠征してくるなんてびっくり!

高いフェンスにひょいと飛び乗って、裏庭にやって来たよ〜♪

ガウガウGusを家の中に放り込み、カメラを持ってそおぉっと外に出てみた。

しゃがんでみると、私のすぐ前をとことこと横切る二羽。人には慣れているのかも。

良かったね〜、ペネロピ!子供ができたんだね〜。首のあたりの色が濃いから男の子かなぁ。

きれいなきれいなペネロピ。坊やは好奇心旺盛で、あちこち走り回りたそうだったけれど、ペネロピがさささっと前に回り「離れちゃダメよ」のサインを出している様子でした。

気品を感じさせるお母さん。もうひとりじゃないね。良かったね!

クジャクのヒナって、どれくらいの間お母さんと一緒に暮らすんだろう。以前の話を知っているからか、私の目に映るペネロピはとても幸せそうで、なるべく長い間坊やと一緒に暮らせるといいなぁ、と願ってしまう。

遊びに来てくれてありがとう〜。

*おまけのGus

秋の葉のせたら。タヌキみたいでさ、「どろんぱっ」ってそのまま本当にタヌキになってしまいそうなGusでした。

時差ボケ解消法:秋の陽あびる!

帰ってきて3日。まだ時差ぼけでボケボケだけれど、とってもいいお天気なので、秋の光を眺めていると眠いながらもとても気持ちがいい。

仕事は今日から。同僚の一人に「日本に帰るとすぅっと日本語に切り替わるの?で、こっちに戻るとまた英語に切り替わるんだよね?」と聞かれ、「うん、そうそう。」と日本語で返事をしてしまった(苦笑)。そう、帰ってきてしばらくは、相槌なんかでぽろっと日本語が出たりする。実家では、犬に話しかけるときに英語を使ったりしてしまった(笑)。

庭のすみのコスモス。倒れても元気。

一日休みをもらった昨日は、日中、なるべくお日様を浴びようと、庭で少し畑の片付けをしたり、Gusと長い散歩にでかけた。いつもののんびり週末のように過ごした。庭は、いない間に降った雨とここ最近の陽気で、雑草ワンダーランドになっている。タイミングよく切って片付けなかった草花のこぼれ種が、ほぼ100%の確率で発芽して一面びーーーっしりサルビアとかヤグルマギクとか。それらに混じって根がどんどん横に広がる雑草たちも嬉しそうだ。すっきりさせるのにずいぶんと時間がかかりそうです。

今年はりんごの当たり年みたい♪ うちの老樹にも数年ぶりにちゃんと実がついてる~。今年は実が色づき始めてすぐに「狸対策」をしたおかげで、ちゃんとまだ木にぶら下がってくれている!わーい♪ 真っ赤になったものから落ちてしまい、落ちたものから狸かウサギに食べられるので、もう少しで落ちそうなのを集めることにした。

前にもここで紹介したけれど、うちの老樹のりんごはきっととても古い品種。しゃりっとしていて少し酸味が残る爽やかな甘さでおいしい。皮はちょっと硬いけれど。おとなりさんのりんごの木もうちに負けないくらいのお年寄りで、たっくさん実を落としてくれる。

でもこちらのりんごは実が柔らかくてクシャッとしていてあまり美味しくない(→コンポスト行き)。狸もこっちのクシャッとリンゴはあまり好きではないらしい。数かじりしてポイしている。。。口の肥えた獣たち。

GusもすっかりいつものGusに戻り、機嫌よく私と散歩にでかけた。

と。

丘に登る途中、一瞬草むらに消え、Gus~~!と呼ぶと「ぐはぁっ~っ」と笑いながら茂みから走り出てきた。「どこ行ってたーん?」と、Gusの頭をくしゃくしゃしたときに。。。

。。。

ねっとり。

うぎゃーーーーーっっっっ!!!!

う。う。う。うんちっ??!! 

こ、こ、この左手。。。

くっさい左手、どうすりゃいいのーーー?!

おろおろわなわなしながら左手をひらひらさせて丘の上まであがり、小さな水たまりを探して洗い落とした。

なんとか。。。

右耳、右頬にあやしげなモノをぺっとりつけてご機嫌Gus…

久々に「やられた感」を味わったのでした。2週間ぶりに戻ってきた私へのスペシャルギフトだったのかもしれない。あぁ〜、参った参った。

黒いのもトマト。

庭の(今年は不作だった)トマトも片付けたよ〜。

あと一日で週末!お天気続きますように。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ただいまっ!

約二週間ぶりに日本から戻りました〜。

ただいまっ、Gus!

私の日本での2週間(13日)は「あっ!」という間に過ぎてしまったけれど、お留守番の男衆にとっては長かったようです(苦笑)。帰る数日前の相方からのメッセージでは、Gusがちょっぴり「dog depression(イヌ鬱病)」っぽいから早く帰ってきて〜、とのことでして。。。全く、寂しん坊でこまったさん。3時半ごろ家に着き、そのまますぐにGusを連れて散歩に行った。とーっても気持ちのいい秋の午後。空気が軽くて爽やかだ。家についてホッとした。

Gusからもヘラヘラとした笑顔がこぼれて一安心。

庭にはオークの枯れ葉が落ち始めていて、熟れたリンゴもぽとりぽとり。

また、ぼちぼちと今回の帰国中での出来事や感想などをアップしまーす。

さて、今夜は早く寝よ。時差ボケ早くとれるといいな〜。