秋めいてくると。

雨がやみ霧がはれて秋の陽がさすと、気持ちがとろける。

朝晩ずいぶん冷えるようになり、今夜は暖房解禁。去年、友達に「冷えはよくないよ」と教えてもらったので、今年は早くもごっつい靴下を出してきてはいている。冷えは厳禁!でも、日本の実家のあたりの気温を見ると…週末はなんと30度!三十度?! えええっ? こちらは今朝は7度だよ。自転車通勤中の手が凍えてしまうほど。

ひんやりしてくると食べたいものも変わってくる。スープが美味しい季節です。日曜にはフレンチオニオンスープを作った。ココでも何度か紹介したことのあるジュリア・チャイルドのストレートなレシピ(→過去記事レシピ)。間違いなく美味しい。

週末、相方のカメラを借りて使う練習をした(最後の2枚以外は彼のカメラで)。SONYのRX100 IIというコンデジ。コンパクトなわりに使いこなせば幅広い写真が撮れるらしい。私の古いLumixGF2よりも小さいし軽い。携帯性があるから僕のを持っていけば?とすすめられることがあっても、使い方がよくわからなくて避けていた。土曜の朝、私がいつも朝ごはんの時に座るテーブルの上に、何気なく相方のカメラが置いてあった。で、手にとって外に出てリンゴを撮ってみた。彼が「練習しなさい」とそこに置いたらしい(笑)。フォーカスの仕方がよくわからない。もうちょっと練習してみようと思う。

冷凍庫に都合よく残っていたバゲットが半分♪ 解答してもカチコチだったけれど、チーズを載せてオーブンでトーストし、スープに浸すと柔らかくなって美味しかった〜。チーズはエマンタールです。

焼き果物が食べたくて。夏の間にせっせと冷凍したブルーベリーと、今スーパーに並んでいるネクタリンを一緒に焼いてみた。ラベンダーシュガーがまだ残っていたので、少しふりかけて、クイックタピオカを大さじ1半程入れてふやかして。40分ほど。

このコンビ、美味しい。

話は変わるけれど、Gusと歩いていたりすると、先日読み終わったマイケル・オンダーチェの『ディビザデロ通り』のシーンがふと蘇ってくる。ユニークな構成でストーリーそのものにも断片的な要素があったからか、ある1シーンやそこで感じた余韻がふと浮かび上がる。彼の小説はあの有名なEnglish Patientしか知らなくて、これが二冊目だった。文体が好きです。がつがつとしていなくて。そして、美しくて切ない。とても切なかった。読む人の心の目に、こんなにもハッキリと(Vividに)ある場面をを浮かび上がらせ、その場所・そのときに引き込んでしまう文章の力。すごいなぁ。

そして夜寝る前にはキンドルでフィンランドの作家のミステリー(というか、ちょっぴりサスペンス、かな?)をぼちぼちと。こちらは軽いし、眠たくなるまでの数ページ。こういうのを寝る前に読んでいるからか、最近何かに追いかけられる夢を見るのかもしれない。そうだ、先日は3人の男たちに追いかけられていた。追われることから恐怖心は感じていなかったものの、とてもイライラとして悔しかった。というのも。その3人の男が、ものすごくものすごーく「デブ」で、見るからに「おバカ」だった。というのに!何故か、私よりも走るのが早くて、私の行動パターンを読んで常に一歩先に回りこんで待っていた。息が切れるほど思い切り走って、絶対にもう大丈夫だろうと思って角を曲がったら、デブその一がそこでヘラヘラ笑って待っている。。。という。何でっ?!

秋は色々とものを思う季節なのかもしれないねー。 季節の変わり目。風邪にはご用心!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪