ゆるい庭記録と黄色ちゃん

7月も後半にさしかかると、裏庭はすっかり乾燥して芝は茶色くなる。春から賑やかに咲いてくれていた花たちはそろそろ終わりかなぁ。ちょっと寂しい。今年は特に乾燥してるのかなぁ~、と思って去年のブログを見てみると、同じ様な感じだった。7月~8月にかけて、乾燥しても元気に咲いてくれるお花がないかなぁ、って、去年も同じようなことを思っていたっけな。

で、只今の庭のハイライト。

黄色ちゃんが咲いてまーす♪ Radiant Perfume.

今年はつぼみのときにたくさん虫に食われてしまったので、外側の花弁にぷつぷつと穴があいていたりもするけれど、元気☆ 夜、薄暗くなった頃、庭に黄色い明かりが灯っているように見えてきれいです。

一季咲きだし、一斉に咲き始めるので、あっという間に黄色ちゃんタイムは終ってしまう。オレンジに近い黄色から開くに連れて薄く淡い色に変わっていく華やかさが、黄色ちゃんらしい。

記録。桃色ポピーたちは花の大きさは一回り小さくなったものの、まだ咲いている。ハーブベッドではオレガノが今ピーク。ミツバチたちに大人気です♪

庭の奥のベッド。種を植えたときはもっともっと日当たりが良かったんだけど、ヘーゼルナッツの木にしっかりと葉っぱが生い茂ると、半日影になってしまった。それでも、カレンデュラ、ラークスパー、コスモスが大きく育って元気。奥のフェンスにはスイートピーがはびこる予定だったんだけど、背丈が伸びずNG。土も場所も悪かった。ぎゅうぎゅう詰めなんだけど、案外その方が湿度(?)を保てるようでいいのかも。

半日(午前中)日陰ミックスエリアはこんなふう。↓↓

↑↑は日陰といっても、午後からは結構照りつける。こっちのフェンス沿いに桃色のバラを移そうかなって思う。実は、今日の帰りに小さな薔薇の苗を買ってしまった。えへへ。売れ残りですごく小さいんだけど、かわいいなって2週間ほど前から気になってたのです。今日、もしまだ誰にも買ってもらえずに残っていたら連れて帰ろうって決めてた。Molineux(モリニュー)という種類です。午後からでもしっかりと陽が当たる場所を選んであげよう。

あ、そうそう!ヨーグルトとアイスクリームの容器を使って氷をたくさん作り、死にかけの冷蔵庫にいれたら、なんとなんと10.5度まで下がった!感激〜。コレならあと6日、どうってことない!

暑さに負けないで〜。良い週末を!

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ひとりごと @ lunch time walk.

夏場は仕事がのんびりで、昼休みにはキャンパスに流れる春夏特有の穏やかな雰囲気の中をぶらりと歩く。7月に入ると「キッズサマーキャンプ」で賑やかになるのだけれど、子どもたちが走り回りながらあげるきゃーきゃーという声は、大騒ぎの小鳥たちのようで聞いていて楽しい。少ないながらも、サマーコースをとっている学生さんたちも、夏の光の中でめいめいにくつろいでいる。


そんなのどかなキャンパスを歩きながら、学生さんたちやキッズや緑や生きものをぼんやり眺めて、よく独り言をつぶやく。「つぶやくときは日本語がいいな」ってもごもごとつぶやく。普段、日本語を話すことがないので、こうして独り言をいいながら「自分の日本語の話し方ってこんな風だったっけな」と思う。英語だけの生活とはいえ、英語がどんどん上達するわけでもない。時々、自分の言語力は英語も日本語もなんとなく幼稚になっていっているのではないかと心配になる。

ポケットにスマホを持ち歩いているものの、散歩のときは記録写真(?)とパパラッチ写真(?)を撮るとき以外はいじらない。こんな気持のいい日に、スマホをもって斜め下に頭を傾けながら歩いている人たちを見るともったいないなぁと思うので。その人たちの分も私はきょろきょろしたり空の方を眺めて歩く。

今日もそんな風にして歩いていて、ふと目に入ってきた男の子(学生さん)。

スキンヘッドにぼうぼうの立派なひげ。ちょっと前までは(今もかな)、もさっとした熊のような髭面が男性ファッションでトレンドになっていたっぽい。髪も長めで束ねて、耳から顔の下半分をモサモサさせるようなスタイル。今日見たこの子は頭はつるつるだった。剃っているのか禿げているのかはわからず。

で。

ふと。「あのひげをばっさり切りおとして、まとめてつんつるてんの頭の上にのせたら… 面白いな。」と。

doodle marathon より。クリックで拡大。

こんな風に。

友達だったら「ねぇねぇ、ひげを切ったら、そのときは頭にのせてみてね。」ってお願いするのになぁ。

そのあと。キャンパスの真ん中の草っぱらを横切っていて、ふと一組のカップルが目に入った。

草の上に頭を寄せ合うようにして寝そべっていた男の子と女の子。ゆっくりと上半身だけをもちあげて近づき、ハグをした。しばらくその状態で抱擁。

doodle marathon より。クリックで拡大。

しっかし。すんごいぎこちないな角度でさ。「ありゃぁ、筋がおかしくなりそう。」とつぶやく。「でも。In Loveな二人だから、変な角度なんて気にならないか。」と。微笑ましいカップルだった。

キャンパスガーデンをぶらりと周り、あじさいチェック。

きれいだなぁ。青いあじさい、ほんとにきれい。うっとりだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

冷蔵庫のない暮らし

冷蔵庫が壊れちゃったのです。ふーべーんーっ!!

数週間ほど前から冷蔵庫から時折、ぽんっぽんっと弾ける音がしていた。けど、聞こえないふりをしていた。で、ある日、お野菜が妙にはやく駄目になっているのが気になりだした。ブロッコリーが4日ほどで変色したり。夕飯の残り物なども、2日ほどで怪しい匂い。冷蔵庫を開けたときの「ひんやり感」がない。。。

で、温度計をいれてチェックしてみたところ。。。

15.5度!

げっ?! これって冷蔵庫の温度じゃないやんっ!!!

どおりでどおりで豆乳なども妙に早くどろどろしちゃっていたわけだ。 や~ん(涙)

Gusも。。。そういえばここ数週間、私の作る犬飯への「食いつき」が悪かったし。お腹もよくこわしていたっ!ごめん、Gus~。 きっと半分腐ったのを食べさせられていたんだね~。ごめんごめんっ。ごめんね〜。

で。

週末は冷蔵庫ショッピングに行きました。日本のように色んなお店もないし商品のチョイスも少ないし、我が家の冷蔵庫スペースは小さくて限られているので、選ぶのは簡単。LGの冷凍庫が上に付いていてドアが片方から開くベーシックなの。

お店のおじさんに手続きをしてもらい、「で、いつ配達してくれるの?」と聞くと、「えぇ~っと、一番早い配達日は26日ですな。」と。

26日って、おじさんっ、10日後やんっ! あと10日も冷蔵庫無しで暮らせってかー?! と、私はかなり大げさに驚いてみせたんだけど、相方は「10日くらいどうってことないさ。」と涼しい顔。

まぁ。よく考えてみると、この冷蔵庫とも呼べない「容器」を冷蔵庫だと信じて、少なくとも数週間は過ごしてきたわけなので、いまさらプラス10日ごときにじたばたすることもないのだろう。

いやぁ、でも。気づいてしまうとメンタルにね… あれもこれも常温保存できないものを一気に消費しなきゃいけないし、買い物にいってもたくさん買っておけないし、腐っているっぽいものは全て処分して… 不便すぎる。昨日は卵一パックを全部、紅茶卵にした。

ところが、「冷蔵庫なしの暮らし」で検索して、どういうものが冷蔵庫なしでもどれくらい保存できるのか、を調べてみると、案外多くの食品が一週間は大丈夫! 卵は常温でも5日~7日ほどは大丈夫らしい(慌てて紅茶卵一ダース作る必要なかった…)。根野菜もオッケー。水分を多く含む葉野菜などはその日に食べる分だけ買う。不便なのは乳製品が駄目なこと。豆乳、牛乳はすぐに腐るし、こっちのスーパーの豆乳って大きなサイズ(2リットル)がほとんどなので、冷蔵庫なしでは殆どを無駄にしてしまう。ヨーグルトをキープできないのは辛いなぁ。今朝食べたのはすでに酸っぱすぎたから…明日で食べ切らないと。

まぁ、キャンプ生活だと思って10日間我慢しよう~。

何にせよ、あって当たり前のものが突然なくなると、不便さに気づくんだねぇ。私たちの冷蔵庫、10日後にちゃんと届きますように〜。

頑張って種を植えたけど、思ったほど上手く育たなかったスイートピーたち。土が悪かったかな。来年はもっとたくさん咲かせてあげたいな。大好きなスイートピー。夏の香りだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

nomnomnom… えんどう豆編

10日ほど。狸に食べられてはなるものかと。お豆(えんどう豆とそら豆)の残っている分を全部まとめて収穫したのでした。アップし忘れていたの、よかったら見てくださいませませ。

豆食うイヌ。

G:おまめさん。どれにしようかまよいます。

G:ぼくちん、これにする。

ぽりっ。

↑↑下の前歯が二本ないの〜。

ぽりっ。ぽりぽりっ。

G:あ。おまめさんこぼれた。

G:nomnomnomnom….

G:こぼれたおまめもちゃんとたべますよ。

G:おいちー。

G:もぅいっぽーん。

野菜は両手(前足)で上手に挟んで、くちゃくちゃとしっかり噛んで最後まできちんと食べる。かごの中からこそっと盗んでいくときは、ちょっと離れたところまで持って行ってゆっくりと食べている。毎年、毎回、すごく美味しそうに食べるので、私も同じように写真に撮ってしまうのでした。