「徳」を彫る

もう1ヶ月ほど前のこと。ちょっと不思議な夢をみた。

ブログのお友達のafricaさんへのコメントには書いたのだけれど、夢にafricaさんの旦那さま(パパさん)が出てきたのです。
私はafricaさんにまだお会いしたことないし、パパさんのことは、ちらりちらりとafricaさんが話されている限られた情報を寄せ集めて勝手に想像しているのみ。なのに、突然、とても当たり前のようにはっきりと私の夢に登場されました(笑)。

夢の中では、わいわいがやがやとみんなが集まっていた。一緒にご飯を食べていたかも(ポットラックみたいなかんじで)。私はごはんをつつきながらヘラヘラと他愛のない話をしていた。すると斜め前に座っていたパパさんが、私にぽつりと一言:「真剣に絵やイラストを描く仕事をすればいいんじゃないの?」って。で、「描くのは好きだけど、いつも描きたい気持ちがあるわけじゃないし、◯◯をテーマに描いてっていわれてそれに応えるように描けるかどうかわかんないです。好きなモノを好きなように好きなときに描いてるだけだから」って答えた。

そしたらパパさんが「それは全く負の連鎖だよ。そうでしょ?」って。私が答えに困って「はぁ。。。」ってもじもじしていると、パパさんが私にこう言ったのです。
という字を彫ればいいよ。全てはそこから始まるから。」って。

そこで目が覚めたのでした。

ちょうどこの夢を見たあたりに、africaさん一家はタイの小さな島を旅されていて、タイムリーにアップされていたブログにパパさんや息子くんも登場していたし、africaさんはゆっくりと流れる時間を使って木彫りをされていた。そのことがこの夢をみたきっかけだったんだと思う。でも、「徳」っていう字を彫れっていうのはかなりランダムな提案だった。

でね、言われたとおり彫ってみることにした。

海岸で流木のかけらを拾ってきて、昔々の彫刻刀を引っ張り出してきて。

徳という字は「てん書体」を選んだ。

週末に少しずつ。そして、先週末にやすりをかけた。

この彫刻刀ね、実は小学校4年か5年のときに父が買ってくれたもの。図工で木版画をすることがあって。6年の時にはお面を彫るのにずいぶん使った。わざわざ一本一本に名前まで書いてくれた。それからずいぶんたったし、引っ越しだってしてきたというのに、まだ持っている自分にびっくり。上海にいたときも、カナダで学生をしていたときも持っていた。でもこうして引っ張り出してきて実際に何かを彫ったのは…うん十年ぶりかも。切れ味もずいぶん悪くなっちゃってるんだけど、彫刻刀がこんなところで活躍(?)するとはねー。

相方が「何彫ってるの?」って聞くので、いきさつを説明したところ「ふーん。面白いね。ナイス。」って言っていた。私が、彫り上がったのを見せると、今度は「What Now?(で、どうするの?)」って。

Nothing. と答えた。どうもしない。

全てはここから始まる、のか?(笑)

instagramlogo

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

5月終わりの花たちとマンゴマンゴ

ぽっかぽかきっらきらの三連休でしたっ♪

今日なんて一気に20度を超えたらしい。通りで温かかったわけだ。つい先週までは数枚レイヤーを重ねてジャケット無しでは散歩に行けなかったのに、今日は半袖!こちらの人は晴れると一気に服をぬぎすてて、タンクトップ、短パン、ビーサン姿になってしまう。そんな人達を見て「いくらなんでも脱ぎ過ぎじゃぁないか?」って思っていた自分ですが。。。今日はあまりにも温かかったので… 私もノースリ+短パン+裸足で庭でごろごろしちゃいました。

5月ももうあと10日。例年よりも出足が遅れていた庭の草花も、今週末の暖かさにびっくりして飛び起きた感じ。記録に写真を並べまーす(多いです)。

一重のポピーは雑草並みにタフ。日陰を好むこの種類はどのポピーよりも早くに咲いてゆらゆらしている。黄色い器から朝日があふれそうです。

2番手のポピーももうすぐ開くよ♪

よくまぁ、こんなに重たい頭をしっかりと持ち上げていること。と、毎年感心する。大きな蕾から油紙のような花びらがふわぁ〜っと飛び出してくるのは魔法のようです。1日2日のうちに咲くよ〜。楽しみだな。

香りもなく面白みのないデイジー。あまり好まれない花だと思う。でもこの背丈が低く(30cmほど)茎が細くい種類は好きです。切り花にしてグラスに入れておくとなが〜〜いこと元気に咲いている。一つの苗なのに葉っぱと茎を広げて大きく場所をとっている。私が初めてNZでホームステイをしたときの、ホストシスターの名前がデイジーだった。5歳だったかわいいデイジーも、今はもう。。。え?計算すると…30近いのかー?! お母さんになってるかな♪

オダマキちゃん。この子たちもこぼれ種であちこちに広がっている。うちの庭に咲いているのは、この手のうすい桃色のと、紫の。

そして♪ 白いばらが咲いたよ〜!お隣さんの大きな木が覆いかぶさるように茂っていて、その木に今年はいっぱい虫がついているせいか、白いばらちゃんの花びらがところどころ食べられている… ツボミにはアブラムシはついてなかったんだけどな。

植え替えたライラックもちゃんと咲いてくれた。ほっ。ヘーゼルナッツの樹の枝の影になっているので、一日十分に陽が当たるところに植え替えてあげたほうがいいのかな。ライラックは日向を好むんだもんねー。

さてさて、週末はマンゴな気分だった。

マンゴがスーパーでいつもよりも安かったから、という理由もある。マンゴプリンを試してみたよー。

古い「かんてんクック」の箱が出てきたので(←大きく賞味期限切れだけど、ゼラチンだから大丈夫!よね?)、それにのっていたレシピを参考にして。お湯で溶かしたゼラチンにマンゴ2個半分のピューレとココナッツミルクと砂糖を加えただけ。あっさり、さっぱり、マンゴとほんのりココナッツの風味がいい感じで美味しかったー。

でね、残っていたマンゴで「マンゴラッシー」も作った☆ お家ヨーグルトと豆乳とマンゴのみ。レストランなんかで飲むのよりも、ずっと濃厚。氷を加えて薄めてもいいらしいね。マンゴとパパイヤなら、生で食べる場合は私は絶対に「パパイヤ派」なんだけど、こうして飲み物にするのなら絶対マンゴだねー。

爽やかなビクトリアの「夏」を感じた気持ちのいい3連休。やっと思い切って冬服を全部片付けて、夏のシャツなどと入れ替えたっ。このまま春・夏気分を楽しませてくださ〜い♪

今シーズン初のバンブルビーのパパラッチ。これから忙しくなるねっ!

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

生物時計チクタク

物忘れの話をしたのでもうひとつ。「こりゃ絶対に歳のせいだな…」っていう変化のこと。

小さな字がぼやけるぅ~!

これはもう、「きたきたきたっ!これかっ!」のリアライゼーション。特に、スーパーで買い物していて裏に明記されている原材料表示をチェックする。これがぼやけるのです。しばらくじーーーっと見ていると焦点があって読める(今のところ)んだけど、以前に比べてボヤボヤしてきているのは明らか。私の目は近視に乱視が混じっていて、普段は片目に乱視調整のコンタクトをいれている。コンタクトを外してメガネを使っている方が小さな文字はよく見える気がする。老眼への「はじめのだいい〜っぽ」かぁ。これがどんどん進むとメガネが2ついるようになるのかなー。めんどくさい。文字を目から離せば見えてくる、んだよね?

と、ふと、あのセルフィースティックの先にモノを挟んで字を読んでいる自分を想像してしまった。

それから、ここ最近、頻度が増しているなぁって感じる変化がもうひとつ。

夜中に足が熱くなる~!

経験したことありますか? 体全体が「ほてる」こともある。20代30代は足先が冷たくて困ることがよくあり、今もそれはあまり変わらない。変わったのは、すっかり深い眠りに落ちてから「かーーーっっ!」と足が熱をもち、熱くてたまらなくなって目が覚める。熱い足を冷やそうと、冷たいスポットを探して相方の方に足だけが出張してしまい、時計の針のようにベッドの上でぐるぐる回ったり…

布団を思い切り蹴飛ばして足を冷やしたり。

こんなに熱いのにでも手で触れると案外普通なのです。で、布団から出して冷やすでしょ、ですぐにまた寒くなって布団をかぶる。

コーネンキショーガイのひとつかなぁ。私の母も同じように夜中に突然「がばっ」と布団を蹴飛ばしたり、お腹にだけ布団をかけて足は外に出していたりしてました。。。(今もしてそう)。
気持ちはまだ30代前半なんだけど(もう、20代とは言いません)、生物時計・体内時計は確実にチクタクと休まず時を刻んでいるのだなぁって実感する。いつまでもフルのバッテリー容量を保つことはできないんだなぁ~って。ま、歳を重ねて体に変化が出てくるのは、それはそれでいい。ただ、夜中に何度も「足がアツアツ」で目がさめると、日中眠い。

こんな私のために、特別な靴下があればいいのになぁ。センサーがついていて、足の(皮下の?)温度が上がってくると冷やしてくれる靴下。そして冷めたら自動的にOFFになるようなの。設定温度を決めておいてもいい。今の技術だったら商品化できそうだよねぇ~。

まぁ、色々あるわなぁ~
って思う今日このごろ。今日から8週間で週一のランチタイムヨガ(1時間)に参加することにした。気が向いたときにだけ自分でする30分のヨガとは違い、今日のは「効いた」。膝裏とかアバラとか鎖骨のあたりとか、気づかないうちにかなり固まっていたみたい。午後は気持ちよく疲れてしまって、グレッグに「膝が笑ってるわ(my knees are laughing)」と直訳して言うと、英語にはそういう表現がないので何のことだかよくわかんなかったみたいでした(笑)。

生物時計が気持ちよくチクタクのリズムを刻めるように、できる努力はしていかないとなぁ、と思います。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

Gusの足と私のもの忘れ

あぁ、今日もとっても寒かった。肩こるぅ〜。写真は週末の晴れ間に収集したものでーす。写真でお日さま見ないとやってられない。

今年は意外にたくさん花をつけているりんご。

昨日、Gusを別の獣医さんのところに連れていって足を診てもらった。

結論からいうと「伸びていただけのじん帯が完全に切れてしまった」との診断。切れたじん帯は、手術しない限り良くもならないし戻ることもない。Gusを寝かせて、切れている場合は膝の関節が微妙に動くのだ、というのを見せてもらった。1〜2ミリ、ずりずりと動いていた。自分の目で確認してしまうとすごくショックで、何もわからずヘラヘラわらっているGusを見ると悲しくなってきた。

とても良い先生で、40分ほど色々とオプションを説明してくれた。でも、最終的には私たちが決めることだと。で、結論から言うと「手術しない」でいくことにしました。Gusが5歳とかだったら手術させていたと思う。でも10歳だし、切れてしまっても残っている両側のじん帯と筋肉がしっかりとしていれば、普通に散歩はできるって。

ぼくちん、だいじょうぶ!

できなくなることは、ボールを追いかけて走り回ったり、飛び回ったり、ということ。リスクは、大丈夫な方の足への負担、悪い方の足の関節炎。人間でも同じ症状で手術せずに普通に生活している人もたくさんいる、って聞いた。ので、このまましばらくは安静にして足の腫れがひくのを待つことにします。先生の話では、切れた直後は痛かっただろうけれど、痛みは徐々になくなってびっこをひくのもほとんどわからなくなるよって。とにかく、常に痛みを我慢しているというのではないと聞いて安心しました。

小鳥。胸をはって一生懸命歌ってる。

ゆっくりと獣医さんの話しが聞けて、自分の質問も聞いてもらって、私も気持ちの面でずいぶん楽になりました。

で、話は変わるのですが。。。こちらで生活していると漢字が書けないことなんて「ザラ」です。もう、どんどん忘れていっているようで怖い。

読んで理解する分には問題なくても、読めない漢字もでてきたりするし、言い回しを忘れてしまったり…

で、週末、ふと頭のなかで日本語で何かを考えていたときのこと、「あれ?あの単語なんだったっけ? えー。。。線路の渡るところにあるの。。。」

え? まじ、忘れた? こういうときに相方が日本語を話せたら聞けるのに、聞けない。英語に全く同じモノを意味する単語があればいいのだけど、それも思い浮かばない。やばい。

で、妹にメッセージいれたのでした:よっちゃん、あの線路にある「カンカンカンカンって鳴るの」、なんていうんやっけ?

「え? 踏切のこと?」

そーだーっ!フミキリっ!!!

はちどりさん。

実に情けない。こういう基本的な単語が「ふっ」っと消えてしまって出てこなかったりすると、かなり焦ります。焦るよね?

歳かなぁ。(と、何でも「歳」ですませるのもよくないな。。。)

頭の体操しなきゃ。何かいい方法・オススメの方法があればおしえてくださーい。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

お母さんといっしょ。

Gusと朝の散歩の途中。

道の脇で「わさわさっ」という羽の音。

見ると… 鴨のお母さん登場。

よくよく見ると… 石の壁沿いにちびっ子たちがぞろぞろ。い、い、いっぱいいるっ!

おかあちゃんっ、どこーー???

おかあちゃん、おかあちゃん、おかあちゃん、おかあちゃん、おかあちゃんっ、

まってまってまって〜〜〜っ!!!

(Gusのリードを短く持って、私はすっかりパパラッチしてました…ごめんね…驚かしてしまったかも)

おかあちゃん、子どもたちにお説教中。

母:毛むくじゃらの4本足と2本足のケモノには要注意っ!わかったっ?!

わかった。わかった。わかった。わかった。わかった。…

数えると12匹の子どもたち。みんなひとかたまりになって、お母さんのあとにぴったり。

ご近所さんの裏庭に向かってます。こんな小さな子どもたちにとっては、こうやって道を渡るのも大冒険。この時期はお腹をすかせたハクトウワシやフクロウ、百舌鳥や鳶もいるのだから、お母さんも気が気じゃないはず。

お母さんのそばを離れちゃダメだよ〜。12羽の子どもたちがみんな大きく育ちますように。

Happy Mother’s Day!

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪