若返りの水、ハンガリアンウォーターを仕込んだ〜

アロマセラピーのレッスンを受講している友達から「ハンガリアンウォーター」の作り方を教わった♪ 実は何かのきっかけでこのハンガリアンウォーターについて読んだのが2ヶ月ほど前のこと。英語ではQueen of Hungary’s water。ヨーロッパで最初のアルコールベースの香水として知られ、文献に記録されているのは14世紀の終わりごろなんだって。現存の一番古いレシピは、ローズマリーとブランデーが基本の材料で、その他にラベンダー、ミント、セージ、マジョラム、オレンジブロッサムやレモンなどが含まれていたみたい。

この記事を読んだ時にとても気になったんだけど、レシピにも色んなバリエーションがありどんなアルコールを使えばいいのかいまいちよくわからなかったのでそのままスルー。 で、タイムリーにお友達から「ハンガリアンウォーターを作ったよー」って聞いたので、是非レシピを~!とお願いした。先週末、わくわくしてハーブ屋さんで材料調達!

ハンガリアンウォーター

ローズマリーはいっぱい家にあって、既に乾燥したものがあるのでそれを使った。

ハンガリアンウォーター

作ってみた~。

ハンガリアンウォーター

教えてもらったレシピは日本語で「ハンガリアンウォーター」で検索すると出てくるものとほぼおなじ。液体に使うのは蒸留水(ミネラルウォーター)と無水エタノール。コチラでは無水アルコールっていうのがドラッグストアで手に入らない様で、70%のRubbing Alcohol で良いと教えてくれた♪ 代わりにウォッカ(度数が30%以上のもの)でもOKなんだって。1ヶ月ほど直射日光の当たらないところに置いて、ときどき揺するんだって。

英語のレシピを見ていると、液体に使われているのはオーガニックのリンゴ酢。これを日向に2~3週間置いて、できたものを濾して、ローズ・ウォーターやウィッチヘーゼルウォーターで1:1の割合で薄めて使うんだって。ハーブが余っていたのでコチラのバージョンも少量だけ作ってみた。

ハンガリアンウォーター

どちらもまずはパッチテストをして肌に合うかどうかをみてから使うこと、だそうです~。楽しみだな~。

ローションネタで、もう一つ。

私がここ数年、洗顔後に使っているのがこの「Thayer Lavender Witch Hazel」のローション。

thayers

値段もお手軽(1300円程)なのでばしゃばしゃと使って、その後まだ顔が少しローションでぬれているときに「ソンバーユ」をぬる。今年のはじめ、別の化粧水を妹にもらったので、このセイヤーズ・Thayersのトーナーを使うのをやめた時期があったのね。すると、数日のうちに肌にぷつりと吹き出物がでてきた。
こちらで「ローション」というと、日本のようなモイスチャライザーというよりも、クレンジング目的の「トーナー(Toner)」であることが多い。乳液なんて見かけないもん。モイスチャライジング効果のあるクレンジングトーナー、という感じ。なので、洗顔をした後に、また「クレンジング」する必要ないやん、と、使うのをやめたのね。そしたらぶつぶつ。

妹にもらったのが肌に合わなかったのかもしれないけれど、またいつものこの「Thayer 」に戻ったところ、たちまちすっきり。サイヤーズのトーナーはどれもアルコールフリー。原材料もとてもシンプル。
蒸留水、オーガニックアロエベラ、植物性グリセリン、蒸留していないウィッチヘーゼルエクストラクト、ラベンダー、フラワーウォーター、グレープフルーツ種エクストラクト、Vitamin E Acetate、Citric Acid.

ハンガリアンウォーターが出来上がるの、楽しみだな〜♪

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

若返りの水、ハンガリアンウォーターを仕込んだ〜” へのコメントが 12 点あります

  1. 久しぶりにコメント〜 ^ー^
    実は、ローズマリーウォーター作ろうと思って、 アルコールも精製水も買ってあるの〜 ハンガリアンウォーターって知らなかった! で、材料みたら、全部うちにある! (ドライにしてある! ローズマリー以外 ローズマリーとセージはブッシュで溢れるほど一年中あるので、あえてドライにしてない)  やってみる〜〜〜〜  なるべくお金をかけずにあるもので日常生活サプライできないかな〜 と思ってて。 今年はカランジュラオイル、セントジョーンズワートオイル、 カランジュラチンキを仕込んだところなの。   
    庭にレモングラス(これ、ネットにあったレシピ)喪あるし是非真似するぞ〜 

    • tomさん、コメントありがとう♪
      おぉぉ〜っ! 同じものを作ろうと思ってたのね〜!tomさんもアルコールベースのものを作る予定なんだ。
      だよね、tomさんのお庭には使えるものがたっくさんあるし、実際にお茶やチンキにしているんだもんねえ。オイルとチンキって何が違うんだろ?? カランジュラのオイルやチンキは家にあると便利そうでいいな〜って思って見てたんだよ。
      使ってみたらまた感想を聞かせてね〜♪

  2. ハンガリアンウォーターは
    香水ではなくて化粧水なのですか~
    ハーブが入って お肌に良さそうですね。

    私は アロエ化粧水だけ使っています。
    庭先にアロエも植えているので
    自分でも作ったことがありますが
    面倒なので 今は葉を細かくちぎって
    そのまま頭皮につけたりしています。
    なんだか す~っとします。

    • nonさん、おはようございます。
      香水として使われていたこともあるみたいですよ〜。ハーブを使ったアロマには憧れるのですが、「分量を計ってどうこう」というのが性格に合わないのか… どうも勉強してみよう!っていうところまでは夢中になれないんです。でもこうして友人に教わると、やってみたーいって思うんですよね(笑)

      アロエ化粧水、私も昔使ってましたよ! こちらではみかけません。それで今はこのThayersのシンプルなトーナーを使ってます。
      シンプルなのがいいですね。アロエは火傷にもきくし、家にあると助かるプラントですよね〜(うちでは育たない〜涙)

  3. papricaさ〜ん!
    Thayer Lavender Witch Hazelはどんなお店で取り扱いありですか??
    今度主人が仕事でヴィクトリアに行く時にまとめ買いしてもらいたいので、教えてくださーい!!
    こっちのアマゾンだと、最低でも4千円くらいするのー。
    ぼりすぎだよねー。

    • ゆきさん、おはようございま〜す!
      あら、ゆきさんもThayersに興味ありなの?? 地味なものだから知っている人は少ないと思ってた〜。えっとね、私は初めはハーブのお店で薦められました。絶対に肌に負担をかけないよ!って。
      今は普通のドラッグストア(Pharmasaveっていうの)で買ってるよ。あと、ダウンタウンのビタミンストアなら絶対に手に入るはず。The Vitamin Shop っていうお店。あとは「Self Heal Herbal Solution」っていうお店とか。4千円って、まじでー?! 信じられない〜!!!

  4. こんにちは〜!
    ハンガリアンウォーターなんてあるんですね。初めタイトルを読んだ時は飲み水なのかと思ってしまいました。papricaさんはいろいろな情報に詳しくて、読んでる私も勉強になります。
    何でもそうなのかも知れませんが、シンプルイズベストですよね。良いと言われているものを何でもかんでも詰め込んだ高級化粧水よりも、自然に近いものの方が体に優しい気がします。
    また出来上がったら使用感など教えて下さい〜

    • ayatingさん、おはようございます!
      あははっ。飲水? 確かに「仕込む」とかいうと、なんだか特別な飲料水を作ったみたいですよねー。
      ローズマリーがわんさかと庭に茂っていて、それを使ってなにか作れないかなーって調べていたときにこのハンガリアンウォーターについて読んだんです♪ ネットって便利ですよね〜。
      作ったものが肌に合うかどうかは、試してみないとわからないけれど、何が入っているのか知っているというのは安心です。私の顔の肌だけは妙に敏感なので、私が付けて大丈夫なら妹なんかが試しても大丈夫かなー、なんて思ってます。ギニーピグの私。またリポートしますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*