ふくよかなモデルさんを前にすると。

土曜の朝、眠い目をこすりながら「Figure Drawing」のドロップインに行ってきた。最後にドローイングしたのは半年以上も前になる。

dropin
painting studio

9時半からなのだけど、とても人気のあるドロップインで9時過ぎに行ったら既に半分以上のスポットが埋まっていた。自分の場所を確保してから、ビジュアルアートの建物の別の部屋をぐるぐる見て回った。最近の学生さんはどんな創作をされているのかなーって。でも、残念ながら、ほとんどの平面作品は棚の上にしまわれていて見ることができなかった。

仕事がなくて悶々としていた頃、よく週末もここに来て一日過ごしたっけ。自然光は限られているけれど、ライティングがしっかりとしていて天井が高くて、ここにいると自分だけになれるような空間。

さて。昨日のモデルさんはとても「ふくよか」だった。ぽってりと。こういう女性のモデルさんは初めて。今まではスリムな女性か結構筋肉質な男性だったから。英語で言うと「Fat」ではなくて「Voluptuous」でしょうか。このセッションを担当しているワークスタディの学生さんが、セッションの始まる前に「今日のモデルさんは初めてなので、皆さん優しくしてあげてくださいね。」って。

oct29lifedrawing1
左上から時計回り:2分、2分、5分、10分(だったかな)。

半年ものブランクの後、白い紙にむかうと「びびる」。怖い。でも、このモデルさんの持っている雰囲気のせいか、一旦手を動き出すと大丈夫になった。不思議なもので、彼女がとてもふくよかで「柔らかい」雰囲気だったもんで、私の手も柔らかくふわふわと動いた。形の捉え方とか陰影とかバランスとかはハチャメチャだったのだけれど、気持ちはすぅ〜すぅ〜っとほぐれていって「これでもいいや」っていう風な。そんな感じ。

そう。筋肉質な男性の時は、何故か自然と私の手にも力が入ってしまい、チャコールやコンテから粉が吹くほどだった。このモデルさんは新米さんだっていうけれど、私はとても好きになった。

oct29lifedrawing2

裸、なわけだけど、いやらしくは見えない。ふくよかな女性ってこんな風なのだなぁって、「いいなぁ」って感じていた自分。

結構短い時間で(2分、5分、10分、20分)ポーズが変わるので、私は描いているときに全体像をよく眺めるということをしていない(するべきなのだと思う)。隣の人たちは、鉛筆を目の前にもってバランスなどを確認しているのがちらちらと見えるんだけど。終わってみて描いたものを眺めてみて思ったのは、私はモデルさんの「顔」にはあまり興味がないみたい。これもモデルさんによるのだけれど、ふくよかな彼女を見ていると、その柔らかな曲線がとてもきれいで「肌のたるみ」とか「ぽってりとした肌の上の陰影」ばかりに惹かれていた。

oct29lifedrawing3

午後にやりたいこともあったし集中して少しつかれたので、最後の20分+30分セッションの前に引き上げた。

来週末もまた頑張って早起き。。。しよう!

明日はハロウィンだ〜☆ そして11月。はや〜い!! 良い一週間を!

 

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

ふくよかなモデルさんを前にすると。” へのコメントが 2 点あります

  1. 素晴らしい作品たち。肩の周りもぽってりと厚い体形の人なんだろうね。
    ワタシもこういう体形だよ。
    ワタシがおばぁちゃんになってカメラを持てなくなるまでに
    1度でいいからヌードモデルさんの写真を撮らせてもらいたいなぁって思います。
    そんな機会がもしあったら、ワタシもきっとモデルさんの顔にはあまり興味がないのかもなぁ。
    やっぱり体のラインや質感に集中すると思う。
    あとね、papricaさんがこの教室でチャコールを走らせているpapricaさんの手元(と作品)を撮ってみたい。
    構図的には奥にモデルさんを配置出来たらサイコーだな。

    ビジュアルヌード・ポーズBOOKというのが売れていると読んだよ。
    ワタシ的には、Figure Drawing References というWebサービスも美しくておススメ。

    • a-ki_laさん、おはよう♪
      優しいコメントをどうもありがとう。とっても久しぶりに大きな紙に向かうのは正直とても怖かった。びびりだから、私。でもモデルさんのおかげですぅっと緊張している自分がほぐれていったよ。
      だよね、だよねー。写真をされていたらヌードモデルさんを撮ってみたいって思うよねっ。その気持ちわかるなぁ。被写体の何に惹かれるか、どういうふうに切り取ってどんな風に「表現して」「魅せたい」か、っていうのって、写真とスケッチに共通しているのかもネ。きっとa-ki_laさんもそうだと思うけど、撮っているときって、自分と被写体だけの空間に浮遊しているようにならない? 他のすべてが目にも気持ちにも入ってこない状態。
      a-ki_laさんに撮ってもらう自分ってどんなのなんだろう。照れくさいけど興味津々。いつか機会があったらどうぞよろしくお願いします。
      Figure Drawing Referencesっていうウェブサイトかな?探してみるね!

      あ、そうだ!ときどき覗かせてもらっているa-ki_laさんのお友達(hiyoさん)のところの集合写真をみたのー。この人がa-ki_laさんかな?って思う女性あり!つやつや黒髪のショートでしょ? 朗らかで優しそうな笑顔!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*