15年ぶりの The English Patient

週末に「The English Patient」を見た。映画館で最初に見たのは…1996年。

当時、ずいぶん話題になった映画でした。一緒に見た友達の中には、この映画そのものに恋に落ちたかのように、本を読み、映画も繰り返し見たという子もいた。15年前の私には、正直「ああいう形の情熱的な恋(人妻キャサリンとイングリッシュペイシェントの燃え上がる恋←彼が全身大やけどをして記憶を失う前の話ですネ)」がよくわからなかった。15年経って見てみると、ほんの少し印象がちがうかな。

と、少し期待をしましたが、感想はよく似たものだった。

  • イングリッシュペイシェント役の「ラルフ・ファインズ」は、白いシャツがよく似合う
  • キャサリン役の「クリスティン・スコット・トーマス」はなんて女性的なんだろう
  • ハナ役の「ジュリエット・ビノシュ」、大好き
  • キャサリンとラルフが情熱的に恋に落ちた瞬間から、それが自滅的なものであることが明らか
  • キップがターバンをはずして髪を洗うシーンが美しい
  • キップがハナに壁に描かれたミューロを見せるシーンが暖かい
  • 最後に洞窟で一人寂しく息を引きとるキャサリンの孤独と恐怖を想像するだけで、理由がどうであれ、彼女をそんな場所に残して行った彼に憤りを感じる
  • ハナがイングリッシュペイシェントを死なせてあげる最後のシーンに言葉を失う

2度目に見た、今回の方が、細かなところまでをじっくりと楽しめた感じがした。

それから、映画の中で流れている、ハンガリーのフォークシンガー「Marta Sebastyen」のこの曲。

[youtube http://www.youtube.com/watch?v=p5FvpgiRqB0?rel=0&w=460&h=375]

この曲を聴くと今でもたまらない気持ちになる。

*おしらせ*
365記事ありがとう企画は、7月5日を締切りといたしまーす。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
↑ 頑張れ!とOneクリックしてもらえると嬉しいです。いつもどうもありがとう♪

“15年ぶりの The English Patient” への4件の返信

  1. 私も好きな映画です。
    また妙なトコが印象に残っていて申し訳ないんだけど(笑)、ジュリエットビノシュの脱ぎっぷりがいいな、と。

    も一回観たくなりました。

    • ぷっ。脱ぎっぷりがいいって。確かにそうやったけどや...(彼女のおっぱいの大きさにちょっとびっくりしてました、ワタシ)。
      みんなそれぞれ印象に残っているシーンがちがうのって面白いねー。
      あの映画を見たあと、髪の毛に「オリーブオイル」をぬったらつやつやするのかなと思って、密かに試したのでした...てかてかになりました。
      観てみてくださーい。また違った印象を受けるかも♪

  2. 二回見て、、、、
    日本で見て、アメリカで見て。
    何か、何とも言えなく好きなのが
    BAGDAD CAFE 
    挿入曲の Calling You を聞くと、、、
    あの、嫌みのない甲高いサビの所
    “♪ I~ I’m calling you~”
    をきくと、なんだろう、、
    キュ〜ンとなっちゃいます。

    あと、、、
    ショック〜だったのが、
    THE LAST TEMPTATION OF CHRIST
    何か、見終わった後、一人ボーゼンとしてしまった。
    いまGaGaちゃんの、”Judas”見るたびに思い出しちゃいます。

    そん次ショックだったのが
    BORN ON THE FOURTH OF JULY
    アメリカでね〜、ノーカットでね〜、ぼかしもなくてね〜
    年下のルームメイト(fresh man vs. 私22歳)が、連れて行ってくれたんだけど
    私のショックな顔を見て、大ウケでしたよ。

    • へぇ〜、てー坊さんには、なんだか素敵なつかしの映画にまつわる思い出があるんやねぇ〜。いいなぁ。
      THE LAST TEMPTATION OF CHRISTは観たことないな。じーざす関係はあんまり観てこなかったからなぁ。よかった?
      今度探してみよーっと♪
      てー坊さんは、長いこと留学されてたの?その当時の思い出も重ねて思い出されるよね。
      私は学生時代は貧乏だったので、映画館で観ることってあんまりできなかったんだけどね。一度、日本人の友達とマティネで「カマストラ」を観たよ。観ましたか?
      昼の日中から、えっらい濃いsexシーンでさ、マイルドに悪いことしている様な気持ちになってしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*