100枚の絵を描くプロジェクト・3枚目

ブログのお友達の umiさんが、少し前に「100枚の絵を描くプロジェクト」を紹介されていた。umiさんはまだ小さな赤ちゃんのいるお母さんで、きっと自分の時間というものを作るのもとても難しいのだろうけれど、絵を描いたり、文章を書いたり、展示にいかれたりワークショップに参加して彫刻されたり、限られた時間の中でとても積極的に、でも無理のない範囲で「想像・創造」されている。その姿勢が素晴らしくて、いつも刺激をもらっている。

umiさんが「横尾忠則さんの言葉」(下に引用)を味わい思いついたのが、100枚の絵を描くプロジェクトなんだって。

「絵は1枚描くと1枚出来る。描かなければ1枚も出来ない。もし100枚描くと、描かなかったはずの100枚の絵が見れるんだから、やっぱり描こう。陽の目を見ない絵が身体の中にいっぱいあるらしい。それが出たがっているはずだ。」

 

その通りだなぁと思う!

なぁんとなく「吐き出したいなぁ=表現したいなぁ」という思いはあっても、具体的に何を?となるとなかなか手が動かないことが多い。去年は半年ほど「一日一描」をやっていた。主に線描で。あのときはああいう気分だったんだと思う。今年に入ってからはその「気分」が薄れてしまい、ただムズムズした感覚だけがくっついてまわっていた。春先まで、このムズムズ感に焦りさえ感じていた。でも何もできずにいた。どうやってリズムを取り戻せばいいのかわからず、「sketch everyday」なんて言葉で検索してみる。するとよくあるのが、365の単語のリストにそって、とにかく列挙されているものを1から順番に毎日描くのだ!というもの。リストにあげられているのはかなりランダムで、「好きな道具」「木の葉」「感謝しているもの」「朝ごはん」などなど。提案されるのはいいのだけれど、気持ちがのらないので続かないし楽しくない。「やらなければいけないタスク」になってしまう。

瞑想をするようになってしばらくたったころ、それほど焦らなくなった。ムズムズ感も柔らかくなってきた(これが瞑想の効果かどうかはわからないけど)。で、umiさんのこのプロジェクトのお話を読んで、毎日じゃなくても、描いてみて100まで枚数を数えるのなら続くかも!と思った~。

で、これが昨日の3枚目。デジタルもありということにしたヨ。

Doodle Marathon にもアップした:experiment: japanese anemone

花を描いたのは初めて。まだまだ使いこなせていないタブレットで、デジタルだけど無機質になりすぎないように、絵の具だったらどんな風にしたいかなぁって思いながら。ほこりをかぶっているサブ・ブログ「Doodle Marathon」の方にアップしているのは、大抵、目(頭・心)に浮かんだものを描いているので、写真を参考にして描いてみたのも初めて。

ぼちぼちと。100枚描けたらいいな。100枚目に到達するまでに、「こういうのが好き」「こういう風にしたい」っていうのが見つかれば嬉しい。マイペースで数えていこう。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

“100枚の絵を描くプロジェクト・3枚目” への10件の返信

  1. わぁ〜素敵な絵! デジタルでこんな風に描けるんですねぇ。使ったことないから、言われなかったら、色鉛筆と水彩とアクリルを駆使して描いたのかと思っちゃう。大好きな白のお花ですね。papricaさんの大好きが伝わってくるよー。

    こんな風に紹介していただいて、嬉し恥ずかし♪ 
    100枚の絵プロジェクトの仲間ができて嬉しいです!
    ぼちぼちと100枚目指して頑張りましょうね〜♪

    • umiさん、おはよう〜。
      どうもありがとう♪ 夜に絵の具を出してきて…となると、億劫で「出して終わり」になりそうなのよー。その点、デジタルは取っ付きやすいね♪ 絵の具で紙に描くっていうプロセスから得られる「あの特別な感じ」はないけれど。自由にどんどん色を使えたり、レイヤーで重ねて差し込みを入れられるのはデジタルならでは、かなぁ。まだよくわかんないのです。なのでお試し。
      umiさんも同じプロジェクトをされているんだなぁ〜って思うと励みになるよっ。ぼちぼちと、ひとーつ、ふたーつ、と数えて続けていけたら嬉しいなぁ。
      楽しいプロジェクトをシェアしてくださってどうもありがとう!

  2. 面白いプロジェクトですね。(^^)/
    100枚ですか~
    う~ん
    私は何十年も日本画を習っているので
    全部合わせたら それくらいになるのかなあ?
    置き場がないので できるだけ ゆっくり描く様にしているけれど
    それでも年に数枚描いてしまいます(笑)
    ただのペーパーだったら良いのですが 油絵のキャンバスくらいの
    幅があるので 保存が大変です。

    • nonさん、おはようございます!
      面白いでしょう? 何かひとつ「指針」みたいなものがあると、どれだけ時間がかかっても続けていけるかなぁと思って、参加しました!って宣言しちゃいました。言いっぱなしにならないといいのですが。nonさんは日本画をそんなにも長くされているのですね〜。生活の一部、nonさんの一部になってしまっているのでしょうね♪
      わかります、キャンバスがどんどん溜まっていくの。うちのベースメントにも眠ってます…日本画は全てキャンバスに描かれるのですね。また見せてくださいね!!

  3. なるほどなるほど~^^
    そうですよねw
    身体ン中から出たがっているものを出して
    あげるのがイイですよね♪
    確かに、タスクになったら詰まらんもんね。
    良い言葉聞きました^^
    私はいっぱい写真撮ろう~っと(^▽^)

    • ぽとすさん、こんばんわ♪
      上手く言葉では表現できないけれど、ムズムズすることがあるんです。何かが欠けているような、バランスがとれていないような。内側から自然に流れ出てこないと嬉しくなれないような「もの」です。だからタスクにしちゃったら意味がないんです。ぼちぼちと楽しみながら外に出していけたらいいな、って思います(続くかなぁー)。
      そうですねっ、ぽとすさんは写真でぽとすさんの独特の世界を表現されていますよね!いつも楽しみにしていまーす☆

  4. 素敵な絵だ〜。
    papricaさんの色彩感覚、好きだなあ。

    ムズムズ感と焦り…すっごく良くわかる。
    というかまったく同じ!
    私の心を見透かされてるのかと。笑
    形にしたいけど何から始めて何を形にしたいのか分からない。
    でも何かを表現していきたい。
    そんな思いがずっとあったんだけど、目的がないとなかなかできなくてね〜。
    そもそも目的とかそういうものにこだわりすぎてたような。

    100枚描いたら何かが見つけられそうだよね。
    私もやってみようかな♪

    • harubocchanさん、一緒にやろうよっ!
      こないだ買ったタブレット、使ってる?? どんな感じ?? 
      ムズムズ感+焦り、わかってくれる人がいたなんて、嬉しいよぅ。から回っている感じなんよね。
      harubocchanさんは、お仕事そのものがクリエイティブでしょ? ま、お仕事となると、自分で表現したいものをしたいように表現できるわけではないけれど、でも、想像して創造するでしょ? それ、羨ましいよ〜。
      私の仕事は言ってみればカスタマーサービスだし、コンピューターだし、普段の生活の中で「何かが欠けている感」がついてまわるの。
      harubocchanさんは、物語を作るのもすごく上手だし、スキルもあるのだから、また絵本を作成されるとか? どーお?

      100枚プロジェクト、私のはものすごくランダムになりそう(笑)。 一緒にやろうね〜。うふふっ。

      • 100枚プロジェクト、10分間で仕上げる!を目標にやってみたいな。
        私はちっちゃなところにこだわりすぎて作品に時間かかりすぎるのでそこを是非とも改善したい。。

        タブレット使ってるよん。
        でもね、やっぱり手描きの良さを出すのは難しいね。
        私はペンツールがあれば描けちゃうイラストが多いから事足りるけどね〜。
        まだまだ勉強不足って感じ。

        • harubocchanさん、こんばんわ♪
          「10分間で仕上げる!」、すごいぞっ!! 小さなところにこだわるの、だめ? それもharubocchanさんらしさのひとつ、じゃない? 
          でも、そうして何かひとつルール・指針みたいなものを持つのはいいことだよね。森のなかを歩くときのコンパスみたいな、ねー? わかるわかる。私はいつも歩けなくなるか、迷子になってます(汗)。
          あー、そうそう、そうよねー。手描きの味をデジタルで表現するのは難しい。それもよくわかりますっ。
          harubocchanさんはペンツール使いこなせちゃうんだね!すごーい! 私は使えません…コツを掴めば滑らかにかけるようになるって聞くけど… ダメです。なのでいつもブラシツールで。えへへ。
          harubocchanさんの作品、楽しみにしてるよっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*