鴨肉のロースト with オレンジソース

週末に、とってもひっさしぶりにお友達を夕食に誘った。いつも私たちを豪華なディナーで迎えてくれる人たちなので、一体何を作れば良いのかね〜…って困ってしまうのです。で、これまたとっても久しぶりに、鴨肉をローストすることにした!

相方も私も鴨の肉は大好きぃ♪ おいしいよね〜。うちでは鴨肉をローストするときは、相方の古い「フレンチクックブック」にのっている「Roast Duck with Orange Sauce」レシピを参考にします。
*興味のある方Julia Childのフレンチクックブック

鴨肉のロースト

この本ね、いまどきのレシピブックとは、レシピの紹介の仕方も違っていて古臭いのデス。字ばっかりだし。計量はOZ(オンス)だし。何でもかんでもカップ計量に慣れてしまっている私にとっては、めんどーでしゃーない。

鴨肉のロースト

それに。全部読まないと、ちゃんと作れないんだよ。斜め読みなんかしたら、大失敗するよ(過去に何度もやりました)。

さて、メンドクサイのは料理本だけじゃなくって、手順もとってもややこしーし時間がかかるー。んもぅ〜、コレは楽しいレシピじゃなくてサイエンスの教科書やわ〜、とブツブツ言うのは私で、この本が出たらやたら張り切るのが相方。彼がメインシェフで、私はスーシェフ。

さて。作りたいのはローストした鴨肉にリッチなオレンジソースをかけた一品。鴨肉は「ピンク色」に仕上げるべし。鴨のお肉は全てが「赤み=ダークミート」なんだけど、胸肉はもも肉に比べるとデリケートで、火が通りやすい。これをまるごとローストすると、どうしても胸肉が「ウェルダン」になっちゃう。

そこで。今回は胸を切り取った。

鴨肉のロースト

招待するのが二人だから、これで十分かな、って思ったんだけど、相方が「コレじゃ、絶対に足りないっ。」と、別に胸肉のみをあと二つ買ってきた。自分の作るオレンジソースはめちゃくちゃ美味しいから、多めにお肉がある方がいいんだ、っていうのが彼の理由でした。ほほぅ。

細かいレシピは全部書かないけど、この決め手のオレンジソースを作るために、鴨が一羽必要なのです。ソースのベースになるダックストックを作るのに、鴨の首や内臓がいるからだそうです。この首と内臓をこげ色がつくまで炒めて、お野菜と一緒に煮てストックを前日に作っておきます。ストックを作るための液は「水」ではなくて、これまたホームメイドの「チキンストック」。確かに、出来上がったダックストックは、とっても濃厚で、それだけでも十分に美味しいスープにできそうだったよ。

オレンジソースの味付けは、生のネーブルオレンジの皮。

鴨肉のロースト

んもぅ〜。スーシェフ、チミチミ作業、頑張ったよ。

コレをブランチして(お湯に通して)苦味を取り除きます。一方で、相方はバルサミコ酢と砂糖を煮詰めてカラメル状のベースを作り、その中に、前日作っておいたダックストックを加えていた。

鴨肉のロースト

レシピでは、バルサミコ酢ではなくて、赤ワイン酢でした。きれていたのでバルサミコ酢で。で、ストックを加えた後、アロールートの粉を水で溶いたものを加えてとろみをつけ、その中に、オレンジジュリアンを入れます。オレンジソースは、ココで終わりではなくって〜。最後にサービングする前に、温め直し、その中にローストした鴨肉からしたたり落ちる「旨みの汁」(油ではなくて、濃い茶色い液状のもの)とバターとコニャックを混ぜるのだー。めっちゃカロリー高いし…

さて、ローストの方はというと、手羽肉ともも肉の部分はオーブンで1時間ちょっと。胸肉はキャストアイロンのフライパンをあつあつにして、皮を下にしてじゅじゅーっと焼き色をつける。それを、低めのオーブン(120度くらい)に入れてフィニッシュ7分。

。。。という訳。スーシェフ、泣きそうでした。やって来たお料理上手のお友達も引きずり込んで、最後の仕上げをやってもらったし…

でも、でも☆ みて、この美しい焼き上がりの鴨肉のお胸〜♪

鴨肉のロースト

パーフェクトだ。

よっしゃ、切れーっ、切れーっ!今が食べごろ、切れーっ!

鴨肉のロースト

どっちゃり、胸肉。むふふ♡

もう、ここまできたら後は食べるべし。

あんなに時間をかけて作ったオレンジソースのフィニッシュの写真がありませぬ。あれ〜。

鴨肉のロースト

食卓についたら、ヘトヘトで。イモとお豆がメインやーん、の写真しかとれてないし… あれれ〜。

でも、すんごいすんごい満足なおいしさだった!レストランではこんなにたくさん、鴨のお肉食べれないし、こんなに柔らかくないもんね。相方ご自慢のオレンジソースもとっても濃厚で奥行きのあるおいしさだったよ。さすが、フレンチクッキング!

ごっちそうさまー。

*参考までに:使った料理本は「Mastering the Art of French Cooking by Julia Child
Mastering the Art of French Cooking, Volume I: 50th Anniversary

今日もご訪問どうもありがとう。↓↓ぽちっと One Click嬉しいな♪
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

“鴨肉のロースト with オレンジソース” への14件の返信

  1. ピンク色の肉の切り口、香ばしそうな焼き色の皮・・・、これは見るからに美味しそうですね~。食べたいと、本気で思いました。

    • TR1964さん、おはようございます!
      でっしょぅ〜? 美味しそうでしょう? 美味しいのですよ〜。
      鴨のお肉には独特の旨みがあると思います。レストランではここまでたくさん食べれないので、とっても満足でした!

  2. 鴨肉大好きです。
    近くだったら、ネギじゃなく木箱入りで12年物のバルサミコ酢をもってお呼ばれに行くのになぁ。ちゃんと料理のお手伝いもする。食べるのはもちろんだけど、スーシェフがいて一緒に料理するのも楽しいだろうな。

    • asoboさん、おはよう〜。
      鴨のお肉って美味しいよね〜。幸せだったぁ。
      12年もののバルサミコ酢?!うわっ。それって、とろ〜っとしていて味が深いバルサミコ酢だね。勿体無くて使えないよー。
      ほんとにお手伝いしてくれる? なら、是非〜。
      一緒にお料理は楽しいんだけどね、台所がもう少し使いやすかったらなぁっていつも思う。カウンタースペースがもっと広くて、明るくて、ガスのストーブトップで…って。
      宝くじが当たったら台所造り直すよー!

  3. ジュリア・チャイルドか。
    クラッシックだね。
    この本いまもずっと売られてて、買うかどうか時々迷う自分がいます。
    ヘビーな正統派だってわかってるんだけど、こういうのきっちり作るのもいいもんじゃないか、としみじみ思ったりするのです。

    二人だとスーシェフは小間使い状態になっちゃうね。
    がんばったかいあって、とってもおいしそう!
    ジル君が苦手だからほとんど登場しないけど、鴨はあたしも大好き。
    オレンジソースとの組み合わせも大大好きです!

    こういうのみると、またジュリア・チャイルドの本欲しくなっちゃうな。

    • レモンさん、おはよー!
      そうだよ。彼女の本なんだよね。相方がむっかしむかしに買ったもので、かなりボロボロしてます。
      あのジュリア・チャイルドの映画が出てから、彼女の料理本が新しくなってたよね。北米人向けに「カップ計量」で書きなおされたバージョンもあるもんね。
      うん… これ読むたびに(そう、「読む」んだよ、「目を通す」じゃなくて)、フレンチクッキングのこだわりをひしひしと感じるよ。
      めんどくさがりの私にとっては、気合い入れないと向かい合えないレシピばかりだけど、頑張って作ってみると、ハズレはない。

      うん、相方と料理するときは、私はいつもスーシェフだよー。それでもいいんだけど、ジュリアのレシピでスーシェフやらされると、泣きそう。
      レモンさんならジュリアの本をもってても値打ちがあるよ。サンタさんにお願いしよう〜♪

      • Julie&Juliaはちっともおもしろくなかったけど(ごめんなさい)、制覇しようっていうJuliaのブログは知ってました。他のレシピ本でも同じような企画をやってるブログがちらほらあって、そういうブログは大好き。

        • 同感〜。あの映画、典型的な軽いハリウッドものだったよね。最近、メリル・ストリープが出ているのはもう見たくないよ。おんなじ様な感じだし。
          他のレシピ本で試している人たちがいるんだね〜。またオモシロイのがあったら教えてねん♪

  4. こんばんは^^
    料理の本が教科書みたいっって…(笑
    オンスとポンドの計算は、私わかります!!
    ナゼかですね、ボウリングのボールってポンドとオンスで
    今でも表されてるんですよー(私のボールは15Pです☆)
    それを、kgに直して表記したり…って長くなりましたけど(笑

    papricaさんの相方様はお料理もされるんですね!!
    男子の料理はナゼか美味しいんですよね~頭にきましけどっ
    そしてオレンジソースのお写真が無いという(笑
    胸肉の写真だけで、大満足ですけどね~^^
    柔らかさと、ジューシーさが口の中に広がってます…ごち!!

    • フォレさん、こんにちは!
      オンスとポンドの変換、わかるのねぇ。いいなぁ。この料理本で使われているのは、重さはオンスでカサはパイント。
      ポンドとカップしか使わない私にとっては、めんどくさくってねー。
      うん、相方は料理するときはするよ。ものすごく気合いいれて。。。料理をするのには、人それぞれやり方とかリズムとかあると思うんだけど、私のそれと彼のとは違うからね。黙って横についてお手伝いするのも疲れたりするんだよねー。
      でも、この鴨肉はおいしかった。がんばった甲斐がありました!

  5. なんという豪華さ!
    日本では鴨はよっぽどの高級店に行かないとすべて冷凍肉だし、
    街中で食べる鴨そばなんか薄っぺらいのがホンノ少し。

    まずは、カッティングボードの上から直に摘まんでいただきたーい♪
    自慢のソースがかかってる完成形もちゃーんと見えるよ。
    いいなぁこんな夕食に呼ばれたい。

    • a-ki_laさん、こんにちは~。
      あははっ、ありがとね~。私も、今度は「鴨のディナーに招待されたい」わっ。
      確かに、レストランで出る鴨のお肉って、ほんの少しだし、火が通り過ぎていたりっていうのが多いよねぇ。
      まるごと一羽料理して思ったんだけど、チキンと比べると、お肉の部分が少なかったよ。
      これを作った2日後に、近くの公園の池でDuck達が泳いでいるのを見かけたんだけどね、きっと私の目、狼チックだったと思う。
      君たち、おいしいよね…って思いながら見つめてしまったもん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*