風吹く夜に

10月とは思えない温かさだね〜。と、挨拶がわりに何人かの人と声を交わした。でも日が暮れてしまうと、この時期特有の海からの風の音が聞こえ始めた。今も窓の外で木々の葉が風をあびている音がしている。これって、今シーズン初のストーム? 木の枝が折れてごんっと屋根に落ちる音が何度か聞こえた。

夕空 on October 21

典型的なブルーグレーの空。夕方、4時半頃。

今日は一つドキュメンタリーを見た。中国の双子の孤児が二組のカップルにひきとられ、別々に育てられて再会するというストーリー(→☆参考まで)。一組の夫婦はアメリカのカリフォルニア州から、もう一組はノルウェーの小さな漁村から。どちらの夫婦も、自分たちの娘となった赤ちゃんに双子の姉妹がいることはもちろん知らされていない。赤ちゃんをひきとった翌日、それぞれの娘に新しい服を着せて書類の手続きに行くんだけど、信じられないのが、ノルウェーの夫婦とアメリカ人の夫婦が赤ちゃんのために用意してきたワンピースが全く同じなの〜。部屋に集まった大勢の親子の中で、「全く同じお洋服だわ!」と声を掛け合ったところ、抱いている赤ちゃんの顔もよく似てる。もしかして双子? 。。。という、運命の絆としか思えない様なストーリーの始まり。全く違う文化、環境で、そして全く違う親に育てられた二人が6歳になったときにノルウェーの小さな村で再会するのね。英語とノルウェー語で話したくても話せないもどかしさあるものの、走りまわって笑い合ってはしゃいでいるアレクサンドラとミアの様子からは、言葉の壁を超えた強い絆を感じた。二人がまた別れなければならないシーンでは、目頭が熱くなってしまった。 検索してみると、こういうケースって幾つかあるみたいです。双子の中国人の孤児が全く別の人生を歩み、何かのきっかけで再会する、っていうの。アメリカにいる一人がYoutubeに自分のビデオをアップし、それを見た誰かがFacebookで「あなたにそっくりの人がここにいるのよ」とロンドンからコンタクトをとり、そのロンドンでデザイナー(だったかな?)をしていた一人が実は双子のもう一人だったっていうの。

理屈では説明できないこと、巡りあわせっていうものって、あるんだな、なんて思いながらしみじみとしてしまった。

小さな感動というとこのワンコのビデオも。

ペットと飼い主の関係を超えた信頼関係を感じて、じーんとしちゃったよ。。。こう、不意に目頭が熱くなるのは年齢のせいかも。

instagramlogo

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

“風吹く夜に” への6件の返信

  1. こちらもずーっと暖かな秋だったのに、昨日からお天気が変わり始めて夜にはちょっとした嵐。
    そして今朝起きたら空気がぴーんと冷たくて、冬になってたよ。春ってゆーっくり来るのに、冬は転げ落ちるような速さでくるんだよね。1日で空気がスッポリと入れ替わった感じかな。

    フィルム、最初はハラハラした〜。ワンコと人間というよりも、なんか強い絆で結ばれた「仲間」だね。良いな、ワンコ。

    内容は少し違うけれど、双子のドキュメンタリーを見た事あるよ。
    違う環境で育っていても、不思議な事に強い見えない縁のようなものがあるんだね。
    人間って、自分達でわかっていない事や力がまだまだたくさんあるような気がする。

  2. こんばんは!
    現実は、小説よりも奇なり
    なーんて言いますけど、偶然とも必然とも言い難い出来事がたくさんありますね~
    出来れば、幸せに慣れるような出来事がいいですね(^^)
    こちらは明日は15度くらいまで下がるようで
    12月なみだそうです(>_<)

    動画拝見しましたよ!
    動物モノはずるいですよね~絶対泣きますよ
    私のハムスターも、私を信頼してくれてますかね(笑)

  3. 昨日の夜は風がすごかったね!びゅうびゅうふいてて、なかなか寝付けなかったよ。

    双子って不思議だよね。身近にけっこういるのですが、双子間のエネルギーっておもしろい。あとよく知らない人から見るとすごくよく似てる双子でも、よく知ってる人から見ると当然まったく別の人なんだよね。大人になっても間違えそうなくらい似てる双子って、本人達が故意にそうしてるのかなーって思っちゃう部分あり。なんだか話しがそれましたが。

    あと2日。がんばろー

  4. ドラマなら よくありそうですが
    実話となると じ~んときますよね。

    私も友人・知り合いに ツインの方はいますが
    お互いどういう感じなのだろう?と不思議な心の世界ですね~

    私は
    数年前に
    見知らぬご近所の方から「お稽古で一緒でしたよね~」と話しかけられ
    滅多に行かない駅のホームでも
    「学校の同級生でしたよね~」と言われました。
    これって・・・ ( ̄□ ̄;)

    実の姉とは ちっとも似てないのですけどね(笑)

  5. 霊感ないし、信仰もないし、霊の存在やらUFOなどなど目に見えない事に信じる方ではないけど、
    小さいことから大きいことまで巡り会わせや偶然って絶対あると思うんですよねー。
    うんうん。

    蜘蛛ね、大きいのいるよ。
    一度、家の中で発見して獲得失敗したマットと一緒に大騒ぎになったことある 笑。

  6. 犬のビデオ、凄い、感動した。
    でも、高所恐怖症のぼくは死ぬほど怖かった。
    時々見るエンパイアステートビルの夢をまた見そう。
    ぶるぶる・・・
    死ぬほど怖い夢!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*