雨上がり 秋の印ちらほら

今日は朝からどしゃぶり+強風。トマトの覆いもぶっとばされた。「ツール・ド・ビクトリア」のレースがあり、海岸沿いを雨の中サイクリストたちが走っていた(らしい)。道路脇で応援する人たちの喝采とカウベルの音が聞こえていた。ご苦労様です。

昼過ぎになって雨がやみ、Gusを連れてぶらりと散歩に〜。

ビクトリア 秋

古い展望台のある丘にて。ここも一応、Regional Park。岩肌の丘があるだけなんだけど、とても見晴らしがいい。ここでは鹿もよく見かけるので、気を付けないといけません。たくましく育った牡鹿は、攻撃的に成り得るから。

まとまった雨が降った後には、コケとシダが一気に潤う。

ビクトリア 秋

潤ったばかりの緑は、どんよりとした空の下でも光っている。

ビクトリア 秋

ついこの間までからっからだったのに、一雨降るとこのとおり。不思議でしょ。コケが柔らかくてね、小学生の男の子の丸刈りみたいで。ついつい手のひらをのせてしまう。

どんぐりたち。10日ほど前までは、まだ緑色していたのに、もうほとんどが「かさ(?)」から落ちてしまっている。

ビクトリア 秋

最近よく、りすが直立不動で道の真中に立っていたりするのをみかける(→doodle☆)。リスたちって、どんぐりも食べるんだっけ?

ビクトリアの秋

G:いろんなにおいがする〜。たのしい〜。

秋分の日を過ぎると、あとはどんどん日が短くなり、ビクトリアでは雨の日が増える。曇天も続く。長いどんよりとした冬に、気持ちがずんずんと滅入ってしまわないように、曇天雨天の楽しさも見つけなきゃいけません。

ビクトリアの秋

夏の弾けそうな鮮やかさとは違って、秋の色には抽出されたような深みがあって好き。ブログをやっていなかったら、こんなに頻繁に写真もとらないだろうし。日常で写真をとらなかったら、どんぐりの帽子がこんなに可愛らしくてオシャレなことにも気づかないだろう。見てくれる人がいて、好きなようにまとまりのないことを吐き出せるこのスペースに感謝です。

私がベンチに腰掛けると、Gusも隣に腰掛けて、笑ってた。

ビクトリアの秋

時々、本当に「この犬は話しだすんじゃないか」って思う。

庭の夏野菜、まだ頑張ってるよー。トマトは10月初めには全部収穫だなぁ〜。緑色でも収穫してしまわないといけません。ズッキーニも…まだ頑張ってるけど、雨が多くなってくると、ナメクジが増えるし、花が咲いても受粉しないし。

ビクトリア 畑

今年は紫陽花がきれいだった〜。また紫陽花のまとめをしようと思ってます。

黒い軸の紫陽花は、今年は全体的にピンク色。シーズンの終わりに咲いている花の中には、半分ピンク色で少し青みがかっているのもあってきれいです。

黒軸あじさい

さてさて、また一週間。忙しくしていると、一日、一週間、一ヶ月があっという間に過ぎてしまうね〜。9月もあと残り少し。はやいっ!

良い一週間を〜☆

*Doodle Marathon update: *upright squirrel staring at me* →☆

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
今日もご訪問どうもありがとう。
←ぽちっと One Click嬉しいな♪

“雨上がり 秋の印ちらほら” への16件の返信

  1. ヴィクトリアの秋って天候はあまり良くないようですね。「天高く馬肥ゆる」じゃなく「雲低く牡鹿いきり立つ」ですか。写真と天気の関係って両極端で、例えば雲間から日が射してくるまで何時間でも待つのもありだし、曇りでも雨でもその条件下で絵にするのもありです。コケとシダは光が当たるといい絵になりそう。その辺りアジサイの季節は秋なんですか?Gusは表情で語っていますね。楽しい1週間を。

    • Nakagawaさん、こんにちわ!
      去年の秋は、インディアンサマーと言って10月半ば頃まで気持ちのいいお天気が続いていたんですよ。夏らしい夏ではなかったので、去年は秋に入ってからのほうが気持ちが良かったです。今年は最高の夏だったので、ま、雨の秋も仕方ないかなと思ってます。
      Nakagawaさんって詩や俳句をされるんでしたっけ。時々書かれる文章からそんな印象を受けました。そうです、雲低く牡鹿いきり立つ、ですよ~。たまに遭遇するとびくともせずに、こっちを睨みつけてきます。恐ろしや~。
      苔とシダの緑は曇っている時ほど光を放つように思います。あじさいの季節はもう終わっているのですが、植わっている場所によっては、まだ咲いていますよ♪
      表情で語るGusは、表情でおしゃべりです。

      • インディアンサマー知ってます。トロント出張の時タクシーの運転手が教えてくれました。詩、俳句は全く素養がありません。季語の要らない川柳は自分のブログで時々披露します。その英語版とでもいう「6 words」もかってやったことがあります。

        • Nakagawaさん、こんにちわ。
          今年はどうやらインディアンサマーではなさそうです〜。今日もずいぶんひんやりとしていて、朝の自転車通勤にはレイヤーをひとつ増やしました。
          川柳、素敵ですね。そうです、英語の6Words、最近聞きました!それ以外にも面白いルールのある詩があるみたいですよね。また川柳、紹介してくださいね♪

  2. Gusちゃん、喋り出しそうだね、本当に。
    もし、話せるとしたら第一声は何だろう? 🙂

    今、ここから見えるドングリの木も同じようにドングリの実がたくさん♪
    リス達が運動会のように走り回ってます。

    ↓お団子、美味しそう!この粉だけで作ったことがあるけれど、
    豆腐入りなら体にも優しそうだね。
    絹ごし豆腐が手に入ったら作ってみるね。ありがとう!

    • Sachieさん、こんにちわ~。
      でしょ? Gusもきっと話したいんだろうな、って思うときあるよ。顔をじぃ~っと見ている時に「Gus、Speak!」って言うとウッフウッフ!って答えます(笑)
      もし話せたら… 「くっきー!」「ちょうだいっ!」「バナナ!」あたりのボキャから出てきそう…

      やっぱりリスってどんぐりを食べるんですねー。この辺りには、どんぐりの木がたくさんあるから、さぞかし忙しいことでしょう。
      Sachieさんのベランダにやってくるリスは、赤くって可愛らしいもんね。この辺りのは灰色なので、時々「ドブネズミ」と間違えたりするよ。あはは。

      このもち粉って、どこでも売ってるんだねっ! うん、お豆腐が手に入ったら、試してみて~。一丁使うと、この袋の半分弱の粉を使うよ。
      豆腐を減らして、少しかぼちゃの潰したのを混ぜて、オレンジ色のお団子を作っているのを見たこともあります~。美味しくできますように☆

  3. Gusちゃん、多分もう少ししたら喋るようになりますよ。
    2本足で歩くようにもなるかも 笑。
    私もいつもアストロにそんなこと思ったりしています。
    いやー、もうすぐ9月も終わりですね。
    さっき、他の方のブログでハッとしてしまいました。
    今年が終わるんですよ、もう。
    どうしよう、、、。

    • きー。さん、こんにちわ〜。
      あはは、2本の足で歩き出して、好きなことを言うようになったら困ります。
      あ、でも、そういう技ができるようになったら、TVに出して一儲けさせよう〜。あはは。
      アストロちゃんは「つぶやき」そう。ひとりごとを言いそうな顔してる〜。かわいいねぇ。いつも楽しみにしています!

      そうそう、そうなのね、もうすぐ9月が終わり、そうこうしているうちにクリスマスがやってきて年が明ける。
      きー。さんって年末は超多忙でしたよねー。焦っちゃいますね。

  4. こんばんは^^
    こちらより季節が少し先を歩いてる感じですね
    半袖で夜いると、ブルっとするくらいになりました
    ドングリやイチョウはこれからかな
    秋は短いので見落とさないようにしたいです
    Gusくん、気持ち良さそうに目を細めてますけど~^^

    • フォレさん、こんにちわ。
      だよね〜、日本ではまだ暖かい日が戻ってきたりするでしょ? こっちは着実に秋の深まりを感じてます。
      どんぐりはもうほとんど転げ落ちてしまってるよ。いつの間に〜。
      日本の紅葉はきれいだもんね〜。またバイクで出かけてくださいねっ。
      Gus、一体何を考えてるんだろうね。クッキーほしいな〜って、そんなところかな。

  5. 秋はどんどん深まっていくようですね。
    こちらは台風が来るごとに秋が少しずつ進む感じです。
    Gusが今にも話し出すのでは?って、同感です。
    ホントにある日突然、そんな日がやってきそう。
    doodleも見てきたー いっぱい書いてるねぇ。
    papricaさんのアイコンの緑の「イキモノ」にとても惹かれます。

    • a-ki_laさんのところ、台風のときは大丈夫だった? 東京はかすっただけだったのかな。
      また来るの? 香港にいる友人が、大きなのがくる〜っていってた。日本にも上陸するのかな…
      でしょ〜? Gus、今でも自分では話しているつもりなんだと思うよ。そんな目で見つめてくる。
      突然私たちが、Gusの言ってることがわかるようになるかも〜。言葉じゃなくて、なんか通じてしまう、みたいな。
      でも、どうせなら、「ちょっと、きいてよ。」とか言って欲しいな。
      Doodleはぼちぼち好きなこと、そのまんまでアップしてます。見てくれてありがとうね♪
      あ、緑のあれね、アレ、魚なんだよ。ふてぶてしい魚が飴玉の瓶を抱えてるのです。訳分かんないね。

  6. こんにちは!
    papricaさんの表現、好きです☆
    潤ったコケが小学生の丸刈りみたい・・っていうのには納得!
    笑っちゃいました♪
    こちらでも先日のキノコ狩りで土の上に落ちているどんぐりをたくさん見かけました。どんぐりって何であんなにかわいいんだろう。何か見たらクスっとなります(^^)
    夏とは対照的な冬のお天気。曇天雨天のときの楽しみ、私も見つけていかなくちゃと最近特に思っています。
    アジサイの茎は今まで気にしたことがありませんでしたが、不思議ですね~。花も生き物。それぞれに個性があるのかな☆

    写真を見ているだけでGUSちゃんの喋っている姿が想像できそうですね♪

    • Ayakoさん、こんにちわ〜。
      あはは、どうもありがとう。こういう苔に弱いです。マルコメ〜って感じでしょう?「あんたはほんとにきれいだね〜」って撫でてしまいます。
      きのこ狩りの写真、今日は見れました!あのきのこはなんていうきのこなのでしょう?肉厚があって食べ応えたっぷり。美味しそう〜。
      私も昔、この辺りの森で「マツタケ」を見つけたんですよーん。最近では無理ですが。高価なものだとわかって、ハンターが先にとっちゃうの。
      天気が悪くなってくると、食べるに走るから…私。 気を付けないとごろんごろんになってしまいます。

      Gusは表情が豊かなので、言葉に出さなくても言いたいことがよくわかったりします。「ねぇ〜、あそぼうよ。ね〜、うんち〜。」とか言い出したら… 嫌ですね、やっぱり。

  7. ブログをやってなかったら…私も同感です。
    記録していくことは自分のためにもよい習慣だなと思っております。
    まあ私は記録するほど特別変わった何かがあるわけじゃないけど、それでも日々の小さな出来事の中にも楽しいことはあるんだなとブログを読み返してると思います。

    私もpapricaさんのブログ、いつも楽しく拝見しております♪

    • harubocchanさん、いつもコメントありがとうございます。
      でしょう?ワタシも、ブログがなかったら写真なんて撮りません。で、写真を撮るから、普段見落としそうなものに目が入ったりするし。
      平凡な毎日のなかの豊かさ、平凡であることに感謝です。
      好きなことをランダムに書き出しているこのブログ、harubocchanさんの様に見てくださる方がいるから続けているっていうの大きいんです〜。
      どうもありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*